やーやーやー。





昨日のお話の続きです。


最初のお話の内容はこちら
↓↓↓

       



・・・・・・・・・・・・・




トド(夫)はいつも早起き。


その日もヤツは私より早く起きていて(毎日私より早いんだけど)

まだ仕事に出てなかった。


私は珍しくアラームが鳴らぬ間に目が覚めた。


まだ脳みそもボンヤリしてる起きてすぐ、


私はトド(夫)にこう言った。












「仕事辞めてもいんじゃない????」







言ってしまった私。






 ちょいちょいちょい~~~~!!!!!!わたし!!!!!!


なんでそんなことくちばしっとんじゃ~~~~~!!!


辞めても当てもないし、お前もほぼ専業主婦じゃないか~~~え!!!!!!


仕事辞めたところで、今月の支払いだって、来月の支払いだって、容赦なく毎月来るんやで~~!!!!!!(←完璧に目が覚めた怒涛の思考のささやき)











でも、なんとなくそう思ったから、口から漏れてしまった。







いやはやいやはやいやはや!!


まさか、私の口からそんな言葉が出るとは!!


起き抜け怖えーーー!!

潜在意識とまだ繋がってる寝ぼけた時間怖えーーー!!!




すんごい不思議だった。


結婚してすぐに、トド(夫)が

「仕事を変えよっかな」

って一度だけ言ったことがあったんだけど、

私は

「なんで~~!!!そんなんもったいないやん!今まで続けて経験重ねてがんばってきたのに!」

って猛烈反対して、仕事を続けさせるようにしたのに。


あの時辞めさせないことにあんなに必死だったのに!



なんなの、今のこのあっさり感。



心のどっかでは、「そんなん言ってもそう簡単にやめるわけないよな」って思ってる自分もいるんだけど、

それよりもなんか、この仕事から逃れられないっていうプレッシャーがもしあるんだとしたら、

そんなん気にせんでええんよって言ってあげたかった。(なんとなくね…私だったら、そう言ってほしい)


私は、ぜんぜん稼ぐ力ないし、

寛大な心見せといて、「じゃあ、おまえが稼ぐんかい!」って言ったら稼がんけど、(←稼がんのんかい!仕事せえ!)

なんかもうちょっと力を抜いたほうがもっとトド(夫)ももっと楽になれるのかなって気がした。


稼働率を下げて、儲けを増やす。

トド(夫)の負担を軽減する方法があったらな~~。

ま、そんなん私が考えてもまったく分からんのんだけど。



とにかく、 

「私、もうそんなお金なくてもたぶんやってけるから。

昔みたいに、

お金がないと〇〇できんって呪縛はほとんどないから。

私のためにめっちゃ稼ぐっていう選択肢は外していいよ」


って言いたかった。言ってないけど。


そんな気持ちで、

トド(夫)を送りだしたら。

送りだしたら。。。。。。



お昼にトド(夫)から電話掛かってきた!




つづく・・・・・・










す、す、すんません~~!!まったく引き延ばすつもりはないんですが!
以前のブログと違って、長い文章書くと2ページにわかれちゃうんです~~~!!!
堪忍やで~~!
続きすぐアップします!!

↓↓↓            

にほんブログ村