おうちのぶろぐ 汚部屋脱出女の快適生活

36歳で汚部屋脱出。捨てるお片づけ、お掃除、いつでも人を呼べる心地いいお部屋作り。心と思考のお片づけもやってます。

2015年03月

やーやーやー。 今日は子どもの卒園式。 大降りの雨!! 式までに少し落ち着いてくれるといんだけど。 さてさて、 昨日に続き写真整理のお話。 レッスンの時、 「子どもの写真を、人別に分けてアルバムを作るかどうか」という話題に。 そこでまた出てきたの ...

続きを読む
やーやーやー。


今日は子どもの卒園式。

大降りの雨!!

式までに少し落ち着いてくれるといんだけど。




さてさて、

昨日に続き写真整理のお話。




レッスンの時、

「子どもの写真を、人別に分けてアルバムを作るかどうか」という話題に。


そこでまた出てきたのが、

写真を見る目的。



誰がどこで見て楽しむ物なのか??






多くの人は、

親が楽しみたいという事。



子どもの成長過程で、

子どもが自分の写真をすごく見たがる時期はあるだろうし、

一緒に見ながら、

「この時こうだったねー!」

「こんなとこ行ったねー!」


と話しをしたりしながら、アルバムを楽しむときもあるはず。


だが、大きくなるにつれ、その回数は減る気がしないでもない。






兄妹で分けるか…

難しいとこである。


そこで、先生に尋ねると、





先生は分けてないらしい。





「◯◯家のアルバム!!!」



と言った形でまとめて残しているらしい。


子どもが家から巣立って行くときに持たせたい!と言う親は沢山いるだろうけど、

実際、私自身は親元から離れて、親が作ってくれたアルバムを見たかというと、


全く見てない!!!!


子どもの時にはすごく見ていたが、

今は全く…




友達に関しては、

「実家に帰った時に見ればいいから置いといてーーー!」と言って、

今の家には持ってきてないという発言が!!


男の子なんかは、さらに女の子よりアルバムを見る確率はグンと下がるのではなかろうか?


そう考えて行くと、


やはり、

自分(母親)が見る楽しみのために作っている物でいいのかな、と言う気がしてきた。


持たせる事を目的とする人もいるだろうが、

私は自分が楽しむために作ろうと思った。

もし、娘が、巣立つ時に、自分が持っていくものが欲しいと言えば、

アルバムの中からさらにピックアップして、こじんまりとまとめたアルバムを持たせればいいかなと思った。


その頃には、子どもは自分の好きな写真は自分で選んでまとめれるはず!!




先生に関しては、

「これはママのアルバムだから、あんたたち見たくなったら実家に帰って来て見てーーー!」と言うつもりらしい!





とは言っても、私、実は、娘が生まれたときの写真整理まで追っついておらず、

まだ人別に分けるとこまでも行ってない!


ガビーーン!!


でも、2人で一緒に写っている写真などが次々に出てきたとき、

「どっちに入れよう…」と悩んで、また進めなくなる可能性があるので、

今はとにかく


「kaiteki家のアルバム!!」


として、まとめていく方向ではいる。



昨日は、現像についに着手!!!


携帯の画像は携帯のアプリから現像をする事にした。


携帯のデータをパソコンに入れてから…となるとどうしても作業が遅れてしまうからだ。


まずは今の携帯に入っているデータ。

要らない写真を消して選んでいくのではなく、


ザーーーーっと見ながら、

「これ好き!かわいい!現像したい!」と言うものを

あまり神経質になりすぎず、

どんどんピックアップして、

それを現像する事に。



消去法はどうしても時間がかかる。

ならば、

直感と、見た目で

「好き!!」を選んでいく方が数倍早いと思った。




実際にすごい量の写真を一瞬で注文する事ができた。





これは、お片づけにもある方法で、


要らないものを選ぶのではなく、

要る物を選び取ると言う形。


この場合、要らないデータはそのまま残ってしまうが、


膨大な量のデータなので、


そこは割り切り、まずどんどん進めていくことに。

要らない物も残っているが、


物に比べたら、場所はとらない。


必要な物がきちんと形で残るという事。

アルバムにしていつでも見れる状態にするという事。




消すことに囚われ過ぎて、

先に進めなかった時より、すごく気持ちが楽になった。





整理が進まなかった時の、

自分のこだわりすぎてた思いを手放す事で、

作業も楽になるし、

グンと取っ掛かりやすくなった。



写真整理が進まず放置してきた人は、

何がネックになっていたかを今1度考える。


そして、そのネックになっている事、中断させてる理由を考えて、

そこの部分を違う方法がないか考えてみる。



もっと楽に考える事できっと少し進めていけるはず!!




私もまだスタートしたばかり!

どんどん一緒に進めていきましょ!






いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
ランキング参加しています!ぜひ皆様の応援ポチをお待ちしております!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 写真整理のレッスン2回目を。 今回はグループレッスン。 私は、前回自分の方向性が見えたので、 みんなの話をふむふむと聞いたり、 写真をちょいと仕訳けたり。 今日のグループのお友達も方向性が見つかり、かなり進歩があった模様。 残るはただひた ...

続きを読む
やーやーやー。

写真整理のレッスン2回目を。

今回はグループレッスン。

私は、前回自分の方向性が見えたので、

みんなの話をふむふむと聞いたり、

写真をちょいと仕訳けたり。


今日のグループのお友達も方向性が見つかり、かなり進歩があった模様。

残るはただひたすらその方向性に沿って、

写真を現像したり仕訳けたり、まとまたりしていくだけ。



前回、写真整理をするのに自分のスタイルを決めるという記事を書いた。写真整理の道・自分のスタイルを決める

今日はそのスタイルを決める時に、またまた参考になることを少し。


前回は自分の性格、どんなアルバムに仕上げていきたいかということから方向性づくりを見ていった。



今回は、サイズからの手がかり。



「写真を納めるアルバムのサイズを決める。」


写真のアルバムのサイズはだいたい大きく3種類の大きさに分けられる。


1.A4のサイズに作られたアルバム。



a4サイズに合わせてアルバムが作られているので、どうしても余白が出てしまう。




2.L版の写真に合わせたアルバム。見開き2枚、4枚、6枚と色々。





3.L版の写真を1ページに6枚収められる12インチサイズ。




アルバムの大きさを決める時は、まず、アルバムを置く場所が決まっていると、サイズが決まりやすい。

カラーボックスに収納する場合は12インチサイズにすると、確実にはみ出てしまう。

そういうのが気にならない人もいるが、

もし気になるようであれば、12インチサイズのアルバムは自然と消去となる。


逆に奥行きが広い収納であれば、サイズは特に気にならないとは思うが、

広いからといって、1冊のボリュームを持たせすぎると取り出してアルバムを見るのが億劫になる。

そして、収納の奥行きが広いと、小さいアルバムは奥に入り込んで行ってしまう可能性がある。


アルバムは作っても収納するところが必要なので、その辺りは考えてぜひアルバム選びをしたいところ。

逆に、収納する場所が決まっていると、

選択の幅が限られてくるので、それから考えるのもとっかかりやすいかもしれない。



サイズ違いで、アルバム台紙、ポケットアルバム、スクラップ台紙と、アルバム自体も色々展開されているので、

自分のスタイルと合わせて選んでいけるはず。


ただ、やはりアルバムを作ると1冊では終わらないと思うので、

商品自体がころころ変わったりして、増やしたい時に「同じのがない~~~!」という状況はなるべく避けたい。

 定番の物や、手に入りやすい物、仕様があまり変わらない物がおススメ。



ということで、

今日来たグループのお友達の方向性をご紹介。(こんなのあるよ~~)

お友その1: 4段階展開予定

☆ファーストクラス・・・既に大量に買っている12インチアルバム台紙にひたすら現像写真を貼る

☆ビジネスクラス・・・ファーストで入らない物は12インチポケットアルバムを買って引き続きひたすら入れる(時々コメント入れる気力あり!)
        
☆エコノミークラス・・・持っている12インチアルバム(台紙)に大き目写真(集合写真、パパの写真)を貼る。
        

☆その他・・・スクラップブックにパパの新聞掲載の切り抜きを作る。



お友その2: 3段階展開予定

☆ファーストクラス・・・趣味でやっている12インチのスクラップブッキングを引き続き制作(最高の写真)
        

☆ビジネスクラス・・・スクラップブッキングにできなかったいい写真をポケットスクラップ形式で簡単にかわいく。
        

☆エコノミークラス・・・上記から漏れた写真(2軍)を12インチポケットアルバムに淡々と入れていく。




お友その3: お友その2さんとほぼ同じ方針



kaiteki:   2段階展開

☆ファーストクラス・・・L版見開き6枚のポケットアルバムにひたすら現像写真を納める
       

☆ビジネスクラス・・・富士フィルムのイヤーアルバムでデータの紙で残すバックアップ


(※クラスは優先順位を表す。)





そしてみんな、パソコンやHDデータだけでなく、

富士フィルムのイヤーアルバム
などを利用して、なんでもいいから、紙にしたバックアップを簡単に作ると言っていた。

パソコンやメモリーデータはほんとに一瞬で消えてしまうこともある。

紙にしていると、無くなる可能性は2つ

「燃える」



「紛失」


それ以外は少々濡れようが、子供が噛みつこうが、必ず残る。

そして、データはどれだけバックアップをとっても所詮「データ」。



アルバムは、「データ兼いつでも見ることができるもの」となる。


写真は「見たり楽しんだりするため」にみんな撮っているはず。

ただデータが溜まりまくったり、

現像写真がてんこ盛りになって心の重荷にならぬよう。

今一度

写真はなぜ撮ったのか?

根本的なことを見直したい。





いつも読んで下さる皆様ありがとうございます
今日もぜひ見てってくんろ~!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村






        

やーやーやー。 1時間早く起きれたら私の人生は変わる!といつも思っているkaitekiです。 全く起きれません。 起きるつもりがあまりありません。 寝る事が大好きで、 7時間以上はたっぷり寝たい女です。 そこを削って早起きすると、 1日、顔はなかなか醜いし、 ...

続きを読む
やーやーやー。


1時間早く起きれたら私の人生は変わる!といつも思っているkaitekiです。


全く起きれません。

起きるつもりがあまりありません。


寝る事が大好きで、

7時間以上はたっぷり寝たい女です。


そこを削って早起きすると、



1日、顔はなかなか醜いし、

しかめっ面、

クマもあるだろうし、

覇気がない。

何が一番悪いかって、


機嫌が悪い!!!


あーヤダヤダ(私だよ!!)








さてさて、今日は最近のちょこっと!をクローズアップ。



自宅でセルフネイルをしているkaiteki。


そのネイル用品の置き場所は、




矢印の部分でごじゃりますが、


このカゴ、結構重い。




中身もたっぷり。

で、いつも両手でどっこらしょといった感じでリビングに持ってきて、いそいそネイル。


で、この度カゴを変えた。

カゴは少し小さめになってしまったが、




必要な物は全て入ったので良し。



持ち手が付いたので、移動が楽に。



カゴも前よりかわゆい。




次!!





だいぶ前に買った多肉ちゃん。


小さいやつがモリモリ伸びてきて、




こんなのがわしゃわしゃがすごい沢山伸びてきてたので、


全てカットするとーーー!!







ざるそばみたいになった。(撮るとこ違うやろ!!)




伸ばし過ぎた!!!!( ̄∀ ̄)


わ~!!伸びてる~!!すごーい!

こんなにニセモノっぽいのにー!

やっぱりホンモノなのねー!

かわいい~!


って楽しんでる間にワッサワッサ生えてきた!!(; ̄Д ̄)





この切ったやつ。



どーすればいいですか~??


また、土に挿せばいいですか~??

しばらくティッシュの上に放置して、根っこが出るの待つんでしたか~??


長さがバラバラなので、揃えても大丈夫ですか~??


わ~!すごい質問みたいな独り言!!!




では、今日はこの辺で。









いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
また素敵な位置に、注目記事を載せていただいています!
見ていってーーーーーー!!!!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 本日は朝からトド(夫)も仕事に出かけ、 子供と3人でおうち~。 先週1週間出っぱなしの日々が続いたので、 今日こそは家で思いっきり片付けをすると決めていた。 そう!!!!! これは、何よりも重要な事だが、 お片づけをするには現場にいる ...

続きを読む
やーやーやー。


本日は朝からトド(夫)も仕事に出かけ、

子供と3人でおうち~。

先週1週間出っぱなしの日々が続いたので、

今日こそは家で思いっきり片付けをすると決めていた。


そう!!!!!

これは、何よりも重要な事だが、





お片づけをするには現場にいることが必須!!!!





どんなにステキな技やステキな知識を持ち合わせようとも、

家に居ないとお話になりません。


遠隔操作でお片づけができると一番いんですがね。。。。

仕事や行事でどうしても日程の調整ができない日が続こうとも、

空いた日は、チャンス!とばかりに楽しみになったりするものだ。



そんな感じで、今日は現場(おうち)作業。

ワークスペースを作ってから、

リビングに置いていた二つの棚を2階に持って行って、

そこからしばらく放置状態が続いていた。





白い棚の方を子供部屋に。

持っていく前の子供部屋










スチールラックを撤去。

ラックを解体しようと試みたが、固すぎて私にはどうにもできない。



中途半端に片側だけペコペコ浮かせたまま、

トド(夫)がたまたま仕事でスクラップ(鉄やアルミ屑)を出しに行くと言うので、

そのままの形で持って行ってもらう事に。

鉄はお金になるんですよね~。

って、スチールラック一つでは微々たるものだが、

仕事の鉄くずと合わせてもらえば百人力。

そうして無事スチールラックともおさらばして、



before




after






今日のポイントは~~~~~。


全くありませ~~ん。

ただ入れ替えただけです。


あ!!!!ポイントは、スチールラックを他で利用しようと保管せずに、さっさと家から出した事です。


どうしても、「また何かに使えるかな」と思いがちだが、

今その棚が無くても他の物はきちんと収納できているので、

棚を増やす=モノを増やす状況にしないほうが良いと判断したのだ。


ついでに、子供たちにもまた2階からもってきたおもちゃがリビングを侵略し始めたので、

2階に持って行ってもらい、

少しずつ私の心もスッキリし始めた。


とは言っても、まだまだ中盤。

まだまだイケるで~~~~。


来週も子供の卒園でバタバタとするだろうから、

こころおきなく卒園を迎えられるように、

今日は片付けデーに。

お昼過ぎに一旦中断して、子供と共に少しだけ(ほんの少しだけ)デートして、

帰ってきてからまた静かに過ごしてもらう作戦。


片付けをし始めると、勢いがつく。

散らかっている時にはつい置いときたい衝動に駆られたモノも、

スッキリしたい願望が働き、どんどん手放せる。



週末お片づけの皆様。。。。

共にがんばりましょーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!




いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。
こちらも見てってケロ。
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 時間軸で見ていくお片づけ。 昨日に続き、今日はすこーし具体的に。 たぶん、色んな人が経験してるのではなかろうか 家にある大量のポケットティッシュ。 ・タダだから、もらっちゃお。 ・小さいから邪魔にならないし。 ・ティッシュなんていくら ...

続きを読む
やーやーやー。


時間軸で見ていくお片づけ。

昨日に続き、今日はすこーし具体的に。


たぶん、色んな人が経験してるのではなかろうか

家にある大量のポケットティッシュ。




・タダだから、もらっちゃお。

・小さいから邪魔にならないし。

・ティッシュなんていくらあっても困らないから。


なんて理由で昔はよく貰ってきてた。


しかし、気づくと紙袋いっぱいのティッシュ。


出かける用に取ってあるのに、一向に減らない。


出かけても結局使うのは、車のダッシュボードに常備してある箱ティッシュだったり……


肝心な時には持ってなかったり。




袋の下の方にあるのはもう何年前の物だ?

心なしか黄ばんでいる。


これはもう確実に「今使うもの」として貰ってきていない。



使ってないモノが沢山あるのをわかっててつい貰ってしまう。

在庫が減っていないのに次を貰うからただ増えるだけ。



この未来のために使うティッシュと

過去に貰ってきたコレクション的な大量のティッシュ、

そして、今、自分はどれくらいの頻度でポケットティッシュを使っているのかを分かっていないと、

この先ティッシュは減ることはない。


だって実際に10年前に街でもらったであろうティッシュすら残っているんだから。


気付く事は、


「ポケットティッシュはそんなに使わない!」という事。

(花粉症の人はまた量を調節してください)



私は、在庫も含めて5つもあれば十分だと思った。(5つですらまだ使いきっていない)



子供も幼稚園にティッシュを持っていくので、子供のキャラものティッシュもあるし、この先ポケットティッシュで困る事なんてまずない。

出先にもだいたいティッシュなんて置いてある所が多いし、

いざなければ結局

「ごめん!ティッシュある?」と借りているし。





で、残す5つのティッシュ以外、

全てキッチンに持ってきた。


そして、毎日料理して、洗い物の前にフライパンをサッと一拭きするのに、

キッチンペーパーを使わずティッシュを使い続けた。




すぐに無くなった。




それだけティッシュが無くなっても、

外出用のティッシュで困る事なんて一回もなかった。


むしろ、収納庫を開けて、物を見直す度に、袋の中を見て、

「あ、これティッシュだわ」

と、また収納庫に戻す事もなくなった。


ティッシュに限らず、

サンプル

お手拭き

割り箸

フォーク

なども同じ類。


持っておかなければ困る状況ばかりを想像するから、

本当に困る状況がくる。

そして、その時結局持ってないからまた貰って蓄えようとする。



無くても、このご時世どうにでもなる!!!という精神で、自分の心も、
ストック品も少なく持つ。


すると驚くほどに困った状況はこない。

困ったどころか、

私はたまたま、「あ、ティッシュ忘れたからティッシュ欲しい!」と思った時にめちゃめちゃタイミングよくティッシュを貰えた事もあった。

そしてその日のうちに必要になり結局使って家に帰ってきた。



びっくりだった。


あ、「本当に困らない」と思った。


ぜひ過去と、心配しすぎる未来を手放して、

「いつもタイミングのいい私」をもっと経験したい。


「タイミングのいい女」が潜在意識にインプとされると、

また手放す作業に拍車を掛けてくれるから。



いつも、タイミングが悪いから、

いつもついてる自分に!!!





いつも読んで下さる皆様ありがとうござぃす。(←どんな変換?!)
今日もぜひよろしくお願いします♡
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 今日は時間軸のお話。 ちょっとその前に。 前回の記事で私の集中管理の記事が、安東さんのお話と混ざってしまい、少し分かりにくかったので、追記させてもらってます。よろしければ見ていってください。家族全員の衣類を1つのクローゼットで管理 ...

続きを読む
やーやーやー。



今日は時間軸のお話。




ちょっとその前に。



前回の記事で私の集中管理の記事が、安東さんのお話と混ざってしまい、少し分かりにくかったので、追記させてもらってます。よろしければ見ていってください。家族全員の衣類を1つのクローゼットで管理


安東さんは集中管理をオススメしているわけではありません。


私も集中管理を勧めているのではなく、

こういうやり方もあるという定で書いています。

また安東さんのブログの「下着を洗面所に置かない」というお話も、

こういうやり方の方もいると言う参考のお話とし載せさせていただいているので、

一概にどれが正しい、どれが間違っているという事も全くなく、

こう書かれているからこうしなきゃと言うことは全くありません。


その家庭、家、収納場所、

1番はライフスタイルと自分の1番やりやすい方法を自分で見つけるのが1番だと思ってます。

そのやり方を見つける上で、こんなやり方もあるんだなと参考にすれば選択肢が広がります。


どれが間違ってるなどの目で見ることなく、

広い視野で色んな考えを知り、

その上で自分は何が合っているのかを見ていけると、より素敵な生活になると思います♡

柔軟な考えは、お片づけにも人生にも役に立ちます。





さてさて、

時間軸のお話。



お片づけをする時、モノを手放す時に、

自分の気持ちや、使ってる使っていないから、処分するモノを判断していくのだけども、

それと同時に、私は「時間軸」を考えてモノと向き合う事がある。



時間軸には

・過去

・現在

・未来

とあるわけだが、


自分が持っているモノは、どの時間軸に焦点があってるのかを見ると

格段にお片づけが進む。




私が焦点を合わせるのは

「今」



「ほんの少し先の未来」



今、使うモノ、使っているモノ、使いたいモノ。


例えば、過度に持ちすぎているモノを見て、

・人からもらったモノだから捨てられない

・思い出があるから捨てられない

・高かったから捨てられない

・理由は考えたことないが、ずっと持っていたモノなのでなぜか捨てられない



これらはモノ自体の時間軸は過去にある。


逆に、

・またいつか使うかもしれない

・ないと不安

・たくさんあれば安心

・こういう風になった時にこれを使おう(痩せたら着よう、親戚に子供ができた時のためにとっておこう、1度も行ったことがないのにもっているキャンプ用品、大きなホットプレートなど)


これらのモノの軸は完全に未来。


その未来は来るかどうかは分らない。


これらの過去と未来、そして現在のバランスが取れなくなってしまうと、

持っているモノが気付かないうちに、不安や恐れ、執着で持っているモノばかりになり、

気づけば「今」に焦点を合わせて持っているモノが非常に少ないことに気づく。




私も家のお片づけをした時に、

自分の持ち物の時間の軸がかなりずれていることに気づいた。



使う予定があるもの、使う目途がたっている未来のモノを置くのならまだしも、

「いつかはわからないけどいつか」と思ってとっておくことは非常に危険。



それは不安があるから持ち続けてる事も多く、

そのモノが増えれば増えるほど、実際の不安も膨れ上がって行く。



そして、その不安は不安な現実を実際に引き寄せる。


当時、汚部屋だった私も、家を不安でパンパンにしていて、

日常も不安でいっぱいだった。


そして、なかなかいい事が起こらない。

いい事が起こらないからまた備えようと蓄えてしまう。

正に魔のスパイラル。


そのスパイラルから抜け出すには、

過去と未来のために持っているものを少しずつ手放していく。




未来を不安で染めない。

過去を執着で埋めない。




不安は物を手放していく事で、自然と取れていくもの。

執着もまた同じ。

物を手放していけば、執着が自然と剥がれ落ちていく。


しかし、そうは分かっていても、いざ物を目の前にしたら揺れる心。

手放すか残すか葛藤してしまう。


そんな時、私はいつも自分に言い聞かせていた。


「どんな今を送りたい?」

「どんな未来にしたい?」



楽しいとか、ウキウキとか、穏やかとか、幸せ…そんなキーワードが出てきた。


漠然としすぎてそれがどういった生活なのかはハッキリとは分からなかったが、

不安や心配で埋め尽くされた今と未来よりかはよっぽどマシだという事だけは確かだった。



その強い気持ちが不安な気持ちを打ち砕いた。



物を手に取り、悩んだら、

「でもkaitekiは楽しい今と明るい未来がいんだよね?」

自分に言い聞かせた。



何度も何度も不安が押し寄せる度にそれを言い聞かせた。


どんどん手放した。

色んな本にそう書いていたように、執着が段々と薄れていった。


それと同時に、どんどん手放していく物を見て、


今使いたくて持っているもの、

好きで持っているものが、

とても少ない事に気付いた。


手放すとどんどん入ってくる。

ひたすら信じた。


どこにいるか分からなかった自分が、

段々「今」になってきているのがわかった。


目の前の事に集中できるようになった。

いつも良からぬ事ばかり考える癖が抜けてきた。


自分で自分を苦しめていたのがよく分かった。


不安を100%取り除けたかと言ったらそうではないが、

それは、自分がどうにかできそうな範囲まで小さくする事ができた。

胸が押しつぶされそうな不安に悩む事がなくなったという事。



未来の為に、物を持ちすぎることが必ずしも幸せとは限らない。


今を楽しめない自分に明るい未来は果たして来るのだろうか?


そう自分に問いかけると、

なんとなく答えに導かれて行った気がする。


未来は現在の延長線上にあるもの。

今をもっと輝かせることが、何よりも明るい未来に繋がる一歩だ。


そんな風に楽しい事を考えてお片づけをしていく事で、

片付け自体も、億劫な作業ではなく、

楽しい作業に変化する。


だって人間は誰もが幸せになりたいと思っているから。

その幸せの為にできることなら、

間違いなく進んで行ける。


お片づけが進まないのは不安に向かっているから。


お片づけする皆んなが幸せの方向に向かっていきますように。








いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。
鬼のように忙しかった1週間が終わりホッと一息。

こちらもぜひ見てってちょーーー!!!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 kaitekiのおうち記事よりも人気のある、 お友達のおうち~~~のコーナーです!!! 昨日、お友達のおうちのお片づけにお手伝いに行ってきた~。 今回は、前回こちらの記事で紹介したお友達のおうち。 このお友達はよく、 「え~~~、もうこれい ...

続きを読む
やーやーやー。

kaitekiのおうち記事よりも人気のある、

お友達のおうち~~~のコーナーです!!!


昨日、お友達のおうちのお片づけにお手伝いに行ってきた~。


今回は、前回こちらの記事で紹介したお友達のおうち。




このお友達はよく、

「え~~~、もうこれいらんよね~。 うん!いらないいらない!」

とあっさり言うので、あだ名はあっさりちゃん。



今回はあっさりちゃんのクローゼットを公開。


あっさりちゃんは以前紹介したように、おうちはと~~ってもすっきりといつもキレイ。



でも~~~~。

収納の中がツムツムてんこ盛りのぐちゃぐちゃがお悩み。(内緒だぜ~~)


クローゼットもパッと空けた感じはキレイに見えたのだが、

見えないところはてんこ盛りだった。


早速お片づけ開始~~~!

って、いつもながら肝心なbeforeを撮り忘れ、

ほんとにいつも我ながらあっぱれ。



(許ちて!)


で、いきなり全出しの写真から~~~、


ど~~~~~ん!!!!!!!





これ、家族全員の衣類。しかも冬だけ~~~。


かなりお洋服があります。

旦那さまもおしゃれなので沢山。


全出しをしてしまったということは、

クローゼットはからっぽ。(だいたい)




クローゼットはこんな感じ。


一見普通の(木目が素敵な)クローゼットに見えるが、実は、このクローゼット、

右側に、奥に続く奥行きがある。(壁の後ろ)





もちろんその奥行きへのアクセスはこの扉からのみ。


奥行きはもう手がとどかない状態で、使ってないもので埋められていた。





最初に使っていたのはこちらの素敵な3段のチェスト。



しかし、今回思い切ってこれを外すことに。

かわいい収納ケースが沢山並べられていたのだが、

どれも形も違い、管理がしにくいとのことで、

今回はkaitekiおススメの無印の収納ケースに一気にリニューアル。



いつもどおり、「今使っているモノ」「使うモノ」を中心にクローゼットに収めていくことに。


衣類を一つづつ見直していくと非常におもしろいことが分る。

下着や靴下。

持ってる数にかなりのばらつきがある。


自分が何に対して不安に思っているのかが、

下着や靴下の数を見たら一目瞭然。

そして、いつも「ないない」と言っている靴下が実は、めちゃめちゃあることも発覚。


そして、きちんと種類ごとにまとめていくと、

人別、モノ別でかなり数がバラバラ。

これから必要なモノ、もう取り除いていいもの。

新たに追加したいものが非常によく分ってくる。





この写真は姉妹ちゃんの下着パジャマ類。

こちらの写真だけでも、右はキュンキュン。左はかなり余裕があることも分る。

ということは、左の量でも十分回せているということ。

今後は何をしぼっていくかも明確になった。



そして~~~~~。


ど~~~~ん!!!!



こんな感じで家族全員の洋服を1か所に。




使いにくかった奥行きも、普段はあまり着ないものを入れたモノの、きちんと通れる動線は確保した。



いつもママがとっていた子供の服や幼稚園のグッズも、自分たちで取れるように配置。



さっぱりちゃんは、バスタオルなども脱衣所ではなくここに置いている。

お風呂に入る前にここに来て、下着、パジャマ、タオルを持って浴室へ。


実は、このやり方はお片づけの安東さんが推奨していて、

なんでもかんでも1階で管理、すぐ手に届くように脱衣所に色々持っていくというのではなく、自分の必要なモノを、

要る時に自分の場所から持ってくるという方法。




便利だからといって、全てのモノを脱衣所に持ってくるのは

よほど大きな収納や、ちゃんとそれを目的で作られたクローゼットが隣接していない限り無理がある。



それを敢えてやってしまうと、

置き家具や、収納ケースで脱衣所はどんどん狭くなってしまう。


2階に行くのを面倒くさいと思わず、

小さいころからそれが当たり前にしていると、

脱衣所も家族の物であふれかえらずにいつもスッキリを保てる。


1か所集中管理はママも楽。

収納に対して、ストレスなく入る量を見極め、家族で上手く使っていくのもありだなと思う。



ほぼハンガーで服を管理してたさっぱりちゃんも、

沢山の服を畳む方式に変え、

こんなに沢山ハンガーにかかってた服が、

こちらの収納ケースの中に収まった。


畳むのはちょいと手間に思えるかもしれないが、慣れるとなんてことはない。

掛ける収納より畳む収納は収納力が全然違う。


畳めるモノは上手に畳んで、より掛けてるモノも使いやすく。

1つのクローゼットも上手く使って、上手く服を回していけば、こうやって家族の物をまとめることもできるのが分った。


ま、でも、これワンシーズンの服だから、さっぱりちゃんまだまだ減らせまっせ~~~!!!

と言いたいが、これもライフスタイルや好み。

kaitekiのおうちのトドのように冬服は2枚しか持ってないのとはわけが違うので

それぞれの基準でストレスなくモノを持っていきたい。


以上、家族4人分を1つのクローゼットに~!の巻でした。




☆~追記~☆

安東さんが勧められてるのは、集中管理ではなく、家族各自が自分たちで物を管理し、必要な時に自分の場所から持ってくる方法です。

そうすることで、一階の皆が使う場所に、衣類などを持ってきて、スペースをどんどん狭くすることが無くなるという事です。

参考:安東さんのブログ
洗面所に下着を置く習慣


私の集中管理の件と、話が混ざってしまい、分かりにくかったので追記として訂正させていただきます。

ありがとうございます!!





いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!!
昨日の記事ランクインしました!しかもおとといの記事も、まだ頑張って残ってます!
見てって~~~!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 昨日は「うちの旦那もトドさんそっくり!」という沢山のコメントを頂き、大変ありがとうございました!! 夫婦の問題は難しいですよね。 近いからこそ言いすぎたり、 うまい具合に距離を取れなかったり。 でも、根本的なことは、自分も人間、相手も ...

続きを読む
やーやーやー。


昨日は「うちの旦那もトドさんそっくり!」という沢山のコメントを頂き、大変ありがとうございました!!



夫婦の問題は難しいですよね。



近いからこそ言いすぎたり、

うまい具合に距離を取れなかったり。

でも、根本的なことは、自分も人間、相手も人間。

お互いに1人の人間として相手の事を尊重しあえる事。



夫婦だから適当になってしまうのでなく、

夫婦だからこそ、

よりお互いが心地よく居れる事が何より。



いつも、人は、

「自分は尊重されたい」

「尊重されるに値する人間だ」と感じていながら、

実は自分が自分の事を邪険に扱ってる事が多い。


ほんとうは、自分が自分の事を可愛がらなければいけないのに、

その可愛がる部分は人任せにしたり、

人に求めてしまったり。


だから、旦那に

話をもっとして!

私にもっと協力して!

私に気遣って!と多くを求めがち。


相手にもっと話をしてもらうことで、

自分は満たされると思ってしまうこと。

話してくれる事が、自分を尊重してもらう事と思ってしまうこと。


しかし、実際は苦しい。

いつまでたっても変わらない相手に付き合い続ける事は、


何よりも自分を尊重してない事の証。


自分を大事にする。


自分を苦しい気持ちから解放する。

自分が自分を一生懸命大切に扱う。

まず自分。

それができると、自然に、「じゃあ相手はどういう風にしてあげると気分がいいか」を考え始める。


その結果が、私の場合は、

「旦那は、自分の世界に入り込む自由を望んでいる」という事だった。


私が、旦那と沢山話をしたいと思うのと同じくらいの量で、旦那は静かな環境に居たいのだなと思ったのだ。


私の無言男子との付き合い方はそんな感じで変わっていったのだ。






さてさて、

お片付けのお話も!!!

行ってみよー!!



今日は脱衣所。

先日ニトリで買ったこちらのフック




設置したら報告しまーす!と言っていたやつ。

設置しましたーー!!



場所は~!あ!もう書いちゃってるね。

脱衣所のドアの後ろでーす!


例の家具屋さんが来た時に、お願いしちゃいました!!


実はドアの真後ろにもフックを付けていて、

そこにストールや、一時置きの服を掛けていたのだが、少しせせこましかったので、範囲を広げた。




冬の服は、一度着てすぐ洗わなかったりだし、

私は家に帰ってくると、数時間後にまた出かけるとしてもすぐに部屋着に着替える。

だから、どうしても、ちゃちゃっと掛けれる場所が欲しかった。


ここなら扉の後ろだから来客にもほとんど見えないし(だから、来客ほとんどないんだってば!…)

扉を開いても、

動線には全く問題無し。




脱衣所に入るときは全く見えないと言うなかなか素晴らしい配置になった。


今でも結構モリっと掛けてるが、

もう少しモリモリっとなる時もあり。

少し溜まったらまとめてドライコースでお洗濯。


ここがモリっとなってるときは、私のクローゼットの引き出しはスッカスカ!

昔はカゴにバサッと入れてたが、

床に物がなくなるだけで、狭い脱衣所も少し広く見える。

洗面所は抜け毛多発地帯なので、お掃除も楽にできるようにしておきたい。




以上、一時服置き場からでしたー!!!







いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
こちらも見てってケロ。
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 今日は夫婦のお話。 また長いでーす。 お急ぎの方は、 時間のある時にお越しくださーい。 今でこそ、特に問題もなく平和に暮らしているkaitekiとトド(夫)。 しかし、以前は険悪な時期もあった。 トド(夫)の生態・特徴・・・ とても静か。 ...

続きを読む
やーやーやー。


今日は夫婦のお話。



また長いでーす。

お急ぎの方は、

時間のある時にお越しくださーい。







今でこそ、特に問題もなく平和に暮らしているkaitekiとトド(夫)。

しかし、以前は険悪な時期もあった。


トド(夫)の生態・特徴・・・


とても静か。

よく言うと寡黙。

悪く言うと無口。

くだらないギャグがしつこい。

小学生より寝るのが早い。

リアクションが薄い。

ゲーム魔




にぎやかな家庭で育ったkaitekiには、

結婚してから静かな生活が苦痛でたまらなかった。


とにかく会話が無いのだ。


話し始めるのはいつも私。

反応も薄いし、

会話のキャッチボールなんてない。

いつも私が投げて、向こうがキャッチで終了。

しばらく待てど、ボールは返ってこない。


会話が弾まない。

報告、連絡、相談もない。


ご飯を作っても「美味しい」もない。

仕事の話も全然しない。

私が1日何をしていたか聞かれた事もない。



得意技はノーコメント。


私がブチキレても、向こうは切れない。

私の愚痴が始まると、寝ている!!!!





「ありえない」と思った!!


普通、人が話してる時に寝る?!?!

私がもっと夫婦の会話がしたいと嘆願しているのに寝てる!!

神経が違うと思った。




昔のトド(夫)は8時半就寝。

仕事から帰ってきて、ご飯とお風呂を済ませたら寝る感じ。


私は何のために結婚したのか分からなくなってきた。


話をしたくてたまらない私は、日々そのモヤモヤやうっぷんを晴らすように友達に電話してしゃべくりたおしていた。


私とトドの喧嘩は(私からの一方通行の喧嘩)

いつも、ただ彼が自分と全然話をしてくれないことに絞られていた。


それ以外無かった。


話をしないから、私にいかにストレスがかかっているかをとにかくコンコンと話した。


けどトド(夫)は、

「えーーー?話してるじゃん!」

で終わり。




それを永遠と繰り返していた。


私はトド(夫)にもっと話をするように変わって欲しかった。


ちょっとは努力してほしかった。

話を沢山して、花を咲かせたかった。


コミュニケーションは練習で良くなるだろとも思っていた。


でも、私の願いもむなしく、

会話は増えるどころか、減る一方だった。


その時の私は、

1番大事な事を分かっていなかった。


それは、


「あるがままの相手を受け入れること」

だった。


不満が絶えなかった時は、そんなの無理だと思ってもいた。


しかし、お片付けをしてから、徐々に変わっていった。



トド(夫)はいつも自然体で、あーなのだ。

あれが普通。


どれだけ言っても私と会話の時間を増やそうとしない。


それも彼なのだ。


無口なのがトド

私にあまり興味が無いのがトド

ゲームが好きなのがトド

私に合わせず寝たいときに寝るのがトド

私が嫌だと思っている部分全てがトドなのだ。



私は片付けをして、自分を少しずつ受け入れるようになってから、


トド(夫)の気持ちがすごく分かり始めた。




トド(夫)は私と話をするのが嫌なんじゃない。


私に興味が無いわけじゃない。




ただ自分のやりたい事をやってるだけ。

ただ、「自分」があって、その自分を家の中でさらけ出してるだけ。


自然体なのだ。


そして、彼はこんなに文句タラタラ言う女を、文句の一つも言わずに受け入れてくれているのだ。


ストレス発散の買い物を私がどれだけしようが、

それが「kaiteki」と受けとめて、何一つ文句も言ってこなかったのだ。


「これだけ、買い物してもなんで文句も言わないの!!!!???」

と、もう私は何でもかんでも喧嘩の種にしていたが、

「それがkaitekiのやりたい事」

「それがkaiteki」とトドは思っていたのだ。


だから喧嘩になった事が無かったのだなと思った。


私は片付けをして、自分が心からしたい事をするようになって、


「トドもただ、こうやってやりたい事をやってただけなんだ」


と受け入れることができるようになった。


それからは、

いくらしゃべらなくても、いくらお菓子を大量に買ってこようとも、

何一つ不満に思うことがなくなった。


1日中ゲームしたりDVDを見てても腹が立たなくなった。


「休みだもんね!やりたい事やったら?
私も出かけてくるねー!」って、相手を尊重できるようになった。


お互いのやりたい事を普段存分にできるようになった分、

家族の時間もすごく大切にしてくれるようになったように思える。

以前に比べて、頻繁に

「今日はここ行こっかーー?」

と連れ出してくれる事も増えた。

私は彼に文句を言うことがなくなった。



むしろ今は、私の方が彼を無視して、何かに集中している事の方が多い。


すると、

「また無視ですか…」


と、後ろの方から聞こえてくる。

自分が集中して、彼の話を聞いていないことが多くなったので、

私は彼に無視されても、

「あ、今言っても耳に入ってないな…」と思えるようになった。



私にとっては、不都合な欠点に思えた彼の性格も、

今となっては、何も言ってくることがない楽な旦那として長所にかわってきた。


私にとっては都合のいい旦那に変わった。



相変わらず会話は少ないけど、

でも以前より私は会話が増えている気がする。と言うより、

トドはあまり変わってないのかもしれない。

私の彼を見る目が変わった。

しゃべってくれないことより、

しゃべってる時の楽しさに焦点を合わせるようになったから、

以前よりしゃべってるように見えてるのかもしれない。


相手を受け入れる事って、

簡単にできないって思ってたんだけど、

実は自分を受け入れたら驚くほど簡単にできた。


自分を受け入れる事は自分でできること。

相手を変えたいと思う人は、

まず自分から。


欠点も欠点でなくなることだってあるから。






いつも読んでくださる皆様ありがとうございます!!
長い話の後にランキングをどうぞ!!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 か、か、肩が… 首が… 頭がーーー!! 原因は、 これや、 これ。 死ぬー! めちゃくちゃ難しかった!! 久々にギブアップーー!!って息子に言ったら、 「ママは大人だから頑張らなきゃダメだよ!」と言われてしまい、 説明書と格闘。 ...

続きを読む
やーやーやー。


か、か、肩が…


首が…

頭がーーー!!



原因は、



これや、



これ。


死ぬー!

めちゃくちゃ難しかった!!

久々にギブアップーー!!って息子に言ったら、

「ママは大人だから頑張らなきゃダメだよ!」と言われてしまい、


説明書と格闘。


こんなの考えた人凄すぎるでしょ!!

私の肩と頭泣かせの折り紙。

もはや子供の遊びの域を遥かに超えている。


そんなこんなで、折り紙ごときで体がバキバキのkaitekiです。



さてさて、

昨日つついたのは、

ワークスペースのキャビネット。




こんな感じで、矢印の部分が気になっていた。


丁度良いファイルトレイがないか一生懸命探して~。

たどり着いたのはこちら、


上から、

・未処理書類
・処理済み
・コピー用紙

を置いた。




3つ重ねてほんとにピッタリ隙間無し。

もう少し隙間が欲しかったが、いたしかたない。



しかし、作りはかなり丈夫。
手前が傾斜になっているので、書類も取り出しやすい。


シンプルなのでデスクに出しても使えそう。

書類置きは、引き出しタイプや色んなレターケースかわあるが、私はやはりダイレクトに取れる物が好きなようだ。


だから、キャビネットの扉は全て隠してくれるので本当に助かる。


インテリア系の雑誌などは、

扉を開けても綺麗。

扉の中に箱、引き出しなどを利用してかなり生活感をなくしている。


憧れはするが、

私が同じ事をやってしまうと、

元に戻さないのはわかりきっている。

そこまで徹底するには、覚悟が必要。

私はそれはできましぇ~~ん。と納得している。


私は、私の使いやすさを何よりも優先し、

その上で、自分ができる範囲で見た目の美しさを加えていきたい。


そう。

誰の家を綺麗にしてるわけでもなく、

自分の家をやっているのだ!!!

これほど楽しい事はない。

自分に楽をさせてあげる、

自分に優しい収納にする、

自分が好きな物を置く、

自分がくつろげる空間にしていく。

自分を労わる方法を考えていくと、

自ずと家族の物も配置しやすいように考えていっているのだ。


とことん自分目線。

とことん自分大事で大丈夫。


自分に優しくする事は、

自己肯定。


自分を認めてあげる事が、自信につながる。




雑誌やハウツー本ももちろん参考しまくるけど、

その前にやはり自分のやりたいようにやる!が先。


色んなやり方がありすぎて、

頭がゴチャゴチャになったとき、


まず自分はどんなのがいいか…を考えてみたい。

その上で、色んなやり方に助けてもらいましょ。






いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。
皆様の応援が心に沁みます。
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村