やーやーやー。



お片付けもお掃除も、



物を元に戻すことや、

汚れを拭くこと自体は、

実はそんなに難しいことじゃない。



例えば、お母ちゃんに、絞った雑巾持たされて、「そこのこぼれたの拭いて」と言われたら拭くことはできるくらいの簡単さ。


すごい高度なテクニックがいるわけでもない。子どもでもできたりするレベルのことのほうが多い。







何が一番難しいかって言うと、




「あ!!!」って気になったときや、

「やったほうがいい」ってときに、






「ま、いっか」
「後で」
「また時間があるときに」
「まとめて」




って気持ちに打ち勝つこと。







それのみじゃなかろうか??





それが、どの過程よりも1番ハードルが高い。




もちろん、その気持ちにすぐに応えられる環境作りも必要なんだけど、


その気持ちにすぐ応えられる環境作りすら、



「後で」
「まとめて時間が取れるときに」
「余裕があるときに」



に打ち勝つことから始まるんじゃないか?と思う。





そして、


その次に大切なこと。2つ目。(特に汚部屋体質人向け)


その気持ちに打ち勝つことができて、


手をつけたら、



「やり過ぎちゃう」「終わらせてしまいたい」「今日中に!」にという気持ちに打ち勝つこと。





そこさえクリアすれば、


きっと、

世のステキ奥様方が言っている、


「片付けや掃除の習慣」


に変わるんだなと思った。






やっぱりやりたくない…

今日くらいえーやーん!

って気持ちがやっぱり出てくる。


1日開けることもある。(←開けるんかーい!!)


出てくるけど、

ウエスを持ってしまえば、


「なんでこんな簡単なこと全力拒否なん?」って毎回思う。


そして、しょーこりもなく毎朝戦うんだけども、


毎回、「朝の数分のことをやってて良かった…」と自由時間を得た瞬間に思う。







キレイにして後悔したことはない。


時間返せ!とも、

無駄だった!


と思ったこともまだ一度もない。


むしろ、朝やって良かったと思うことのほうが多い。


例え旦那に褒められずとも、

自分の満足感に代わる、これ以上の褒め言葉はない。





そして、そんな内面の葛藤も、

私よく頑張ったわー!って褒めの言葉すら必要とせず、


いつか、ただの「毎日の儀式」みたいなもんに変わるんだろう。





いつも家がキレイな人は、きっと、


「朝からトイレ掃除頑張りました!!」

なんて、声を大にして言わない!( థ ౪థ)。*




私はまだ言う。


みんなも一緒に言えば怖くない(⁘ູಥ಼ ູ◞ಫಿ◟ ಥ಼⁘ູ) ⁊"⁊ッ




いつか「あたりまえ」に変わるまで。







まとめてやりがちな人はこちらの記事どうぞ
↓↓↓








パフォーマンス力!ではなく地道さ。
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村




「おうちのぶろぐ」の更新情報をlineで受け取れます。
ご登録じゃんじゃんご登録お待ちしております~!
↓↓↓