おうちのぶろぐ 汚部屋脱出女の快適生活

36歳で汚部屋脱出。捨てるお片づけ、お掃除、いつでも人を呼べる心地いいお部屋作り。心と思考のお片づけもやってます。

2015年01月

やーやーやー。 最近落ち着いていた姑の闇が再発し、 危うく乗っかってしまうところを、 ギリギリで阻止したkaitekiです。ギリギリっ!! よくあるのが、 人の悩みを聞いて、 自分が悩んでるしまう人。 いるいる!! 以前の私! 人には色んな悩みがある。 ...

続きを読む
やーやーやー。


最近落ち着いていた姑の闇が再発し、

危うく乗っかってしまうところを、

ギリギリで阻止したkaitekiです。ギリギリっ!!



よくあるのが、

人の悩みを聞いて、

自分が悩んでるしまう人。


いるいる!!

以前の私!




人には色んな悩みがある。


その悩みを大きくして、モンスターに変身させるか、

はたまた、自分で消してしまうかは

正に自分次第。



今日はちょっぴし、姑絡みで、これを見てみる。

行きまーす。





私は、姑の悩みを聞いてあげることはできるけど、

結局、姑に変わってあげることはできない。


姑の人生を歩むことはできない。


姑は私を、「冷たい女」と思うかもしれないが、

それも含めて、自分で乗り越えて行ってもらう問題だと思っている。


最終的に、自分を幸せにするのは自分の心。

どんなに周りが自分を大事にしてくれようと、

構ってくれようと、

他人がいないと成り立たないものはいつか崩れる。


もちろん、

自分をしゃんと持った上で、他人から配られる幸せは自分をより豊かにしてくれる。


しかし、寄っ掛かりっぱなしで、支えがなくなれば立つこともできなくなっているような状態では、

いつまでたっても不安という闇から抜け出せない。


人間誰もがそんなに強くない。

強くないから、

闇にもぶつかり、

潰れそうになりながらも、

それをなんとか解決していこうとする。



その過程こそが自分を成長させる。


それを、10代で味わう人、

20代で味わう人、

姑のように60代で味わう人。


これは、その人にだけ与えられた試練ではなく、

誰もがどこかで味わうこと。


味合わずに済んだ人は、幸せ?

そんな事はない、

悩みを存分に味わってこそ分かるその先の幸せもある。


凹めば凹むほど、高くジャンプできる。


だから、私は今、初めて、

悩みは悩みではなく、

成長の過程と思える事ができる。


姑は、今、また成長の過程にいる。



私はこれを、私の悩みではなく、

「姑が自分で解決するべき問題」

と、割り切り、私の悩みに変えない。


姑が幸せな人生を送る事をただ祈るだけ。




姑を見ていると、

「自分の人生をしっかりと生きる事」

が他人の幸せにもなるんだというのが、

痛いほどよく分かる。




自分を失いかけると、

家族、友人、周りの人を巻き込んでいく。

姑は構って欲しいが故に、

遠方に住む親戚までをも巻き込んで、

自分の心の闇を大きくしている。



しかし、私は私の人生をしっかり楽しんで、

その上で、できることをしようと思う。




自分の芯がしっかりしてないときに、

他人に関与するのは、すぐに引き込まれて、同じ悩みを抱えてしまうから。



家族になると、

「もっと考えてあげなきゃ」

とか思いがちだが、

いつも、その前に

それがしてあげれるほど、自分の生活はしっかりしてるのか、

姑が崩れたら、一緒になって崩れてしまわない自分がいるのか?



それを考え、支える器量が自分にあるのか、

最終的に、彼女の人生を背負う覚悟があるのか?

その問題は自分が乗り越えるものなのか、

彼女が乗り越えるものなのか。



その場しのぎの優しさは、帰って姑を辛くさせるとも考えるようになった。

もちろん、できる範囲のことはやりたい。


でもできないことは、できないとハッキリ言う。

友人が思い出させてくれた。

人はその人の人生を歩んでいる。

自分は自分の人生を歩んでいる。


自分の機嫌を人に左右されぬよう。


自分の人生をしっかり生きることこそが、解決する方向へ向かうと信じて。




いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。

土曜日ですが、重ーーーい記事にお付き合い下さってありがとうございます。

でも、記事とは違って私の心は軽いのでご心配なく♡
楽しい週末をお過ごしください!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 子どもが行く歯医者の男の先生が優し過ぎて、 唯一、顔が好みじゃないことに救われているkaitekiです。 さて、 収納の概念。 「使わないものをしまっておく」という考えから 「使うものを入れる」 に考えを替えて行かなければいけない。 ...

続きを読む
やーやーやー。

子どもが行く歯医者の男の先生が優し過ぎて、

唯一、顔が好みじゃないことに救われているkaitekiです。



さて、



収納の概念。



「使わないものをしまっておく」という考えから


「使うものを入れる」



に考えを替えて行かなければいけない。





でないと、いつまでたっても使ってないものが、収納の大半を占拠する羽目になってしまう。

放置すればそれはどんどん増えるだけ。





綺麗好きで知られるドイツ人が、

日本人の収納を見るとすごく不思議に思うらしい。


「日本人は使わないものをせっせと収納して、使うものは出しっ放し」


ドイツ人にはこの、使わない物を入れる感覚はないらしい。


使うものをきちんと収納し、

使わないものは入れない。


使うものはいつでも住所を持ち、

必要なときに、スタンバイされている状態。


納戸や、クローゼット、


使わないけど、いつか使うかもしれない「とりあえず」のモノでいっぱいじゃないだろうか??



そして、要るものは蚊帳の外。


物は増えるので、

処分しない限りいつまでたっても収まることは無い。




私は、

住所が決まってない物を見つけると、

まず、収納場所の奥の方をみる。




で、使ってないものがないか確かめる。


収納の入り口のほうは大体よく使っているもの。


よく使うものと入れ替えをしたり、

隙間を狙って収めていても、


根本的な解決にはならない!!!


その収納方法は、

いつか限界が来て、

崩れていくのだ。




使ってないものを引っ張り出し、

捨てる作業は、一見、腰の重い作業。


しかし、その作業を放置してる限り、

部屋は永遠とスッキリしないし、

仮にスッキリとした時があるように見えても、

またすぐに元に戻る。

そして、新しいものが増えるたびに頭を抱え、



「なんでうちの家は片付かないのだろう??」



を、繰り返す。




実はこの、要らない物を捨てるという作業も、

「年に一度のイベント」のような事ではない!!

年末の大掃除の時にだけするものでもない。


一度大物を捨てたからそれでおしまい!では決してない。


日々の片付けの中に、

「使ってないものはないか?」と言う意識を持ち、

常にアンテナを立てて感じておく。


新しいものが来たら入れ替えていく。

使う物をどんどん、手前に収納し、

使ってないものは押し出す!!


これが、日常での感覚になっていくと、

一気に物が増えてしまって、「ぎゃー!収納が足りない!」ということが減る。


そして、入ってくる量を抑え、

それでも、このアンテナを張り続けていると、

収納が足りないどころか、

空間が増えていく。



この空間は幸せの空間。

その空間に豊かさが入ってくる。



沢山あればあるほど、

豊かさに満たされる。



まず、収納は

「使わないものをとりあえずしまっておく」と言う概念を捨て、


「使うものをいつでも使える状態に置いておく場所」

に変える。

すると、使ってない物がほんとに邪魔に思えてくる。


自分の収納の使い方、

使い方自体をもう一度問い直すと、

またお片づけが進める気がする。







いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
昨日もまたまたインポイント記録を更新できました!
引越ししたのに、変わらぬ、いや、それ以上のご愛顧ありがとうございます!

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 ブログをお引越ししてから、 アップする写真がスマホで見ると、 ボケてて、 どーにも納得いかない日々を送っていたのだが、 見事解決方法を見つけ、 便秘が治ったかのようにスッキリしたkaitekiです。 全て修正したので、またくっきり画像で見れま ...

続きを読む
やーやーやー。

ブログをお引越ししてから、

アップする写真がスマホで見ると、

ボケてて、

どーにも納得いかない日々を送っていたのだが、


見事解決方法を見つけ、

便秘が治ったかのようにスッキリしたkaitekiです。



全て修正したので、またくっきり画像で見れます♡


数日、目をしばしばさせて見てた方々、ご苦労をおかけしました。

目が悪くなったと勘違いした方がいらっしゃったら申し訳ありません!画像の問題です!!!






お片づけ・お掃除で、とーーーーっても嬉しい声を最近チラホラ聞かせて頂いて、

本当に自分のことの様に喜んでいます!


みなさん、元はお片づけが苦手で、

やらなきゃいけないのは分かっているけどなかなか進めなかったとおっしゃる方ばかり。




心の持ち方をほんの少し変えるだけで、

見違える効果がでます。



また、お片づけをしてから、心が変わったという方もいらっしゃり、

私はどちらからのアプローチも有効だと思っています!!


というのも、私は両方からだったからです。


最初は片付けから入り、


心が変わった。



心が変わった事で、

また1ステップ上のお片づけを目指したと言った感じだ。

今では、朝の早いうちからお家がスッキリとした状態にできるようになった。



子供が幼稚園に行くまでは雑然としてるけども、

出かけてしまえば、

10分程で、まーまーの状態に持っていける。


掃除機掛けを含め、30分貰えれば、初めてのお客様でもオッケーだ。(洗濯の時間は含まず)


もちろん、全ての日がそういうわけでなく、

できないときだってある。

でも、できるときにこの感覚を、少しずつ植えつけていく。


年に一度綺麗になった事を喜ぶだけでなく、

普段からこの綺麗な感触を味わえると、

毎日が楽しくなる。


みんな、片付けと掃除をした後は誰でも気持ちいい。

それを、たまーーーにだけでなく、


しょっちゅう味わえると、ほんとに気持ちが和らぐ。



身体中に入ってた力がどんどん抜け、

緊張がほぐれてくる。


私は、

頭痛、

肩こり、

倦怠感、




頭痛薬とお友達、


おばあちゃんのようにピップエレキバンを肩に貼り付け、


風邪を引くとすぐ抗生剤のような生活を送っていた。


しかし、気がつくと、

最近頭痛薬も飲んでないし、

肩も痛くない。

風邪も引くは引くが、

抗生剤を飲まなきゃいけないほど酷くならない。




やらなきゃいけない事、

物が多いほど、

体が硬直してくる。

それは気付かぬうちに、

自分の体をじわじわ攻める。

体の症状は、心の叫びを放っておくと出ることが多い。


体がどこか痛い人、

元気が出ない人、

これらもお片づけは助けてくれる。


部屋を綺麗にすると解決すること。


沢山ありすぎる。

あらゆることを試す前に、

まず片付け!!


効果は絶大。




それを一つの一つ、

自分で体感してもらいたい。


私が特別できたわけでも何でもない。

どーしょーもなく思ってた生活から抜け出すこと。

誰にでもそのチャンスは与えられている。


私ですらできたから。









いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
ランキング見てくださる方は分かると思いますが、
大御所様が、エントリーから抜けられて、kaiteki繰り上がりました!!
見てってケロ。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 今日は美容院に行くkaiteki. 前回、短くして、娘に号泣されたので、 今回は用心して、娘に許可をとり、 且つ、大胆なカットはやめよう!と、娘に気をつかいまくる小心者です。 さて、 うちにはトドがいる。 付き合いが長い方は知っていると思うが、 ...

続きを読む
やーやーやー。

今日は美容院に行くkaiteki.

前回、短くして、娘に号泣されたので、

今回は用心して、娘に許可をとり、

且つ、大胆なカットはやめよう!と、娘に気をつかいまくる小心者です。



さて、


うちにはトドがいる。

付き合いが長い方は知っていると思うが、

kaitekiの夫。



トド(夫)は、kaitekiの更に上を行く

出しっ放し帝王。


靴下ポーン!

雑誌ポーン!!

お菓子食べたゴミポーン!!

ポンポンポーーン!!


まあ毎度毎度ありがとうございます。と心でつぶやく。





トド(夫)の放置で、1番受け付けられなかったのは、

浴室で身体を洗い、身体を擦ったタオルを、所定の場所に掛けずに床にポーン!!!


さすがにそれは勘弁してくれーーー!!


kaitekiは、床に落ちてるタオルを見るたびに言い続けた。


すると、




直った!!!!





で、多分、他の事もこの要領で根気強く言えば直るんであろうが、

あまり言ってない。


と、言うのも、

こんなトド(夫)だが、

見習うところも、ほんの少しばかりあったのだ。


・ドアは必ず閉める。

・トイレのフタを必ず閉める。

・玄関をたまにホウキで掃く。

・浴室のタオルのことは直してくれた。

・ご飯を食べたらすぐにシンクに持っていく。



リストの上4つは、後天的なものなのだが、

それでも、結婚してから、直ったり、自らしてくれるようになった事。

そして、食器は、多分、幼い頃からの習慣。


kaitekiの実家は、亭主関白な父だったので、

食器をキッチンに運ぶなんてまずありえない!!!


だから、これを初めて見た時は、

やーやーやー、そんな主人に食器運ばせるなんてー!

って、思っていたが、

私がやるからいいよー!って言っても、

トド(夫)は運ぶ。



そう、習慣だから、やってしまうのだ。


今となっては、もちろんやってもらっているが、


めちゃ楽~~~♡


そんな感じで、

靴下がポンは、ムキっ!!とはなるが、

私の中では許容範囲なのだ。


どうしても直して欲しいことは言う。

けど、全て言っていると、

本当にやって欲しい時に効果が薄れるし、


第一、


あまりうるさく言って、

私にうるさく仕返されたら1番困る!



だから、ポイントポイントで。




パジャマも脱いだら畳むようになったし、


「以前のトド」と比べると、私からしたら驚きの成長なのだ。


自分を含めて言えることだが、

世間の旦那と比較しない。(比較するとキリがないほどやってないことはあるから。)



私は、「仕事に毎日行く!」と言うことが、まず、すごくありがたいと思っているので、

それを基盤にしていると、他の事が多少できずとも、私がカバーせねばと、思ってしまう。

もちろん、夫婦で働いてる場合は、また違ったルールになるだろうけど。


基準はいつも、その人の中でどれだけ頑張っているか。


それはもちろん子供にも当てはまる。


そんな調子だが、部屋も綺麗になっていくと、周りの意識も変わる。

その辺りも上手く利用して、

トド(夫)と怪獣達を操縦していきたい。


以上、旦那の行為を我慢する方法でした。

違うかーーーーーー!!!







いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
応援ポチ、いつもありがとうございます!!新kaiteki、ほぼ旧kaitekiに追っ付きました!!「おうちのぶろぐ」が二つあってややこしーですねー!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 息子の給食袋に、間違って娘の可愛らしいプリンセスのランチスロスを入れていたらしく、 幼稚園で、妹の所に交換に行ったら、妹もプリンセスのランチスロスだったらしい。 仕方なく、プリンセスのランチスロスで可愛らしく給食を食べたらしく、 帰ってき ...

続きを読む
やーやーやー。


息子の給食袋に、間違って娘の可愛らしいプリンセスのランチスロスを入れていたらしく、

幼稚園で、妹の所に交換に行ったら、妹もプリンセスのランチスロスだったらしい。

仕方なく、プリンセスのランチスロスで可愛らしく給食を食べたらしく、

帰ってきてコンコンと息子から説教を受けたkaitekiです。





さて、捨てられない物には、

自分の「思い」がたくさんくっついている。

物は単なる物だけど、

「捨てられない物」に変化した理由がある。


思いがつのりつのって、

もう、棚から降りる事がないくらい重くなっていることもある。



もしそれが素敵な思い出である、

取っておきたい物なら問題はない。


しかし、

捨てようと思っているけど捨てられない物は、実に難しい。




今日はまたまた「そとこちゃん」に登場してもらいます。

そとこちゃんとおばあちゃんのストーリー。


いきまーす。





そとこちゃんは、クローゼットの中を整理していた。


いらない服をどんどんゴミ袋に詰めていった。

今まで捨てるのに割とハードルが高めだった服も、

「捨てる!」と決心してからは、

割とすんなりと捨てていった。



しかし、あるズボンを目の前にして、

手が止まった。



そとこちゃんは、ある女に電話を掛けた。


「昔、敗れたズボン、おばあちゃんが直してくれたんだけど、それが捨てられないの。どうすればいいと思う?」


電話相手はおなじみkaiteki.


「そのズボン、履いてるの履いてないの?」


「履いてないの…」そとこちゃん。


「履く予定ある?」


「履く予定はないんだけど、おばあちゃんが直してくれたって思うと捨てられなくて……履けなくはないんだけど…でも履かない…」



「それだけが理由じゃないはず。きっと隠れた気持ちがそのズボンにびっちり付いてるからね。」



そとこちゃん、「えーーー?それって何???」




「えええええ!!それを自分で考えるんだよ!!!!」笑 kaiteki.





「今、そのズボンを見て、何思ってる?」


そとこちゃん、「最近おばあちゃんに連絡してないなーと思って……」




「答え出たね!」


「その連絡してなくて申し訳ないっていう気持ちが、ズボンという形でそこに横たわっているんだよ。

連絡してない、だから、おばあちゃんの直してくれた物を置いとく事で、

自分の連絡してないっていう行為を慰めてるの。正当化してるっていうのかな…」


「ズボンを置いておいてもおばあちゃんと話した事にはならない。

おばあちゃんが生きてるうちに、ズボンを置いておく事よりもやることがあるのかもね!」




そとこちゃんは、電話を切ってから、

めちゃめちゃ泣いた。


泣きに泣いた。


十分泣いたらすっきりしてLINEしてきた。


「捨てたどーーーーーーー!!!!
いっぱい泣いたらすっきりした!!!!

おばあちゃんにもっともっと電話する!!」


そとこちゃんは、やろうと思っていたけど、ずっとやってなかったこと、

「捨てる事」「連絡を取ること」

を決意した。



おばあちゃんも、きっと、ズボンを大事に取っておいてもらうことよりも、

今までより、ほんの少しでも多く声を聞くことを望んでいるはず。



ズボンはおばあちゃんの心の声。

そとこちゃんのちょっぴり申し訳ない気持ちがくっついて、ずっとクローゼットに眠っていたのかもしれない。

やっとおばあちゃんの心の声、

そとこちゃんの気持ちも変わった。


物を手放すと、

前に進める。


やれてなかったことができるようになる。

それは、今を大切にできるようになること。


捨てたいけど捨てれない物を陳列させることは、

自分のやりきれてない思いをそこに置いていること。


だったら、手放して、堂々とやっていけばいい。

決して遅すぎることはない。

やりたいことが、後数回しかできなかったとしても、全くやらないよりか全然いい。


物はいつも、語りかけてくる。

いつも、メッセージを発信している。


物が多いほど、そのメッセージは多くなり、

自分の思考がぐちゃぐちゃになる。


多すぎるメッセージを受け止めきれずに、

思考が停止する。

現実から逃げようとする。


今日は誰と話しして、心の決着つけようか。


いつも頭をクリアにして、

やらなければいけない事から、

やりたいことに徐々に変えていく。








いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
またまた昨日、インポイント記録更新。
ポチ、コメ、お気に入り登録、拍手、ありがとうございます!!!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村