おうちのぶろぐ 汚部屋脱出女の快適生活

36歳で汚部屋脱出。捨てるお片づけ、お掃除、いつでも人を呼べる心地いいお部屋作り。心と思考のお片づけもやってます。

2017年08月

やーやーやー。 幸せって見えないって言うじゃありませんか。 幸せって実はないんです。笑(そんなこと言うたらぶん殴られそうだけど) 幸せってのも、人が作り上げた概念だからです。 その「幸せ」っていう概念に、 わたしたちは勝手に 「こんな風になったら幸せ ...

続きを読む




やーやーやー。


幸せって見えないって言うじゃありませんか。


幸せって実はないんです。笑(そんなこと言うたらぶん殴られそうだけど)


幸せってのも、人が作り上げた概念だからです。


その「幸せ」っていう概念に、

わたしたちは勝手に

「こんな風になったら幸せにに違いない!」
「こうなったら幸せ~~♡」
「こう感じる時が幸せだわよね!」

っていうイメージを張り付けて、

人それぞれ、自分なりの「幸せ」を作り上げて、

それを求めたり、探したりし始めるんですね。



人はずっとあると思っている「幸せ」を求めているようで、

実際は、実態のないイメージだけをずっと追い続けているんです。



イメージはあくまでイメージで実態がないんです。

つかめるものでもないのです。 

宙に浮かぶ、光の残像をつかんだー!と思ったらほんとはつかんでないわー!!みたいなもんです。笑(←どんな例え?)


だから、実態のないものを探しても、いつまでたっても見つからないのは当然っちゃ~当然なんですね。


そのもともと存在しないものを探して、

「ないない!」

言うて探してるんですね。

そりゃないんはずなんです。もともとナイので。



で、たまに、

すごくうれしい気持ちになったり、

高揚感だったり、

喜びだったり感じたりしたとき、

「あ~幸せ~~!これが幸せっちゅうもんなのか!」

という具合で、

その時の体験に「これが幸せっちゅうもん」っていうラベルをペタっと貼るんですね。

そして、そうじゃないときの体験は「幸せじゃない」とか「つまらんもの」というラベルが勝手についてしまうんです。

自分の体験だけでなく、

テレビや本などの情報によっても、

これは幸せなこと、

これは不幸せなこと

な~んて、じゃんじゃんカテゴリーに頭の中で分けて行ってるんですね。

なんでもないただの一体験に対して、幸せと不幸という分離を自分のイメージの中でせっせとこしらえているわけです。





また、

幸せのイメージを頭の中で作って、

その通りに見えることが起こったとして、

「やった~!めっちゃ幸せ~~!」と思ったとしても、

最初に感じたような気持ちが数日たったら感じられなくなってたりしますよね。

それは、

つかんだど~~~!!!と思ったものは、

単なる幸せと思っていた「イメージ」だったからです。

人はイメージを常にアップデートさせるので、

ずっと、そのアップデートされ続けているイメージに追っついて、掴み続けられるということはないんですね。


高揚感や喜びという変化する感覚が落ち着けば、分離感(足りない感)がまた舞い戻ってきます。


その分離感がこういうんです。

「幸せはこれじゃなかった」

と言って、また新たな幸せのイメージをせっせと作り始めるんです。(バージョンアップ)

実在しない「幸せ」のハードルをどんどんあげていくんですね~~。


そんな無いもの、もっと言えば、単なる「概念」を追っかけっこをしてるから、

いつまでたっても幸せというものを感じられないんです。




ほんとに私たちが求めていることは

どれが幸せでどれが不幸せかということを探し続けるのではなく、

もともと、「幸せ」があると思っていたこと自体が勘違いだった!!!!

もともとそんなものはどこにもなかった!!

ということに気づきです。




すべて勘違いだった!という夢からの目覚めです。


すごく、分かりにくいかと思いますが、

そんな幸せなんてどこにもなかった!と気付きが起きたとき、


ここに求めていたものはすでにあった!ってことが同時に見えてくるんですね。

夢の解除=求めていた平安

みたいなもんです。



どこへも行く必要もないし、

何も探す必要もないし、

こんな自分をどうにかしなきゃ!ということでもなく、

あるがまま、起こっている通りのことに安心してすべてを任せておけることです。




これじゃな~~い!って思いたい自我ちゃんが、

一生懸命イメージを作って、未来に幸せがあるから、そっちに向かってがんばろうぜ~~!って

やってるのもわかるんですがね。

苦しかったり、しんどかったりするときは、

ほんとにそれが幸せなのかってのをちょこっと見てあげるといいかもしれません♡



無いものへの無いもの探しが終わると、

探求のエネルギーが弱まり、

今、ここで、あるものとともにゆるゆる~~~~~っと過ごしていけます♡



どこもここじゃないとこを探す必要がなくなりますからね(*´▽`*)どっしりと起こってることをただ楽しめます。








いつも読んでくださるみなさまありがとうございます!
こちらも応援ポチポチよろしくお願いいたしま~す!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


やーやーやー。 つい先ほど気づいたのですが、 WEBOO(ウィーブー)さんという、 大人女性のための情報ウェブサイトで、 kaitekiの記事をリンクしていただいていたので、こちらでも紹介させていただきたいと思いまーす ...

続きを読む



やーやーやー。


つい先ほど気づいたのですが、

WEBOO(ウィーブー)さんという、

大人女性のための情報ウェブサイトで、

kaitekiの記事をリンクしていただいていたので、こちらでも紹介させていただきたいと思いまーす!!


ド派手なスプレー缶のリメイクの記事をピックアップしていただいてる模様。
↓↓↓



これねー!2015年に書いてたみたいなんですが、

なんと、わたくし、今だに使っております❤︎(*´艸`)




朝日が当たるトイレなので、若干色がおかしなことになってますが(←変えろー!)
実に、落ち着いていて、安定感抜群の品でございます。



これがあれば、というか、

この技があれば、ド派手なスプレー缶も全く怖くありませんね!

香り重視で缶を気にせず選ぶことができます( ´͈ ᗨ `͈ )



他にも他にも、

おうちのぶろぐの人気記事で、しょっちゅう上位に食い込んでくる

100均 セリアのカードホルダー。

↓↓↓
セリアのカードホルダー・診察券にぴったり!




こちらも、まだまだ現役健在で使用しております❤︎

(年季が!!)


こちらは、Googleさんの検索からじゃんじゃん来ていただいているようで、

他にもいろんなブロガーさんが、同じカードホルダーでレポしてる記事があったりと、なかなか好評の模様。

カードホルダー難民の方はぜひぜひ❤︎
長期使用している私も自信を持ってオススメします!



あと、サンポール記事も根強いです。


↓↓↓
トイレのフチ裏にサンポールの劇的結果。


はい。私の大好きな精神世界を差し置いて、お役立ち記事は放っておいても勝手に上位に食い込んでまいります(*´▽`*)




こちらのサンポールも、今だに健在。



ちょっとお手入れをサボったときなど、

容赦なしにブチューーーっとフチ裏にかけて、後は涼しい部屋で待つだけ❤︎

サンポールは普段隠して収納しているので、特に素敵なほどこしはいたしておりません。





以上、長期変わらず使用しているオススメ品記事でしたー。







いつも読んでくださる皆様ありがとうございます!
こちらも応援ポチよろしくお願いしまーす!
↓↓↓

にほんブログ村

やーやーやー。 全部全部、ぜーーーんぶあっていいんだーー!!! もうね、非二元の話になってくると、 「言葉の限界」ってことをよく耳にすると思うんですが、 ほんっと、その通りで、 何も、これを言葉で ...

続きを読む


やーやーやー。


全部全部、ぜーーーんぶあっていいんだーー!!!


もうね、非二元の話になってくると、

「言葉の限界」ってことをよく耳にすると思うんですが、

ほんっと、その通りで、

何も、これを言葉で表せないし、

言葉じゃ追っつかない!!


だから、

「あるがまま」「問題なし!」「以上!!」


と、言葉にした人は、すごいわ!と思うわけです。笑


マインドや自我では

どんなにありえない、嫌なことですら

完璧!と表現されてることも、

無限で全ての起こりを許してる宇宙からしたら当たり前かーーー!!

みたいになってくるわけです。


もう、何が起こっても許されてる事しかない。


許されないことですら、許されているから起こっている。


どこまでいっても許されているしかないんですね。





私の父が認知症になったんです。


8年ほど前にガンにもなってます。
お父ちゃん、頑張ってるわー。


表面的に、あらゆる感情、思考、先の事、全て湧いて出て来ました。


ぜーーーんぶ、否定せず、否定が起こっても、また否定せず、



後悔、
不安、
悲しみ
親に何かしてあげたい私、
何もしてあげれない私、
ほんとは面倒なことになったなと思った私、
かわいそうな私、
母親が心配な私、
なのに母親の父親に対する対応をもっとこうしたらいいと思った私、
他人の親切が重く感じた私、
親切に感謝が湧いた私、
みんな穏やかに暮らせたらと願う私、
帰ることが増えると大変だなと思った私、
父の機嫌を見る私、
笑っている父を大好きと思う私、
みんなが笑ってる時、これが続けばいいのにと思う私、
母に八つ当たりをする父をうとましく思う私、
それでも、なんとかなると思う私、
その時、その時に考えればいいと思う私、
薬を飲んで進行を遅らせれたらと思う私、
いっそぶっちぎって動けなくなったら父は楽になるんじゃないかと思った私、




ただただ出てくるものをそのまま出して、感じて、


「ある」

をそのまま出してあげました。


私の中にある醜さも、

私の中にある美しい部分も

全部私で何1つ間違いがないことが分かりました。

全て全て、何も問題が無かったのです。

全部がただ起こっていて、


この気持ちを

そんなこと思っちゃダメとか蓋をすることも何をする必要もないことを知りました。


すごく平安でした。

起こってることは、一般的に見たら大変なことなんだろうと思います。

親戚も、ワーワー言うてます。

ほっといてほしいと思うことにも首を突っ込んできます。

私も久々に昔の思いが蘇ってきて大量に涙がでました。

母から父の話を聞いてると、二人で笑って、「お父さんコントやな!」ってなるときもあるし、
どないしよ~どないしよ~って深刻になるときもあるし、


けど、それを含めて完璧でした。

「ある」ことと、共にいると、完璧と思おうとする自分すらもはやいなかったように思います。



父の話をトド(夫)にするたびに、

「お父さん吉本新喜劇じゃな!」って笑い飛ばしてくれることもあれば、

地元の親戚は、笑いほぼ無しの、ちょ~~真剣深刻さで、ちくいち心配してくれたり、

認知症一つに対する捉え方がおもしろいほど違う!

周囲の人の反応(現象)が私の心の中のさまざまな反応と同じで、

あ~~~~!!!!もうほんっとに全部わたしじゃ~~ん!って笑えてきました。
  


外側がどんな状況であれ、

内側がどんな状況であれ、

本当の私は、

それを全て許して、起こさせてる全体のほうなんだな~~って、

ほんのわずかな思考の隙間に気づきが舞い降りてきて、

それは、ただただ全てを見守っていました。

そこはとっても穏やかなところでした。


悲しみも喜びも、
善悪も
幸せも不幸も

何1つ弾くことのない無条件の中で私たちは生かされている。


許せば許すほど、

感謝と平安ですでに埋め尽くされてることに触れ、

私は概念によって定義付けられるどんなものでもないし、

また、どんなものであってもいいと感じさせてもらえました。


どんな形であれ、父と母も同じです。

どんな定義にもあてはまらないもの。。すべてだったんです。

大きな大きな愛でした。


敢えて、今の父を言葉にするんであれば、

威厳のある父から、すぐ忘れる可愛いお父ちゃんに変わった感じです。

もちろん、いつもかわいいとかないですが(笑)

時に腹立つジジーですし、

おっちょこちょいですし、

病気とは思えないときもあれば、

完全にボケとる!ってときもあるし、

どんな定義にもずっと納めておくことはできないんですよね。


そして、私たちも毎瞬毎瞬感じることは変わります。


それで大丈夫だったみたいです。

何も、訂正する必要はなかったし、

訂正が起こっても、それすらも大丈夫だったようです。




どんな気持ちが湧いてきても、

またすべてと共に生きていこうと思います。

「枠」がないのがもともとの私たち♡

















いつも読んでくださるみなさまありがとうございます!
こちらも応援ポチポチよろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


















やーやーやー。 自我ちゃんの働きって、ある意味ほんとにすごいんですよね! よくまあ巧妙にここまで上手に幻想の世界を作り上げてくれたもんだと感心するほどの精巧さなんです。 詐欺師の中のトップ詐欺師 ...

続きを読む



やーやーやー。


自我ちゃんの働きって、ある意味ほんとにすごいんですよね!


よくまあ巧妙にここまで上手に幻想の世界を作り上げてくれたもんだと感心するほどの精巧さなんです。


詐欺師の中のトップ詐欺師とでも言いましょうか。



詐欺に引っかかってる時って、

まさか自分を騙そうとしてる相手が、詐欺師だなんて微塵も思わないんですよね。


相手も、さも自分の利益になるように仕掛けてきたり、

また、反対に、恐れを上手く利用してそれに漬け込んでくる。


騙されるほうは、騙されてると知らずに相手の言う通りに動いて行く。

相手の言ったことに従わないと何か恐ろしいことが起こる。


そんな思いがあるがゆえに、
どこまでも詐欺師のいいなりになっていくんです。


そして、

友人などに
「それって詐欺だよーーー!!」

と言われて、

ハッと目がさめる人もいれば、


それでも、

「そんな事はない!!!」と強く詐欺ストーリーの中に居続ける人もいる。


けど、ハッと目が覚めて、

自分が詐欺に巻き込まれてたと言うことが分かってしまえば、


登場している相手、名前、年齢、経歴、騙そうとしてる内容、

全て全て丸っと一式嘘だったと言うことを一発で見抜くことができ、

その悪夢は終わるんですね。



どこまでが本当でどこまでがウソ?とはあまり考えないですよね。


丸っと全部ウソ!!

となるわけです(笑)


相手が詐欺だと知っていて、相手が登場したら、

どんな事も相手にしないですよね。

どんなにおいしいことを言ってこようとも、

「あんたそれ嘘だよね」

どんなに脅してこようとも

「あんたアホなの?」

警察に電話して終わり。

決して、その世界に足を入れることもない。


けど、分かってないと、

恐れとともに、地獄の沙汰まで連れていかれる(*´艸`)



自我や思考もこれと同じで、

入り込んでいるときは、それが嘘だとは思えないんです。


「恐れ」をエサに囁いてくる思考は、

信憑性がありすぎて、

どうやっても嘘に聞こえない。

で、怖いから言うことを聞いとかないと!

と思ってしまうんですが、

根本的に自分が嘘の世界に浸かっていることから目覚めない限り、

手を変え品を変え、詐欺師は永遠とやってくるんですね!



そうやって、騙していかないと詐欺師は生きられないから。


けど、もし、相手が詐欺師だと分かった上で相手していたらどうでしょう??


状況は打って変わって、

めっちゃ面白くなると思いませんか??


相手はこっちが気付いてることに気付いてない。

たまに、オレオレ詐欺電話に出たおばちゃんとかが

瞬時に「あ、詐欺だ!」って気付いて、

そのまま騙されたフリをして

電話したんですよね!みたいなことをテレビでやってるけど、

そんなとき、

詐欺師はもう、単なる

バカ男にしか見えなくなるわけです。





こんな風に、

夢の中のストーリーに入り込んでいるときは、相手は悪でしかなくとも、

いったん外に出てしまえば、

悪でもなんでもない、ただのアホ男の一人芝居!チャンチャン!なんですね。


そして、相手が、本当は弱くてそれがバレないようにだとか、
仕事がなくなって生きていけなくなるだとかの恐れから、
虚勢を張ってただけと言うことが分かると、

つまり、自分と変わらないと言うことがわかると、


「あんたも大変な仕事やっとるなー!
ま、消えていなくなれ!とは言わんけど、あんま悪さしないように、その辺で大人しく遊んどくんやで!」

みたいになれるわけです。



相手の正体が分かると、

怖れをいだく必要なく、いさせてあげることすらできるわけです。




上のストーリーの「詐欺」の部分を「思考」に変えてみてください。


思考は自分のものであるように見えて、全く自分ではない。

正体が分かってしまえば、

怖がる事もなくむしろ見守ったり、好きにさせてあげられる。

無くす必要もなくなる。

無くそうとしたくなるのは、

それに苦しめられていると言う、これまた幻想を見ているから。

無くすのではなく、

それ自体が夢であると言うことに気付いていく。



夢から目覚めたとき、

真のシンプルで優しい現実がすでに私たちのそばにいつも変わることなく横たわってたことに気付く。


認められた自我は、

寄生してる人を騙し騙し生き延びてきてたわけですが、

騙す必要も無くなると、

その性質を失い、

自然に大人しくなっていくのです。



こうやって、全てが「愛」の性質に変わっていくんですね。



最初から何もないんです。


元々の悪があったわけでもない

元々の善があったわけでもない。



こんな詐欺師ちゃんのようにコロコロと性質を変える

無→恐→悪→癒→善→無

というように、

固定されたものなど何もないんです。

私たちの身体もそうです。


元々は何でもないものに、

私たちは全てラベルを付けて、

そのストーリーの上で生きているんですね。









いつも読んでくださる皆様ありがとうございます!
こちらもポチポチよろしくお願いします❤︎
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村