やーやーやー。


料理をほとんどしない私。

イヤな料理から解放されて、

食べたいときに食べたいものを食べて、

これで満足~~と思いきや、

ふと出てきた違和感。

そして、どんどん大きくなってきた違和感。


その違和感の正体がついに分かる時が来ました。


前回の記事
↓↓↓

未来の豊かさを確信した。その1







正体が分からない違和感。

私のない頭でずっと考えてた。

・家族に対して申し訳ないって思ってるのかな~
・料理をしない嫁、楽してる嫁ってことに対して罪悪感を感じてるのかな~~
・外食は栄養が偏るとず~~~っと鉄人(母親)に言われて育ってたから、
外食することでちゃんとした栄養が取れないっていうことを気にしてるのかな~


考えつくことはとりあえず考えて向き合った。

でも、もし、わたしがそこに罪悪感を感じてるとするなら、

トド(夫)はもっと家で料理をしろとか、子どもがめっちゃ病気が出てくるとか、
母親が電話で「あんた~ちゃんと家族にご飯作ってるの??」とかうるさく言ってくるとか、
そんなもっとわかりやすい反応が現実に現れるだろうとも思っていた。

でも、そんなことも特にない。

けど、スッキリしない。


 ん~~~~~~。わからん!!!!!!!!

わからんことをわかろうと必死になったり、
それを自分のない頭でつじつまを合わせてわかった気になったところで
解決することはないというのは過去に何回もやらかしているので、

とりあえず、そういう気持ちがあるということだけを知って、

放置。

忘れたころに気づきを受け取るようになっとる。( ´∀`)


今回も忘れたころに受け取れました。
しかも強烈なインパクトで。



つい最近、思い切ってブログ村のスピリチュアルカテゴリーに移転したのだけど、

たまたまどんな人がこのカテにいるのかな~って周回して、

なんやもうどっからそこにたどり着いたか分からんってくらい徘徊してたときに、

釘付けになる記事を見つけた。



豊かになりたいなら、まず睡眠と食生活を見直せ

ってな
記事だった。


いつもだったら、

はいはい~~。わかってますよ~~~。

というか、

「それ、もう聞き飽きてます~~」

ってな感じなのに、

今回はまったく違った。


「ほんまや!!!!!!!!

それ豊かになるためにめっちゃ大事だわ!!!!!!!!」

って、瞬間的に感じた。


つまりが取れて電気回路の線がビビビビビ~~~ってつながった気がした。


そして、

それがつながった瞬間。


「わたし、もう豊かになるわ」って確信した。


なんでかわからんよ?


全然別に、給料増えるとか仕事が私に降ってくるとか、

そんなん予定もなんもないよ!?




でも、確信した。




私は、料理が死ぬほど嫌いなんじゃない。


料理にかける時間がすこぶる惜しいと思ってた!!

つまり


自分の口に入れるもの=生きるエネルギーになるものに対して、そこに時間をかけたくない!!!


つまり、生きてくための基礎中の基礎をいっちばん雑に扱ってたってこと!!!

本能レベルで求めてる人間の欲求をおろそかに扱っていては、そんなんいつまでたっても幸せになることはないなって初めて思えた。

そこが雑なのに、自分を大事にとかって他の部分で一生懸命になってても、
得られる豊かさはそこそこで止まってしまう。




料理にかける時間にたいしてリターンが少なすぎることをほんとに嫌っていた。


手間暇時間をかけて作ったわりに、

あっという間に終わる食事。

時間をかけても、

笑顔でおいしいおいしいとなかなか言わない家族

献立から考えて、

買い物に行って、

下ごしらえして、

料理して。

こんなに時間使ってるのに、

私の得になることは何一つない!!!!!!!


って思ってた!


だから、

外食はてっとり早かった。

まずいと言われようと、

私はそこに時間も労力もかけてないから傷つく必要もない。


残そうが関係ない。

洗い物もしなくていい。


みんなそれぞれ好きなものが食べれるんだから、

みんなの好みを考えて、献立考えて、

「え~~~~!今日はカレーが食べたい~~!」って言われて

腹をたてるより、よっぽどマシだと思ってた。



でも、その記事を読んですぐにわかった。



家族にしてあげてることで反応がないことが不満なんじゃない!!

わたし、

自分にかける時間を惜しいと思ってる!!!!!

そのことに私自身が不満なんだ!!!


自分に手間暇時間、労力を使うのがもったいないって思ってる!!!!!!!!!



自分の価値を低の低に置いてる!!!!



って、瞬間的にわかった。


なぜなら、分かった瞬間に感極まったから!


自分は比較的病気もしないし、元気だし。

何もしなくてもそんな感じでいられるんだから、

そこに時間と労力をかける必要はない。


むしろもったいない。

だったらもっと違うことに時間を有効に使いたい。って。



どんなに手間暇かけても、自分の体は喜ばない。
食に興味がないから。
何食べてもおなかが満たされれば同じこと。

だったらなんでもいいじゃん!って。



なんでもよくなかったからずっと違和感を感じてたんだ!


思考で本音をねじ伏せてた!

ほんとはもっともっと丁寧に体をいたわってほしかったんだ。


時間と労力をかけてでも大切だよって言ってもらえる自分になりたかったんだ!!!!


どんだけこじらせてたのか!

思考で本音をねじ伏せて、自分に手間暇かけることを




そしてこれだけははっきりとわかった。



自分にかける時間、お金が惜しいと思っている間はぜったいに豊かにならない!


いや、多少良くなっても、自分の理想にはぜったい届かない!


これが私が受け取ったメッセージです。



その記事を書いた人はそれが「時間」ではなく「お金」だった。


「食」は重要な要素であるとは理解しているものの、

かけたお金に対してのリターンが少ないからどうしても払うのが惜しいと感じるって。
   
食にそんなに価値を見出せない彼女は「そこにお金をかけるくらいなら、他のことにもっとかけたい」って

私と同じく、食べれればなんでもいい、みたいな。
  


時間じゃなくてお金バージョン。


根本的な食にかけてる思いは全く同じだった。

でも、この人はこれをクリアして、自分の「食べることって楽しい」という本来の感覚を取り戻し、今までにない心の豊かさを受け取りはじめた。  


私も取り戻せると思った。なんでか分からんけど取り戻せるって。


その瞬間、題名とおり、自分が豊かになることを確信した。




つづく~~~~~






いつも読んでくださる皆さまありがとうございます!
お時間があったらぜひぜひポチっていってくださ~い♡
↓↓↓

にほんブログ村