やーやーやー。






自分の機嫌だけとっておく。



自分がいつもボルテックスにいることだけ。



逆に言うとそれさえしてればいい!




うん!!それだけ!!




それさえしてれば、

口から出てくる言葉も、

行動も、

出来事も

宇宙が上手い具合に調整してくれはじめる。




FullSizeRender






人をどうにかしよう、

相手に気に入られるために何をするのか、

今の状況を変えるために何をするのか、

周りや出来事を変えることに関しての方法とか考える必要は全くなくて、




そんなことを考えてる暇があったら、

自分がどうやったらボルテックスにいれるか!!


に常にエネルギーを注ぎ続けるだけ!






ボルテックスにいるだけで、

問題は問題じゃなくなるから。





ボルテックスにいるだけで、

勝手にエネルギーが出てきて、

勝手に身体が動くことが起こるし、

勝手にやることが出てくるし、

周りなんか手付けずで勝手に変わってくるから。





自分がなんとかしようとする

数百倍の速さで宇宙がどうにかしてくれる。



しかも楽に簡単に!!



例えば、


子どもに「宿題やりなさーい!」って相手をコントロールして動かすことにエネルギー使ったり、

どういう言葉だったらやってくれるのかとか、

どうやったらやる気が出てくれるかとか、

そこを考えたりすることに

時間とエネルギーを使うんじゃなくて、

とことん自分の「快」のためにエネルギーを注ぎまくる。



宿題してほしいのに、遊びばっかしてる子どもみると、

旨の辺りがザワザワしたりキューってなるでしょ?


焦ったり、イラだったり、こんなんで大丈夫か?って不安になったり。



そんなときは、まず、その「ザワザワ」や「キュー」をフッと楽になるとこまで持ってく。



何だったら、一番お互いがベストな気持ちでいられるかっていう自分の望みを自分の中でハッキリさせる。



それが例えば、

「私は子供の宿題の進み具合を気にすることなく(自分も快)、子どもたちが一番集中してパワーを出せるときに自分のペースで勝手に楽しくやってくれる(相手も快)」

とか、

「私が落ち着いてるときに(自分も快)、一緒に楽しく宿題をする(相手も快)」



とか、

そこは何でもいんだけど、

自分が、「あ!こうだったら最高❤︎」って思えるアイデアがフッと出てくるまで、

色んなアイデアを自分に投げかけてあげる。

(相手をコントロールしようとするエネルギーがあるときはなかなかフッとならない。自我は満足なことでも、魂的に満足じゃない答えはエネルギーが不快なままなの)



自分のエネルギーを「不快」から「快」に持ってく。


そこは頑張るとこ。




そんで、

「それナイス❤︎」ってエネルギーに変わったら、

後はその意図を宇宙に放って、パッと手放す。




投げてしまったら、

見張らない、

行方を追わない、

疑わない、

干渉しない。





そして、ただただ後は自分のボルテックスをキープするために、


なんでもいいから自分がご機嫌でいられることをやり続けること。





とにかく不快さを感じたとき、その締め付けられてる感覚のエネルギーを

もっと軽いエネルギーに転換させる。







「なんとかしたい!早くどうにかしたい」

ってキューっと締め付けられてた胸の辺りのエネルギーが、

フワっと緩んで、「めっちゃええ感じー!」って感覚に変わるポイントに出会えたら、

それがエネルギーの転換ポイント。




言葉でも感情でもなくて、感覚!



感覚で絶対分かるから。



あっ!これや!って分かる!



あっ!これや!とも思う間も無く、

さっきまでの窮屈な感覚から抜け出してる。




それが自分にとってのボルテックスに入った証拠。





ボルテックスに入っていれば、

子どもが宿題をするまでの準備は宇宙が手配してくれはじめる。




なぜか丁度良いところでテレビやゲームが終わったり、

兄弟の片方が宿題やろーって言い始めて、「じゃ俺もーっ」ってなったり、

パパが「終わったら一緒にアイス食べよー」とかやる気になる言葉をかけてくれたり、

子どもがやる気になる言葉が自分の口からパッと自然に出てきたり、

こちらは宿題をさせることに何もエネルギーを注ぐことなく、

宿題が終わるということが起きる。



途中、「まだかな、まだかな?」って見張らない!笑




それに、


ボルテックスにいたら、


たとえ宿題をしなかったとしても、

「何も問題がない!」「まー、えっかー!」ってエネルギーにもなってるから、どっちになっても結局問題なし!!





これは本当に一例に過ぎないけど、



自分はボルテックスに居続けることに全力を注ぐだけ。


外れたら入るだけ。


びっくりするくらい何もしなくても、勝手に全てが動き出す。


そこに入ってしまえば、

どれくらい自分が


方法探しや、
相手をコントロールしようとすることにエネルギーを使っていたかハッキリわかる。




ボルテックスにいるために

自分を「快」にさせるためにやってることって、

放った意図と全く関係ないことをやってることが多い!


というか、全く関係ない!!


夢中なってただ友達としゃべる

夢中になって裁縫する

夢中になってYouTube見る

夢中になってやりたいことやる。


それが子どもの宿題を終わらせる。笑(ほんの一例です)


全く関連性がなさすぎて不安になるくらい「本当の望み」と「今やってること」は関係なくていい。



「こんなことやって意味あんの?」「え?これでいいのかな?」ってくらい関連性はない。


けど、


それが一番大事!


「快」を選び続けることが、

何をやるよりも最速で望みに近づく。





お片付けの座談会、

一枠空いて、埋まってなかったけど、

安心して放っておいたら、

「残ってるのが奇跡です!」って言って喜んでくれる人が申し込んでくれたよ!


宇宙は演出上手!


「ワオーっ!!」って、さらに面白いものを見せてもらえた❤︎




手放すっていうのは、

結局、

「毎度同じみのパターンが崩れる」

ってことで、

崩れることであらゆる他の可能性が入って来やすくなる。



現実が変わらないってときも、

決まり切ったパターンを繰り返してるときで、


「それ以外に方法はない!」って信じ込んでしまってる時。


自分をご機嫌にするっちゅーのは、

それだけで今までの一辺倒なパターンを崩壊させてくれるパワーがあるんだよね(❁´ω`❁)*✲゚*













いつも読んで下さるみなさまありがとうございます!こちらもポチポチお願いしまーす!
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村