おうちのぶろぐ 汚部屋脱出女の快適生活

36歳で汚部屋脱出。捨てるお片づけ、お掃除、いつでも人を呼べる心地いいお部屋作り。心と思考のお片づけもやってます。

2015年08月

や~や~や~。 あっという間に子どもの夏休み中の登校日! ゆっくりしてたけど、あっという間に感じれたっていうのもなんだかいいなあ。 久々に早起きして息子を送り出し、 キッチンに立つ。 洗い物を済ませ、眺めていると~~~。 やっぱり黄ばんでるな。 で ...

続きを読む
や~や~や~。

あっという間に子どもの夏休み中の登校日!

ゆっくりしてたけど、あっという間に感じれたっていうのもなんだかいいなあ。


久々に早起きして息子を送り出し、

キッチンに立つ。

洗い物を済ませ、眺めていると~~~。



やっぱり黄ばんでるな。




で、メラミンスポンジゴシゴシ攻撃もいいんだけど、

そういう気分でもなかったので、

とりあえず、キッチン漂白剤。






シャシャシャとスプレーして、

ほんの数分放置するだけ。

after



相変わらずビフォアアフターの違いが微妙過ぎて全く面白くない画像。


三角コーナーの下のあたりが白くなったのがよく分る??(疑問)

肉眼ではかなり白くなってるんですがね。



もういつも自信満々にアフターを載せたい気持ちなのに、

こうやって微妙な写真になって切れ味悪過ぎ。


悪いついでに、

この写真。





こういう、家で作る息子のワケのわからん作品の扱い方が厄介。

なんのこっちゃと思うので、とりあえず説明すると、

ウルトラマンの怪獣、ベムスターのお腹の部分だけをピックアップして粘土で表現したもの。(どうでもいい)

子供の世界観はどんなに変だろうが、一応認める私。(ほめちぎると調子にのってベムスターだらけになるのでほどほどに)


私は、こうやって(一応)目に着く所に飾ってる風にしてみて、

本人気にもしなくなったら即効処理します(片付けるOR捨てる)

この場合は、白い粘土は戻して、

色をつけてしまった粘土は捨てるといった感じかな。



なんせ、こどもって作ってる時、作った時が満足な感じで、後は特にどうでもいい感じ。



紙を取り出して、書いた事に満足して、ポーンとほかってるやつは、

そのままゴミ箱に直行させていただく。



一つ一つの作品を大事にしすぎると、

「この作品は大切じゃないのね!」


とか、

「出来が悪かったから飾ってくれなかったんだな」

なんてひねくれられても困るので(私が子供の時にそうだった)

あくまでドライに付き合って、作った時の気持ちを大切にするようにしている。




それに、すごい気に入ったら、自分から

「これ2階に飾っといて~~」って

2階の子ども作品を貼っているコルクボードに貼ってくれと命令してくるので、

言われた物&すこぶる私が気に入った物を残すようにし、

それもある程度満喫したらある程度は処分している。





しまってしまわず、ある程度満喫するのも手放しやすくなるポイント。




しまってしまうと、私の場合、作品をじっくり味わってない罪悪感から、

とっておくことでその気持ちを逃れようとしてしまうからだ。




その場でしっかり味わう!!!





それに、創作意欲がすごすぎて、とてもじゃないけど、大事に扱ってるとミルミルリビングがやばい事に。




「大切なのは作ってる時と完成した時の気持ち!!!!!」




と、なるべく物を増やさぬように自分なりに言い聞かせてるkaitekiセリフ。


作品の取り扱いで、お困りの方は以下に私がポイントにしている事を書きますので、

何か参考になることがあれば、もってっちゃってください。





1. 作品を作った本当の意味を考える

(成長の記念として書いたものか、その場の雰囲気で書いたものか、暇つぶしで書いたものか、応募するために書いたものか、書いてみてほんとうに残しておきたいくらい自分が好き!と感じたモノなのかなどなど。。。)


・現状に満足していると、さほど物として残そうという感覚が減ってくる。

(記念は少ないから価値がある。すくないから記念)


2. 本人がまずどうしたいのかも少し聞く

(これはある程度、習慣ができてると流れのようなものができる。子どもも、「捨てる」といったり、「とっておく」と言ったり自分の基準ができている様子。 本人が小さい時は親の感覚でオッケー。そして、子供が、そういうものなんだ。。。と思い込み習慣となっていく)




3. 子供に聞いた後は、「自分はどうしたいか」を考える。 

私の場合、「私がおばあちゃんになった時に振り返るために。。。。なんて思っていても、おばあちゃんになったら、その時はその時でやること満載」と思っているので、多くは残さないようにしたいと思っている。





4. 私自身が大人になって感じたのは、

「自身の幼い時の作品を見るのは1点2点だけで満足。」


なので、やはり、子供目線ではなく、自分目線で残すことが大事。(子供は子供で、また自分のこどもができたら、それを味わう。子供が結婚して持っていくことまで考えない。)

参考::  鉄人(我が母)は、作品はあまりのこしていないようだが、ビデオなどを残していて、それをしょっちゅう見て古き良き時代を思い出している模様。


以上、


私は今のところ、この感覚で増えすぎてしまいがちな作品に対応している。


もちろん、写真に残したり、いろいろ残すにも他にも工夫してる人は沢山いると思うので、

自分に合う方法をぜひ見てみてください。



ついこの間、突然思い立って、娘のフランスパンを処分したところ。(しっかり味わった。)



今日の虎虎虎虎虎
↓↓↓
トラコミュ
子育てを楽しもう♪


整理のコツ


持っていなくても困らないもの


断捨離&片づけの工夫


断捨離して心も懐もハッピーライフ


いつも読んでくださるみなさまありがとうございます!
昨日もベンガル記事に沢山のポチしていただいてありがとうございます!
突然ですが、このブログはリンクフリーです。(今更ですが)
時々お問い合わせいただくので、
公にいたします!リンクして下さった方はご一報くださいますと、もれなく私が見に行くというシステムになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

 

やーやーやー。 昨日は更新しなかったにも関わらず、 「地味で地道な私」の記事にか、 地味で地道な「私」にか、 どちらか分かりませんが、たくさんのポチをいただきまして本当にありがとうございました! どちらにしましても、 嬉しいです!!!!!(←太文 ...

続きを読む
やーやーやー。




昨日は更新しなかったにも関わらず、



「地味で地道な私」の記事にか、

地味で地道な「私」にか、


どちらか分かりませんが、たくさんのポチをいただきまして本当にありがとうございました!


どちらにしましても、



嬉しいです!!!!!(←太文字!大文字!)









夏休み始めに、実家に帰り、

1週間ほど家を空け、

帰ってきたらリビングの観葉植物、ベンガルちゃんの葉っぱがポロポロと落ちていて、

私の涙もポロポロ落ちそうになりながら葉っぱを拾っていたのはつい3週間ほど前の話。



昨日、娘が、

「ママーー。また葉っぱいっぱい落ちてるよー!」って。




(ll゚д゚ll)





何ーーーっ!!!!これ以上落ちたらめちゃ寂しい木になるやんけーーー!!



猛ダッシュで観葉植物植物に駆け寄る!(距離はさほど無い)



こんなのが沢山落ちてた。







え?これ何?


こんな小さい葉っぱこの木には付いてないけど…


って、すぐに上を見上げてよーく観察。



…………




わーーーーーーーーー!!!!



めっちゃ新芽が出てるーーーー!!!!







古い枝の先っちょからたっくさんの新芽が出てきて、


それを突き破ったときに出てきたらしき

萼(ガク)のようなものが沢山床に落ちてたのだ。



葉っぱはちょいちょい増えてたけど、

古枝を突き抜けてこんなになるのは初めて見たよー!(泣)




新芽を見るたびにになぜか分からないけど、武者震いしてしまう私。


感動っていうか、喜びっていうか、


「生きてるぞーー!」って事を目の前で見せてもらえてる気がするというか、

とにかく興奮する。


あの新芽のテカテカ感や、

まるで造花のようなニセモノっぽさでありながら、ホンモノ!っていうのも憎たらしい!!


古い葉と新しい葉の違いがマジマジと側で見れて、ドキドキする。


(旧左、新右)




私は家の外の植物をとことん枯らせるので、

こっちだけは育ってくれてる!という嬉しい知らせでもある。


いや、本当にマニアックな感動で申し訳ないのだが、


私の中での新芽は、合否発表の合!が出る時ほどの喜びを感じてしまうのだ。


嬉しさを子どもに伝えようと葉っぱを一生懸命見せる母。



返ってくるのはスーパードライな反応のみ!!


いーのよーーー!!!ドンマイ、わたし!!




あ、でも、新芽が出てきたのは、上のほうばかりで、


休暇中に落ちてしまった下の方の葉っぱの周りからはまだ出ておらず、

かなりのアンバランスな木になりつつあります。



頭でっかち真っしぐら。








Σ(゚д゚;)



全体





o(TωT)o 




ほんとに一週間が悔やまれるね……



次は下から新芽が出てきたらまた熱く感動を語ります。


どれにしよっかな~、おトラ。
↓↓↓
トラコミュ
雑貨の飾り方


小さい家でも、おしゃれインテリア


インテリア・雑貨・ハンドメイド大好き♪


リビングのインテリア


* ステキなインテリア&雑貨 *




いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
こちらも変わらぬご愛顧よろしくお願いいたします。
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 ここ数日、心のお片づけが中心の記事になっておりましたー。 心の安定は、掃除やお片づけだけに限らず、いろんな事をやる意欲につながると思うから、良しとしよ~~! 私はブログを書くようになってから、時々記事の中に、 「地味」 とか 「地 ...

続きを読む
やーやーやー。



ここ数日、心のお片づけが中心の記事になっておりましたー。


心の安定は、掃除やお片づけだけに限らず、いろんな事をやる意欲につながると思うから、良しとしよ~~!




私はブログを書くようになってから、時々記事の中に、



「地味」

とか

「地道」

って言う言葉をよく使うようになった。



最近この言葉がとても好き。




元々好きだったかっていうと、元々大嫌いだった言葉!(衝撃!)


大嫌い??んんんん。。。ま、そこまではいかないにせよ、

あまり好きではなかった。(どっちでもいー!)

そして、どちらかというと避けてた。


なぜ嫌いだったかをまた分析したら、



私は地味・地道に以下のイメージを持っていたようなのだ。




地味・地道って言葉を聞くと、



・私には無理

・いっぺんに変化を感じたい

・なんか苦労してそう

・もっと華やかなほうがいい

・辛そう

・影

・暗い

・楽に物ごとを進めたい

・地味で地道は人に気づいてもらいにくい

など、

ま、要はバリバリの負のイメージでだったのだ。



でも、掃除したり片付けたりしてると、

地味で地道に行くことが




・実は一番の近道

・地味に一生懸命になってる自分もちょっと好き

・近い将来の結果が確実に見える

・そんな私も結構好き

・実は私は地味な女だった




なんて気づき始め、

イメージがガラっと変わってしまったのだ。


そして極めつけに、私の好きな本の中に、

「目の前にあることを一つずつやっていくことがどんどん道を切り開いていくもんだ」

ってな感じの事を書かれていたのを読み、


ますます自分の中の「地味&地道」に自信を持ち、それが強化されていった。



それでいいんだって思えるようになった。




掃除してる時も感じる。


「わ~~~!地ッッ味~~~~~~!!!!」(つまようじとか、綿棒で細かいとこぐりぐりやってる時とか)

「どえらい地道な作業やな」(食洗機を使わず一枚一枚皿を洗い、最後のスプーン1本を拭きあげるまで)

って、思いながら掃除してる。


でも、それが最高の褒め言葉というか、「それこそが!」と思っているので、

どんな場面でもよく使ってる。


片付けを始めるときだって、目の前に落ちてるゴミ一つ拾うことから始めると、

この部屋がキレイになるのはいったい何時間後だ!!!!!???なんて不安に襲われるのだが、


「地道が一番!」と言って、まず1つ目を拾いあげることから始める。


次、次、次。。。。。とやっていくと、驚くほど部屋はキレイになっているし、

目の前の1つ1つの物に集中するので、

あっという間に時間も経っている。

終わって見たら10分しか経ってないのが分った時にはたまげてしまうのさ。




かつて、自分が嫌いだった言葉に今非常に助けられている。

嫌いだった言葉のちょっと違う面を見るようになると、

好きになったり、

好きにまでなれなくとも

抵抗がなくなったり。



それって会話してても、その言葉に変に反応する自分もなくなるっていう意味でもなんだか効果的。

嫌いな言葉が1つ減るだけでも儲けもんだね!



「地味で地道」が嫌いな人は、

私のブログ内でその言葉が頻発してたので、もしかしたら読みたくなくて離れてしまってる人もいるかもしれない。



でも、その文字を見てゾワゾワ感じながらも見続けてくれてる人がいるのなら、

もうそれに気づいただけで、私のブログが一気に読みやすくなるかもしれない。

私は「地道と地味」に良いイメージを持って書いてるっていうこと。



文章を読んでても引っかかってしまう言葉。

その言葉になぜ反応する自分がいるのかを知るのも楽しいもんです。



今日も地道を一つ。




終わってキレイになったキッチンを見るたびに、

「やっぱり地道が一番よね~」

と心の中で呟くのです。






本日のMAX記事です。(古!)
↓↓↓
トラコミュ
掃除・片付けのコツ


片付けて プチストレスをなくしていく


すこしいいこと。うれしいきもち。


掃除・掃除・掃除ー♪


そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き



いつも読んでくださるみなさまありがとうございます。
ポチを一つ押してもらえると、私が喜ぶシステムになっています。
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 長すぎて気分が悪くなってないでしょうか?? 脱水症状にならぬよう、水分補給お願いします。 ここからが大切な事を言いますので、ぜひダンボになって聞いてください。(今から!?) 前の記事はこちらから ①他人の言う事が気になってしょーがない人 ...

続きを読む
やーやーやー。


長すぎて気分が悪くなってないでしょうか??


脱水症状にならぬよう、水分補給お願いします。




ここからが大切な事を言いますので、ぜひダンボになって聞いてください。(今から!?)

前の記事はこちらから

他人の言う事が気になってしょーがない人。
他人が言うことが気になってしょーがない人・中盤戦




パートナーがあれこれ言ってくるの、

耳が痛いですよね。


でも、


夫のあれこれ言ってくる事は、


「夫の問題」


なのです。




夫があなたに対して、どんな感情を抱き、どんな事を言ってきて、どんなにイライラしていたとしても、




全て彼の問題であり、あなたの問題ではないのです。







相手の攻撃の言葉を


「自分が悪いからだ」
「自分がだらしないからだ」
「自分がダメな母親だからだ」
「だから私はダメなんだ」


と言う風に勘違いして自分を責め始めないでください。




相手があなたに対してどう感じ、何を発するかは相手の問題なのです。


先の記事でも、自分の問題ではないことがちょっと分かってもらえたかと思います。



そこをきっちりと切り離して、

自分は常に心地いい場所で、心地良く居てください。



全て自分だけの問題じゃないと分かれば少し気持ちも楽~~♪ですよね。




自分の事に集中してくださいね!!

自分の幸せに集中!!

自分の気分が良くなることに集中!!


すると、相手の言葉は、嫌味でも攻撃でも何でもなく、

単なる夫自身の愚痴、お話、また何か喋ってるな……くらいにしか思わなくなります。

「あの人誰の事言ってんのかしら?」くらいになると達人ですね。


スルーの世界に飛んでいけます。



ここで、

「あんたもあんたの問題があるんでしょーーーがよー!!!!!」となると、間違いなく修羅場になりますからお気をつけください。




相手は相手。

自分は自分。


自分を精一杯大事にして、

相手の言葉にやられてしまわないでください。


図太くなりましょー!!


そのままの自分で!


自分を認めた上での色んな努力はすべて自分をステキにしてくれます!


認めてないのに努力ばかりしてると、

いつか壊れます。






夫婦はお互いの存在を映し出す存在。

お互いの事を高めあえる存在でもあります。


「自分が成長するのに1番丁度いい相手になっているのです。(一人さん語録)」


そう考えると、パートナーってとっても役に立つ存在ですね!!




投稿してくれたRちゃん。

勝手にここに載せちゃってごめんなさい。


けど、たくさんの人がRちゃんの投稿でまた自分の事を大事にしよ!って思ってくれてるから!!ありがとうーー!!




今日も自己満記事を大発揮させていただきましてありがとうございます!!
もうこれだけ読んでいただいて、ポチも押して下さいと図々しいこと言えませんが、

押して下さい。
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 昼からプールに行ってからの~~~。 夜ご飯にお惣菜でガチガチに固めてからの~~~、 中盤戦の記事です。 相変わらず長いので、お気をつけ下さい。 前半戦記事はこちらから。 ↓↓↓ 他人の言う事が気になってしょーがない人。 さて、 中盤戦 ...

続きを読む
やーやーやー。



昼からプールに行ってからの~~~。

夜ご飯にお惣菜でガチガチに固めてからの~~~、

中盤戦の記事です。

相変わらず長いので、お気をつけ下さい。




前半戦記事はこちらから。
↓↓↓
他人の言う事が気になってしょーがない人。


さて、

中盤戦は、奥さまを責めるような事を言ってしまうご主人の心理について。


どこのおうちでもあるあるなお話だとおもうので、

こんなもんなのか~と思って聞いてください。




「家にいつもいるのになんで片付けもできてないの??」

「そんなこともちゃんとできないの?」

「それは家にいる主婦がやるのが当たり前でしょ。」


(夫に限らず、女性の場合でも、夫にそういう事を言う場合もあると思います。
でも、分りやすいので、ここでは「夫」とします。)



妻に

・こうすることが当たり前

・ちゃんとできて当然

・誰のお陰で飯が食えてんだ!

・サボってるように見える妻に腹が立つ


こんな風に思っちゃう夫は、

自分自身に問題があるのです。


(今、問題がある!って読んで、反応しちゃった方、問題ありますよー。)


分かりやすく言うと、

自分に対して、そのような感情を抱いているのです。


いつも自分に

「ちゃんとできてないとダメだ」

「それくらいできて当然だ」

「俺が稼がないとダメなんだ」

「サボってたら稼げない」


など、自身に対してそう思っていて、自分にとてもプレッシャーをかけているのです。





こうでないと自分にはダメだとか、価値が無いと思うことを「劣等感」と呼びます。

他人と比較するときだけではありません。

自分の中にも気づいてない劣等感も沢山あります。




しかし、それはとても簡単に他人を通じて見つける事ができます。


嫌な気持ち(負の感情)が湧いてきたらサインです。


人を通して劣等感を感じ、その劣等感をぬぐうために、誰かを攻撃することで解消する……


そんなパターンの人もいます。


目の前に居る人に、言葉を通じて、

自分のほうが「立場が上だ」とか、「自分は正しい」と主張しているのです。

「優越感」を感じるのです。




一方、「ちゃんとできないとダメだ。」と思っていても、

それが劣等感から来るものではなく、正義感からくるものであれば、

自分だけがそうしていればいいので、誰かを攻撃することにはあまりありません。(そういう人もいます)


夫は劣等感を何かしら抱いていて、その劣等感からくるストレスのはけ口に、家族であったり、部下であったり、自分より立場が下だと思う人に対して辛くあたってしまうことがあります。


ママが子供に対して当たり散らしてしまうのもいい例です。



当たってしまう相手というのは「自分の投影」なのです。

自分のイヤなところを全て見せてくれる存在………鏡です。



イヤって思ってる部分が見せつけられると、何か言わずにはいられなくなるんです。


妻に腹が立っているというより、

自分に腹を立てているのです。





「妻がタラタラ家事をやるのを見て腹が立つ」→自分はチャキチャキ終わらせたいタイプ。けど、実は自分もタラタラしたいとか、時にはゆっくり仕事がしたいという気持ちがあることを認めきれていない、または、それが許せない。もしくは、ゆっくりやることが悪い事だと思い込んでいる。

「妻が「できて当然」、と思う事ができてない時に、イライラする」→自分のできることと人のできる事の混同。自分のできない部分は見て見ぬふりをしていたり。自分にもできないことがあるのだが、そんなできない時の自分を見てるようでイライラする。

こうやって、人は、違う人に自分の姿を投影します。



ここでも、前半と同じく、「反応」してるのです。


この場合、

「私はあなたそのものよ!」って。

妻が全てを表してくれてるわけです。

だから、妻の至らない部分が、まるで自分の至らないところを見ているようでどうしようもなくイライラした気分になるんです。

で、つい言ってしまう。


そうですよね。気になってなかったら、言う必要もないことなんですから。




言うほうも


言われて気になるほうも、


どちらかが劣等感を抱え、気持ちが過剰に反応してしまう時に、衝突してしまいます。


思いっきり嫌味を言ったつもりでも本人の自覚がなければ、効果無し!っていうのは前半の記事でも書きました。


そして、そんな時は、相手は変えられないのでやはり自分の気持ちを違う方向に持っていかなければならないのです。





また長いので、次でまとめます!!!

次が大事です!すぐアップしま~す!


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 私の娘は、私の顔の毛穴のたるみが気になるのか、毎晩私の顔に両手を当て、 「大丈夫??この顔?」 ………… 「治るの??」 ………… 「ほんとにこの顔で大丈夫??」 ……………… 「こうでいいの?」 って…… 寝る前にいつも私の ...

続きを読む
やーやーやー。




私の娘は、私の顔の毛穴のたるみが気になるのか、毎晩私の顔に両手を当て、


「大丈夫??この顔?」


…………


「治るの??」


…………


「ほんとにこの顔で大丈夫??」


………………


「こうでいいの?」


って……


寝る前にいつも私の顔を心配してくれます。


もはや、毛穴の事ではなく、私の顔の作りを指摘された気分になってしまっていたのは私の心の問題です。





さてさて、



昨日の記事で

家事でイヤミを言われても平気になる。

を書いて、コメ投稿してくださった方がいらっしゃって、

その方のお話が

とても沢山の人にあてはまっているんじゃないかな~と思い、

今日はそこをクローズアップ。




投稿

kaitekiさんっていつも主婦の味方w ご主人 けっこうイヤミ言ってるのに堂々としてるkaitekiさんすごいね~♪
私は言い返すか ショボンと小さくなっちゃう…。
ゴミの日すら夫は知らないし 家の事は主婦がやって当たり前。
家が汚いのは主婦失格と平気で罵られてます。
だから ちゃんと出来てない自分は たまのお祭りだって楽しむ資格はないし 自分のためにお金を使うのはもったいないって思ってます。
愚痴ってしまってすみません。
書いててなんか泣けてくる。
「休む時は休んでいいよ♪」って自分に言ってあげます。
いつもありがとう~



・ご主人に色々言われて気分が悪くなるパターン。

・イヤミを言われて自分を責めて「私ってやっぱり駄目だわ。。。。」となってしまう人。

・なんやかんや言われて、怒りがこみ上げてくる人。


小言を言われての受け取り方は色んなパターンがあると思います。

色んなパターンがあるにせよ、

共通するのは

「相手に何かを言われて、かなり反応してしまう自分がいる」

ということ。




で、反応するメカニズムなのだが、

それは

「自分もそう思っているから」

「思い当たる節があるから」

「自分でもわかっているのに、それをどうにもできていない自分に腹が立っているから」



なのである。




人間は自分が自分に対して嫌と思っていることは、とても敏感に反応してしまうのだ。





例えばよく聞く話で、こんな事もある。



・痩せてる人に「デブ!!!」と言っても、本人ま~~~ったくなんにも思わない。


・自分で「私バカ!」って思ってて、それをそのまま認めている人に「あんたバカやな!」って言っても、「そうなのよ~~~!私ほんまにバカで!」と言ってサラっと流せる。



要は、

・自分では全くそんな風に思ってない事、

・事実と全く違うことを言われた時、

・本人がそれを認めていて、異論も反論もない場合は、誰が何を言おうと全く気にならない。


そんな感じで、いくら人から聞いたらイヤミととれる言葉でも、

本人の気持ち次第で、全くイヤミにはならずただの会話として成立するのだ。





人が言う事に反応してしまうというのは、

「自分では分っている。でもそれが嫌だって思ってる自分がいる」

「言われた部分を自分では変えたいって思っている」

「指摘された部分は自分の中では「悪い事」だと思っている」場合。


自分の中で常にその事に対して、罪悪感やモヤモヤを抱えているので、

その言葉が出てくるだけで反応してしまうのだ。

それが、友人であろうと、両親であろうと、まったくあなたを攻撃するつもりもないたかが一ブログであろうとも。(どんな記事もあなた個人を攻撃する事など何も書いてないけど、「私の事を攻撃している文書だ!」と勘違いしてしまう)



相手のしゃべっていることの1部を拾いあげて、攻撃の言葉として受け止めてしまうのだ。


だんだん見えてきたでしょうか?

「攻撃されてる」と感じるのは自分の気持ちの問題というのが。


相手はあなたの本当の気持ちなど知ったこっちゃないので、

自分の思っていることを言っているだけ。

それをどう受け止めているかというのは正に「自分次第」なのである。


(もちろんたまに、相手がイヤと分ってて敢えて言ってくるイジワルさんもいますが)



なので、全ては自分の気持ちの持ちようで、相手の言葉は

「聞いてて辛い言葉」

にもなるし、

「なんでもない言葉」

にもなるってこと。


で、誰でもイヤな思いをしたくないので、それを上手く受け流すようにするには、







「自分が自分のイヤって思っているところをマルっと認めてあげること」なのだ。







そんな自分も全然悪くないわ!

そんな自分もかわいいもんだ。

こんな私がいるから今の私がいるんだ!

ぜんぜんいい~んよ。これで!

私が居ないのと、このままの性質でここに居るのとどっちがいい!!!!???(極論)


自分をどんどん大事にしていく。


すると、人と話をするときに、自分に対しにてひっかかる言葉がどんどん取れていくので、

会話自体もすごく楽しいものになってくる。


できないこと、なれないこと(持って生まれた容姿)など、それはどれだけ直そうと思っても無理なことだってある。

だったらもう丸っと認めて好きになってあげるしかない!



「そんな自分でも大丈夫!!!!」

そりゃ、昨日の今日でパッっとできるものではないので、

人と話をして何か感じるたびに

「わ~~~!イヤな気持ち~~~!でも大丈夫!大丈夫よ~~~!わたし!!」

って何回も何回も繰り返して、そんな自分も大丈夫なことを教えてあげましょう。

すると、段々「慣れて!」きて、

そのうち、それが「自分!」って認めれるようになってきて、

目の前から消えていきますから。



今までいろんな本読んで、がんばってみて、

「私もそんな自分も認めようって努力してるけど、でもできないんです!」

それもまたオッケー。

できない自分もいつでも「自分」が1番に許してあげてください。

誰よりも先に自分が。


あなたを許すのは旦那様でも、お母さんでも、友達でもなく、


「自分自身です」


自分の事をまず1番に「自分」が認めてあげないと、


誰もあなたを認めてくれません。


たとえ、認めてくれても、

そこには違和感たっぷり残ります。


本当の自分じゃない自分を認められてる違和感が。


今日から、しっかり、向き合って、

少しずつ、ゆっくり、焦らず、地味に、地道に、気長に、自分褒めをしてくださいね。


自分を知り、自分を認める事こそが、

他人の言うことが気にならなくなる秘訣です!!(秘訣??)


祭りもどんどん行っちゃってください!

心から楽しんでください!

自分のために堂々とお金を使ってください。

そこに罪悪感を練りこむと、いつまでも苦しいです。

自分を楽にしてあげてくださいね。




慣れますから!!!


慣れてくると、それが普通になってきますから!!!!

そしたら、私のように図太くなりますから!!!ご心配なく。




で、また今日も長くなるので、

2つにわけます。

次は、旦那さまのほうのパターンを見ていきます。




にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 お暑うございます。 今年は実家に早く帰ったのでお盆も愛知でのんびりです。 ダラダラ家族に ダラダラ主婦です。 ダラダラお盆だけど、 こんなお盆はある意味久々なのでこれはこれで新鮮です。 ゆっくりできてる~~~~~~!って感じがします。 ...

続きを読む
やーやーやー。

お暑うございます。

今年は実家に早く帰ったのでお盆も愛知でのんびりです。

ダラダラ家族に

ダラダラ主婦です。

ダラダラお盆だけど、

こんなお盆はある意味久々なのでこれはこれで新鮮です。

ゆっくりできてる~~~~~~!って感じがします。



決して忙しいから更新がマチマチというわけではなく、

単にダラけです!!!!!٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)


そして、


私の家事もいつもに増してマイペースになっております。

で、結構ダラダラだけど、キッチンだけなぜかキレイにしております。

ここは、トド(夫)が家でごろごろしていようと子供が居ようとあまり関係ない場所だからか。。。

夏の危険な臭いを防ぐためか。。。。

ちょっとくらいは習慣になってきてるのか。。。。





あ!でも、写真撮ってみるとやっぱりなんか黄ばんでるね!汗


それにリビングは散らかってるしねー。



沢山ダラけても、

「やらなきゃ!!」という焦りも全く無し。

それは、

・私にもお盆があってもいいじゃーん!

って思ってるから。



主婦や母には休みがない!と思ってる方。

実は休みを作ってないのは自分!!!



やらなきゃ!って気持ちや、

自分がやらなきゃ誰がやる!?の不安、

普段もあまり何もしてないのに、

一緒になってグータラするのは罪悪感??


やらないと誰かに責められる気がする??


これ、実はぜ~~~んぶ責めてるのは自分だけ。

やらないことを自分が責めるから、他人に言われると責められているような気持ちになるのだ。



私は自分で自分を責めることをやめてから、


トド(夫)がどれだけイヤミを言っても、まーーーーーったく気にならなくなった。


今日だって朝からイヤミ攻撃さ~~。


・トド(夫)「あれ?今日ゴミの日だったけど捨てた?????」

「え~、うちの優しい主人が早起きして捨てに行ってくれてたみたいなんですの。。。おほほほ」

(ゴミの日に起きずに寝続ける自分の神経を許す)


・トド(夫)、アナと雪の女王の歌に載せて、

「うちの~ママは~いつまで寝てる~のよ~♪」

(私も人間!お盆くらい休ませろ!)


・トド(夫)、「朝食無し!子供ほったらかし!旦那もほったらかし!(そしてアナの替え唄がまた始まる)」

「私もお盆休暇なので、ご自分の朝食はご自分で準備してくださってね♡」

(子供じゃないんだから、お腹すいたら自分で冷蔵庫開けてくれ!!!)



・トド(夫)「ゴロゴロゴロゴロ。。。。。ゴロゴロゴロゴロ」

「無視。。。。。。」



これ、2年前の私だったら、め~~~~~っちゃ逐一反応して、

「私だって真面目にやってるわよ!!!」とか逆切れしてたであろうセリフ。

いちいち言われる事に腹が立って、めちゃイヤな気分になってたはず。

でも、今は、何言われても平気なわたし。


「事実ですけど、それが何か??」

って、自信もって言えた!


それは自分がそれを認めたから!



主婦、母、妻。

私も含め、全ての女性のみなさま、

『今のままで、十分やってます!!!!!!!』


自分を責める気持ちをもちょいと休ませて、

心の休養もしっかりしてみてください。

こんな女もいることも多少の励みになる事を願って。




本日の虎こみゅ
↓↓↓

トラコミュ
自分らしく気まま生活!


片付けて プチストレスをなくしていく


断捨離でゆとり生活


掃除・片付けのコツ


掃除・掃除・掃除ー♪


いつも読んでくださる皆さまありがとうございます!
うちのお盆は明日まで!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 先ほどの続き。 私は過去の出来事(たとえ今日あった嫌な出来事でも) くよくよ考えるのは精神衛生上あまり良くないな~と思っていて、何よりも自分が嫌な気持ちがずっと続くことが好きじゃないので、 過去の出来事はできるだけサラッと流し、切り替 ...

続きを読む
やーやーやー。



先ほどの続き。






私は過去の出来事(たとえ今日あった嫌な出来事でも)

くよくよ考えるのは精神衛生上あまり良くないな~と思っていて、何よりも自分が嫌な気持ちがずっと続くことが好きじゃないので、

過去の出来事はできるだけサラッと流し、切り替えるようにしていた。

自分が考えてもどうにもならない事実や出来事に関して、

それを妄想して、どんどんマイナス思考を膨らませて自分で闇に突入したり、悩んだりしないようにって、

思考の切り替えはずいぶんとできるようになった。



↓↓↓
悩む事を辞めた




思考(頭で考える部分)は、

「やめよう」と思えばやめられるし、

違う事を考えようと思ったら考えられる。





で、これはトレーニング(自己流)で結構良くなるのは実践済み。



楽しい事に切り替えてもいいし、寝てみてもいいし、外に行って気分転換するもよし。


切り替えが上手いことできるようになり、

お陰で、暗いストーリーや、悲劇の結末を想像して、夜も眠れなくなるような不安はキレイさっぱり解消された。




で、問題は


嫌な出来事にあったとき、

瞬間的に湧き上がってきたモヤモヤや怒りや悲しみなどの感情の部分をどう処理するか。


私は、ここをどーもおろそかにしていたようなのだ。



思考の暴走は自分で止めることができても、

感情というのは、自然に沸くもの。


とても素直で、書き換えようとしても難しい。


切り替えたり、忘れようとしたり、無かったことにしようとしても、

同じような出来事があるたびに同じ様に嫌な思いをする。

切り替えたつもりでも、再び舞い降りてくる。



まさに、コントロール不能。


感情は、無視しても、放置しておいても、忘れたり、なくなったりせず、むしろ積もっていってしまうものらしい。

感じないようにすればするほど、どんどん出てくるものが負の感情というものらしいのだ。

そー言われると心当たりは多々ある。



なので、「その時感じた感情はその時にちゃんと味わってあげる」ことで、


マイナスの感情を何度も味わうことなく、

ちゃんと、その感情が自分の一部となっていく。


また同じ動揺する出来事があったとしても、

以前とは全く違った気持ちでその事実を受け止められるようになるって事らしい。


なので、私は、

今までの、自己肯定や、ポジ思考のええとこ取りをして、

プラス、

嫌な感情にもちゃんと目を向けることにしたのだ。






「嫌だ~~~!」

「面倒くさい~~~!」

「やりたくないーーーー!」

「めっちゃむかつく!」

「なんか知らんけどさみしいわー。」

「悲しい」

「こみ上げる不安」

など、人間には無数の感情があるのだが、

その湧いてきた感情を、その場で感じてあげるということ。(場が混沌としていて感じ切れない場合は、後々やるのも可)



感じる時のポイントは、




単に感じる事。






感情が湧いてきた時の状況をあれこれ再現したり、他の出来事をくっつけて他の感情を湧き起こさせたり、要らない妄想を始めない。(思考を始めないということ)




ただ疲れたんだったら

「疲れた~~~~~~~~~~~~~~~~~~」っと感じること。



あれして疲れた、

これやったのがまずかった、

あの人が手伝ってくれたらもっと疲れずに済んだのに。。。。。って言うのはブッブーーーー。



疲れてるのに、「私って疲れてないわ~!」と無理なポジ子もブッブー。



ただ疲れた事を感じ切る。

できればそのまま寝る。

そこで感情は癒され、浄化される。


「疲れた」を心の内で連発してみて、

それで気が済んだら、

「さ、そればっかりでもダメだから動こう!」みたいに思考の切り替えもスムーズになったり。


「感情は蓋をせずに感じきったほうが良い」という風に色んな本に書かれているのだが、


実は私、「感情を感じ切る」っていう意味が良くわからなかった。




「感じ切ったら、その感情が消えていきます!」

って書かれていても、イマイチ理解できなかった。





そら分らんわな。

やったことないし、

そんなにイヤな感情と向き合った事ないし。。。。向き合いたくなかったし。



でもとりあえず、やってみた。


で、私の中で感じたのは、

「嫌だ~~」っと思った時には、とにかくそれを感じて、

何回も何回も繰り返してみた。


嫌ダー

嫌だ~~

嫌だっ!

嫌ー…



なんて、色んなバージョンで言ってみたり。



すると、なんか突然フッと気持ちが軽くなったり、

スッキリしたり、

それを感じることが飽きてしまったり。。。。。。

他のことやりたくなってしまったり。




その辺りが感じ切ったという事になるんだろうか。。。。と思った。


自分の中で深い問題になってしまってる傷などにくっついてる感情は


その時には一旦収まったとしても、


何回も何回も現れるので、そのたびに、落ち着く程度に感じてやるってことにしている(今だ実践中)


軽めの感情は、ほんとにこんな具合でスッキリして、

上手い具合に、楽しい日常生活に戻れるし、

吹っ切れて、また行動がしやすくなってくる。


そして、前記事で書いたように、

「どうしよう」

「こんなわたしでいいんかな?」

「心配やわ~」

って言う、自分に対する感情も、

その時どきに感じるようになってから、

その中途半端な自分でも大丈夫に思えるようになってきた!


ポジ子もいいし、自己肯定もいいし、

全部いいんだけど、


嫌な部分に目を向ける事もいいんだよ!!!!!!



って、許せる自分が出てきた。




それは、「悪い」と思ってる部分も、感じ切ってしまうことで、自分を心地良くさせてくれこともあるんだなっていうことが分かったからだ。


自分の中で、勝手に「怖い」って思ってたものが、そんなに怖くなくなっていく感覚なのかもしれない。



これだけ、自己啓発系の本やスピリチュアルや、精神論の本が出ているという事は、それだけ、自分に疑問を持っている人が多いのだと思う。


だから、敢えて書いてみようと思った。





こんな自分で本当にいんだろうか…


変わりたい…



そのためにいろんな方法を模索する。

頑張ってみちゃう。

でも、それでもなんか違う。。。。って思って、

また違う方法探して。


でも、やっぱり違う…って。



そんな時って、どんなに遠回りしても、やっぱり最終的には自分の見たくないところを見るってところにいきつくんだ。




やりたいことだけやるんじゃなくて、

やりたくないこともちょっとやってみてこそ、

変化する自分をみれるのかもしれない。




それが私が最近自分の「心の心地良さ」を感じるようになれた方法の一つ。


もし感情にいつも蓋をし続けて、

それになんとなく気づいてたけどなんか変われなかったって方がいたら、

軽めの感情から向き合って見て下さいまし。



これも私がやってる方法ってだけなので、合わない場合もあると思います。



でも、自分が変わりたいって思ってる人は、やはり色んな方法を試す人だとも思うので1方法としてやってみても損はないかと。


ぜひぜひ。



片付けの記事だと思ったら精神論でびっくりした方はこちらのトラコミュでどうかお楽しみください。
↓↓↓
トラコミュ
私のお掃除・片付け


親の家の片づけ


そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き


断捨離&片づけの工夫


スッキリさせた場所・もの



私の自己満、ちょーロング記事に、いつも付き合ってくれるみなさま、ありがとうございます。
こんな暇人ですがこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 お暑うございます。 我が家に1匹トド(夫)がいるのですが、 「子どもとプールにでも行って来て~~~!」って声を掛けたところ、 「自分の体型が恥ずかしすぎて行けない」 との返事が。 「いや。 もう誰1人あなたの裸に興味はないですよ。。。。 ...

続きを読む
やーやーやー。


お暑うございます。


我が家に1匹トド(夫)がいるのですが、

「子どもとプールにでも行って来て~~~!」って声を掛けたところ、

「自分の体型が恥ずかしすぎて行けない」

との返事が。

「いや。 もう誰1人あなたの裸に興味はないですよ。。。。。気にしてるのは「自分だけ」。。。」


って、このセリフ、トド(夫)の海パン姿にだけに限らず、きっと色んな事に共通する心理ーーー!爆

で、まあ、朝、醜態に気づいたところで、昼にスリムになることはないので、結局私がプールにつれて行きましたが。。。。。



さてさて、

最近の私は、特に何もしてないけど、調子がいい。

調子がいいっていうのは、

精神面でも生活面でも、肉体面でも割と安定しているということ。

自分の今のちょっと中途半端な立ち位置

(私って専業主婦?

仕事したいの?したくないの?

でも、ちょっと英語も教えてるから専業主婦じゃないよね?

自分の好きな事って何?

夢ないけど。将来どうなる?)

ってなモヤモヤおばさん的な立ち位置でも、そんなに居心地の悪さを感じることもなくなった。



昔は、何もしてなかったら急に不安になったり、

その穴埋めをしようとして、何かに走ってしまったり(買い物とか、セミナーとか)。

逆にずっと突っ走ってても、ほんとにこれでいいのか????なんて自分がやってることに疑問を抱いたりって、

ある意味厄介だった。


でも、最近は、

「何もしてなくてもオッケー」

「なんかしててもそれなりに楽しんでてオッケー」


っていう状態を保つ事ができて、

自分でもかなりその状態が「心地いい」「楽」と感じている。




要は、「特に何もしてない自分にもそれなりに楽しめ、オッケーが出せるようになった」



「何かやってる時、何もやってない時に湧きあがってくる嫌~な感情を上手く受け入れ流すことができるようになった」

ってこと。


本日はそんな心地良さを感じている私の新しい研究を記事に。







汚部屋のころから割と近い最近にかけて、

「自己啓発」

「超ポジティブシンキング!」

とか

「自己肯定感命!」

とか

「全ての事を受け入れる!」

とかに一生懸命ハマっていたことがあったり、

それをがんばって実践しようと努力みたいなことをした時期がしばらくあったのだが、


結果、感じた事は、




どれも偏りすぎては自分のバランスを失う!



ということだった。(現実の世界に戻ってきた!)




自分を向上させたい!変わりたいと思って起こした行動だし、

そのために得た知識だから、

それが悪いってことでも全然ないんだが、



ただ、

「ある程度の知識や価値観、考え方として知っておくのには良いが、

それにどっぷり依存してしまうと、自分のホントに居たい位置が全く分からなくなる」


と言うことを身を持って体感したのだ。


自分向上の旅では、「良くなりたい」と思いながら沢山の不自然にも出会った。


・ポジ子になりすぎて、ネガ子を完全否定してしまい、しっぺ返しにちょいちょいネガ子が現れて自分を攻撃する。

・ポジティブシンキングになりすぎると、「ほんまにこれでいいんかい???」。。。なんかめっちゃ違和感。。。。ほんまはそんなこと心の底では思ってないくせに。。。。と、ポジ子になりきれない。

・全ての私を肯定しようと頑張ろうとも、なんだか「私めちゃがんばってる!っていうか。。。。ちょっと無理してるよね。。。」って、がんばる自分に疲れてみたり。

・色んな人の話を聞くも、自分のいいように解釈し、自分の都合のいいとこだけ持ってくので、結局根本的な問題の解決がそう見込めない。

・「愛」とか「感謝」とか「許し!」とかの高次元な話が、分るようで分っていない。(酔いしれることはあった)


・やりたいことだけをして生きてくことにあこがれるが、やっぱりそれだけでは生きていけない、とはっきり自覚。矛盾に苦しむ。でも憧れすぎててその間の世界を彷徨う。

以上の旅を繰り返し、たどり着いた一つの考えを発表しま~す。



これらに走りかけてしまう時って、

自分の心の根底に、

「自分がマイナスだと思っていることが「全部悪!!!!!」だと思いすぎてる自分がしっかり残っている!!!っていうことだった。




マイナスな面があると、自分は欠陥とか、自分には価値がないとか、幸せになれない!とか、

マイナスを一つ見つけて自分を全否定みたいな。

キレイな世界を夢見過ぎ。



ありのままの自分を受け入れると言いつつも「やっぱりイヤな面は見たくない」っていうのがありありとしすぎていたのだ。

欠陥があるのが嫌だと思い、それを直そうとポジティブで穴埋め作戦とか。


でも、そこで冷静にならなきゃいけなかったのは、

「いつも悪い悪いって思ってることってホントに悪いことなの??」

っていうこと。

「悪い!」って思うことから、

↓↓↓

「悪いって言うけど、別にそれってそんなに悪いことじゃないよね」

って言う風に、ちょっとだけ、固い頭を緩めてあげる。



白黒なんでもはっきりとつけたがるんじゃなくて、

時にはあいまいな事もあっても全然オッケーってことを自分に許可して行く。

「悪い」って思ってることで、

それに対して色んな感情が湧いてきても、

それをポジティブシンキングで無理やりかき消さなくても、

無理やり肯定しなくても、

そんな風に思っちゃう自分をペケってしなくても、

ほんとはぜんっぜんオッケーなんだよね。


自分が「イヤっ」て思ってる感情が湧いて来た時、それを無視しようとしたり、

蓋でふさごうとしたり、

気づかないふりをしようとすると、

必ず他の現象として表れてくるっていうのはよく言われているんだけど、

何より、蓋をして抑え込めちゃうと、「自分が気持ち悪いんだ」よね。


で、こんな感じでさまよった結果、今、これ、意外と心地いいわー。と思った事があるので、私が実践したことを書きまーす。


長くなるので、

次の記事で!!

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 過去記事にちょっぴり修正ちょっぴり加筆してお送りいたします! 私がブログを書き始めたころに書いたものでございます。 夏休みって、子供も家に居て、お盆もあって、いつもより出費が多くなるおうちが多いのでは? あ、ボーナスがあったら、ちょっと ...

続きを読む
やーやーやー。

過去記事にちょっぴり修正ちょっぴり加筆してお送りいたします!

私がブログを書き始めたころに書いたものでございます。



夏休みって、子供も家に居て、お盆もあって、いつもより出費が多くなるおうちが多いのでは?

あ、ボーナスがあったら、ちょっと潤っちゃって多少の出費も大丈夫なのかな~?(うちはないけどね~)




ほんの2年ほど前、この記事を書くちょっと前までは、私は節約節約ってよく考えてた。(がんばってた!!!)

子どもとトド(旦那)がずっと家に居てどんどんお金が出ていく時はなんだか胃もキリキリしてたような。。。

そして、めっちゃ節約してるつもりでも、お金は全然貯まらなかったし、むしろいつも出ていくばかりだった。

いっつもカツカツ感があった。


でも、去年あたりからそれがガラっと変わってきた。

それはお金に対する考え方を変えてから。

節約してるにも関わらず、ぜんぜん気持ちが豊かに感じなかった時に、少し自分の考え方を変えた時のお話。

こう考えるようになってから、私はすごく気持ちが楽になった。

お金の流れもガラっと変わった。

そして、今は、節約という節約をせず、

必要な時には気持ちよく出し、

不必要な時には出さない(出ていかない)という生活をすることで、お金との付き合い方が一気に良い方向に変わった。


そんな私のお話です。









いきま~す。





人は何の為にお金を稼いでいるのか?

将来のため?老後のため?

好きな物を買うため?

美味しいものを食べるため?

生きていくため?



うちの稼ぎ柱は夫だ。

夫は何の為に働いてるのだろう。


仕事が好きだから?

一家を養うため?

ローンを返済するため?

私たちを幸せにしたいため?

自分のロマン?

欲しい物を手にいれたいから?



少なからず、私たち家族を養うためというのは、理由の一つに入っているはず。

うちの夫は特別お金使いも荒くないし、自分の物もほとんど買わない。

誕生日、何欲しい?と聞くと、「何もいらないから、なんか子ども達に好きな物でも買ってあげたら?」と。


彼がよくやる事と言ったら、スーパーに行ったら、大量のお菓子を買ってくるくらいだ。

あとは、キリンラガービールを飲む。

たまーに寿司が食べたいと言う。


私は以前、この彼の三大欲求にすら難癖をつけてた時代があった。

大量のお菓子を両手に持って帰ってくる時は、ハア~~~~~とよくため息をついていた。

彼にお使いを頼む時、小銭がないから5000円札を渡したした日には、見事にキレイさっぱりお菓子に変わって帰ってきていた。


私が買い物に行く時、

彼がラガーを好きなのを知っていながらも、

今日は一番搾りのほうが安いからこっちにしよっと思って、

勝手に安いほうを選んで帰っていた。

彼の仕事の帰りに大量のお菓子を買って帰ってくると、またか~~~~~、と不満な気分になったり。

それでも彼は私に何を言われ様ともお菓子は買ってき続けた。

たいしてお財布にお金が入っていくても、友人と食事に行ったら気前良くお金を出している。

何で~~?あなたほとんどお金ないでしょ??と現実的になる私。



でも、最近自分に変化が起きた。


将来の事を危惧して、「今」頑張ってくれている稼ぎ柱に、
「ダメ、今日はこっちのビールにして」
「今日は家でこれを食べて!」と、彼の意見を無視して食べさせた事もある。

それは、どうなんだ?

もちろん健康の面などを考えると、毎日好きなものばかり食べさせて生きていけと言っているわけではない。彼だって毎日寿司が食べたいと言っているわけではない。


ほんのたまに出されたリクエストにすらもぶつくさ心の中でつぶやいていた私。


だが、、、、


よく考えた。

人は何の為に働いているのか?

お金が欲しいのはもちろんのこと、

そのお金で一体何がしたいのか。

単に、車や、物、家、と言った物質ある物が欲しいのだろうか。
それとも漠然とただ幸せになりたいとか、豊かになりたいと思っているのだろうか?


私は自分に色々問いかけた。



私は穏やかに幸せに、そして楽しく暮らしたいのだ。


その為に、明日や明後日のこと、または何十年も先の事を考えすぎて、「今」の楽しみを無くして、はたして楽しい未来はあるんだろうか?


夫は確実に、「今」に焦点を合わせている。
自分の財布の中身がすっからかんになっても、「また稼げばいいんだから」と言っていた。

以前の自分には彼の考えがさっぱり理解できなかった。

少しでも蓄えは多いほうがいいと思っていた。


でも、片付けをして、物を絞り込んでいると、本当に自分が欲しいと思う物に興味を持つようになった。

本当に心から欲しいと思う買い物は、自分の人生を豊かにしてくれるのだ。

自分の人生を豊かにする、自分の人生を楽しむお手伝いをしてくれるお金の使い方をすれば、お金が減っていくのが怖く無くなってきた。


自分が欲しいと思っていない、世間のバーゲン品や、衝動買い、お得な物やら、必要のない物。

周りの人たちがいいと言うから買うものにお金を払うから罪悪感を感じていたんだ。


そして、私はそれの穴埋めを旦那の楽しみのビールまでをもケチってやってしまった。


本当に願うのは、幸せな家族と幸せな自分。


その為に使うお金を惜しいと思ってはいけないと思った。

夫がラガーが飲みたいのなら飲ませてやりたいと思った。

1ケース400円ほど余分に出せば、彼は毎晩幸せなのだから、400円で彼が幸せなら安い買い物だ。

だって、見たいのは「幸せな今」「幸せな家族の姿」だから。

何十年か先に早くローンを完済したからといって、ラガーが飲める状況にはないかもしれない。

蓄えを際限無くし続けてる未来の自分は、その時も際限なく蓄えを継続していて、肉を食べれる気力もなくなってるかもしれないのだから。


お金は今、使う為に自分のところに流れてきているのだから。

お金は自分の物ではない。

物と同じで、上手に関係を築こう。

これからきっともっと良くなっていくはず。



長い自論に付き合ってくれてありがとうございました。

トラコミュ
主婦のつぶやき&節約&家事etc...


頑張らない節約


ぷち節約術


断捨離して心も懐もハッピーライフ


シンプルで豊かな暮らし




いつも読んでくださるみなさまありがとうございます。
暑いのに、ポチまで押していただいて誠に恐縮です。
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村