おうちのぶろぐ 汚部屋脱出女の快適生活

36歳で汚部屋脱出。捨てるお片づけ、お掃除、いつでも人を呼べる心地いいお部屋作り。心と思考のお片づけもやってます。

2016年04月

やーやーやー。 今日も分かりそうでよく分からない記事を書いていきまーす!! にほんブログ村 ニセモノの思考=エゴ に左右されない自分になるには 「今」を生きる事が大切 と書きました。 エゴの特徴は、 ・焦り、苛立ち、嫌悪感、倦怠感、不安、心配、恐 ...

続きを読む
やーやーやー。



今日も分かりそうでよく分からない記事を書いていきまーす!!


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村






ニセモノの思考=エゴ

に左右されない自分になるには

「今」を生きる事が大切

と書きました。


エゴの特徴は、

・焦り、苛立ち、嫌悪感、倦怠感、不安、心配、恐怖、寂しさなどを引き起こす

・その感情を食い物にして生きていて、止めないかぎりどこまでも膨らんでいく。

・事実を歪めてみせる

・全て自分の過去の経験からのみ出来上がってる記憶


でしたね。




ニセモノの思考=エゴが存在できるのは、

いつも過去と未来の時間軸にある思考の中です。



思考して、

不快な気持ちになったとき、

その思考を観察してみてください。





その思考が、

「今」の事ではなく、

必ず過去か未来の事について思考してることがわかると思います。




簡単なものとして私の例を書いてみます!!!

しょーもなさすぎますが、

これでも私はかなり長い年月、

このエゴの呪いにかかっているのです。



それではkaitekiの夕飯の呪縛ワールドをどうぞ。




「わーー!今日の夕飯どーしよー。

また外食したいわー。

でも、こんなに外食ばかりしてて、

母としてどうなんか!!!

旦那も何も言わんけどほんまはなんて思ってるんだろー。」



まず、外食ばかりするのはダメだと思ってる自分。


この価値観は私の「過去」の経験から作られたものです。


・「外食は好きなものしか食べないから栄養が偏る」

・「外食は高カロリーだから太りやすい」

・「母親は毎日家でみんなのために晩御飯を作るもの」

・「作れば済むものを、作らないと余分な出費になる」

・「外食はどうしても家で作れない時の最終手段」

・「何か特別な時の楽しみにとっておくもの」


などなど、出てくる出てくる。



そして、それは、私の育った環境、テレビなどで得た知識などで作られた単なる記憶です。

記憶がそのまま思い込みになっているのです。

思い込みになると、

「世の中の人みんながそう思ってる…」と思い始めるので怖いですねーーーー。


また、そういう思い込みがあると、
ますますその観念を強める情報ばかりを無意識のうちに集め始めます。


そして、またガッカリするのです。

やっぱりそうなんだ…と。




「外食が当たり前」の家庭、

「好きなものだけを食べてれば元気に生きれる!」

という価値観で生きてる人には存在しない思い込みなのです。

毎日外食!!!と堂々と言える人もいますよね。



なので、外食に対する観念は、私だけが私の頭の中で勝手に握りしめてる思い込みなのです。





思い込みは全て、過去の経験からでしたね。

この時点で、外食の事を考えると同時に私は過去の経験の中にワープしてしまうのです。



「今」から外れます。


エゴも喜んでます。

引っかかったな…kaiteki…ヒッヒッヒ…と。





そして、次は未来。



「旦那になんて思われるやろー」

という気持ちの中には、

まだ起こってもない未来に対する不安が生まれています。




未来というのは、自分の経験した事の範囲内でしか想像することができません。



経験したことない事は想像も予測もできないのです。






私の場合、

外食をするとき、旦那に

「今日も行く?」とか

「今日は何食べる?」

と言われる事があります。

旦那から言ってくれることが多いにもかかわらず、

そして、

ただそう聞かれただけなのに

罪悪感を感じるのです。




そうです。

過去の記憶を元に私は罪を作り出しているのです。


過去の経験に基づく価値観に自分が逆らっている時、罪の意識を感じます。


もし自分の中に罪悪感がなければ、

「そうなのー!今日も行こうーー!!よろしくーー!」で終わらせられるはずが、

罪悪感がある私は相手の言葉を勝手に

「また今日も外食?家で作らないの?ダメやなーー。

とか、


「今日何食べる?毎日外食って…今日は栄養があるもの食べないかんのんじゃない?

と勝手に脳内で言葉に付け足しをして、

事実を歪めて受け取ってしまうのです。




またそう言われるんじゃないか!!


言われたらどうしよう!!!


何思われるやろーかーーーーー!!!!




と、言われてもない事に対して不安を抱き始めるのです。

過去に基づいた経験によって未来を勝手に予測。

そして、1人で勝手にモヤモヤモードに突入するわけです。


外食をする

という単なる事実を

ここまで見事に歪めて捉えてるのです。


そのまま受け取れないのです。






言われたら言われた時に感じたことを感じればいいのです。

まだ言われてもないことに、「今」感じる必要はないのです。



そのまま受け取れば、

とても素晴らしい経験だろうはずの事を、

実に勝手なイメージをせっせと植え付けて過ごしているのです。


私たちは、こうやって日々、

過去の記憶と未来の予測を勝手に頭の中で繰り広げ、

「今」目の前に起きてる事をありのまま見ることができなくなっています。


むしろ、その過去と未来という

今目の前に起きてないことを頭の中でイメージして生きてると言っても過言じゃないかもしれません。




まずは、

どれぼど自分がそういった思い込みの中だけで生きているかということに気付くことです。





気付けば真実が見え始めます。





気付けば目の前に何が起きてるのかがはっきり見え始めます。





目の前に起きてる事が、

過去のイメージが起きてるのか、

未来の予測なのか、

それに気付くと、

「今」この瞬間に戻ってこれます。


そして、ありのままの真っさらな気持ちで受け取る。



新しい経験が自分に舞い込む事がハッキリ分かると思います。



まずは、どれだけ、自分の頭の中が過去と未来にとらわれて生きてるのかを知ってみて下さい。

「今」が全く変わります!!

未来はその「今」が積み重なったものです。

未来が…条件が整ったら幸せになるのではなく、

「今」が整えば、未来はその上にちゃんとやってきます。






いつも読んで下さるみなさまありがとうございます!!
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

やーやーやー。 にほんブログ村 昨日は変な話ーー!と思われた方も多いかと思います。 正常じゃないようで ある意味、今までの自分の思考のほうが正しく機能してなかったこと(思考に振り回されて生きていた)をしっかり感じた体験でした。 実はこういう事は、私 ...

続きを読む
やーやーやー。



にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村



昨日は変な話ーー!と思われた方も多いかと思います。



正常じゃないようで

ある意味、今までの自分の思考のほうが正しく機能してなかったこと(思考に振り回されて生きていた)をしっかり感じた体験でした。



実はこういう事は、私も色んなところから聞いていた情報でもありました。




「エゴの考え」とか

「自分の本当の気持ち」とか


聞いた事はありませんか??




こう言った言葉は、今の時代

ごく普通に使われているのですが、

はっきりとした線引きがないために、

何がエゴで、

何が本当の声なのかよく分からずに情報を取り入れてるいう部分もあると思います。



エゴをちょっと調べてみました。




エゴとは、




「偽の自分」

「自分自身に対する(誤った)思い込み」




要するに


自分自身の思考の中にある性質の悪い思い込みです。

(思考の全てが悪い性質ではない事に注意)




それらの思考は、

目の前にあるものを曇らせ、

そのものを本当の姿を見ることをさせません。



物事を歪んで見せます。




分かりやすく「お金」を例にして書いてみますね。




「お金」に対してもエゴの思考はたくさんの人に働いています。





「お金自体」は良いも悪いもなく、

ただの紙切れです。それが真実です。


1000円は1000円ですし、

1万円は1万円。


そこに皆、それぞれ自分の価値を乗っけるわけです。


お金は汗水垂らして稼ぐもの

お金は汚い

お金がないと不幸せ

お金は人を狂わせる




お金はありがたいもの

お金は愛

お金は空気

お金はいつでも入ってくる

お金は無くならない



などなど、挙げるとキリがありませんが、

そういったそういった自分にとって特定の価値を結びつけると、

お金そのものが何かという真実を見失います。


そして、そこに悪い性質を帯びた価値を乗っけると、負の感情が生まれます。




他には人間関係でも、


ある人を見て、

怒りんぼうだ、とか、

この人は気が弱い、

と言ったイメージで人を決めつけてしまうことなどもあります。


いえ、その決めつけ自体には実は特に問題はないのですが、

そこから生まれるジャッジで苦痛が発生します。



本当は、その人自身は良いも悪いも全くなく、

そういう性質を帯びた人」という、

単なるその人の性質が出てるだけなのですが、

その性質に自分の価値観を当てはめ、

良いや悪いと判断してるのです。



そして、悪いと判断した時点で、

その人に会うたびに、

憂鬱な気分になってしまう自分が生まれ、その人に会うこと自体が苦痛になってしまいます。


友達といる時、

特にグループなどでいると、

数人がある人のことを毛嫌いしているのに、

中には全然そんな風に思わない…という風に、気にも留めない人がいませんか??


そして、みんなと意見が違うと、またその人も「変な人」とレッテルを貼られちゃったり。


なので、

一般的には悪いとされるイメージを持つ人でも、

そこにジャッジがなければ、ただの

「そういう人」とその人自身を見ることができるのです。


「へー、そういう人なのねー。ふむふむ。」終わり。です。笑

(エゴが抜けるまでなかなかそうなりませんが。笑)




そんな感じで、

人は自分自身の価値基準(思い込み)によって様々なことを判断します。



その価値基準は、全て自分の過去で作り上げられたものです。



思い込みで作られるエゴの思考

すなわち、物事の事実を歪めて見せる思考を

「ニセモノの思考」とも呼べます。



エゴ=ニセモノの思考



ニセモノの思考は、私たちに負の感情をもたらせます。


嫌悪感、焦燥感、苛立ち、不安、愚痴、不満、恐怖などです。

ニセモノの思考はこれを食い物にして生きてるので、

私たちにとって不都合な思考をさせるのが大好きです。





私たちが悪い性質を帯びた思考をすればするほど、

そこに不安や、恐怖が生まれ、

それがどんどん膨らんでいきます。



ニセモノの思考は、それが好きで好きでたまらないのです。



自分たちの生存をかけて、ますます悪い思考をさせます。


この、ニセモノの思考に自分が乗っ取られると、

不安や恐怖を感じて暮らす時間がより長くなるのです。



でも、大丈夫です。


このニセモノの思考が大嫌いなことがあるのです。


それは、


本物の思考



真実です。





なぜなら、

私たちが自分の本質で動くとき、

負の感情が生まれないので、

エゴは消えてなくなってしまうからです。

また、負の感情が生まれたとしても、ありのままの感情を受け取れるので、

エゴの生き延びようとするエサがすぐに無くなるのです。




消滅させられたくないエゴは


毎日毎日

ニセモノの思考を送り込んでは、

私たちを不安にさせ、

自分たちは生き残ろうとしているのです。







真実

本物の思考(本当の自分の声)



を取り戻すこと…


これが、エゴに支配されない自由な生き方になっていくのです。


では、どうやったら、エゴが居られない状況を作るのか……





それが、



「今」を生きる事なのです。







今日はここまでーーー。





いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

やーやーやー。 ここで、私の不思議な体験を話します。 アホだと思われるかたは、スルーして下さいね。 もし、私が言ってることに思い当たる節、 信じられないけど、そうかもしれないと思うかたは、 自然に文章が入ってくると思うので、気楽に読んでみてくださいね ...

続きを読む
やーやーやー。


ここで、私の不思議な体験を話します。


アホだと思われるかたは、スルーして下さいね。



もし、私が言ってることに思い当たる節、

信じられないけど、そうかもしれないと思うかたは、

自然に文章が入ってくると思うので、気楽に読んでみてくださいね。

すんなり入ってこないけど、とにかく読んでくださる方も大歓迎です。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村



*******



以前、ある人と話をした時に、

こう言われたことがあるんです。


「今、起きてることが全てなのよ。それ以外はすべて頭の中だけで作られてること。

その頭の中で作られてることに、私たちはいつも左右されて、不安を感じてるの。

自分で思考してると思ってるその思考すら、ほんとは自分が考えてることじゃないのよ。

自分がコントロールしてると思ってるかもしれないけど、ほんとは何一つ私たちがコントロールできるものはないのよ。」



もう、これを聞いた時、



ほんとに、意味分からん~~~~~!!



ってなりました。


いや、思考してることであれやこれや不安になってるのは分かるんだけど、

その思考は自分が思考してないってどういうこっちゃ!

と言う感じでした。




kaiteki・・・「そうなんですかね。。。。。全て自分で考えてると思ってるんですがね。。。。」




彼女・・・「それすらも、自分が考えてることじゃないからね。

じゃあ、自分で考えてるんだったら、全部コントロールできるんじゃない?

止めることだってできるし、良いと思ってる思考だけすればいいわけだし、

なんで『そう思おうとしても思えないんです~~~!』とか『そう考えようとしてるんですけど、それは違うって思っちゃうんです~』ってみんな言うのかしらね。




それはね、

思考は勝手に湧き出てるからなのよ。



1日に思考は何万と浮かび上がってくるの。

上がってきては消え、消えては上がる。


あなたの思考だって「あなたが勝手に自分が思考してると思ってる」だけで、あなたの思考じゃないの。


全体の思考なの。


その勝手に上がってきた思考の断片を掴み取ってみんなそれをどうこうしようとしてるの。




自分の思考だからどうにかしなきゃって思ってない??




『今』ここで起きてることが全てで、それ以外の世界は何も今ここにないのよ。

『悪い』と思ってることさえも、ほんとはただただ『そういうことが起きてる』だけ。


それを勝手に、思考が

「良い」だの「悪い」だのジャッジをしようとしてるだけ。

湧き上がる思考に、あーでもないこーでもないとコントロールしようとするときに苦しみって生まれてると思わない?」





もう、めっちゃスピリチュアルな匂いがプンプン~~~~!!!!!

イヤ、嫌いじゃないけど、

むしろ好きですけど、

ちょっと自分の思考じゃなくてそれは全体の思考っていうのは、

私が読んだスピ系の本にはありませんでしたけど???爆



全体ってなんなのよ???

その全体ってどこにあるんよ???

とかとにかく次々に疑問が湧きあがってきたのですが、

聞いても、聞いてもとにかく分からない。


理解しようとしてるけど、理解できない。



「え??全体??って何???どこにあるんよ?見えるの?感じるの??たどり着くものなの??何なんですのよ???」


そもそも、そこが分からんから、

話が抜け落ちてく。



でも、私が何をしゃべっても、


それ、kaitekiさんの言葉じゃないからね!

とか、

今、この起こってる事だけが全て。


とか、

その思考に意味なんてないからね


それの繰り返し。


私の中で次々に疑問が湧いてくるのに、


それすらも、


「それもkaitekiさんの思いじゃないからね!」


って言われる。



何を思ったとしても、自分の思考じゃないのか・・・・・・・





なんて思ってたら、


話してる途中くらいから、


思考してウダウダやってる自分がアホらしく感じてきたのです。




「自分の思考だと思ってるだけで自分じゃない」




これを聞いた時に、根拠だの理論だのは全く聞いてないので、納得はしなかったものの、


そういうもんなんだ!とただただ受け入れてみることにしたのです。



家で普通に過ごしてると、なんでか知らないけど、彼女の言葉がめっちゃリフレイン。。。。。


これしかない!

これ以外にない!

これの他になりようがない!!!!


なんかするたびにその言葉が思い浮かぶ。



まあ、なんでもいっか。



とりあえず、彼女が言ってたこと試して色んな事に当てはめてみよ~~~!!!


と思っちゃったわけです。





私の頭の中になんか思い浮かんだら、

「自分じゃないのね~~~」


って、サラッと流す。



また違う思考が湧きあがったら、



「またそんなこと言ってさ~~。ほんま誰やねん、そんなこと考えるの」

って、ツッコミ入れたり…

またなんか浮かんで来たら、

「またそれかー!ひつこいわ!さっき流したやんか!」


という、一見アホくさく思えることをしばらくやってたんです。




そしたらですね。


おもしろいことが起こったんです。





どういうことかと言うと、


私の思考じゃないと思ったら全てが楽!!!!



なのです!!!


なんなのこれ????


そうこうするうちに、


「どうせ自分の思考じゃない」



と思えばすぐに思考が止まるので、

結局目の前のことに集中する羽目になったのです。






そして、彼女の言ってた

「今この瞬間に起こることが全て。それ以外にはない!!!!」




と言った言葉が、段々と、体感として分かりはじめてきました。




どんなに考えても、

どんなに思考錯誤しようと

それは全部頭の中の世界だけであって、

本当に「ある」ことは、目の前で起こってること。

目の前で「今」起こってることだけだということ。



その瞬間には、


ただそれだけ、

その瞬間にあること、

見える、

聞こえる、

感じることが全てになったのです。




そして、その「瞬間」に次から次へと入りこむようになると、

面白いくらい次やることが、明白に見えるのです。



見えるとも言えるし、現れるとも言えるし。



次に何が現れるのか色んな事が教えてくれるのです。

目に見えて入ってきたり、

突然電話が鳴って教えてくれたり、

人がラインで勝手に教えてくれたり、

私の中から聞こえる気もするし。



そして、その瞬間に起こることを、

その瞬間にキャッチして連続してやっていると、

おもしろいくらい、


苦痛、悩み、不安、苦労、大変、心配、不足


全てから解放されてる自分がいることに気付いたのです。




そして、気付くと同時に、




あああああああああ。






私は今の今までず~~~~~っと、


「今」を生きているようで、

ず~~~~っと、過去と、未来のただの頭のイメージの中で生きてたんだな
と思いました。


こんなにも、ただの推測、憶測、予想、妄想、幻想、



それらがもたらす


不安、心配、焦り、執着、苛立ち、罪悪感の中に、


自ら身を置いていたんだということが分かったのです。


と同時に、



過去にも未来にも縛られることのない「今」というのは、

こんなにも言いようがないほど満たされて、

全てが整っていて、

勝手に起きてくれて、

自分の本当の声がこんなにもハッキリ分かるものなんだ!!!


と感じたのです。



全てが「良い」とか「悪い」とかなくて、

全てがただそこにあって、

全てがずっと自分が持ってたという思いが湧き上がり、


その瞬間に

心のどこかにあった隙間が、

驚くほどジワ~~~っとパンパンに膨れ上がっていったのです。






そこに、何の不安もありませんでした。


解放とはこういうことなのか?

それは良くわからないけど、

とにかく、今までに感じたことのない気持ちでした。



私にとっては、なんて事のない、ただ家に居て、いつもと変わらない日常にいただけです。


その日常で

気付いたら「今」を生きていて、

どこにもブレずにこの瞬間に立ち会うことが、

自分を満たすことなんだと分かったのです。



その後は、


もう、ただただ、不思議な事の連続でした。


私の中では、絶対ないだろうと思い込んでたことが徐々に起き始めました。



引き寄せられたかのように我が家に一冊の本も届きました。

その本は自分で注文したのですが、

注文した時には、まったく違う内容を予想して買ったんです。

でも、その本には、

おもしろいくらいに、私が感じた「今」について説明が書かれていました。

不思議すぎて、興奮しました。




昔の私だったら、

こんなこと書いたら何て思われるのかが気になって書かなかっただろうけど、

この事も、

自然に書くことになってました。


「今」を生きるなんて、

それこそ、ありふれた題名になってるかのように、

あまりに普通の言葉になりすぎて、

そのことの真の意味を分からず生きていたと思います。


あのhappyちゃん

「あなたが良い気分でいること以上に大切なことは何もない」
「夢を見ながら”今”を生き、希望の中で”今”を楽しむ」

と毎日書いてくれている言葉の本当の意味を1年以上も見過ごして生きてた自分がとても可笑しかったです。

そして、私が、「今」を生きることについてブログ記事にした次の日に

happyちゃんが「今の連続」思わされている未来の願いという記事を書いてるのを見た時に、

トリハダが立ちました。


まだまだ想像もつかない不思議な世界が沢山あるようです。



これから先、私の人生で不安になったら、いつでも「今」に帰ってこようと思います。







ほんとに今日はいつもに増して長すぎてごめんなさい。
読んでくださってありがとうございました。
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

やーやーやー。 本日、遠足!!!!! 娘の遠足には何故か親も駆り出されるので、 半分願ってた雨もしっかり曇りになって行けそうなので、 元気にいってまいりま~~す! にほんブログ村 「幸せは幸せなんだけど、大きな悩みもないんだけど、でもなんか心から「 ...

続きを読む
やーやーやー。

本日、遠足!!!!!

娘の遠足には何故か親も駆り出されるので、

半分願ってた雨もしっかり曇りになって行けそうなので、

元気にいってまいりま~~す!


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村






「幸せは幸せなんだけど、大きな悩みもないんだけど、でもなんか心から「幸せ~~~~!!!」って感じられない」

って言う人は結構いるんじゃないでしょうか。

実際は「幸せ」とは感じられていない。

けど、別に今の生活困ってないし、

周りを見れば困ってるように見える人はもっといる。

それと比べると私は幸せ。。。。。

だから、幸せって思うようにしなきゃいけないな。。。。。

これは、ブログのコメントでも結構寄せられる意見です。

でですね。

実は以前の私もそうでした。


何をやっても旦那に文句言われる事もない。

子どもも頭が良い悪いは別としてめっちゃ元気に育ってる。

実両親・義両親の関係だって、前とは比べ物にならないくらい良くなっていて、

今は特にそれが悩みってこともない。

欲しいものだって買ってるし、

昔「こうだったら私の生活もっと幸せなのに~~~!」って思ってた生活をとっくの前に手に入れた。

「でもなんか違う。。。」と心の中でぼやく自分は


周りから見ても、明らかに

「贅沢か!!!!!!」

とつっこまれるような状況なのかもしれない。




けど!!!!!!!


全部あるはずなのに、

まだまだ足りない感がずっとぬぐえませんでした。

幸せなはずなのに、

自分で心からそう思えない自分。

どこかにまだ何かあると思ってしまう自分。

状況がどうであれ、

心の隙間がず~~~っと私に違和感を感じさせてました。


でですね。

その「足りない感」を見つけたのです。




外側(家、パートナー、お金、地位、物)のモノでは全くなく、


やっぱり自分の内側だったのです。



いや、これ、頭では分かってたんですよ。

そんなこと言ってる人なんて今や腐るほどいるわけです。

けど、わたしになりに感じたことを書いて行こうと思います。




内側がずっと足りない足りないと言い続けてる限り、

外側のものをどれだけ埋めようが、

どれだけランクをあげようが、

どれだけ周りが認めてくれようが

不足感が永遠と続くのです。


誰でも認める

地位、名声、権力、お金ありのスーパースターと言われる人たちが

持っても持っても、ずっと足りないと思って持つ物が無くなって最終的に壊れてしまうというのも、

この内側が全く満たされてないからなのです。


内側を満たす事。

たぶんそれはみなさん、それぞれ何かと頑張ってると思うんです。

自分の好きな物を食べて、自分を喜ばしてあげる

とか、

疲れてるからたっぷり寝てみて、エネルギーをチャージしてみるとか。


エステとか行って、ちょっとステキに自分を扱ってもらって、

その心地よさを楽しんで、

またちょっと自分が満たされた気持ちになって。


自分の気持ちにいつも寄りそいながら、

自分にとって良いと思うことをやって選択して。



もちろん、それもとってもとってもステキなことだし、

それも大切だと思います。




各言う私も、そうだと信じて、ずっと自分を第一に考えて1年以上過ごしてました。

そして、その結果として、

やはり、1年前の自分とはまったく違った状況

全く違った心境

違った生活

新しい人間関係

と、かなりの向上を果たしてるわけです。

なんなら、


数年前に、


「この条件が整ったらめっちゃ幸せ!!」


と思ってた状況に、今、自分はいるわけです。


でも!!!!!!!!!



でも!!!!!!!!!!


それで満足できない自分がどこかにいるというのはず~~~~っと思ってました。

いったい何をやったらこの不足感が埋められるんだろう。




不満というより不足してる感じ。





満たしても満たしても、

こぼれおちて、

絶え間なく出てくる隙間。



そのほんの少しの隙間を埋めたくて、

またその答え探しをする。



本読んで、ブログ読んで、人の話聞いて、

日々自分を可愛がって。


そんな満たされてるようで、

本当は満たされていなかった自分が

ついに、

いっぱいに満たされてたことに気づき始めました。



まだ全然まとまってないのですが、

これからは、そんなことを取りとめなく思ったことを書いて行こうと思います。



キーワードは「今」と「思考」と「外」です。




気が向いたらまたつきあってやってください。



いつも読んでくださるみなさまありがとうございます。
こちらもポチポチよろしくお願いいたします~~~!!!
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

やーやーやー。 本日もこちらのポチからお願いいたします! ↓↓↓ にほんブログ村 生きてると、楽しい事も嬉しい事も、悲しいことも心配ごとも何でもでてきます。 で、それは、ある意味当たり前なんだけど、 その当たり前のことが当たり前として受け取れない時に葛 ...

続きを読む
やーやーやー。

本日もこちらのポチからお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村




生きてると、楽しい事も嬉しい事も、悲しいことも心配ごとも何でもでてきます。

で、それは、ある意味当たり前なんだけど、


その当たり前のことが当たり前として受け取れない時に葛藤が生まれます。

全てのことをまるっとそのまま受け取ればいいことを頭ではわかってるんだけども、

そうできない。。。。。。というところに、またまた葛藤が生まれるわけですが、

その葛藤もまたそのまま受け取ればいいわけです。





「あ、葛藤してるわ。」

終わり。





そこで、葛藤したくな~~い!

こんな気持ちどっかいけ~~~!

どうやったらなくなるんやろうか。。。。。

この気持ちを無くすには。。。。。。

と、考えれば考えるほど

そのループから抜けられない。



で、葛藤も無駄な抵抗というのが、もう知識で分かってるから、

またループから抜け出すために、

「ありのままを受け取らないといけない~~~!!!!」

とやってしまう。


「ありのままを受け取ろうとすることをやる」ことで、

またまた「今」の状態から抜け出そうとしている自分。。。


はい。

エンドレスです。


永遠に「今」から抜け出そうとしているので、

「今」が何かが分からなくなってしまうのです。


「今」は「今」。


テレビ見たり、

掃除したり、

音が聞こえたり。

私の「今」はこのパソコンのキーをカタカタ打ってるのが「今」

その「今」に、

今日の夕飯の心配はいらないわけです。

旦那が外で、無駄遣いしていようと関係ないわけです。


心配してるなら、

心配しなきゃいけないと思ってる自分がいるだけです。


私はパソコンをカタカタ打ってるのだから、

カタカタ打ってるだけなのです。

そこで書いてることに興奮したら興奮してるし、

「次が出てこない~~~」と思えば次が出てこないだけ。

それがその瞬間瞬間です。


一個一個


はい!!終わり!!!


なのです。



「次がでない~~~!!!」

に逆らわなかったら、次の瞬間に出てくることだってあるわけです。

もちろん出てこない時もある。

そして、それはどっちにしてもオッケーなのです。


その「今」を生きてると、

なぜか分かりませんが、

次やることが勝手に出てくるのです。



夕飯の思いがなぜか突然勝手に湧いてきたりもします。笑

そしたら、その時に夕飯の支度に取り組む。

そしたら、ただそれをやる。





「今」何をしていて、

今どんな感情が湧いてきてるか。

今、何を感じるか。


それが、「生きる」のような気がします。



気づいたら、先のこと考えてませんか??

それは「今」?


10分後のこと?

半日後のこと?

明日のこと?

はたまた全然わからない2年後のこと?

老後のこと????


それらの「思考」に思いをはせると、

確実に「今」を通りすぎてしまいます。



そして、その通りすぎてしまった「今」はもう過去なのに、

また過去のことに嘆いてみたり。

いったいいつ「今」を生きるのだろう。。。。





信じられないかもしれませんが、


「今」を生きると、


勝手に全てが整ってきます。



自然に次が出てくるのです。

勝手にやることがあるのです。

勝手に思いが出てくるのです。



そして、それをまた淡々とやり、淡々と感じる。

もちろん嬉しかったら喜び、

悲しかったら悲しむ。

一つ一つが完結。



将来のこと、先のこと、しっかり考えてなかったらとんでもないことになる???

とか、思っちゃいますよね。


でも、もし、その思考が正しいと思ってるなら、

しっかり考えているのに、

なんで「今」幸せに感じられないのでしょうかね?



ってことは、

「将来のこと、先のことをしっかり考えてなかったらとんでもないことになる」

という、思い込みを手放す時が来てるのかもしれません。


思い込みは、全て過去の経験から作られただけのものなのです。


「考えなくなったらどうしよう。。。」

「ダメな人間になったらどうしよう。。。。。」


そんな心配しなくとも、

今を過ごすと、

どんどん自分の中から、

やることも、

感情も

環境も

全て勝手に自動的に出て来てくれるのです。

この自動操縦に任せると、

ほんとうに楽です。




「未来」や「過去」の単なる思考の中で生きる自分から

「今」を生きる自分に。





いつも読んでくださる皆様ありがとうございます!
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

やーやーやー。 アドバイザーの方がお二人も来てくださいました~~~! どちらも愛知県のアドバイザーさまです! ★整理収納アドバイザー FUMIEさん ブログ・・・ 『動線を意識した片付け・収納STYLE』 (緑区在住。時短や動線を意識したお片づけは、主婦にありがたい~ ...

続きを読む
やーやーやー。


アドバイザーの方がお二人も来てくださいました~~~!

どちらも愛知県のアドバイザーさまです!

整理収納アドバイザー FUMIEさん
ブログ・・・ 『動線を意識した片付け・収納STYLE』
(緑区在住。時短や動線を意識したお片づけは、主婦にありがたい~~!楽ちんステキ!自宅でのおうちお片づけセミナーも嬉しいですね!)

整理収納アドバイザーアベチエさん
ブログ・・・アトノクラシ
(ミニマリストアドバイザーさんで~~す!最少のモノで暮らすってどんな感じ?知多半島にお住まいで、活動範囲も広いので、周辺の方には朗報です~~♡)


お片づけでお悩みの方、お近くのアドバイザーさんを探してみませんか?
↓↓↓
お片づけ・整理収納アドバイザー・ライフオーガナイザーはここで検索!




************************



やーやーやー。


ご無沙汰しております~~。



書きたいことが山ほどあると言えば山ほどあるし、

ないと言えば全くない!笑


私の中で、緩やかな変化が少しずつ現実として、現れたり現れなかったり。

以前は、そのちょっとした変化も、ブログに書いていたのだけども、

自分の日常を、文章として現すのにおっつかない感じになってるのです。


嬉しい事も、楽しい事も、

悲しいことも、不安な事も、

その都度、自分の中でしっかり感じて、消化してると、


楽しい事にずっとしがみつく必要もないし、

悲しいことに、ずっと引っ張られる必要がない。


その時、その時、起こる出来事、湧く感情をその瞬間に楽しみ、

そして、また次の瞬間に移る。




どの時間さえも、


そこに過去は存在せず、

そこに未来は存在せず、

あるのは常に今。


ちょっと前に、


「片付けで、「無」になって、その目の前にある事を淡々とやっていく」ということを書いていたのだが、


私は、それをモロに生活、時間、日常全てに当てはめていく感じになっている。



目の前にあること、

起こること、

現れることたちに、

自分の身を任せている感じ。




ある事に、抵抗しない。




落ちてるゴミに

「嫌だ」

とか

「面倒臭い」

とか

「あとでやろ」

とかいちいち逆らわない。

ただ起こる出来事、

ゴミが落ちてる→拾って捨てるだけ。


そこにあるから捨てる。

そこにあるからただしまう。



そんなシンプルなことに対して、ずっとずっと抵抗して、

ゴミ捨て一つも苦行にしてしまってた。



あるからやる。

でてきたから対応する。

ダメだったから、ダメで良しとする。

そんなシンプルさを日常にも落として行く。


流れに身を任せる。

出てくる感情もそのままオッケー。

目の前に落ちてるゴミと同じように、

ただ目の前に感情という形で現れたら、

そうなんだ。そんな気持ちがあるんだと受け入れるだけ。

嬉しいなら嬉しい。

悲しいなら悲しい。

ダメならダメというだけ。

いいならいいだけ。

そこに逆らおうとすると苦しみが生まれる。

悲しみを喜びに変えようとせず、

喜びをまだまだだと不満に変えようとせず、

ただ受け入れる。



全て自分の責任だと思わない。

一人でぜんぶしょいこまない。

起こることは起こる。

なるようになる。

ダメな時はダメ。

できるときはできる。


ダメな時に、ダメじゃなくそうと頑張らない。

全面降伏。


良い時には、良かったと喜べばいい。


もちろんもちろん

まだまだ、

抵抗しようとする私だって出てくる。

それもまたそれでいいんだ。

全く抵抗しない自分を目指してしまうと、

また今の自分を否定してしまうから。

そんな否定が自分を苦しめる小さな種になってくから。


「そうでありたい!」

という気持ちは、

ずっと、心のどこかで、今の自分を否定してしまう。


ほんとはね、今のままでいいんだ。


だって、今この瞬間、誰も、何も困ってない。


困ってるとしたら、

それは、必ず、ちょっとでも先の未来や、ちょっとでも前の過去にまだしっかりつかまっていようとしてる私が居る時。


今、どうであるか。

この瞬間がどうなのか。



自分で全てをコントロールしてるようで、

実は自分でコントロールできることなんて何一つない。

全部は、勝手に起こってるんだと思わされる最近です。


そうだよね。


自分でコントロールできるのだったら、誰も、何も苦しむ必要はひとっつもないはずなんだから。



できないコントロールをしようとしない。

自分にはそれができると思わない。

しようとしない。

そんな日常を送ると、

自分がいかに、どれだけできないことをやろうともがいてるか、

全てに抵抗しようと頑張って力を入れてたかが分かる。


今日もちょっと力を抜いて知ってあげよう。


今、この瞬間にどうにかしなきゃなんない問題なんて、ほんとはどこにも無いことに気付く。








更新しないと、やっぱりランキングは下がる。(私の場合)
実にシンプル
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

さてさて、 感情と思考をまとめていきたいと思います~~。 4日に渡って書いてますので、 前の記事を読んでいただくと、より分かりやすいかと思います!!! 思い通りの人生にして行くための第一歩1 思い通りの人生にして行くための第一歩2 思い通りの人生にして行く ...

続きを読む
さてさて、


感情と思考をまとめていきたいと思います~~。

4日に渡って書いてますので、

前の記事を読んでいただくと、より分かりやすいかと思います!!!

思い通りの人生にして行くための第一歩1

思い通りの人生にして行くための第一歩2

思い通りの人生にして行くための第一歩3


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村










前回の記事で、


感情は出来事とワンセットになって記憶されていて、

その記憶は実はあまり当てにならないということを、ゆうさんの文章でみていただきました。

人はどれほど、沢山の思い込みの中で生きているかということも分かっていただけたかな~と思います。



嫌な感情を感じる時、

負の感情を感じる時、

それは自分の無意識の思い込みに気付かせるサイン。


その思い込みをゆっくり見てあげる



自分は何に強いこだわりをもっているのか、何に思い込みがあり、どういう価値観を持っているのかを知ってあげる。




分かってあげる
認める
手放す(もう大丈夫なんだよといってあげる)



自分の望む思考・価値観を再選択する
(ここで、いわゆる肯定的な見方、ワクワクすること、心が弾むこと、心地良く感じることを選んでいくのです)


この過程を繰り返していくうちに、1連を自然にできるようになってくるわけです。




ポジティブ思考の人や、物ごとを肯定的に見る力がある人は、

これがもう身についていて、歯磨きの動作のように無意識にできる(いつも自分を許している状態にある)

ので、たとえ、否定的な出来事が起こったとしても、新しい考えにすぐさま切り替えることができるのだと思います。


それが

「自分にとってさらに良い結果を招く」

「自分が心地よい」

「自分のことを良くわかっている」

「より豊かに生きるための知恵」


なのだと思います。






無理やりポジ子と、自然ポジ子では

「自分がよく分かっていないポジティブ」



「自分がよく分かってるポジティブ」

という違いがあり、

無理やりポジ子はやはりどこか嘘くささをが出てきます。


(アファメーションや、ポジティブで蓋をしてた頃の私は、

なんだか単に気持ち悪い女だったと思います。)




「自分のことを良く知っている。

何よりも自分を大切にする」

ということが両者の間で絶対的に違うのです。







☆いつも上機嫌でいる(斎藤ひとりさん)




☆気分良くいること以上に必要なものは何もない(エイブラハム・引き寄せの法則…それを体現したhappyさんはスゴイ勢いで自分の世界を楽しんでいます。)



☆人生をご機嫌で生きる(断捨離のやましたひでこさん)


気分良く過ごすことが、いかに大切なのかということをみなさん教えてくれます。


彼らも、辛いこと悲しいこと、全て感じます。


彼らが何も感じないわけじゃなく、

むしろしっかり感じて、自分を許しているのです。


そして、その上で、

機嫌良く生きる選択をしているのです。




私たちには、3つの選択肢があります。

1・なんにも気付くことなく、今まで通りの思考パターンを繰り返し、自分はなんでこうなんだろうと自分を責め続けるまたは他人のせいにして生きていく

2・気付く。今はどうこうしようとはしないが、ただ、そういう思い込みがあることを知ってあげる

3・気付き、自分の思い込を良くしり、さらに、自分が心地よいと思う事、望む思考に書き変えて行く。





思考が実現化するとも言われるし、

ワクワクした感情が良い現実を作ってくとも言われています。


思考も感情も

どちらも大切な自分の一部です。



思考だけでは、人生は面白くありません。

五感を使って体感することに生きる楽しさがあります。

でも、思考があるおかげで、

色々な判断もでき、行動に移す道筋をたてれるわけで、

これまた思考も必要なわけです。




「感情に従って生きる」ことを沢山の方が発信してますが、

その方たちは、

もう自分を許し切って(または、何が起きても、一つずつ許し)

感覚で動けるようになっているのです。

毎瞬、全てを自分で造っているのです。

それを楽しめているのです。




なので、

自分を許せないといつも思ってたり、

自分のことがよくわからない人が

感情だけで動くと、

思い込み(刷り込まれた感情)にしたがって動くことになるので、

「感情にしたがってるのに上手くいかない」とか、

「思い通りにならない!」と言った結果を引き寄せてしまうのだと思います。

そうでしたよね。

思い込んでしまってる感覚すら自分にとって間違っていたとするなら、

間違いにずーーーっと従うわけだから、心地良くはならないわけです。

だから、「心地良く感じることを沢山自分にしてください!」とよく言われてるのだと思います。

そうやって自分の感覚をしっかり思い出すのですよね。


先ずは、少しずつ自分を知るところからです。



人間に備えられた装備、思考や感情をいっぱいに使って、

生きやすい世界を自分で作っていきましょう❤︎









長い文章読んでくださってありがとうございました!!
↓↓↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

やーやーやー。 どんどん書くで~~~。 本日もこちらのポチからお願いいたします! ↓↓↓ にほんブログ村 ど~も、ありがとうございます。 本日も続きから書いてまいりますので、 前回分を読まれてない方はそちらからどうぞ。 思い通りの人生にして行くための第一歩 ...

続きを読む
やーやーやー。

どんどん書くで~~~。

本日もこちらのポチからお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

ど~も、ありがとうございます。


本日も続きから書いてまいりますので、
前回分を読まれてない方はそちらからどうぞ。

思い通りの人生にして行くための第一歩 その1

思い通りの人生にして行くための第一歩 その2






そもそも感情ってなんで出てくるの????


って話をしたいと思います(←最初に書け!)


で、

わたくし、かなりがんばって書こうとしたのですが、まったくパソコンのタッチが進まず。。。。泣

しか~~し!そのことをサラッと、美しくまとめて下さってる方がいらっしゃいましたので

そちらを丸っと引用させていただきます。(う~~ん♡できないことにはちゃんと助けがでるのだ~~!)



****以下引用文***


私たちは普段膨大な量の記憶を脳に保管するために

体験・経験をとおして簡単な言葉とイメージで脳に保管してゆきます。
(どんなに記憶力のよい人でも全ての体験を完璧に覚えてゆくことは不可能ですよね。)

この記憶を保管する時に簡単な言葉とイメージで保管する

過程で私たちの生き辛さを作り上げてしまうんです。




今日はその記憶を脳に保管するプロセスをお伝えできたらなと思っています。


このプロセスを知ってもらうことで今まで感じている

なぜ苦しくなってしまうのか、なぜこんなに腹が立つのか

なぜ不安になってしまうのか、なぜこんなに恐怖を感じるのか

なぜ緊張するのか、なぜこんなに悲しいのか

なぜ自信を持てないのか・・・・・


などなどの意味が理解していただけると思います。


では分かりやすく

恐怖症についてお伝えしますね。


Aさんは中学のころから柔道を習い体格もよく試合でもいつも上位に行ける

ほど強く、彼の住んでいる県ではある程度有名な選手でした。

その後学校を卒業しセールスマンになった彼には

実は人に言えない悩みがあったんです。



仕事で犬を飼っているお得意さんの家に行くのがいつも

憂鬱だったんです。

なぜなら犬が恐くて家に行くのにすごい抵抗があったんです。


なぜ犬が嫌いになったかというと彼にはこんな経験がありました。


Aさんが2歳の時のお話です。

Aさんはお母さんに連れられて公園に遊びに行くところでした。

お母さんの手にひかれて歩道を歩いている時に向こうから犬の散歩をしている

おじさんがやってきました。

Aさんは隣の家の犬が大好きだったので嬉しくなって

犬に向かって走って行きました。

犬は突然向かってきたAさんに驚いてAさんに飛びかかり

Aさんの上に馬乗りになり、歯をむき出しにして唾液を垂らしながら

吠え続けました。

Aさんはそのショックが大きくそれから犬恐怖症になってしまいました。


それがたとえ小さな小型犬ですら見ると固まってしまい心臓がバクバクと鳴り

恐怖で震えあがってしまうのです。とても仕事に集中できません。



では

ここで彼が犬恐怖症になった過程をどうやって脳に記憶したのか

そしてその記憶が現在に与える影響を考えてみますね。


人が脳に記憶を保管する時は

簡単な言葉のラベルを貼って保管してゆきます。


Aさんの場合は 犬 = 怖い というラベルを貼って記憶されています。

そして五感を使ってその時のイメージを一緒に保管されてゆきます。


私たち人間が何かを体験する時

過去の自分の記憶のなかから同じ様な体験を思いだして

今の現実を体験します。


なぜなら

私たちは何も知らない状態で生まれてきます。

生まれた時は何が危険で何が安全か全く理解できないはずです。

だから子供は何でも口に入れるし、熱いストーブに向かっていきます。

それが危険だとは知らないからです。

そして何が自分にとって嬉しいのかということも知りません。

良いことなのか悪いことなのかわかりません。

それは経験、体験によって学んでゆきますよね。



そして学んだことを使って今の生活を送ってゆきます。

例えばあなたがお料理をしていてぐつぐつ湧いたお鍋の蓋を開けようとした時

あなたはきっと鍋つかみを使いますよね。

なぜなら鍋の蓋が熱いということを今までの経験で学んでいるからです。


今の現実を体験するのに過去に体験した記憶を即座に探して

現在に持ってきてます。これは自分を守るための脳の作用です。

こうやって人は学習して、その学習を使って生きてゆくのですが、

この自分を守るための脳の作用が私たちの生き辛さを造ってるんです。


なぜなら先ほどお伝えしたように人が脳に記憶する時、

簡単な言葉と五感を使ったイメージで保管すると言いました。


でもそれが間違っている事があるからです。

(もちろん間違っていないことも沢山ありますよ。)


????


ではここでAさんのお話を思い出してほしいのですが、

Aさんは犬を見た時に即座に過去の記憶に検索をかけます。

そして 犬 = 怖い というラベルの付いた記憶を見つけてきます。

そしてそのラベルとともに2歳のときに感じたあのショックの出来事を

感情で思い出します。現在の出来事なのに心は2歳の体験を

もう一度ラベルとともに体験します。


でも 犬 = 怖い って真実でしょうか?

ドーベルマンだったら怖いかもしれませんがチワワだったら怖くないですよね。

Aさんの様に身体が大きくて力の強い人がチワワに負けるわけありませんよね。

これは彼のただの思い込みです。


でもAさんは 犬 = 怖い と信じているのでチワワでも怖いんです。

犬を見た瞬間にこのラベルとともにあのショックな感情を思い出します。

そして多くは記憶に保管する時のままの感情を今でも感じてしまいます。

2歳の小さな子供にとってはどんなに小さな犬ても大人の私たちと比べたら

クマに襲われるくらいの恐怖ですよね。

そして記憶に保管する段階で私たちは多くの情報を

無意識の深いところに眠らせます。

だって何かを行う度に子供のころ体験した出来事を全て思いだしてから

だったら危険な事を回避出来なくなりますよね。

簡単な言葉を即座に使い感情も伴うことで危険だと判断して

即座に回避できるのですよね。

でもこれが真実だったら良いのですがAさんの様に思い込みとして

保管してしまうことが生き辛さを造っていたです。

記憶力がよく全てをしっかり覚えていられれば、Aさんだって2歳のころと

今は違うことは容易に理解できます。

他の人からしたらそんな当たり前の事が、

この脳の作用によって

Aさんにとっては気づけないのです。

それが思い込みだと言うことを。

だって気づく暇もなくすぐに 

犬 = 怖い とともにあの恐怖を感じてしまうからです。


あなたも今までに不思議に感じたことが何度もあるはずです。

友達がとても小さなことに対して腹を立てています。

その出来事はあなたにとって本当に大したことでなく

あなたは内心 

「 なんであんなことで怒るの?」 と理解できません。

なぜならその出来事は彼女のただの思い込みなんです。

他には

あなたがすごく悲しんでるのに

「なんでそんな事で泣くの?」 と言われたりします。

でもあなたはその意味が全く理解できません。

だってあなたにとっては泣けるくらい大切なことなんです。

思い込みだとも知らないで・・・・

皮肉にも人が生きてゆくために必要な脳の作用がそうさせてたんです。


このようにして私達は私たちの記憶力のなさのために

生き辛くなってしまっているたんです。

そして私たちの心の中にはこの思い込みが無数に存在しています。


******生き辛さと記憶力の悪さは正比例する?カウンセラーゆうさんのブログより****




めっちゃわかりやすい~~~♡


ゆうさんの文章を読むと、自分の記憶や思い込みっていうのは、案外当てにならないものなんだな~と感じさせられます。


そして、そう言われれば、あの時と今とは全く違う状況であっても、今見てる真実をそのまま受け取ることができずに、

幼い、もしくは体験をしたときの気持ちそのままをず~~~っとその真実に当てはめて見てしまっていることが多いのだと思います。




で、この感情が湧いてくる仕組みを踏まえて、

次回は、思考と感情をまとめて行きたいと思います。




いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

やーやーやー。 それでは、引きづづき元気に書いてまいりま~す。 最初の記事を読んでない方は、こちらからこちらからどうぞ♡ ↓↓↓ 思い通りの人生にして行くための第一歩 その1 感情に蓋をしたり、 気持ちを無視したりするということは、 今まで通りの ...

続きを読む
やーやーやー。



それでは、引きづづき元気に書いてまいりま~す。




最初の記事を読んでない方は、こちらからこちらからどうぞ♡
↓↓↓
思い通りの人生にして行くための第一歩 その1





感情に蓋をしたり、

気持ちを無視したりするということは、


今まで通りの生き方、今持ってる価値観をギュッと握りしめて、

何が何でも手放すつもりはない!



という状態になっています。

(自分は柔軟な人間だと思っているほど、こういう状態になってることが多いのです。
物分りのいい自分を演じている時もあります。物分りがいいと思いこんで気付いてない場合もあります。人から、いい人と言われるのに、イライラが止まらない人は疑ってみてください。感情が必ずサインを送ってくれています)



「私の考えは間違っていない。だから相手が考えを改めてくれれば、私のこのモヤモヤする気持ちはすぐに収まる。」

とか、

「もっとがんばって幸せになれば、この辛い気持ちもいつかはなくなる」

と思ってたりもします。



今まで通りの自分の価値観、信念、思い込みで生きて行く事は、

自分の思い通りに周りが動いている時には何の問題も感じられないのですが、

思い通りにならない時に、とても苦しくなります。





その苦しさを味わいたくない、

辛いのはヤダ




と思うがゆえに、

周りが私の気持ちをどうにかしてほしいと願ったり、

自分の気持ちは他人の言動で変わるような状態になったり、

上に書いたように、自分が気持ちよくいるために、周りにも自分の価値観を押し付けてコントロールしようとしてしまうのです。


特に子どもに対してなど、そうなりやすい傾向があります。


周りをコントロールして、自分の信念を保つ世界は、

自分の信念が壊されることをとても恐れているので、

壊されないように、壊されないようにと、壁をどんどん高く厚くし、

制限や規則だらけにしていきます。




「これはこうして!これは守って!それはああして!これはしないで!ここは、こういう反応が普通でしょ!!こうするべきでしょ!」




制限だらけになっていくと、

息苦しさを感じます。(昔の私は、ここまできても、まだ自分の考えは正しいと思ってたくらいですから!笑 ほんでもって、母親のことは全否定だったり!笑)


自分の苦しさを分かってほしいけど、

周りはまったくそんなことは分かってくれません。


なので、


「周りをコントロールしないと得られない安心」

から、

「何があっても、安心した気持ちにいつでも戻って来れる自分」

になるほうが、

日々の不安からよほど早く解放されるのです。





なので、この負の感情が湧いた時に、

その気持ちを無視したり、ポジティブシンキングで蓋をしてしまわず、

まず

しっかりと味わい、

何がイヤで、何が辛いのか、

しっかり自分の声を聞いてあげることが大切なのです。




そして、そこから、「自分はいったい人に何を分かってほしかったのか」という自分の気持ちを知るのです。




ポジティブ思考を無理やりする前にやることは、

感情からサインを受け取り、しっかりと自分に向き合う。


自分のイヤな部分も認める。
分かる。
知ってあげる。
オッケーを出してあげる。


人から嫌なことを指摘されても「そうなんだよね~~!」って言える自分を作ってあげることです。



それを続けていると、

自分が頑なに握りしめてた思い込みが分かるようになります。

長年連れ添った、思考パターン、思考の癖、価値観、信念たちです。

それを分かってあげる。

辛かった・悲しかった・苦しかったと、

みんなに分かってほしかったことを自分が分かってあげる。

すると、ス~~~っと負の感情たちは癒され消えていきます。




思考にともなって感情が出てくる。

感情が出てきたら、自分の無意識の思考が分かるのです。


自分のことが分かれば分かるほど安心感が出てきます。

そして、自信が出てきます。

周りの価値観に振り回されない、または、自分の気持ちを人に押し付けることのない

柔軟でありながらも、ブレない自分の軸が出来上がってきます。



感情に蓋をしない方がいいよ~~~、

自分が成長できるチャンスなんだよ~

もっと、楽しく生きていけるヒントが隠れてるよ~~

ということなのです。






では、次回は少しさかのぼって、

そもそも感情ってなんなの??

というお話をしたいと思います。

この思考と感情の仕組みが分かってくると、

どんどん、書き変えがが進めていけますし、また楽になる自分を発見すると、

さらに進めたくなると思いますので、

少しまたくわしく書いていきますね~~。






長い文章のあとに大変恐縮ですが、お一つ押して行ってやってくださいませ。
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

やーやーやー。 本日もこちらのポチりからお願いいたします。 ↓↓↓ にほんブログ村 本日は「思考」と「感情」について書きます。 長くなりますがとても役にたつと思うのでめずらしく丁寧に分けながら書いて行こうと思いま~~~す。 いくで~~~。 ***** ...

続きを読む
やーやーやー。

本日もこちらのポチりからお願いいたします。
↓↓↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村




本日は「思考」と「感情」について書きます。

長くなりますがとても役にたつと思うのでめずらしく丁寧に分けながら書いて行こうと思いま~~~す。


いくで~~~。


**************




いつもブログで

「感情をそのまま感じて、喜怒哀楽を楽しめばいいんだよ~~!」

などと書いておりますが、

その一方で、

昨日の記事のように、

「物ごとの肯定的な側面を捉える癖をつけるといいよ~~~!」

と書いたりして、

少しこんがらがることがあると思います(←え?別にこんがらない?)


・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・






詳しく書いていきま~す!



なぜ私がこれを書くかと言うと、

私が、長い間ずっとこんがらがっていたからです!爆



「怒りや、悲しみ、不安はそのまま味わえばいいんだよ~」と言われていて、実際私もそうブログで書いています。

ただ感じればいい。。。。。と言われるが、

その感情とセットになってる思考はもちろんネガティブなことばかり。

だから、ネガティブな思考をやめようとすると、

結局は感情に蓋をしてしまうことになるのではないか?????



ポジティブな側面を見ろ!

でも、ネガティブな感情は否定するな!そのまま味わえ!!!!



どないせ~~っちゅうんや~~~~!怒



ネガティブ感情味わってると、どんどんネガ子炸裂するんですけどーー!!


と、暇人な私(理解力がかなり薄い私)はそんなことでずっと悶々としてた時期がありました。


けど、あるとき、この矛盾してるように思えることが、ふと繋がりました。



(げ~~~!マジまとめられるか不安になってきた~~!がんばるで~~!)



喜怒哀楽はそのまま感じればいい。

何も蓋をして、自分を閉じ込める必要はありません。

我慢をして、悲しみや涙を抑える必要もありません。





ただ、その負と思っている感情は

「あなたにはこんな思い込みがありますよ~~!」

お知らせのようなものであり、


負の感情が出てきた時は、

「自分の思考のパターンに気付くチャンスなんですよ!」

ということなのです。(あ、これいつも書いてたわ)


マイナスの感情=自分の思い込み(思考パターンなど)に気付いて書き変えてあげるチャンスをくれる指針




であるわけです。



だから、感情を感じずに、がんばってプラス思考をやろうと思っていると、

自分が成長するチャンスを見逃すことになります。

自分がより生きやすくなる機会を要りませんと言ってるようなものです。



でも、ここは特に心配する事はありません。

なぜなら、そうやって、感情に蓋をし続けると、どんどん生きづらくなり、

もっと、辛くて悲しいと思えることが増えてくるので、

強制的にここに気付かされる時期が来ますから。(生きづらかった私。。。。遠い目)



でも、できることなら、

そういった溜まりに溜まった感情が爆発する前に気付いてあげられるといいですよね。

それが、ちょっとした、イライラや、ソワソワや、ザワザワとした感情として、

日々お知らせしてくれるわけです。


ここを無視して生きてますと、ある日どっか~~~ん!となりますので要注意。

そのまま怒りとして出せる人はいいのですが、

引きこもりになったり、

精神的に病んでしまったり、

という場合もあるので、

できれば、そうならずに行きたいですよね。

でも、もしなってしまったとしても、

それはそれに気付くきっかけが今までなかったというだけで、

気づけたとしたのなら、

爆発したこともとても意味あるものになるのです。




「私、そろそろ爆発しそうかも。。。。。」

「あ、私、爆発して、そこから立ち直れないんですけど・・・・・」

という方たちも、

思考の癖をちょっと見直して行けば、

人生が違って見えてくると思います。




それでは、

感情を無視したり、蓋をして生きて行くことが

なぜあまり好ましくないかということを次回書いて参りたいと思います。





いつも読んでくださるみなさまありがとうございます!
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村