やーやーやー。




ご無沙汰してまーす!



夏休み明けたどーーっ!!!と思ったらいきなり台風で学校がお休みっ!


なんやねーん!!のママと多いかと❤︎



*******



この夏、


わたしにとって、ほんとに素晴らしい夏になりました。



それは、


色んなとこに行ったとか

めっちゃ買い物したどー!とか

いっぱい遊んだどー!とか


そういうことではなく、



自分が元々持ってたたっくさんの愛をいっぱい思い出したからです。




もうそれがあるだけで充分だった

何も足りないことはなかった

何も焦らなくて良かった

何も心配にならなくて良かった




それを思い出せた夏として、

素晴らしい夏なったと感じています。




人間は、

外側の現象や、物、愛、お金、名声で自分を満たそうとしなくても、

めちゃめちゃ溢れるほどの愛や幸せが

自分の内側から溢れ出させれる力があるんです。




私はそんな能力はない…ではなくて、

誰一人として例外なく

それができる。



それを思い出した!!




人って、

起きる現実の方に気が向いて、

それをどうにかしようどうにかしようとしちゃって、

幸せは自分の中からなんぼでも溢れ出させることができるっちゅうことをすぐに忘れてしまう!!



現実は自分の幸せの源泉に気付くための材料に過ぎないのに。




さっき、ちらっとアクセスログで、どなたかが読んでくださった自分の過去記事を読んでみたんだけど、


わたし自分の源泉から幸せってお湯を出しまくって、そのことせっせと書いてた時期あったわ!ってようやく記事見て思い出した!


でも正直、その時の気持ちはいつのまにか忘れてて、

いつのまにかまた現実に振り回されてた。


自分はもう振り回されないと過信してた。


過信が、自分の中の小さな叫びを無視ししていた。



小さな叫びを無視するたびに、

現実にまたフォーカスしてしまうようになり、

自分の心に立ち還ればいいに、

「いや、私はちゃんと自分の声を聞いてる!」って

傲慢になって、

現実へのフォーカスが止まらなかった。


現実と源泉と行ったり来たり、

宇宙と繋がったと思ったら切断された!みたいな感覚がずっと続いて、


ずっと違和感を抱えてた。


違和感がなんなのかわからなさすぎて、

逃げるように

現実をどうにかしようと躍起になって、

これさえ変わればうまくいくのにって幻想を追っかけて、

いつのまにかのめり込み、

抜けられないトンネルをずっと歩いてたことに気づいた。





何かがおかしい


何かがおかしい


おかしいことがわかっているのに、


抜けられないときってほんとに苦しいんだよね。


けど、そのトンネルからまた抜け出せたことがほんとに嬉しい。





違和感、おかしさは

ほんとの自分を見るのを忘れてただけ。

自分の小さな声を無視してたお知らせ。




じっくりじっくり聞いて見てあげるだけで、


あんだけ騒いでた現実なんて、

ほーーーんとどーーーーーでも良かった!!!


なーーんも問題じゃなかった!!


って体全体でそう思えるの。




その時ってね、

ほんとに何もなくて、

ただ居るだけで幸せ。





同じことを何度もやっちゃう私。


でも何度も何度も何度も


ハマってしまっていい。


そしてまた抜ければいい。




あー、やっちまってたな!とは思うけど、


それすらも新たな場所に立つためのステップだったことに過ぎないことに気付く。



その度に自分の世界は驚くほどバージョンアップされる。










いつも読んでくださる皆様ありがとうございます!ぽちぽちお願いします❤︎
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村