おうちのぶろぐ 汚部屋脱出女の快適生活

36歳で汚部屋脱出。捨てるお片づけ、お掃除、いつでも人を呼べる心地いいお部屋作り。心と思考のお片づけもやってます。

2015年03月

やーやーやー。 3月も終わりに近づいてきました~~。 だからな~に~~?? ええ。3月ももう終わるということです。 さてさて、ここで質問コーナーにワンブレイク。 kaiteki,  子供部屋のクローゼットを見直した。 見直すつもりはまったくなかったのだが、 ...

続きを読む
やーやーやー。

3月も終わりに近づいてきました~~。

だからな~に~~??


ええ。3月ももう終わるということです。




さてさて、ここで質問コーナーにワンブレイク。



kaiteki,  子供部屋のクローゼットを見直した。


見直すつもりはまったくなかったのだが、

お片づけ上手なお友達が遊びにきてくれてて、

子供部屋でクローゼットを眺つつの、コーヒー飲みつつの、いつものようにお片づけ談義に盛り上がっていたら、

「え~~~、じゃあ、これもいらないね~」

「あ、これももういらないかも~~」と始まってしまった!!!!!!


お片づけ好きが集うとこうなってしまうサガ。



少し間引いて行くうちに、結局ほぼ全出しして見直していた。

これがまたススむ、ススむ。


人に来てもらうとほんとに進むんです!!!

ポイントは

「第3者は客観的に見てくれる」

ということ。

ましてやお片づけ上手な第3者となると、

「なぜそれが必要じゃないか」

ということを教えてくれ、

それに納得すると、すぐにゴミ袋に納めて行ける。



んんんんん~~~。あまり使っていないけど、あるから使ってるっていうものが一気に減った。



ふふふ。私、一応整理収納アドバイザーなんですよ。ふふふ。

アドバイザーって、基本や自分のやり方、その持ち主のライフスタイルに合わせて、客観的にアドバイスしていくわけだが、

とかく、自分の家になると甘くなっていたりもする。(きゃ~~~!ゆるちて!)


そう、自分の家はやはり他の方と同じ。

「主観」「感情」が入り乱れるのだ。


そこを昨日は上手くコントロールして片付けができたように思う。


で、出たゴミは

燃1袋

不燃1袋~~~。


ぱちぱちぱち~~。

では完成をどうぞ。


before


after





写真だけをみると、

「あれ?kaiteki、物増えてね???」


と思っちゃいそうだが~~~~~、、、、、、


ど~~~ん!!!!




部屋にどかんと出ていたおもちゃ箱を収納して、部屋の方がスッキリしたのである!!!!


before


収納の基本。

「クローゼットの要らない物を出して、要るものを収納する!!!!」

それをやったわけ。

以前はクローゼットの中の物も頻繁に使っていたが、やはり1年経つだけで、子供の遊ぶ物は変わってくる。




スッキリしたど~~~~!!!!




スッキリついでに、

私の友達のあっさりちゃんの報告。


今度小学1年生になる女の子のために勉強机を購入したらしく、

完成した収納の写真をLINEで送って来てくれた。










あれま~~~~~!!!

なんとお綺麗な!!!!


私がアドバイスした、

引き出しの奥の使いにくいところは使わない。

使わないようにするために最初からスポンジを噛ませたらしい。


とにかくいろいろアドバイスをもとに自分なりにお片づけを発展させてくれていた。

ほんとに嬉しい~~。

あっさりちゃんやそとこちゃんも、継続してキレイを保ってくれたり、

自分たちで部屋をより良くしようと工夫してくれてたり!

少しキレイになると、

どんどん、次も!次も!

としたくなっちゃうのがお片づけ。




まずは、少しの達成感を味わい、

そこから発展させていく、

「いっぺんにやらない方法」

もあり!!だと思っちょります。







いつも読んでくださる皆さまありがとうございます。
本日できればもう1回更新したいとこです。
できるorできない??

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 おはにょーございます。 さて質問コーナーも続々と質問をいただき、 もうしばしQ&Aの記事が続くことになりました。 質問してくださった順序が少し変わりますが、 今日は地震対策の事について私の語りを聞いていただきたいと思います。 地震を経験 ...

続きを読む
やーやーやー。

おはにょーございます。


さて質問コーナーも続々と質問をいただき、

もうしばしQ&Aの記事が続くことになりました。


質問してくださった順序が少し変わりますが、

今日は地震対策の事について私の語りを聞いていただきたいと思います。



地震を経験された方、またこれからいつ来てもおかしくないと言われている地域に住まわれてる方。

どのくらい地震に備えればいいかをお悩みの方も多いと思います。


本日の質問はこちら。

「私の住んでいる地域は防災意識が高いです。
いつ大きな地震がきてもおかしくない、と言われています。

普段の身の回り品においては、いつも軸を今!にできているので、快適満足レベルなのですが
この防災グッズだけは…。
どこまで真剣に備えるべきか、いつも悩んで結局中途半端な備えです。

kaitekiさんのお宅はどうされていますか。
参考までに聞かせていただけたら助かります。」



あくまで私の、考え方と、スタンスなので、賛否両論だとは思いますが、
私の事を書かせていただきます。



「災害が起きた時の備え」ですが、

実は私はそこまで特に「災害」に備えていません。

持っているものは

・くるくる回して聞けるラジオ

・懐中電灯

・家にある普段から使っている常備食・ペットボトル(普通にキッチンの引き出しに入れてます)


このくらいです。


「意識が低すぎる」

と言われればそれまでなのですが、

私は、災害にあったことのない、のほほん娘というわけでもありません。


阪神大震災の時には、大きな揺れも経験しましたし、

カナダに住んでいた時に巨大ハリケーンに襲われ、

一夜にして自分の住んでいたマンションがぐちゃぐちゃになった経験があります。


その時のお話を少し。


ハリケーンが私の住んでいた町に来た時、

私はルームメートとお風呂上がりで、お酒を飲んでいた。

短パンにノースリーブ。

まったりしていた時に、ものすごい爆音と同時に非常ベルが鳴り始めた。

ちょっと焦りはしたものの、自分の部屋には何も起こっていないので、ルームメートと

「何なんだろうね~」なんて暢気にかまえていたら、

「すぐに避難しろ!!!!」

と、ものすごい勢いで部屋のドアをノックされた。


そこから、自分の身が危ない!と思ってから、

自分が持ち出して逃げたモノは

・財布

・携帯

・車のカギ

・寒空に投げ出されるので一枚のコート


これだけだった。

私とルームメートは自分の車に一旦避難したが、

隣の棟に住む夫婦が、車だっていつ飛ばされるか分らないんだから私たちの部屋にいらっしゃい

と言ってくれ、

私たちはハリケーンが過ぎ去るまで夫婦の部屋で過ごした。


避難警告は解除されていなかったが、

少しハリケーンが落ち着いた時を見計らって少しだけ部屋に戻った。

部屋に帰ったのに、傘をさしていた。

全てが浸水していて、持ち出したい物なんて何もなかった。

生き残ってた写真やパスポート。


少しの服を持って、そのまま友人の家で次の住みかが見つかるまで友達の家を転々とした。


そう。 私はこんな風に住むとこをを失った経験がある。


けど、その時思った事は、

「いつも、何か起こったら持ち出そうと思ってるものなんて何一つ持ち出せない」と言う事。

人間パニックになると、

もう自分がとにかく避難することで精いっぱい。


そんな時に大きな荷物なんて何一つ持ち出せないのだ。




その時に必要だったのは、

何がどこに置いてあるかを把握していること、

とっさの判断力だ。



普段使っている財布や携帯ですら、パニックになると、どこに置いたか思い出せなくなるのだ。


災害時、逃げ遅れる人の中に「物が多い人」というのがあるらしい。


普段から物を沢山抱えている人は、

倒れて来た物に囲まれてしまう可能性はもちろんのこと、

あらゆる物に未練があり、どれを持って行こうかなど考えて判断が遅れるそう。

実際に持ち出そうと思っていたものもいざ持ち出す時には探すのが困難。


普段から、何がどこに置いてあるかをしっかり把握していることが大切だと言う事。

緊急時に必要な判断力。

普段から、きちんと物と向き合い、自分を大切にできている人は

最後に大切なのは「自分の身」ということがよく分っている。



・準備している防災グッズが使える状況にある確率

・家から放りだされてそれすらも使えない状況になる確率。

・また家に戻る事が出来て、準備していた防災グッズが使える確率。

・家から非難する必要はなかったが、ライフラインがとまり、用意しているものを使う確率。




全ての確率は災害が起こった後に繋がる状況なので、確率はさらに低くなる。

家で待機できる状況であれば、大量にバックに入れて準備している必要もない。

必要なものがきちんと探せすぐに取り出せるのなら、

普段使う場所でも特に問題はないと思う。


バックに入れて持ち出すほど緊急な状況というのは自分の身も危険だということ。



避難命令が出て、何日か家から離れるという状況であれば、

少し準備して出て行ける猶予があるということ。

町がパニックで無い時はそれなりに自治体も非常食を用意しているということ。


「もし!!!」

を考えすぎると、いくら準備をしていても不安だし、どれくらい抱えても不安はおさまらない。

3日分の食糧があったら足りるなんて誰も決めてくれていない。

そうなると、非常食や避難グッズは自分の不安を埋めてくれる分だけの量を持たなければならない。


それって、どれくらいあったら自分は安心?


「備えあれば憂いなし」

どれくらい備えれば憂いがなくなるか。。。。

緊急時にどんな状況になるかというのは、

地震がいつ襲ってくるかわからないと言うほど分らない物。

それなら、普段の生活はできるだけスリムにし、

常にいい判断を出し、

自分の家のことだけではなく、

周囲、地域の状況、自治体の備蓄などを少しでも頭に入れている方がいいと思っている。

近所のおばちゃんに、「少しだけお水分けて!」

と言える自分にしておく。

いつでも、周りの人が困っている時には助けるようにする。

すると、自分が困っている時には必ず誰かも助けてくれると思えてくるものだ。


災害の時の持っておく量をコントロールするのも、結局は自分の心が決めるということ。

起こるかどうかわからないこと、起こっていないことに、過剰に不安になりすぎない。





と言う事で、私は、災害時には

判断力が大切だと思っているので、

質問して下さった方のように、

普段の生活が快適満足レベルであり、常に軸は「今」であるのなら、

災害時にも「今」何をするべきなのかがしっかりと判断できると思います。

ある程度の線引きをして快適な今と思考をくずさないようにしたいですね!!!



あまり心配になりすぎると、普段の生活まで圧迫されかねないので、

「ほんの少しの安心」だけを持って線引きをしておくといいかもしれないです。



以上。それが私の災害時の考え方。

でも、少し、地域の防災訓練などの講座に参加して、何がどこで手に入る、避難場所などの知識は少し蓄えておきたいなと思っています。




本日も超ロングな持論にお付き合いくださりありがとうございます。

こちらもぜひポチお待ちしております!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 花粉症で両方の鼻が詰まった時にくしゃみをすると、 とてつもなく面白いくしゃみになることを発見したkaitekiです。 人前ではなるべく出て欲しくないものです。 さてさて、質問コーナーも残す質問が少なくなってまいりました。 本日の質問はこちら ...

続きを読む
やーやーやー。


花粉症で両方の鼻が詰まった時にくしゃみをすると、

とてつもなく面白いくしゃみになることを発見したkaitekiです。

人前ではなるべく出て欲しくないものです。



さてさて、質問コーナーも残す質問が少なくなってまいりました。



本日の質問はこちら!!!


「どうしても捨てるスピードが追いつかないとき、
捨てるかどうかは決められても、捨て方で迷って動けないとき、

そんなときの乗り越え方を教えてください。
コツや、考え方、kaitekiさんがどうクリアしてきたか‥など参考にさせていただきたいですm(__)m

今、タンスを一つ断捨離しようとしているんですが、あと一息で、止まってしまってます」






物を捨てる時、

やはり1番厄介なのは自分の気持ち。

その辺りの気持ちの持って行き方は少しだけ過去記事にありましたので、

またお時間のある方は読んでみてください。
↓↓↓

物を手放す時の気持ちの持って行き方



私の人生こんなのじゃ嫌!



他にも、家族に了解を得ないと捨てられないとかオークションに出したいなど、色々ありますが、


やはり、ご質問のように処分方法を考えなければいけない物も、

片付けを億劫にさせる理由の一つ。



中味の入ったスプレー缶などもそうでしたねー。
↓↓↓
使い切ってないスプレー缶の処理方法




さて、手放す!!と決めてから


不要品を家から出すのは、

早ければ早いほどいいです。


1分1秒も早く!!


それは、


・気が変わるのを防げる。

・少しでも早くスッキリ感を味わえる。

・スペースができることで、次の作業がスムーズになる。

・あ、あれ捨てとかなきゃしばらくイヤな思いを抱える事がない。

・ゴミを家から出すことで不穏なエネルギーが取り除かれ、素敵なエネルギーが舞い込む。



など、メリットは沢山。





・燃えるゴミや不燃ゴミなどは、まとめたらもう玄関先まで急いで持って行っておきましょう。

・リサイクルショップに持っていけるものは、「時間ができた時に!」ではなく、すぐに時間を作ってください。


いいエネルギーを1秒でも早く舞い込ませたいですからね。




粗大ゴミは、特にスッキリ感が味わえるので、

・すぐに引き取ってもらえるチケットを買う

・引き取り可能なリサイクルショップにすぐに電話する。




これは、めちゃくちゃ大事ですが、



捨てる!と決めて、

家から完全にその物を出すまでが片付けです!!!!(←ここ、二重アンダーラインの、黄色ハイライトの、文字サイズ50です!!)

家に帰ってくるまでが修学旅行と同じです!(違うか~)


家に滞在してるうちはまだお片づけは完了していません。




私は最近、捨てる時に値段が付く付かないなどはあまり考えません。


とにかく家の中からいち早く出したいのです。

2つ、3つのアイテムの為に、リサイクルショップを駆けずり回るのも好きではなく、

労力、時間、ガソリン代、を考えると、

ほぼゴミ袋に直結の物が多いです。


そんなに良いものは持ってなかったんですね。


逆に、買い取ってくれそうな物は、

いくら値段が付くのか楽しみですぐに業者に電話してました。


その辺りは、捨てる物と、入ってくるもの(エネルギーや、気持ちのゆとりも含めて)バランスを考え、

自分にとって、どちらが自分にとって優しいかを考えます。





やる気と言うのは、何日も立たない間に変わってしまいます。

片付けに取り掛かり、やる気が出て、決断ができたのなら

その勢いでぜひ家から出す、又は家からすぐに出せる最終工程(業者に電話するなど)まで完了させてください。


処分方法は、今やネットで沢山情報提供してくれます。

そして、どの処分方法を選ぶかは自分に選択権があります。


要は、やはり自分の心次第ですね!



とにかく、自分の気持ちをうまくプラスに乗せ、行動をすぐに起こす!!

そして、いつものアニマル浜口の気合いを忘れないようにだけすれば、


大概イケます。


ご質問の意図に添えてたかどうか分かりませんが、

気持ちの乗り越え方を書かせていただきました。




早くタンスがお家から引っ越ししていきますように♡


(画像は全てイメージでお借りしてます)


いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
本日は何ポチいただけるでしょうか??
ぜひポチしていてやってください♡
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 朝8時から始まる春休み4日間短期集中スイミングコースを申し込み、 4日限定でめちゃめちゃ早起きのkaitekiです。 息子は早速、パンツを履いたまま水着に着替えてスイミングの練習をしたらしく、 帰りはノーパンで帰ってきました。 さてさて。 今 ...

続きを読む
やーやーやー。


朝8時から始まる春休み4日間短期集中スイミングコースを申し込み、

4日限定でめちゃめちゃ早起きのkaitekiです。


息子は早速、パンツを履いたまま水着に着替えてスイミングの練習をしたらしく、

帰りはノーパンで帰ってきました。




さてさて。


今日のご質問は、こちら~!


「おもちゃ収納本当に悩みどころです。

量を減らす!…に今困っています

一歳半の娘が一人なんですが、産まれた頃からはりきって買いまくった結果…おもちゃ、ぬいぐるみ、絵本だらけです(T-T)
まだ本人が選別出来ない場合はどの様な方法で減らすのがおすすめですか?」



はいはーい!!



1歳半ではまだ「要る?」「要らない?」と聞いても、まったくアテにならない怪しい答えが返ってきます。


私は、もう独断と偏見で、

・使ってないもの、

・興味が無さそうな物

は処分していってました。


最初は多少未練もありましたが、結局使わない物は使わないです。


一度捨てると、結構ポンポン捨てれます。


小さい子のおもちゃなどは特に月齢で遊ぶ物も変わってくるので、

どんどん新しいのが入ってくればますます自分に合ってないおもちゃは使わなくなります。

きっと、沢山ある中でも、全く手をつけない、見向きもしないものもあるはずです。



絵本なども、「これ、読んでほしいなー」という親心はありますが、

陳列させていても読むのはいつも一緒だったり!笑

読み聞かせでも、子供が喜ぶ本を選んで聞かせてしまいますよね。


ぬいぐるみも、うちは上の子も下の子も全く興味を示さなかったので、

結局「私」がかわいいと思う物を2つ3つ取ってるだけです(笑)




「親の目線で取っておきたいもの」と「子供が遊ぶ物」は違います。



そこに惑わされないように、使ってないものを処分する癖をつけていると親の方も「せっかく買ったのに遊んでくれない!」と悶々とした気分がなくなります。



3歳にもなるとかなり判断力は付いてくると思います。(うちの子調査)


言葉を理解するようになったら、少しずつ「いる~?」「いらない~?」など声をかけていくといいかと思います!


一度「ガツン」と減らすと、その後、おもちゃを購入する時もかなり慎重になって増え防止にもなりますね♡




後、よくあるのはジジ、ババの買ってくれたオモチャです。




ジジ、ババはこちらの収納事情を考えて買ってくれている。なんてことはありません。


ジジ、ババは、ただただ孫の喜ぶ顔を見たくて買ってくれています。


なので、

しばらく経っても使わなかったり、

捨てたいと思いながらも捨てれない時は、

「このオモチャは買った時に、すでにジジ、ババを喜ばせてくれたんだよね!」


と、その時やり取りした気持ちを大事にし、

物自体は処分で大丈夫だと思います。

「また、元気出して、必要な時には買ってね~!」


くらい言えるといいですね!

第一、ジジ、ババは結構、自分が孫に何を買ってやったか覚えてない事が多いんです!爆 (うちのジジ、ババ調査)


そんな感じで、私は、存在を忘れられているようなオモチャは、今でも子供に聞かずに捨てちゃうこともあります。



本日のお答え!!!


月齢が小さい時は、親がガンガン捨てる!

でした。





いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。
いや~今日も押してってもらってもいいかしらー?あ!無理はしないでー!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 昨日、2泊3日の弾丸ツアーから帰還しましたkaitekiです。 本日はお友達のお子をお預かりしてプチ託児をしておるので、 子供たちはしっかりと遊び、私はパソコンに向かって、髪の毛を禿げ散らかしてブログを書いておる次第です。 弾丸ツアーは、娘のディズ ...

続きを読む
やーやーやー。

昨日、2泊3日の弾丸ツアーから帰還しましたkaitekiです。

本日はお友達のお子をお預かりしてプチ託児をしておるので、

子供たちはしっかりと遊び、私はパソコンに向かって、髪の毛を禿げ散らかしてブログを書いておる次第です。

弾丸ツアーは、娘のディズニーをメインに、トド(夫)の築地食べ歩きを副菜にして行ってまいりました。

相変わらず前日に突然行くと言い出し、ホテルも当日空いてるところに泊るという無謀な弾丸。

プリンセスにも会う事もなく、エレクトリカルパレードも見ず、ホテルで土産を買うという、

ディズニー好きからしたらあり得ないようなディズニーツアーだったが、

それでもうちの娘は満足してくれたようなので何より。

夢の国ではビール片手は無理だけど、常に何かを食べていたトド(夫)。

今回は2人が満足したようなので良し。

息子は???

ウルトラマンフェスティバルに行きたいと言っているのでいつか連れていってやろうと思う。



さてさて、


今日のご質問はこちら~~~~~!




「うちは田舎なので、野菜などのいただきものが多いのですが、kaitekiさんはそのような想定外の物の置き場所はどうされてますか?
キッチンの足元に置きっ放しになり、扉が開かないし、散らかっているようで少しストレスを感じます。
よろしくお願いします。」



はい。

ではお答えしま~~す!




田舎なので野菜などの頂き物が多い。


これは「想定外」ではなく~~~


「想定内!!!!」



に変えましょう!


いただく事が多いのであれば、

もうそれ専用に少しスペースを設けてしまうことがおススメです。

そうすれば、キッチンの床の上に袋ごところころ転がっていたり、

中が無くなるまで段ボールのまま滞在することはないはず。


要は、

頂き物の指定席を作る!

ですね。


私も頂き物ではないですが、キッチンにスーパーの袋や段ボールがころころしてた時代があります。



引き出しや扉は全然開かないし、ますます狭くなるキッチン。



床に物が置いてあると、キッチンでの作業効率がかなり悪くなります。

床には物を置かないようにしたいとこですね。







さて、話を戻して、

ジャガイモ、玉ねぎ白菜、大根など大物の野菜は、「ちょこっと」のスペースでは入らないはず。

ならば、それが来ても大丈夫な場所を作っておくとストレスが一気に減るはず。

見えない収納は、「物の通り道」、「突然の頂き物」、「心の余裕」として、パンパンではなく、7割から8割で抑える事が大事。

しかし、3割くらいの空いた引き出しに大根を突っ込んで入れる人もめったにいないはず。

だからやはり野菜などを頻繁にもらえる幸せな方は、感謝の気持ちを込めて、きちんとスペース確保。

すると最後までありがたくいただけますね!


私は、野菜をいただく事はあまりないので、それ専用のスペースはありませんが、

収納をぎちぎちにしてないので、お中元などでいただいた物は空いているところに箱から出して入れています。

冷蔵庫もスカスカなので、以前、

トド(夫)購入の突然丸ごとスイカも

トド(夫)購入の突然タラバガニも入れることができました。

こういった予期せぬ物をさっとお通しするためにも普段から収納は7割から8割で抑えておくといいと思います。



そんな隙間ないわ~~~~~~!!!!

と言う方。


きっと賞味期限が切れたモノ。

あまり使ってないタッパ。

変色したお弁当箱。

なぜか2つあるカセットコンロ。

など、キッチンには以外と量を取っていて見直せるものは沢山あるはず。

ぜひ見直してみて下さい。



突然の物のためだけじゃなくとも、

普段から7割収納にしていると、すごくキッチンでの作業が楽ですし、

探し物も少なくなります。


そして、キッチンに場所を作らないとしても、野菜などでしたら、廊下や階段下収納でもぜんぜんオッケーだと思います。

こちらも見直して、

体を生かしてくれる食糧さんに、使ってない物さんたちから場所を譲ってもらいましょう。




以上。「場所がない!ではなく、作る!」の記事でした。




いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。
今日も忙しい方もそうでない方もぜひ押して行ってくだされば。。。。
よろしくお願いいたします♡
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村