おうちのぶろぐ 汚部屋脱出女の快適生活

36歳で汚部屋脱出。捨てるお片づけ、お掃除、いつでも人を呼べる心地いいお部屋作り。心と思考のお片づけもやってます。

カテゴリ: 衣類

やーやーやー。 トド(夫)のパンツのゴムがのびのびで、、、、、 もうゴムというより、紐。 かなり贅沢なお腹周りなので、わたしは、 「のびのびのパンツがむしろ履きやすい??」 「むしろそれがいい??新しいの買ったらゴムの跡がついて苦しいかな??」 なん ...

続きを読む
やーやーやー。




トド(夫)のパンツのゴムがのびのびで、、、、、

もうゴムというより、紐。


かなり贅沢なお腹周りなので、わたしは、

「のびのびのパンツがむしろ履きやすい??」

「むしろそれがいい??新しいの買ったらゴムの跡がついて苦しいかな??」

なんて思いながら毎日洗濯したパンツを畳み、

それを普通に引き出しに戻し~を繰り返していたのだが、

ついに昨日自分で新しいのを買ってきた模様。




新しいのを出して、お風呂に持っていってたので、


「え~、なになに~~!ついにコレでもできたの~~??」

って我が小指を立てて、昭和の質問をしてみたら、


「ついに、パンツが腰で止まらなくなった!」


って!!!!!!


おもしろすぎるやろ~~~~!!!!!


腰で止まらないパンツをはかせる嫁。


って、浮気防止でも、

旦那のパンツすらも買うのが惜しいわけでは全然なくて、

子どもじゃないからパンツくらい自分の好きな物を自分で買うだろうって思ってた!

(どこまでも買わないトド(夫))


私が買うにしても、

ウエストがでかすぎて、サイズも分らないし、

のびきったゴムのパンツじゃサイズの参考にならないし、

柄や素材だってどんなのがいいか全然わからないしな~。。。。

なんて放置してたら、

どこまでも買わず耐えていた模様。


ついに、腰で止まるパンツが2枚になった時にヤバいと思って買ったらしい。



2枚買ってきた。

「へ~、これいいヤツなん?こういうのがいいんだね~」って言ったら、

「イヤ、それ500円なんだけど、それか2000円のか2択しかなかった!」


って!


いや~~~!それ悩むわ~~~!!!!!


っていうか、サイズがなかったんかな~、とか

2択しかできない店ってどんな店なんよ。。。とかいろいろ想像したけど、

また面倒くさくなって、


「へ~~~。2000円のパンツ興味あるね」

って言って話を終わらせた。



トド(夫)は自分からじゃんじゃん話をする人ではないので、

私が会話を終わらせたらそこで終了。


以前はそれが苦痛だった時もあり、

「家族だから色々しゃべらなきゃいけない!」

とか私がかなり勝手に思ってた時があった。


今は、

「私もしゃべりたくないときだってあるし、いつもしゃべってなきゃいけないわけじゃない」

って素直な自分を出したら、

実は私もけっこう無口だった!!!!!!という!!!!!


外に出かけてのガールズチャット女子座談会とか、

共通の話題とかあって話をする時なんかはフツーにすごいしゃべりますけど!


旦那って、一度作ると、離婚しない限り

相当の時間を自分と共に過ごす人。


で、その存在は時にうっとうしく、時に楽しく、たのもしく、(時にやすらぎ)、ほぼ空気のような存在。


旦那に対して何かムカつくとか苛立つとか反応することがあれば、

それは自分の中でどうにかしたいと思っている気持ち。


旦那をどうにかしたらどうにかなる問題ではなく、

自分の中にある問題をどうにかしたら、旦那は問題ではなくなる。


結婚は試練

とか

結婚は修行とかって言われてるけど、

私は、

旦那は自分に気づきをくれ、さらに成長させてくれるおもしろツールと最近は感じている。(←ツール扱い?そんなことないよ~!おもしろツール装着人間か!)


自分の中の何かに気づいて、それと葛藤してるときは、まさしく試練や修行に感じるんだけど、

相手は私がそんな修行をしてるなんて微塵も思ってないところがはがゆくもありおもしろい。


旦那を見て勝手に気付いて、勝手に一人成長。


誰も褒めてくれないけど、

自分の心が軽くなっていくことが何よりの喜び。

何よりの自分へのご褒美。

全ての自分のする行為・行動は元々は誰に褒められるためにやるものではなく

自分の心が喜ぶことを選んでいくこと。



「それを早くやれ!!!」と言わんばかりにいつも旦那は全力でヤツの嫌な部分を見せてくる。


問題を1つクリアにして、心が軽くなったとき、


自分の気持ちが穏やかで、

相手の喜びがいつでも受け入れられる状態の時、

ほんとにたわいもない会話すらも喜びや嬉しさに感じられるし、

相手が喜んでいると喜びも倍増し、嬉しい時はうれしさも膨らむ。





ま、それは伸びたパンツのゴムとは全く関係ないんだけど、

パンツネタと、昨日旦那との会話で1つ私の心がワサワサしたことがあり

トド(夫)出現が多かったので書いてみました~!


旦那さま取り扱い、うまくいってますか????





おうちのぶろぐ番外編無料メルマガ

「私ホントはこうしたい~!本音に素直になるリハビリ・・・
自分の人生はどうにでも変えられる!」」
↓↓↓
***メルマガ登録フォーム***





いつも読んでくださる皆さまありがとうございます!
ランキング参加してます~!ポチしていって~~~♡♡♡
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

や~や~や~。 本日は世田谷のアドバイザーさまがお越しくださいました♡ アドバイザーさんもおススメするアドバイザーさんです! お片づけのアドバイスをお求めの方 ↓↓↓ お片づけ・整理収納アドバイザー・ライフオーガナイザーはここで検索! 全国のお片づけのお仕 ...

続きを読む
や~や~や~。

本日は世田谷のアドバイザーさまがお越しくださいました♡

アドバイザーさんもおススメするアドバイザーさんです!


お片づけのアドバイスをお求めの方
↓↓↓
お片づけ・整理収納アドバイザー・ライフオーガナイザーはここで検索!

全国のお片づけのお仕事、活動をされている方
↓↓↓
全国の整理収納アドバイザーさんお願いします!

全国の整理収納アドバイザーさん、ライフオーガナイザーのみなさん、お片づけのお仕事をされているみなさん。
リンク募集中。



************




やーやーやー。


昨日フランス人は10着しか服を持たない。



という本の感想を書いてから、

引き続き、この本を読んだ。









友人が自分のクローゼット整理をどのように進めていくかで、

いろんな本を読んでいて、

貸してもらえたのさ。



感想。


この2冊を読むだけで、

服が捨てれそうな気になる!!!



自分がたくさん持っている服の「所有の意味!」が変わる!


捨てれない理由に

「高かったから」

とか

「まだ着れるから」

とかの理由はたぶん持ち続けている理由のトップ3に入ると思うが、

それ以外にも、自分が「あ~~~、だから捨てられなかったんだ」

という理由もいっぱいわかる。


そして、それを踏まえて、じゃあ自分はこれからはどういう風に服を選び、

どういう持ち方をして、

どういう風にクローゼットを整えていけばいいのかがとっても分りやすく書いている。



服を少なく持つ事への「不安」や「危機感」や「抵抗感」を上回る勢いで

「自分らしさ」を追求することがいかに大事ということがかかれているので、

「減らす」ことが目的にならず、

自らがそういうワードローブにして行きたい!という気持ちにさせられる。


毎日同じような服を着ていることが「嫌」と思っている自分、

「いつも同じ服を着てると思われるのが嫌」と思っている自分から



「好きな服だからこそ、何回も着て、いつも最高の自分に見せる」



というのも納得がいく形で書かれている。



読んだとたんに捨てたくなる衝動。

今すぐにでも気に入ってる服でくたびれかけてるものはアップデートしたいという衝動もあるが

それは我慢我慢。

もしかしたら、それは自分の本当のお気に入りとか、今の自分の基準から実は少しズレていて、

クローゼットから外される可能性すらあるわけだから。

まずは自分がいい気分になれない服は処分。




と思ったら、

大きな姿見の鏡が欲しくなった。


キレイな人は毎日自分の姿を鏡でチェックしているというが、

私は、全体が見えるか見えないかギリギリの小さな姿見で、ちょちょっとだけ毎朝服を着た時にチェックしていただけ。

それはなんだか、私の自信のなさを鏡の中で堂々と見れず、

「ささっとチェックして終わり!」っていうことに象徴されていたような気がする。

まるで、人から自分の悪いところを指摘される前に立ち去るかのごとく、

鏡の前からタタタタターっと駆け出して家を出ていた。



どの角度からみても、「今日はテンションあがるわ~~」みたいな感じで外に出たい。


たとえいつもアゲアゲテンションでなくとも、

「今日は落ち着いてる感じでオッケーだわね」

なんて感じで。

人を満足させる服装でなく、自分がきちんと満足できる服装。


わたしは、服が好きで、今でも1シーズンで全てを着こなせないくらい持っている。

しかし、それはやはり、「好き」だから、というより、

どこかしらまだまだ他人目線が残って持ち続けてるものが多いなということを改めて実感。


それを「好きだから」という理由をつけて、本心を隠して、ただそこにのさばらせていただけなのかもしれない。


好きだからこそ、もっと自由に、もっと素敵に見える服を残していきたい。



いい言葉だね。


「服を買うなら捨てなさい」







いつも読んで下さるみなさまありがとうございます。
今日は日曜日!
お忙しいとは思いますが、こちらもどうか押してってくんろ~~!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

や~や~や~。 突然ですが。 ~私信~ コメをくださったティンカーベルさ~~ん! わたし、以前書いてくださったコメント、返信ができてなかったみたいで!!! ほんっとにごめんなさい~~~!!! わたし、たまにやらかしてしまうようで、、、、 他にも、もしか ...

続きを読む
や~や~や~。



突然ですが。

~私信~


コメをくださったティンカーベルさ~~ん!

わたし、以前書いてくださったコメント、返信ができてなかったみたいで!!!

ほんっとにごめんなさい~~~!!!

わたし、たまにやらかしてしまうようで、、、、

他にも、もしかしたら、返信したつもりでできてないコメが沢山あるかもしれません。

ただただ、わたくしのミスでございます!

決して決して悪意はございませんので、みなさま、もし、私がコメ返ししてないことがありましたら、「またあいつコメ返し漏らしたな。」くらいでサラッと流していただければうれしゅうございます。

それか、「コメ返しプリーズ!」と一言いただければ、腐りかけの脳が復活すると思いますので、よろしくお願いいたします。


ぺこり。


****************




やーやーやー。


先日美容院に行ってカラーリングをしていた時に一気に読んだ本。



「フランス人は10着しか服を持たない」




私には、なかなか新鮮でおもしろい内容だった。




タイトルだけを見ると、ワードローブの服の事を中心に書いてるのかな、と思っていたのだが、

実際の内容はもっと広い。



アメリカ人の主人公ジェニファーが、

パリに留学した際に、

フランス人と一緒に生活することで触れた、「日常の楽しみ方」や、「暮らしの質を高めるコツ」

「自分のスタイルを作ることの大切さ」などを自分なりに発見してまとめている。




ジェニファーがアメリカにいた時の自分のやってきた生活習慣にも多々触れているのだが、

そのアメリカでの生活に私はとても共感できる。



どちらかというと、私もジェニファーやアメリカ人がしている生活のほうが合っていると思うからだ。



フランス人(特にジェニファーが一緒に暮らしたホストファミリー)の生活は、私にとっては窮屈かな?と感じるくらいストイック。



しかしながら

その中で、ジェニファーは沢山のことを学び、それを全て「自分とは違うが素敵な習慣」ととらえ、

自分の生活を向上させようとしたところに




「そういうストイックな部分があるからこそ幸せにもなれるのかな。。。。」




「そして、そんなに素敵に毎日輝いていられるのなら、少しくらいストイックなのも悪くないな。。」




なんて印象を私は持った。



それは、それができない「私」からしたらとてもストイックであるが、



それを楽しんでる人にしては全然窮屈でもなんでもなく、むしろ楽しいのだ。





自分らしいスタイルであり、自分らしいこだわり。




そうすることに喜びを感じている事にすごく刺激を受けた。



それはジェニファーが実にいい影響を受けていたことからも読み取れる。






さて、私が一番気になったのは、やはりワードローブ。


自分のクローゼットの中をとびきり上質(自分の本当に気に入ってる物だけにする)

ということに心惹かれた。


私も結構服は捨ててきたし、

それなりに選んでたつもりではいたが、

この本を読んで、まだまだ全然気に入ってないのがクローゼットに残りまくってることを痛感した。




というのも、

私は、「とりあえず」

と言って取っている服が何着もあるし、

そして、部屋着なるものも沢山。



部屋の中で着る分には間違いなく問題はないのだが、

じゃあその服を着てる時に、突然の来客が来ても大丈夫か?と言われるとそうでもない。



そして、適当にスッピンでラフな格好をしてスーパーなどに行き、

見られたくない格好の時に限って人にばったり。。。。。




そんなことはしょっちゅう。




で、ジェニファーが言いたいのは

「そんな人にみられたくない服を持っていることが問題!」

と言っていること!笑

ほんとにお笑いだ。




どれを見られても自分が堂々としてられる服をラインナップしておけば、

そんなキマズイ思いもすることもないし、

「今日はどこにも出るつもりなかったのに、ごちゃごちゃごちゃ。。。。」と言い訳がましいことを言うことも一切必要ない。



もちろん他人目線のファッションではなく、

「いかに自分が自分らしく堂々といつもいられるか」

「いかに自分の魅力を引き出してくれる服か」


それはまさに私がいつも言っている




「自分のため」




なのだ。




「自分のための美しいファッション」

「自分が自分らしくあるためのファッション」なのだ。


だって、ほつれた服やくたびれた服を来てる時は、

下を向いて歩きたくなる。

顔を隠して、「今日は誰にも会いませんように。。。。:」とお願いしながら歩いている。



そんなのは変だ。



だったら、どんなに急いでいても、

手に取る服が全て自分の好きなものであれば、なんの問題も無くなる。


ほんとに、私はこれにはハッとさせられた。


クローゼットの中を一気に変えることはできないが、

まず自分が着て気分がすぐれない服、ワクワク感もよりもしょうがなし感が漂ってる服、

人に合っていそいそと逃げたくなるような服だけはまず処分しようと思った。

そして、少しずつ質を上げ、古いものはアップデートして、大好きなワードローブを作って行こうと思った。

料理の部分なども実に勉強になる話しが沢山。

その辺りはわたしにとっては、服よりも遥かにハードルが高いのだが、

全部と言わずとも、1つくらいは実践できることがあればいいなと思った。



そして、洋服も同じく。



10着に絞ることは私には難しいかもしれないが、

すべて好きな服にすることはできるかもしれない。




心からの満足を日常に。







いつも読んでくださる皆さまありがとうございます。
こちらもワンクリックお願いいたします♡
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 やっとこさー、やっとこさー、 あ、どっこいさー、 子どもの衣替えしたどー!!! (自分の服は衣替え不要の収納) な、な、な、なんと!! 驚きの早衣替え! 所要時間 16分43秒! 途中で少しいらんことをしてしまったので、 少し余分な ...

続きを読む
やーやーやー。


やっとこさー、やっとこさー、

あ、どっこいさー、



子どもの衣替えしたどー!!!

(自分の服は衣替え不要の収納)




な、な、な、なんと!!

驚きの早衣替え!


所要時間



16分43秒!




途中で少しいらんことをしてしまったので、

少し余分な時間を食ってしまったが、


それを含めてのこのタイム。

kaiteki選手、過去最高の衣替えタイムを出しました!!


この時間は昔の私からしたら驚きであり、

そして、「苦痛な衣替え」という概念をくつがえすサクサク衣替え。


まず二階に置いてあるシーズンオフの子供服。

photo:01



ココの部分、3つの引き出しを引き出して、

一階のパパ部屋に持ってく。

えっちら、おっちら、(これは2往復、頑張れば一回で行けたかも。でも歳を考え、無理は禁物)


photo:03




パパ部屋の子供服置き場。
photo:02



こちらの下から5段が子供服。

以前ここをお片づけしてから、

服は増えてないので、去年しまっていた服は選別しなくても確実に入ることは分かっている。



入れ替え完了!!!

はいーーーー!!!

photo:04



はいー!

photo:05



はいー!
photo:06



(3段略)

そしてー。

入ってた夏服をそのまま持ってきたケースに戻すだけー。

はいー!
photo:07


(冬服はかさばるが、夏服が入るとケースはスカスカ)



んーーーーー。

ちゃんと持ってきた引き出しも、2階に戻した。





「あー、衣替えしなきゃなー」と思ってた時間がなんだったんだ!!??と思うほどの軽業。(←相変わらずしつこい)


まだ、以前の「衣替えの辛さ」

が記憶に残っている。

後何回か繰り返したら、消えるかな。

イヤ!消える!!



服は、全部入るので一枚一枚開いて見ず、

とりあえず入れ替えただけ。

今年着るときに腕を通してダメなら

またさようならとしていく予定。




この量を守れば、衣替えの時期に「減らさないと入らない」と言うことはない。


1. 適正量を守る

2. 子ども服も、あちこちの部屋で管理するのではなく一括する。

と、したことが、今年の衣替えを楽にした。






以上、

適正量を守れば「衣替えも怖くない!」

の記事でした!






いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村



iPhoneからの投稿

やーやーやー。今日は娘の遠足。遠足と言えばお弁当!お弁当と言えばキティちゃん(←そんなことはありません)キティちゃんと言えば、顔のバランスが命!!!!!この絶妙な顔のバランスを間違えるとーーーーーー!!!ただの猫。修正修正。先週息子のジバニャンを作ったばか ...

続きを読む


やーやーやー。




今日は娘の遠足。


遠足と言えばお弁当!

お弁当と言えば

キティちゃん(←そんなことはありません)

キティちゃんと言えば、


顔のバランスが命!!!!!


この絶妙な顔のバランスを間違えるとーーーーーー!!!



photo:01



ただの猫。




修正修正。



先週息子のジバニャンを作ったばかりで、

顔の作りはほぼジバニャン……



猫だからいい。


photo:02





なんとかキティちゃんに見えるかな。

バランスって大事ーーー!!!




私は料理も不得意なので、

得意なチンチンチーン!

便利な世の中どすー。





さて、今日は「私の」クローゼット。


子供、トド(夫)の服は全て一階のトド部屋に集中させているので、

寝室に隣接するクローゼットの服は

私の服、子供のシーズンオフの服のみ。


そしてー。

私の服は、

衣替えをしなくて済むようにしている!!


んー。楽。


☆1階トド(夫)部屋。


子どもとトド(夫)で、

無印の収納ケース5つのところ、
photo:04






☆2階寝室クローゼット




じゃーん!(たたんでいる服の部)

photo:03




私は1人で贅沢にこの数!!

実質、この衣装ケースに服を入れてるのは10個のうちの8つ。

残りの二つはカバンとアクセサリー。

では、


大雑把ですが


じゃん。

photo:05



実写、

じゃん。
photo:10




夏や春はー、

photo:06



このように結構詰まってますがー。

冬はー、



photo:07


photo:08


photo:09




結構スカスカ。


まだ余裕ありまっせー。

と、言っても去年はこれだけでぜーーーんぜん足りてた!!

その分インナーが多いのかもしれませぬ。


収納ケースは、浅型がとても使いやすい。


私は浅、深、両方使っていて、



冬服は深型。


夏服や、インナー、靴下などは浅型。



深い物は、服を入れても、まだ上にスペースが余ることがあるので、

上に重ねて置いてしまったり、

取り出しにくく崩れやすい事がある。


以前、お片づけの仕方を知らずに買った大量の深型の衣装ケースは、

シーズンオフや生活の備品の収納に当てた。



これは、我がアドバイザーさんが収納を見直した時に提案してくれたアドバイスだったが、

そんな事を考えた事もなかった私は、ただ自分が上手く片付けられないと思っていた。



収納ケースも、使いやすさによってお片づけのやりやすさがすごく変わってくる。


使いづらいと思いながら使い続けるのはかなりのストレス。



使いづらい物は、使いやすい様に。


入れる物を変えてみたり、

場所を移動して利用するのも手。


きっとその収納容器に合う収納物、収納場所があるはず。


頭を柔らかく。

労を惜しまず、あれこれ実践!!







いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。
人気ブログランキング
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


実はまだ子供の服の衣替えはしておりません。しぇー!!汗汗。

労をたっぷり惜しんでます。

iPhoneからの投稿