おうちのぶろぐ 汚部屋脱出女の快適生活

36歳で汚部屋脱出。捨てるお片づけ、お掃除、いつでも人を呼べる心地いいお部屋作り。心と思考のお片づけもやってます。

最近、自分を楽しんでますか? 以前、私は、「悩む事を辞めた」という記事を書いた。 それから、大なり、小なりのプチ不安や、負の思考を繰り返しながらも 以前の自分とに比べたら、相当良くなった。 去年の夏はまだ汚部屋で、 毎日毎日ストレスをガラクタをせっせと ... 続きを読む





最近、自分を楽しんでますか?

以前、私は、「悩む事を辞めた」という記事を書いた。

それから、大なり、小なりのプチ不安や、負の思考を繰り返しながらも


以前の自分とに比べたら、相当良くなった。

去年の夏はまだ汚部屋で、

毎日毎日ストレスをガラクタをせっせと溜め込んでいた。

去年の今頃は、私にとって、地獄のような日々を感じ、同時に転機も訪れた時期でもあった。


「自分を楽しむ」って、なんか不思議な言葉。

余裕がないとそれどころではない。

生活も楽しめないし、

やってることも楽しめない。

それが、人生を楽しめてないことにつながる。


毎日日々の生活に追われ、

やらなきゃいけない気持ち

焦り

不安

他人の評価

自分と向き合えない。

色んな事を周りのせいにして、

日々、ただただ不満と、ストレスを抱え込み、自分というものなんてありゃしなかった。

しかし、

その自分が「嫌」と思う自分も、自分が作り上げていた。


余裕を無くしてるのも自分であり、

不安に思っているのも自分。

焦っているのも、自分の考えがそう自分を思わせ、

やらなきゃいけないことも、「やらない理由」ばかり探し、やっていなかったのも自分。

すべての根源は「自分」を大事に思っていなかった事だった。

それに気付いてから、

自分を大事にしてあげよう。と常に意識して、

悪い思考が浮き上がってきたら掻き消して、

一年間やっただけでも、すごく心が楽になってきたと感じた。

それは、私の体調にも現れている。

以前は、

一日、外に出て、子供と付き合ったり、

家族で出かける事があったら、

次の日は、もうくたばって、

一日は丸つぶれ。

ただ、現実から逃げたいかのように眠り続ける。

丸つぶれになるから家事もできず、また次の日に家事を持ち越し、

さらに翌日は疲れる家事になり、やる気をなくす。

こんな日々を送っていたが、

今年は、旅から帰ってきても片付けをする元気がある。

そりゃー、バリバリのお片づけではないが、

心が落ち着く程度の部屋の状態にまでは苦痛を伴うことなく戻せる。

私はこのことに気づいた時、

また自分を褒めてあげようと思った。

「1年前にはできなかったのに、できるようになったね」



なんでも出来て当たり前だった完璧主義風の私は、

1度地下奥深くまで窪み、何もできない女になった。


今や、家事ができるようになって良かったね。のレベルまで戻り、それだけでも満足できるようになった。

自分に厳しすぎると、他人にも厳しくなり、

ときに、それは他人を攻撃する手段になってしまう。

期待値が高すぎると、できなかった時の抵抗を激しく感じる。

「日々、あることに感謝しろ」というのは、正に、あることに感謝することで、自分に対して、そして他人に対しての期待値がグンと下がり、

ささいなことが嬉しく感じるからだろう。


自分に優しく、自分を沢山褒め、

いたわり、かわいがる。

できないことを責めずに、

「今はできない状態なんだね」

と、とりあえず現状を受け止め、決して自分を責めない。

すると、必ず、できる時があるのだ。

「なぜ、今日ここでこのスイッチ入った?」と言わんばかりに調子がいい日もある。

「毎日出来て当たり前」を「出来たら素晴らしい!」といったんピンと張った糸をゆるめてあげて、逃げ場を作る。

余裕や、スキマ。

なんでも張り詰めて、ギューギューにしてると、

できない時に、自分の冷静さを失う。

片付けでも、私は「スキマ」や、「余裕」を沢山作り、

「部屋の余裕」と、「心の余裕」をリンクさせてあげる。

そして、そらは本当にリンクしていると実感している。


つまらないことをつまらないで終わらせず、

いちいち面白がる。

普段スルーしてしまう行動を

自分ってこんなことに反応するんだなって気付いてみてあげる。

わたしが、半年以上実験していることがあって、

私は、

「勝手に幸せノート」

をつけている。

これは、その日に幸せだなと思った事、

どんなささいな事でも、楽しかったこと。

心がときめいたこと。

どんな風に人生を過ごしたいかとかの希望。

とにかくノートにはいい事しか書かない。

引き寄せ、や、アファメーションや、

感謝し続ける、などの「いいとこ取り」だけ。

毎日書くことは違ったりする。

感謝ばっかり書く時もあれば、

ワクワク希望ばっかりの時もある。

自分のネガティブな部分のブロックを外す言葉なども書いている。

思いつかなければ、前のページをチラ見して、

同じ事を書く日もある。

全体的に満遍なく色んな事を書く日もある。

気持ちは書きたいが、手が疲れすぎて、ミミズが這ったような字の時もある。

気付くと3日くらい書いて無い時もある。

それでもなるべく書いている。


アファメーションなど、「1日でもやらないと元に戻ってしまう」などの自分にとって不都合な項目はすべてさようなら。

1日で元に戻るというのもまた思い込みだから。

ほんとに勝手に気ままにだ。

でも、幸せを感じるノート。

いったん刷り込まれた潜在意識も、このように地道に刷り換えている。


私の場合、そうでもしないと、すぐに悪思考に呼び戻されてしまったからだ。(←もちろんそれをやってるのも自分)


でも、効果はあったと思うし、まだまだ書き続けていきたいと思う。

自分が受け入れられてない部分もまだまだ沢山あり、

それが頭によぎる時もある。

そして、また、同じように「今の自分の位置」を知り、

また進んでいく。

自分を楽しむことは人生を楽しむ事だ。

自分を好きになってあげる事は、

人生において「豊かさ」と「可能性」を手に入れる事ができる。

1年で180度違う方向を向いたkaiteki.

人生はこれからだ!







いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。
こちらも変わらず参加しています!!
お片づけ、お掃除、たーくさんお勉強させてもらってます!
↓↓↓

iPhoneからの投稿