やーやーやー。



概念ちゅうもんは、

変化し続ける全てをすぐに固定しちゃう性質があるんですね。



その固定が、「檻」みたいなもので、

固定されたものの中で私たちは収まり、

わーわー幻想ゲームを始めるわけです。



過去や未来はない!!今しかない!とスピリチャルではよく言われるんですが、

過去や未来は空想の中だけにあるものなので、

過去の記憶や未来の想定が湧いてきたとしても、それは「今」湧いてきてることなんですねー。


 だから今しかない。

もっと言うと、今すらもない。笑





で、私たちは、ずっと過去未来現在っていう時間軸の中で生きてるっていうのを信じていているので、

ずっと同じ「私」が死ぬまで永遠に続いているっていうふうに思ってるんですね。


ずっと「同じ私」だと信じているので、

同じ私は、言ってることをコロコロ変えるわけにいかんのです。


概念(自我ちゃん)は固定されることで安心しますので、変化を嫌うんです。



矛盾も嫌いですし、

つじつまが合わんことが嫌いですし、

過去と今と一貫性を持たせたいわけです。


そうしないと「私」が消えていなくなるような感覚になるからですね。



でも、元々そんな持ち続けられる「私」なんていないんです。

「私」=個人というのは単なる概念によって構成された想念の塊ちゃんなので、

日々、毎日めまぐるしく変化する

身体、思考、感情、感覚を

概念という固定の檻の中に収めておくのはほんっとうに無理があるし、苦しいんですよね。


昨日言ったことと、今日言ったことが全く違う、感じてることは全く違うのはむしろ当たり前のことなのに、


「言ってることが食い違ってはいかん!」

とか、

「つじつまが合わないこといったら、あの人なんなの?って信用されない!」

とか、

「自分の信念を通さねば!」

みたいな思考で、ガシッとブロックして、

自由さをどんどん奪っていくんですね。



今朝、息子くんがゲームをしてるときに流れてた音楽が、すごい壮大で、かっこいい音に聞こたんですよね。


で、

「なんか、かっこええ音楽やな!戦いって感じでなんか好きやわ!」

って私が言ったら、

「ママ、前この音楽聞いたら、なんか怖くて不安になるから嫌い言うてたよ!」


(((; ఠ ਉ ఠ))!!!!!!!


笑うてしまいましたわ。



「あれ?そんなこと言うてたんやな!はははははー!」


こんな具合で、

人っちゅうもんは、

その時の心次第で、事実=単なる音楽がここまで違って聞こえるわけなんです。


けど、

毎日毎日同じ「私」を持ち続けてると、

感じ方が変わったとしても、

その感じ方を表現することを変えちゃマズイ!と思考で塞ぐわけです。

それくらい無意識にただの「概念」のために自分を枠の中に閉じ込めてるんですね。


私は、

その檻の中がとても苦しかったので、



言ってることはバラバラしててもええ。

さっきと今の気分は変わるもの

つじつまが合わんのが当たり前

去年言ったことと、今日言ったことが違うのは自分軸がないとか関係なし!!



みたいに、

持ち続けてた変化を止める概念を見直してあげました。

真逆の性質の概念を受け入れたんですね。


すると、概念は打ち消されて消えます。



多分、私は、

世間的に言うと、

ちゃらんぽらんの忘れっぽいおばさんになったかもしれませんが、

自分的には

囚われてること(ちゃんと覚えとかんといかん!矛盾したらいかん!一貫性もたないかん!)から解放されて

今感じてることを感じ、表現し、

自由さや楽さを味わえてる感じがします。

そこには、もはやつじつまが合う合わないもありません。


あるのは、リアルな表現だけです。


それに伴い、

「また忘れたんか!」とか、
「この間、言ってたのと違うじゃーーん!!」とか、
「ママがこうしろ!って言ってたのに、なんで今日は言うこと違うん?」みたいに言われることもありますよ?!笑

(最近は、もう諦めてくれたようで言われもしなくなりましたが)


けど、

それでいい!ってか、それがめーーーーっちゃ楽だし、楽しいから、

何言われてもわりと平気なんです。

これが、本来の自分って言われてることなんかなー?本来の自分に戻ってると、ほんとあんま周りのことは気にならんのんだなーって感じてます。

だから、周りがわーわー言うて、気になってる時って、

「早よ、本来の自分に戻りなさいよー!」って教えてくれてるって言うけど、

戻ってしまえば、周りが静かになる=気にならん

って言うのがすごく分かる気がしました。


もちろんもちろん、

いつも書いてるんですが、

一貫性を持ち続けてもいんですよ?

握りしめ続けることもオッケーです。


宇宙は壮大な愛ですから、

そんなことすらも、何も言わずに黙ってオッケーだしとります。


だから、

どっちが心地いいか???ですよね。


けど、固定されたものの中に居続ける、固定に自分を合わせるのは、宇宙の生の流れとは違う在り方なので、苦しいかなと思います。


つじつまが合わんのは、

本来変化するものが、固定された中で変化してるから合わなくなるだけで、

変化を許していれば、

つじつまが合うもの合わん自体も消えてなくなるんですね。


変化を許せば、概念も自ずと消えるわけです。



平安や自由は概念の外にあって、

それらは、もうすでにあるんです。

概念の外というより、

概念が外れたところ全てがもう自由と平安。

どの人にももれなく。


概念とは固定

私たち、生そのものは全てが変化です。

毎瞬、新しく生まれている自分、感じている自分を概念をつかまずそのまま出してそのままの自由さを楽しんでいればよかったみたいです♡




いつも読んでくださるみなさまありがとうございます!
こちらも応援ポチポチよろしくお願いいたします
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村