やーやーやー。






汚部屋住人あるあるだと思うんだけど、


・やるなら徹底的にキレイにしたい!

・中途半端にやるくらいなら最初からやらない


ってのないかな?





やり出すと止まんなくて、

最後の「スッキリーーー!」まで見たくて、つい時間をかけ過ぎる。


そして疲れて、


また次の掃除の時にその疲れが脳裏によぎり、

「ま、また時間のあるときでいっかーー!!」



ってなる!!!





まー、私のことなんだけどね。



性分なので多少しょうがないとこもあるんだけど、


ここはしょうがないで終わらせず


いつも自分に言い聞かせてることがある。







それは、













「掃除は質より回数」











これは昔何かの本で読んで心に響いた名言。







わたしは、

どこか一箇所に夢中になり始めると、

そこばっかりになって、

結局終わる頃には、簡単なとこまでしんどく感じ、


掃除ってしんどい…と思い始めてしまう。




だから、その癖がではじめたら、



「とりあえず全体ザッとやっとこかーで、その後に余力が残ってたらそこしなよ!」ってな感じに。






(全体ザザッとやったら、普通に疲れるので、もうそこに戻る気力はいつもないけど。)






でも、回数が上がってくると、

前回の掃除では無理で、やり残しになったようなとこでも、あっさり行けちゃったりする。


というのも、

簡単なとこはより簡単になってるから、

気になるとこに辿りつくのが早くなっている。


前回ザザッとやってただけでも、

時間が少し経つことで、

汚れが緩んでることもある。






一度では落ち切らないものでも回数を重ねるごとに取れやすくなってる


みたいなこと書いてた気がする。(←気がするかよ!)




でもこれはほんまにそう思う時ある。




だから、

初回で必死になって汚れを全て取り切ろうとせずに、自分の中では「わ!雑っ!!」と思う程度でも良しとすることにしてる。




(たぶん、完璧主義の人は、「雑っ」って自分が感じるくらいで丁度いい。それがみんなのキレイくらい)




今日は浴槽のエプロン。23/100




ここの掃除、ほんとに嫌で、


何が嫌かって、
重いエプロンの開け閉め。



あと、風呂場が小さいから

エプロンをくるくる容易に回して掃除できないから、やりにくい。



それを考えただけで、「したくない」ってなっちゃう。




だから、ここは特に雑でも、かなり許してて、

ハードル的には「開けた自分すごいっ!」くらいまで下げてるꉂꉂ◟(˃᷄ꇴ˂᷅ ૂ๑)༡



次に開ける抵抗を少しでも減らす。




それを繰り返した甲斐あってか、


エプロンに取り掛かるのが前ほど億劫じゃなくなってきた。



今日は、開ける度に、ん???ってなってたエプロン裏の粘着質な汚れも取ることができた。
ピンクカビも昔ほど見ることがなくなってきた。→昔のエプロン掃除の記事



before 
IMG_4123
(なんでここにこんなのが付いてるのか謎。)


after
FullSizeRender


中もザザッとだけ。

IMG_4120



年末は壁掃除だけだったからね!


全部一気にやると疲れちゃう。



でも回数増えてくると、



「一日何も予定がないときに徹底的にやろう!」から


「あ!今できるかも!?」に変わってくるかも(*´艸`)





「徹底的に」から「ちょっとだけやろ❤︎」



掃除がとっかかりやすくなる。






ウエス1枚掃除もいいよ❤︎
↓↓↓











いつも応援ポチありがとうございます!
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




「おうちのぶろぐ」の更新情報がlineで受け取れます。
お気軽にじゃんじゃんご登録くださいませ♡
↓↓↓