やーやーやー。

めずらしく2回目のアップでございます~~。


本日も、

神奈川県在住、主婦A子さんより、お便りをいただきましたので、ご紹介してまいりたいと思います!(←嘘です。
ただ、ご質問をいただいただけです( *´艸`))


****************

カイテキさんのブログを拝読して、まだまだスコーンと落ちる感覚までできてないのですが、、、、
家事をしたり、仕事したり、子どもに関することをしたりという日常時に、なーんにも考えない感じない「無」の状態。
ただただその作業をしている。自分の感情もない。
そんな「無」の時間が増えたように感じます。
それって良い状態なのでしょうか?
感情がなくなってしまったのかと少し不安になっています


********************


は~~い!
では、私の経験からしか物を申せないとこではございますが、
申していきたいと思いま~~す!



「それって良い状態なのでしょうか??」










答え・・・良くも悪くもないんですね~~。ただただそれが起こってるだけです( *´艸`)







エゴちゃんはその状態を、良い状態である!とか、これは良くない状態である!とか
すぐにカテゴライズしたがるんですね。

もし、カテゴライズしてしまった場合、どうでしょう????

例えば、このAさんのこの「無」の状態に「〇!!」としてしまったら、

そうじゃないときのA子さんは「✖!!」になってしまうんですね。


そして、一生懸命「無にならなきゃ~~!!」って、良い状態を選ぼうと、その状態から抜け出すという動きが始まっちゃうんですね。



逆に、心配されてるように、「感情がなくなってしまったんじゃないか??」
と思考ちゃんが言ってくるということは、
「感情がないのはダメだ」という観念を同時に持っているんですね~~。
感情豊かなほうが素敵である。
とか、
喜怒哀楽があるほうが人間的であるという観念ですかね。
もちろん、どっちも良くも悪くもないんですよ!
ただ、そういう観念があるってことですからね。


そうなると、どうでしょう。
「無」は良いのに、感情がなくてダメだとか、
エゴちゃんのトリックに引っかかってしまって、苦しく感じちゃったりするわけなんです。


思考は、いつもと違う状態になってるように感じる自分に、あれやこれや投げかけてきます。
エゴちゃんは常に安定志向なので、
ちょっとでも不安なこと、わからないことは、意地でも解決して「わかっておきたい」という性質があるんですね。

「これって正解なの?不正解なの??」
「いいの?悪いの??」

自我の特性です。

自分は正しい方向に進んでいるという「安心」が自我ちゃんは欲しいんですね。

かくいう私も、

自分がいつもと違う状態に感じたときは、

やれこれはどうなんだ~~!!!
これはどうなっとるんじゃ~~~!!!!!!

とそりゃ~とりゃ~~~!と、次から次にネットとか漁って、自分の状態を確かめに行ったものです!爆
今でも、その性質は若干残っております。汗。

で、同じような人を見つけると、安心し、
何か違うようであれば解決策を見つけようと、翻弄するわけです。

けど、答えはどこにもないんですね。

なぜなら、

根本的に起こってることに良いも悪いも何もないからです。

「良い悪い」といってるのは、観念からくる自我なんですね。

自我は完璧な虚構なんです。

幻想ですね。

だから、追っかければ追っかけるほどわからなくなり、

無限に出てくる解決策を追えば追うほど、自分がわからなくなっていくという。

もうそうなると、

目の前にいない敵を、幻想の中でとりゃ~~~~~!!!と倒して、
倒れない~~~~!!!!!はい!次の作戦~~~!!!!とやっちゃってしまってるんですね。


たぶん、心当たりがおありの方も多いのでは。



ネットや、本、など、あらゆることを今までの経験者たちが書いているので、

すごく参考になります。

自我の安心の材料はわりと簡単に手に入る時代です。





けど、永遠の安心をそれらから得られたことはあるでしょうか???

何を試しても、終わらないゲームをしてるような感覚になっていくんですね。




じゃあ、どうするのか?というと、

その答えを得られないときの、不快感、恐れ、モヤモヤを、本やネットの解決策で埋めるのではなく、

それを避けるとこなく、その感覚とともに過ごすのです。


すると、真の安らぎが浮かび上がってきます。


自分だけの答えが体の内から沸き上がってくるんですね。





不快感や恐れを突き抜けると、

なんでもない感覚だけに変わり始めます。

そのなんのレッテルも貼っていない感覚。

そこに真の自由な感覚が存在しているのです。


わからなかった自分でよかったんだ!
わからないことこをが次に進む扉だったんだ!

って感じるわけです。

分からないことは恐怖じゃなかったんだ!ということを体で初めて感じるのです。


するとですね。

正解だろうが、不正解だろうが、

だんだんとどっちでも良くなってくるんですね。


それって、すごく自由に聞こえません????笑笑笑



ほんとに欲しいのはたぶんみなさんそっちなんですね。



ただただ

今目の前に出てきてる問題が

良い!悪い!

とか、

とにかく、これさえ解決すれば!

などの、一時的なエゴちゃんを満たしではなく、


完全なるエゴちゃんをも許容した自由。


きっと、縛られた概念からの解放なんだと思います。




ということで、良い悪いの答えは無しにしといて、
私は、そういった「無」になるときは、しょっちゅうあります。
意図してやってるわけではなく、
気づいたら、タンタンとただ体だけ動いてま~す、って感じのときですね。


あ!!!!!エゴちゃんを安心させてしまっちゃったかしら!笑





以上、いつもの参考になるのかならないのかわからないお答えでした~。




いつも読んでくださるみなさまありがとうございます!
こちらもぜひぜひよろしくお願いいたします♡
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村