やーやーやー。


昨日、背中にしょってた大きな大きな荷物を一つ降ろした体験がありました。


途方もない安堵感です。



降ろしてから気付くんです。



あーーー!!私って、思ってた以上に

今のままじゃダメって思ってたんだな!!!って。



私の中にあった

「もっと、もっと」

のエネルギーが消えていくのを感じました。




ここ数日、

何かやるごとに尋ねてたんです。

誰に?

自分に……(*´艸`)




何かやろうとするたびに、

「何でそれをやるの??」

って尋ねた。

焦りを感じるたびに

「何でそんなに焦るの?」

「それをやらないと何が起こるの??」


って尋ねた。




子どもに「ママーーー!!」と言われる度に感じていた


今はできない
自分でやってよ
後にして
待ってよ
私もやりたいことあるのよ


の気持ち。


何がやりたいの?

子どもに呼ばれて、

それを断って、それでも優先しなきゃいけない何かって一体何??





子どもが私を呼ぶのは些細なこと。

水汲んでーーー!!(←自分でやれーー!!)

自分でできることであろうことは、全て自分でやって!と言えること。

私をパシリにするのはおやめ!!


けど、

「ママ来てーー!!」

「何ーーー??」

「ギュッてしてほしいのーー!!」

「一緒にいて欲しいのーー!!」

「大好きだからただ一緒にいたいのー!」

の声に応えれないものって一体なんなの??


呼ばれる度に、

ドキ!イラ!ゾクっ!とさせるものはなんなの???


正体がわからない何かがいるのをわかっていながら、
私はそれに気づかないふりをして、
なんとかやり過ごしていた。



けど、癒しが進むにしたがって、
小さな違和感すらも
だんだんと見逃せなくなってきた。








「呼ばれたらなんでそんなに困るの???」


出て来た答えは……
  






呼ばれたら、相手しなきゃいけない。



何かしなきゃいけない!!


呼ばれたら、何かわからないけど、


とりあえず何かはしなくちゃいけない!!

でした。


「何かしなくちゃいけない!」っていう思いがあるっていうのは知っていたものの、
その正体がなんなのかっていうとこまではあまりわかっていなかった。


理由はわからないけど、
何かわからないことをお願いされることにめっちゃ抵抗があった。


子どもに呼ばれる度に胸がズキンとしてた。



自分でできること→自分でやって!

私を求めてたら→後にして!待ってー!


じゃあ、私は、その子どもに言われた「何かしなきゃいけないこと」を断って、

いったい何をするの??






別に特に何かするわけじゃない。

仕事してるわけじゃないし、

家事してる真っ最中に呼ばれてるわけでもなく、

ボケーーっと子どもとは別の部屋で、

スマホいじったり、本読んだりしてる程度。

それって、何のためにやってんの??

呼ばれたら、

無理にしなくていい洗濯物や片付けを始めて、

「今から掃除するから」って断る私。


わざわざ用事作ってまで断る理由ってなんなの??





自分に尋ねる度に出てくる答えは同じ。


「何か特に決まってるわけじゃない。

けど、今は相手したくないだけ。」


しつこくしつこく出てくる度に尋ねました。


「何も決まってない。

しなきゃいけないことはない。

今のままでいいと思ってる」



それでも違和感が出る度に問いました。


「特に何もない。

しなきゃいけないこともない。

けど、

今のままじゃ何か良くないような気がして、

何かはわからないけど、

何かしなきゃいけないのよ!!

何か早くしなさいよ!!

今のままでいいの??

あなたはずっとそのままでいるの??

いいと思ってるの??


何でもいいから何かしなさいよ!!」





(;゚Д゚;)!!!!!!




子どもに対しての「何かしなきゃいけない」に出てくるザワザワと



自分自身に対しての「何かしなきゃいけない」のザワザワが全く同じだったんです!!!!!!



もう、その驚きといったら!!!

それで、子どもがずっとずっとずっとずーーーーーっと私を呼び続けてたんか!!!!



子どもの「今、ここで一緒に居て!!」

は、

私自身の「今の私と一緒に居て!!」だったんです。


良くしようとしなくていいから、

そのままでいいから。




今より何かを良くする必要はどこにもなくて、


ここ以外にないって


いつもいつも言ってるくせに、




ここじゃないとこばかり見て、

今を先送りにしてたのは私!!!


やってる時にはぜんっぜん気付かないんですよ?!

自分の中では、

ただ単に、

子どもに呼ばれて、今忙しいーーって断って、

スマホいじったり、YouTube聞いたりして、

今を楽しんでる感覚、好きなことを自由にしてる感覚さえあった。




それが全くをもって見当はずれなことをしてたとは!!!



それに気付いたとたん、



私が、思った以上にまだ「今の自分」を否定してる事にも気付き、


それと同時に、


もうそんな必要はないんだよ。


何もしようとしなくて大丈夫だよ。

何か別のものになろうとしなくていいんだよ。
ほんとに今のあなたのままで何も問題はないんだから。




という声が届けられた気がした。



受け取ったと同時に、

私は、

これほどにも重たいリュックを背中に担いでたことに気付き、


私の中に残っていた


どうにかしなきゃいけない自分
今のままでは何か良くない自分


が完全に空中に溶けていった気がしました。



そこからは不思議なことに、

子どものときのように

自分が子どもと大声で歌うことが起こったり、

戦いして遊んだり、

ゲームに没頭したり、

何も「今」以外のことに気を持っていかれることなく、

子どもとの時間が過ごせました。



3時間ほど昼寝をした娘は、

「今晩はなかなか寝ないだろうなー」という私の予測とは逆に、

真っ先にコテッと寝ました。


スマホを見ていても、

本を読んでいても、

子どもに呼ばれて手を止めることに、

ほとんど違和感も感じなくなってる自分がいました。



今の自分に対する「今のままじゃだめなんじゃない?」という疑いがなくなり、


多分、ここ数ヶ月の中では1番大きな癒しだった。


私が小学校高学年頃だったか、中学生くらいのときだったか、


「は~。明日のことも何も心配することなく、ゆっくり眠りたい」
「は~。何も心配なしに、今やってることに没頭したい」


そんなことを願っていた私に、どうやったらその願いが叶うか、その違和感の正体を、今なら教えてあげれる気がした。






おわり。







いつも読んで下さるみなさまありがとうございます!!
こちらも応援ポチポチよろしくお願いします❤︎
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村