やーやーやー。


自我ちゃんの働きって、ある意味ほんとにすごいんですよね!


よくまあ巧妙にここまで上手に幻想の世界を作り上げてくれたもんだと感心するほどの精巧さなんです。


詐欺師の中のトップ詐欺師とでも言いましょうか。



詐欺に引っかかってる時って、

まさか自分を騙そうとしてる相手が、詐欺師だなんて微塵も思わないんですよね。


相手も、さも自分の利益になるように仕掛けてきたり、

また、反対に、恐れを上手く利用してそれに漬け込んでくる。


騙されるほうは、騙されてると知らずに相手の言う通りに動いて行く。

相手の言ったことに従わないと何か恐ろしいことが起こる。


そんな思いがあるがゆえに、
どこまでも詐欺師のいいなりになっていくんです。


そして、

友人などに
「それって詐欺だよーーー!!」

と言われて、

ハッと目がさめる人もいれば、


それでも、

「そんな事はない!!!」と強く詐欺ストーリーの中に居続ける人もいる。


けど、ハッと目が覚めて、

自分が詐欺に巻き込まれてたと言うことが分かってしまえば、


登場している相手、名前、年齢、経歴、騙そうとしてる内容、

全て全て丸っと一式嘘だったと言うことを一発で見抜くことができ、

その悪夢は終わるんですね。



どこまでが本当でどこまでがウソ?とはあまり考えないですよね。


丸っと全部ウソ!!

となるわけです(笑)


相手が詐欺だと知っていて、相手が登場したら、

どんな事も相手にしないですよね。

どんなにおいしいことを言ってこようとも、

「あんたそれ嘘だよね」

どんなに脅してこようとも

「あんたアホなの?」

警察に電話して終わり。

決して、その世界に足を入れることもない。


けど、分かってないと、

恐れとともに、地獄の沙汰まで連れていかれる(*´艸`)



自我や思考もこれと同じで、

入り込んでいるときは、それが嘘だとは思えないんです。


「恐れ」をエサに囁いてくる思考は、

信憑性がありすぎて、

どうやっても嘘に聞こえない。

で、怖いから言うことを聞いとかないと!

と思ってしまうんですが、

根本的に自分が嘘の世界に浸かっていることから目覚めない限り、

手を変え品を変え、詐欺師は永遠とやってくるんですね!



そうやって、騙していかないと詐欺師は生きられないから。


けど、もし、相手が詐欺師だと分かった上で相手していたらどうでしょう??


状況は打って変わって、

めっちゃ面白くなると思いませんか??


相手はこっちが気付いてることに気付いてない。

たまに、オレオレ詐欺電話に出たおばちゃんとかが

瞬時に「あ、詐欺だ!」って気付いて、

そのまま騙されたフリをして

電話したんですよね!みたいなことをテレビでやってるけど、

そんなとき、

詐欺師はもう、単なる

バカ男にしか見えなくなるわけです。





こんな風に、

夢の中のストーリーに入り込んでいるときは、相手は悪でしかなくとも、

いったん外に出てしまえば、

悪でもなんでもない、ただのアホ男の一人芝居!チャンチャン!なんですね。


そして、相手が、本当は弱くてそれがバレないようにだとか、
仕事がなくなって生きていけなくなるだとかの恐れから、
虚勢を張ってただけと言うことが分かると、

つまり、自分と変わらないと言うことがわかると、


「あんたも大変な仕事やっとるなー!
ま、消えていなくなれ!とは言わんけど、あんま悪さしないように、その辺で大人しく遊んどくんやで!」

みたいになれるわけです。



相手の正体が分かると、

怖れをいだく必要なく、いさせてあげることすらできるわけです。




上のストーリーの「詐欺」の部分を「思考」に変えてみてください。


思考は自分のものであるように見えて、全く自分ではない。

正体が分かってしまえば、

怖がる事もなくむしろ見守ったり、好きにさせてあげられる。

無くす必要もなくなる。

無くそうとしたくなるのは、

それに苦しめられていると言う、これまた幻想を見ているから。

無くすのではなく、

それ自体が夢であると言うことに気付いていく。



夢から目覚めたとき、

真のシンプルで優しい現実がすでに私たちのそばにいつも変わることなく横たわってたことに気付く。


認められた自我は、

寄生してる人を騙し騙し生き延びてきてたわけですが、

騙す必要も無くなると、

その性質を失い、

自然に大人しくなっていくのです。



こうやって、全てが「愛」の性質に変わっていくんですね。



最初から何もないんです。


元々の悪があったわけでもない

元々の善があったわけでもない。



こんな詐欺師ちゃんのようにコロコロと性質を変える

無→恐→悪→癒→善→無

というように、

固定されたものなど何もないんです。

私たちの身体もそうです。


元々は何でもないものに、

私たちは全てラベルを付けて、

そのストーリーの上で生きているんですね。









いつも読んでくださる皆様ありがとうございます!
こちらもポチポチよろしくお願いします❤︎
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村