やーやーやー。


心地いいこと、

常に今自分がご機嫌であること、

常に、自分が落ち着くこと。

これは、「自分の世界は自分で創る」のハッピーちゃんが自らのものすごい体現にて、

意識やエネルギーがどれだけ創造の世界で重要であるかってことがず~~っと発信されてるんですね。

むしろ、エネルギーだけが重要。それ以外は関係ない!とくらいまで言い切っている。




けど、

それくらい意識だけが重要と言っているにも関わらず、

意識にフォーカスできないって人もいると思うんです。

私もそうでした。

現象ばかり気になって、

意識にフォーカスしてるつもりにはなってても、

なかなかフォーカスできなかったり、

またすぐに変なこと考え出したりね。


今日、またいろいろ降りてきたので書いていきます。

何かのお役に立てれたら幸いです。



ずど~~んと突き抜けれない!とか、

心地いいことを考えてるけど、

ずっとやり続けられない。

すぐに、現象世界のワサワサに引き戻されるってことがありますよね。



これはですね。

結局、心地よく在る姿勢を選んでないってことなんです。(経験談)

覚悟して、貫きとおしてないってことなんです。

幸せで在り続ける覚悟っていうんですかね。

今、どんなしょーもないことでも、どんな状況であっても

常に心地良さを選び続けるという覚悟です。そして、それに落ち着くということです。



目の前の現象に左右されない

目の前のことでジャッジをしてしまわず、

常に意識に光を当て続けるんです。








心配事や、悩みごと、考え事があると、

やろうと思えばず~~っとそのことを考えられるんですね。

そして、

解決できないことをひたすらぐるぐる考えて、

できな~いいできな~い!って考えちゃったりするじゃないですか?

実はこれ、ほんっとに心地いいんですよ。(本人的にはそうは思えなくても)


これに浸ってること自体が気持ちいいんです。(このあたりまでは心屋さんとかも書いてることですよね)

気持いいと言う言い方がしっくりこないときはですね、

こっちの言葉に変えましょう。


楽なんです!


なぜなら、

心地いいことを選び続けるほうが、

悩み続けるより、よっぽど大変だからです。
(注:あ、これは悩んでるときのスタンスからのお話です)意識にエネルギーが注げるようになったら心地いいことを選ぶほうが楽、むしろそっちじゃないと不調になってきます)



言葉の違いですが、


この心地いいことを選び続けるこにシフトするまで実はかなりのエネルギーを使う!ってことはあまり書かれてないんですね。
というのも、もう心地良いにすぐにシフトできる方たちだと、「大変なこと!」なんてすらも思ってないからです。





みんな一つ一つ地味に心地よく在るを選び続けてるんです。

それに伴って、

こんなことあった、あんなことあった、

これは敵だと思ってたけど、勇気だしてやってみたら敵じゃなかった。

みたいに積み重ねてやっていって、

常に意識に意識を向けられるようになってるっていう今があるんですね。


そこの地味、地道、一個一個、敵っぽいところを、


ぜーーんぶすっ飛ばして、

都合の良いとこだけ受け取って、

いきなり意識の世界で生きるってことは起こらないんですね!



それは、

いきなり今日5億円が当たるというくらい起こりにくいことです。





みんな大変なことはなるべくしたくないんです。

わからないことはしたくないんです。

苦労はしたくないんです。


幸せで在り続けることが、悲しみやつらさ、うんこを受け入れることも含むことであるなら、

私はそんなに幸せでなくていいって無意識に思っちゃってるんです。


無意識ですからね!

だから、顕在意識ではもちろん「幸せになりたい!」とは思ってますよ。

けど、無意識で「そこまでならいらん!」くらいに拒否してるんです。



心地よく在るを選び続けるっていうのは、

もう全部オールオッケーにしていくことなんですけど、

そのオールオッケーっていうのは、

全部全部全部、悲しみもさみしさも、うんこも喜びも、全部に許可を与えていくってことなんですね。

だからやり始めはほんとにほんとにむつかしいんです。

慣れてないんです。

これでいいのか不安なんです。

がんばって意識してるが故に、できてないとこが目についちゃうときもあるんです。

意識して心地良くしてるのに、

また現象での心地良くないことを見つけては、

すぐにあきらめちゃうんです。


現象に気を取られすぎていて、

現象が動いてないと思ったらすぐ「やっぱダメだ!」を発動させるんですね。


心屋さんの「がんばらなくていい」をここで発動させてはいけません。笑

ここががんばるとこなんです。


意識をつねに飽和状態(幸せ状態)にするのはがんばるところです。


それでも、「幸せである!」を選び続けるんです。



心地いいことをすればいんじゃないんです。心地良く在る!です。

心地いいと感じることをして、心地よく在れてるかが大事です。



そして、表面ばかりの心地よさに浸ってるときっていうのは、
必ずといっていいほど、

「ほら、心地いいこと選んでますよ!私心地いいことやってますよ!
次何が起こるんですか?良いこと起こってくれるんでしょ!!!早く起こりなさいよ!」と、腹の底でなってます。




全然落ち着いてな~~~い!!!!

全然心地よくな~~い!

全然安心してな~~い!!


なんですよ。


なんで、そんなに心地良くならないとダメな気がするのか!


まず見るのはそこです!!

見たくなかった部分です!
ずっと避けてきたところです。

自分が放棄してしまったパズルのピースです!見たくないとこです。


そのピースを受け取りを拒否してるから、

心が「足りない感」を生み出し、

ずっと不満足なんです。


心地いいことだけを受け取ることは不可能で、

その捨てたピースも受け取って、

初めて全部一体で心地良いことだと気付くんです。




心地いいって言うのは、

もうほんっとに、他に何もいりまへん!ってくらいの安堵感です。(捨てたピースに攻撃される恐れがない状態です。心配もなくなります。)

心がス~~っと落ち着いて、何もワサワサ、トゲトゲ毛羽立ってなくて、

気にしてることもどっちでも良くなってきた~~

あ~~♡って言葉にならん安心がそこにあるんです。


嫌な感情が沸きあがってきても、それを受け入れ、包み込んで溶かして

自分のいっちばん安心して、落ち着けて、そしてワクワクするとこらへんまで持っていってあげるっていうことなんですね。


って、それをず~~~っとやっていくんです。


それのツールとして、

コーヒーやらDVDやら本やらカフェオレやら、

友達と遊ぶやったりなんでもいいんです。


だから、自分の「好き」「ワクワク」感覚に従って生きるってことは、
覚悟がいるんですね!

だって、「好き!」をやっていったら、必ず外野で何か言ってくる人が現れたり、
今まで言えなかったことを言わなきゃいけなくなったり、
今までノーとしてきたことを受け入れたりしていかなきゃいけないからです。


でも、大丈夫です。


ピースを取り戻すチャンスでもあります。


その最初の捨てたピースを包んで吸収したら、


現象世界がガラッと変わって見えます。


ピタッと、外野と内野が1つになり始めます。


そして、いつも言うように、

ガラッと変わらなくても、

問題なくなります。


この間ハッピーちゃんがエネルギーの使い方の話をyoutubeでついに全国に公開してくれましたが、

彼女はこの心地いいエネルギーを選び続ける、心地いいか、心地よくないかを細かく細かく自分に聞いて、
細かく細かく実行していって、

ずっとそれを選び続けてるんです。


彼女の現象で映し出されている表面的なキラキラではなく、

彼女のエネルギーの動かし方が最重要ポイントです。


よくブログで書かれてるように、

「そこまで!?!?」ってくらいそこはストイックです。


そこはストイックになればなるほど、

安心と喜びの和は広がるので、

ストイックすら楽しくてやめられないんですね!


 どうしても、キラキラとか、華やかな部分に注目が言ってしまいますが、


キラキラや華やかは、

ドロドロも含んでるからこそキラキラ輝くんですね。




長々と書きましたが、

私も意識大好き女として、

何かみなさんの心地良くなるヒントになれば幸いです。



心地良い!!は、心地悪いも吸収し統合された心地良い!ですからね!





もし、ご質問ありましたら、コメントよりお待ちしてます❤︎








いつも読んで下さるみなさまありがとうございます!こちらも応援ポチポチお待ちしております。