おうちのぶろぐ 汚部屋脱出女の快適生活

36歳で汚部屋脱出。捨てるお片づけ、お掃除、いつでも人を呼べる心地いいお部屋作り。心と思考のお片づけもやってます。

カテゴリ: おうち購入

やーやーやー。 kaiteki、昨日は自宅で託児しておりました。 働くママに、「お願い!半日うちの子たち預かって!」と言われ。 「オッケー牧場!!!」とは言ってないが、お預かりした! これがね。 楽なのよーーー!!!!おほほほほ。 もう、ほぼ放置。 とりあえず ...

続きを読む
やーやーやー。

kaiteki、昨日は自宅で託児しておりました。

働くママに、「お願い!半日うちの子たち預かって!」と言われ。

「オッケー牧場!!!」とは言ってないが、お預かりした!



これがね。

楽なのよーーー!!!!おほほほほ。

もう、ほぼ放置。

とりあえず、お預かりしたのは幼稚園以上の子たちだから、


子ども達は友達がいる。→勝手に遊んでくれる。

かーちゃんは誰もいないから、大人は私1人。

「ママ遊ぼうーー!」攻撃全く無し!!

その間に好きなことしてーー!!


るるる~~♪


あ、ほぼ、携帯だけど。

キッチン換気扇も洗うわよー!





今日もまだまだおうちネタ続きますよー。


さて、

私が建売を買ったのを疑問に思う人もいるだろう。

「なぜ、注文住宅にしなかった?」と…

え?

何、何?

思わない?

………


………


………


思ったと想定して始めまーす。




まず結論から言うと、


「価格」


「1番手っ取り早い!!!!」


「見て買える」


だ。


ハウジングセンターに行くと、必ず聞かれるのは、

「土地はお持ちですか?」

「土地からお探しですか?」

何回聞かれただろう。

そして何回答えたか。



「土地からです」


すると、ほとんどの所が、

あまり熱心に話をしなくなる。ちーん…



土地の情報も、いい土地が出る度に郵送してくれる熱心な所は少なかった。(ハウスメーカー、不動産屋さん含めて)

どちらかというと土地は不動産屋さんの方が親切だったな。


郵送で土地情報くれても、明らかに出せる金額じゃないんだよね。

土地だけで、○千万越えなんて……

大手は、見せてくる土地も大手だった!!

そして、電話してきて、

「やはり高いですか?」

たけーーーーよ!!!!

大体の予算で土地しか買えんわ!!

土地買って、プレハブにしろってこと??テント張れってことか!!??

「でも、将来的にはこの辺りは発展して、とてもいい投資にもなりますよ!

上がることはあっても下がる事は、ないでしょうし。」

!!!!!!?????


だーかーらー。

そこ買ったら、テントと簡易トイレになるでしょ!!出来て、基礎と枠組みで終了なんじゃないの?

あーたのメーカー使って家建てれないよ?

親からの援助とか期待して提案してるんなら大きな間違いですのよ!

それは視野には入れてませんの。



住宅メーカー見学に行くと、

アンケート用紙があり、

頭金、

資金

予算

みたいな項目がある。


が、

その予算が自分でも分からん!!!

銀行もどれだけ貸してくれるか分からんし、

借りたいなら、土地と建物の値段がまず必要だし!!

だから、土地が決まらないと先に進まない…

土地が決まらないから、工務店も決められない。



どっちも決まらないから、お金貸してもらえない。

堂々巡り。


横着kaitekiは、そこの手間が異常に性に合わなかった。

そりゃ、値段はいくらでもいいです!って言える、男前貯金や、足長おじさん的保証人でもいれば苦労はないが。

年収で大体どれくらい貸してくれるかは、分かるけど。



希望を出して撃沈したら、ショックから立ち直るのに時間がかかる。(←当時の私なら…)




5年前、私は注文住宅の夢だけは大きく膨らませていた。

展示場やモデルハウスを見て、

「きゃー!このおうち素敵ー!」

「私だったらもう少しここはこうするかなー」

とちょー調子こいてダメ出しまでする余裕。

が!!!!

現実は、「この土地に上物を載せると~」と考えると、

シュルシュルシュルシュル~と、いとも簡単に巨大妄想はしぼんでいった。


ローンの審査も、土地やおうちの見積もりも出さないと審査も出せず。

まー。その面倒が嫌になってきてたんだな。


ヒューヒュー!よっ!さすが!私!読み通り!



家を沢山見れば見るほど、

「ちゅ、注文住宅はムリだ~」と思い知らされ、

だんだんと現実的になっていった。ショボーン。


もう、心は部屋の片隅で忘れられている、しぼんで、しなびた風船だ。



一方、建売だと、

家、土地混みの価格が、もうでで~んと出ている!



ご丁寧に現地に着く前から、電信柱に家の価格と4LDK!!!などの間取りまで表示してくれちゃってるし!!

そして、やはり、中が見てから買えると言うのは、

何事も途中で嫌になるkaitekiにはもってこいだった!

もちろん注文住宅の憧れは捨て難かった。

が、今思うと、

オーダーのカップボードだけで、あれだけ時間が掛かっていたので、

家を注文にしていたら、

とんでもない家が出来上がるか、

あまりの注文、難癖に担当さんが、根をあげて、最後には嫌な顔ばかりされて作りあげられる家となっていただろう。

そう考えると、やはり天は、きちんと私が買える家を与えてきたんだな、と自分で自分を納得させている。



周りは注文住宅だらけなので、

その、私が考えている手間や、価格を乗り越えて建ててると思うと、それだけで、すごい!!と思ってしまう。


やはり、自分の家へのこだわりがあるんだな!!という意志の強さみたいなものを感じる。

その意志が私には少し足りなかったのだ。



「建売の良い点」は、

最近の建売の設備は充実している。(昔は分からんが…)

どの建売を見ても、

食洗機や床暖房完備が多かったし、

キッチンやお風呂もやはり知っているメーカーのものばかりだった。

「何件分か、まとめて仕入れるので、いいものが安く入るんですよ!だから、この価格でおうちが売れるんですよー!」って言ってたな。

家の構造や、外壁や、細かいところは分からんが、設備はわりとどの建売もわりといいのを使ってますって聞いた。

ま、そのぶん、ここ削ってんだなって言うのは入居した後に多々感じた。


ただ、注文住宅だと、

「ここはこだわったからなー。」

とか

「ここは妥協しなくて良かったー!」

とか、自分のこだわりを細部にまで渡せそうな気がする。


建売は、

間取りは一般的にどこも似ていて、

大衆ウケしやすいようにつくられている。こだわりすぎると、客層が薄くなるからだろう。


私は、

白いおうちに住みたい!明るいおうちに住みたい!

と言う希望はあったが、

片付けのことや、インテリア、こだわりなどが、特になかったので、

今の家を見ただけで十分希望を叶えてると思った。

足りない部分は補っていこうと思った。(ま、最初に思い切らないとなかなか後からは付け足すのは大変だが)



そんな経緯を経て、うちは建売に決定!!夫も異議なし!!




色んなおうちがあり、

色んな事情があり、

色んな家の持ち方がある。

それでも、その自分の住む場所を大切に思い、

手を加えて、

手入れし、

「自分の快適な場所にする。」

と言う事は、どんな人も願っているんじゃないかなと思う。

やっぱり落ち着くのは「我が家」だから。


片付けも、おうち作りもやはりイメージは大切だと感じた。

おうちは私たちを受け入れてくれる大きな器。

その器をより素敵にしていきたい。


あ、もちろん自分も含めて!!






長いシリーズ読んでいただいた皆様ありがとうございます!

こちらのほうも是非応援よろしくお願いします!

そいや!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村



iPhoneからの投稿

昨日の追記でーす。 建売は売れるのが早い!と書きましたが、これは私の住んでる愛知県のとある市での売れ行き情報です。 地域によっては売れ行きも変わってくると思うので、のんびり見れそうなところはじっくり見てみて下さいね。 「建ってから、何ヶ月経ってますか? ...

続きを読む
昨日の追記でーす。


建売は売れるのが早い!と書きましたが、これは私の住んでる愛知県のとある市での売れ行き情報です。


地域によっては売れ行きも変わってくると思うので、のんびり見れそうなところはじっくり見てみて下さいね。

「建ってから、何ヶ月経ってますか?」と聞くのもポイントです。長いこと売れてなかったら、じっくりみれますし、まだ建ったばかりのようであれば、判断するのを早めないといけないかもしれません。






さて、


昨日の続きはじめまーす。



不動産屋さんに、ほぼ太鼓判を押されて買う気満々になったkaitekiハウス。


夫の母親にも見てもらい、

遠方に住む私の両親には電話で報告。

もう家族を巻き込んでおうち買うよーーー!のモード。

そんな時、携帯が鳴った。

「kaitekiさん。すいません。

ほんとにすいません。

kaitekiさんが、見ている時に、他の不動産屋で、同じく物件を見てた方がいらっしゃって、そちらの方が審査をもう受けてるとのことなんです!!

もし、その方の仮審査のほうが先に通ってしまったら、契約の優先順位はその方たちが先になってしまいます…」


!!!!!?????



な~に~~~~~!!!!!????

やっちまったなー!!!

不動産屋さん

「審査を急ぎましょう。

今、審査を受けてるところが、もしダメだった事や、1番早く審査を通してくれるところを待つという形で考えて、

今からもう二件銀行に同時にローン申請を頼みますので、

すぐにkaitekiさんのおうちに書類持っていきます!!そして、その足で私はすぐに銀行にいきます。

今日中に審査がおりるように、こちらもなるべくプッシュしてきますので。」


何何何???

よく分からん!!私はこのおうち買えないかもしれないってこと?

あんだけ盛り上がってしまった後にこの突き落とし??


なんか、生きた心地がしなかった。

縁がなかったとか、もうこの時点では考えられない。



契約を急がせるため?

でも、審査下りたら、契約するって言ってるんだから、そこまで急かせる必要ある?



あんなに親しくプライベートな話をしてくれてた不動産屋さんも、せーんぶ営業トークだったん?



でも、審査待ちの時も、

1時間起きに不動産屋さんは電話を掛けてきて、

状況を逐一教えてくれた。

熱心なのは伝わってくる。



私は半泣き状態で、

「もう、後には引きかえせません。

買える!!と言われたから、長いこと悩んでた家購入も決断したわけだし、

親に審査の保証人のハンコまで押してもらって巻き込んで、

やっぱり手に入りませんでは納得がいきません。

もう一家族には申し訳ないですが、なんとか交渉してもらえないんですか?」


「すいません。

それはできないんです。

契約ができる人が優先なので…

お母様にも来ていただいてますし、分かります。ほんとにすいません。

でももう今は、とにかく審査を待つしかないんです。

私も銀行に、1時間置きに連絡入れて、kaitekiさんにも連絡しますので。

それから、不手際があったことのお詫びで、契約できることになったら、

仲介手数料を半分にさせて頂きますので。

上司にもそれでもう承諾を取りましたから!」

半分は嬉しいけど、

わたしゃ家がほしーーーーー!!!

もう、周りなんて見えてなかった。

審査の判定が下るまで、朝から夕方の4時前ごろまで、生きたここちがしなかった。


とにかく長く感じた。

長い時間の中、

「これは、契約に早くこじつけようというパフォーマンス??

パフォーマンスにしては意地悪しすぎじゃない??

私が半泣きで訴えてるのもわかってるし、

それでも4時まで待てって?拷問じゃん!

途中で、審査通りましたーーー!とか、向こうが折れて電話掛けてきてくれないかな?」

とか、悪い妄想は膨らむばかり。


また、電話がなった。

「kaitekiさん。もし、満額回答が得られなかった時、こちらの頭金を少し増やして、減額回答でも大丈夫ですか?」

もー、ほんとに泣けてきた。

散々踊らされて、

頭金も少しでいいですと言った感じだったのに。

もー、いー。

どちらにしても最後にはこの家に払うお金だ。

私は家具や、電化製品や、ほーんの少しだけの蓄えを残して、

貯金全部出します。

と言った。




で、結局本当にギリギリの4時前に電話がなった。


「kaitekiさん!

仮審査通りました!!!!!!!


満額回答じゃなく減額回答です。

申請額の200万減ですが、

そこはなんとかしましょう。

違う家族の方は、まだ審査が通ってないので、kaitekiさんが契約権を得ます。」

1番早く審査を終えてくれたのは、

やはりその不動産屋さんと提携している、

三井住友銀行だった。



はーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!




生き返った!!!


涙が出た。

家を手に入れる試練と覚悟を体感させられた。



この不安の境地に立たされて、仲介手数料は家の本体価格の3%から1.5%に。

不動産さんめちゃめちゃ動いてくれてたから、儲けなんてないんじゃないのかな。契約の時間とかも、夫の仕事の都合に合わせて、夜遅くに店舗開けたりしてたし。

そう考えると、今だに作戦だったのか、事実だったのか分からない。


不動産に詳しい方はわかるのかしら?





今はもうおうちが手に入って、月日も流れ、あの時のことが、真実だったのかフェイクだったのかどっちでも構わないが、

分かるなら、また笑い話にでもしたい。


当時担当してくれた不動産屋さんの携帯に、去年くらいに電話してみたら、もう使われていなかった。


不動産屋自体は大きいので、まだ存在しているが、あえて事務所にまでは電話しなかった。



あきらかにベテランの担当者さんだった。

宅建もあり、全て迅速に行動を起こしていたので、契約以降のことは全て信頼して安心できた。

「痛風患ってる」って言ってた。

引越しの日にお祝いのお花を持ってきてくれた。

私は、担当者さんが大好きだと言っていたお酒をプレゼントした。

それ以来もう会っていない。


元気にしてるんだろうか……



さて、怒涛の私の建て売り購入話。

ながーい様でこれ全部一週間以内に進んだお話。

不動産の重要書類に、

当時の担当者さんが書いてくれてたスケジュールが残ってた。

プライベートスケジュールまで書き込んでたので、ちょいと修正してUP。

photo:01



11日が私が、地獄と天国を同時に味わった日。


こんなに短期間でおうちが決まったんだな…

初めて家を見てから鍵をもらえるまで約3週間。


でも長かったな。


こんな経緯を経て、私はこのおうちを手に入れた。



2話続いた長いお話、

いつも読んでくださる皆様ありがとうございます!



恒例のこちらもぜひ押していってやってください。
そいやー!

↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


iPhoneからの投稿

やーやーやー。 昨日はkaitekiハウスの新築時の画像を載せちゃって、自分でもなつかしさでヒタヒタ浸ってた。 さて、今日は建売について。 そして、kaiteki購入時のプチトラブル。 語っちゃうよ。 語っちゃうから、また2回に分けるよ。 では、始めまーす。 ...

続きを読む
やーやーやー。

昨日はkaitekiハウスの新築時の画像を載せちゃって、自分でもなつかしさでヒタヒタ浸ってた。




さて、今日は建売について。

そして、kaiteki購入時のプチトラブル。


語っちゃうよ。


語っちゃうから、また2回に分けるよ。


では、始めまーす。




「いい建売はすぐなくなる!!!!」





これが私の建売を見てきた中の経験だ。


結婚当初、「週末に夫と、おうち巡りデートをしていた」と書いたが、




ある週末に見たおうち。

素敵だから次の週末にもう1度見に行くと、



「もう売れちゃったんですよー」



と、必ず言われる。


ガチョーン…!!



いいと思う家は、他の人もいいと思うのだ!!泣

全くをもって、その家に何度も足を運んで熟考してる暇はない!!



いい家はすぐに売れちゃい、

その度に、

「やっぱ売れてたねー。即決できる金持ちいっぱいいるねー。」

と、夫とまた次の家探しの旅に出る。



でもさ、でもさー。

私から言わせると、



何千万もの買い物、



「そんな1日で決めれるかーーーーーーー!!」


一生住む家、



「そんな一回見ただけで決めれるかーーーーー!!」



って思ってたわけ。



しかーし。



いい建売は即決せねば、売れてしまうのが現実。

土、日は、おうちが欲しい人達がひしめき、

見学行ってるのに、隣で、もう契約の話してたりね。

家ってこんなに売れるの?????

ほんとに不景気???

みんなこんなに同じタイミングで欲しい物なの????

こんなに家って買う人沢山いるんだ!

と驚くほどだった。


新興住宅地街の建売も、一週間経てばほとんど売れてて、

やはり残っているのは、ちょいとおかしな土地。

ショッピングモールでお買い物する時、とりあえず一通り見て、

他の店に無かったらまた戻ってきて買ーおーーおっと!!よくやるが、


んーなことは家の世界では全くできない。

一通りどころか、二軒目を見学してるうちに一軒目は売れているのだ!!



マンション見学もそうだった。

良い間取りと、いい階数は全て売約済みの文字が!!

ご丁寧に売約済みの上にはお花まで乗せて!

最上階は空いているか、すぐ売れるかどっちか。

いいに決まってるが、

お高くて手がでまへん。(それでも中は見てた!!!参考とリッチ気分を味わうため)



話戻って、



とにかく、「決断力」が必要なのだ!!!

とりあえず、いいなと思ったら、ローンの審査。

でも、ローンの仮審査をしてもらってる間に、もし他の人が現れ、

その家が欲しくて先に契約してしまえば、

その人の物。

おめでとう!!!パチパチパチ!


頭金すぐに出してローンが確実に通るのが分かっていて契約する人もいるからね。

私達の審査待ちなんてどーでもいいって事。

もしかしたら、現金すぐ用意しちゃう人もいるかもね。

その時思った。

「そんなにお金あるなら、も少しいい家にして、こっちの物件私達に譲ってくれーーーーーーーー!!!」


と、まー、そんな事はこのおしとやかなkaitekiは言えなかったが。




もちろん、何年も売れてない建売だったら、不動産屋も値下げしまくってくれて、のーーーんびり契約できるんだろうけど、

そんなに売れてないって事は、やはりどこか魅力に欠けるか、べらぼうに高くて美しすぎる家か、どっちかってこと。




建売は決断力が必要(←何回言った?)

だが、

私はやはり大きな買い物だから、

それなりに見て買いたかった。

だから、もしいいなと思ったおうちが先に売れてしまったら、

「そのおうちとは縁が無かった」、

と諦める事にして、有る程度はじっくり見て、納得してから買うようにしようと思った。

焦って買うとなんとなく良くない気がした。


そして、旦那もおうち探しデートを放棄してから、出会った今のおうち。


契約に至るまで、家の中を4回ほど見たかな。

まずは私と息子で初めて見て、

おうちの朝の顔と、夜の顔を夫と見に来て、

夫の両親にも、「ここにしようと思う」とほぼ心を決めた時に見に来てもらい。

うん。

やっぱ4回くらいかな。

それを一週間、人が沢山くるであろう土日の前にやった。(←平日)


だから、土日は不動産屋さんものぼりあげたり、テント張ったりして現地に居たりするが、

私は平日にいちいち電話で呼び出して現地に来てもらってた。

そのほうがゆっくり観れるし、

向こうも早く契約してもらいたいので、頑張ってくる。



さて、すっかり4回ほど見ると、もう自分の家の気分。


「まだ、契約申し込みもないので、今なら、このおうちkaitekiさんが買えますよ。」

と、言われ。

めちゃその気になってまうやんけーーー!!

もう「この家はあなたのですよ。」と言わんばかりの営業トーク。

ここにこんなのも置けますよね。

とか。めっちゃ具体的ー!

旦那さんの年収だと………はい。審査も大丈夫でしょう。問題なさそうですね。

ほんまかーーー!!!??

何回か他所で仮申請したけど、

結局、先に契約されて、どの審査も途中で終わり、

本審査までやったことなかったからなー。

通るんだー!と営業マンの言葉を鵜呑みに。


で、その後に続くのは…







続く……




どっひゃーーーー!!




またかーーーー!


お手数ですが、是非下のバナーを押して行ってやってください。
私の順位が発表されております。

いつも見てくれる皆様ありがとうございます。

えい!!

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


★追記を次の記事に載せてます。今日の記事は、私の住んでる地域の売れ行き情報です。

iPhoneからの投稿

昨日は、久々に自分が家を購入した時の事を思い出し、 そーいやー、あんなこともあったなー。 と色々思い出してきたので、 ちょいと書き留めておこう。 おうちの中の事(設備や壁や床)、 後、外構は、 もちろん全部決まっていたと言うか、もう作られていたので、 ...

続きを読む
昨日は、久々に自分が家を購入した時の事を思い出し、

そーいやー、あんなこともあったなー。

と色々思い出してきたので、

ちょいと書き留めておこう。




おうちの中の事(設備や壁や床)、

後、外構は、

もちろん全部決まっていたと言うか、もう作られていたので、


私の決断は、「この家にする」か、「しないか」の決断だけだった。




私がおうち探しで見たポイントは、


1. 近くに小学校、中学校、スーパーがあるか。

2. 周りの環境。(田舎育ちなので、程よい自然と、静かなところ。マンションで一人暮らしで賃貸していた時は、大通りに面していて、とにかく夜中もずっと賑やかだったため)


3. とにかく明るい家。(お日様が沢山入る)

がよかった。


この家の収納をチェックした時、収納は2階に沢山あると思い、収納も良し!と思ったが、(動線知らずの浅はかな考え)


実際はやはり一階に収納が沢山ある方がいいな。と後で思った。

(この時、お片づけ術を身につけていたら、もしかしたら、このおうちには縁がなかったかもなー。)



まー、その分トイレや、リビングを広めに取ってるのかなと思ったが、

今は、片付けも何とかできるようになり、収納の少なさやイヤイヤも、特に感じなくなってきた。



担当の不動産屋さんの

「ここは、窓も多く、どの部屋にも日が入るので、明るいですよ。

明るい家でお子さんを育てられると、

明るいお子さんになるらしいですよ。」

と言う一言に、

おおおおおおお!!そんな事言われたら、

心がーー!


グラグラグラグラ。



めちゃ欲しくなってまうやんけー!!!



私の心を鷲掴みにするこの不動産屋さん。(結構グイグイ営業されても、パッと見、このおうち違う!と思ったら、いつも即やんわりとお断りしてたのだ!
でも、付いてる設備などは、どこのおうちもチャッカリ、しっかりチェックはしてた!)




我が家は、ほぼ全面ホワイト基調で(別称: 抜け毛、手垢発見装置)

私の、これは欲しかった!と言うオープンキッチン。

私のほとんどの希望は叶えていた。

物件、沢山見たけど、価格と、環境と建物、設備を総合的に見て決めた。

まー、でもほとんどは、中を見たときの、

ビビっとキターーーーーーーーーっ!ってやつだけど!

入ってからの事は、この時点では全くわからないからね。イシシ。



初めてこのおうちに来た時の写真。

ちょっと昔の携帯の写真で画像荒。

なつかし過ぎて、感慨にふける。


photo:04



長男(夫と笑えるくらい同じ顔)も、まだこの時は歩けず。


この後に、おもちゃ投げまくり生活で、床もボコボコになったなー。

(過去回想中)


photo:05



キッチン。

リビングを、一面見渡せる。

人生で使ったことなかった食洗機。

どんな家にしようかワクワクしてたなー。

そんでもって、毎日拭き掃除してたっけ。

photo:06



緑もあって景色になる!

ま、この時は景色に魅了されて、

まったく虫の事なんて考えもしなかったけど、当たり前にムカデもカマキリも、バッタも、ミミズもこんにちわ。


蚊もすごいから、お庭で遊ぶ!という夢はぶっ飛んだが…チーン。


photo:07




リビング窓、

大きくて好き。

冬は暖かいが、夏は暑過ぎ。

クーラーにお世話になりっぱなし。

不動産屋さんが、

「このリビング窓は標準じゃないので、破損した時は高くつきますよ」

と苦笑い気味の、褒めてんだか、けなしてんだかわからない営業トーク。

それでもこの窓好きだった。

この時を思い出すだけで、心が踊る。

忘れてたな…長い間。



みんなのブログを読んでてまた思い出す。

今でも、新築のオープンハウスとか、マンションのショールームとかたまに見に行く。

おうちを見るのも今だに好きだし、

何しろオープンハウスは、生活感がないので、

家に帰ってきたら、「あんなふーにキレイにしたいー!」ってまた刺激になる。


形違えど、

自分の思考を実現していく。

やはり思っていることが形になるのだ。

また、初心に戻っておうちと向き合おう。









次回は、契約時のプチトラブル

kaitekiが経験した唯一のトラブルの巻でちゅ。


いつも読んで下さる皆様、ありがとうございます!

さ、さ、渾身の力で一回ポチを…
一回のみです!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村





iPhoneからの投稿

時は遡り2009年。 私(←夫)はローンを組んで今のおうちを買った。 買ってから、もう5年になったので、そろそろトイレくらいはもう自分の物になったかなー、と母親に話してたら、 「まだ、トイレすらもあんたのもんじゃないわ!まだ金利の部分払ってるくらいよ!!!」 ピ ...

続きを読む




時は遡り2009年。

私(←夫)はローンを組んで今のおうちを買った。

買ってから、もう5年になったので、そろそろトイレくらいはもう自分の物になったかなー、と母親に話してたら、

「まだ、トイレすらもあんたのもんじゃないわ!まだ金利の部分払ってるくらいよ!!!」

ピシャッ!!っと厳しいお言葉。

いやーん。現実的~!!


そう。ローンを組んで買っても、最後の支払い終わるまでは、まだ完璧に自分の家じゃないのよねー。

実際、持ち家とはいえ、もし借金でも新たにしたい時は、担保にすらできないもんねー。



ところで、私のブログに遊びに来てくれるお方達には、「今おうち建ててまーす!」という方が沢山おられて、

皆さんのおうちがちょっとずつ出来上がっていくのを読ませてもらうのも、楽しみの一つ。

みんな、こだわりがあって、「自分のおうちをこうしたい!!」って気持ちがめちゃくちゃ伝わってきて。

もうワクワクしてたまらんだろーなー。

と、ヨダレをたらして読んでいる。




kaitekiは、建て売りを買ったので、そりゃーそりゃ、みんなの「こんなおうちー!」を実現していく姿を見るのが楽しくて!

まるで、私が家を建ててる気分に!


へー。そうなんだー。

へー。こんなのもあるのねー。

あー!それ素敵ー!

へー。そこポイントね。メモメモ。(もう建てないが)



私も結婚してから、家を買うまで、そりゃそりゃ、沢山の物件を見た。

マンションも見たし、土地も見た。

ハウジングセンター巡りもたーくさんして、

中古も探して、


上物には全く価値がないが、上物に土地付けて売ってるのも見た。


建て売りも腐る程見て、

週末は2人で出かけると言ったら、おうちを見に行く!!といった感じで。


夫も、家を見るのは好きだったらしく、


最初はルンルンでお供してくれていた。

2年くらいそれが続くと……




「もうこれで決めないんだったら向こう3年は家を買う話はしてくれるな!!」とトラウマデートに変わってしまい…

誘っても、

「また~??今日は見に行かないー。

だってどーせ決めないんだもん!」と言われ、

そこから子どもを抱っこして1人おうち探しを始めた。


そして~!!!

とある日。




「キャーーーーー!

ちょっとかわいいおうち見つけた!!

不動産屋さん、夜遅くてもまたすぐに見せてくれるって言うから今日パパが仕事終わったらまた見に行こーーーー!!」

仕事帰りの夫を無理やり引き連れて、

雨の中見に行った。

すると、夜でダウンライトに照らされたお部屋がめーーーーっちゃ素敵に見え、

更に雨音も全然気にならないほど静か。

旦那は建築関係の仕事なので、

間取りはささっとだけ見て、

後は壁をコンコン叩いたり、

なんか私と見るポイントは全く違ってた。


夫。

「いいんじゃない?今まで見た建て売りの中では1番いいと思うよ!

明日、昼にもう一回来ようか」


えーえーえー!!来ますとも来ますとも!!

何回でも来ますとも!!

そして、翌日。

羽がついたkaitekiと、やや羽が折れかかっていた夫はお昼にまたやって来た。

これまた、東西南北窓沢山の明るいおうちに惹かれ。



「じゃあ、一応、家族にも相談して見てまた連絡しますね。」と不動産屋さんに言って後にした。


心ウキウキはめちゃしてたが、一生の買い物に本当にここでいいのかな?

とか、やっぱり心配が襲う。



「ここでいいと思うよ。これで決めなきゃ家の話、当分しないんだよね。」


どっひゃーーー!!!

3年は待てませーん!

決めちゃう!決めちゃう!

踏ん切りつけちゃうーーー!!

と決めて、買ったおうちが、今のkaitekiハウスだ!!!

大きな買い物。

ずっと迷っててもどこかで、決めなきゃ一生決まらない。


おうちを決めるだけで、こんなに時間がかかったkaiteki。

途中で家が汚部屋になって。また嫌になった時期もあったけど、

片付けを覚えて、また大好きな気持ちを取り戻した。

買った時の気持ちや、住み始めた時の「ずっとキレイにしよ!」

と感じてたあの時の感覚を時々思い出して。またおうちを快適にしたい。





いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!
ランキングに参加してます!
ぜひポチッとしてやっていってください
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村