おうちのぶろぐ 汚部屋脱出女の快適生活

36歳で汚部屋脱出。捨てるお片づけ、お掃除、いつでも人を呼べる心地いいお部屋作り。心と思考のお片づけもやってます。

カテゴリ: 写真の整理

やーやーやー。 今日は子どもの卒園式。 大降りの雨!! 式までに少し落ち着いてくれるといんだけど。 さてさて、 昨日に続き写真整理のお話。 レッスンの時、 「子どもの写真を、人別に分けてアルバムを作るかどうか」という話題に。 そこでまた出てきたの ...

続きを読む
やーやーやー。


今日は子どもの卒園式。

大降りの雨!!

式までに少し落ち着いてくれるといんだけど。




さてさて、

昨日に続き写真整理のお話。




レッスンの時、

「子どもの写真を、人別に分けてアルバムを作るかどうか」という話題に。


そこでまた出てきたのが、

写真を見る目的。



誰がどこで見て楽しむ物なのか??






多くの人は、

親が楽しみたいという事。



子どもの成長過程で、

子どもが自分の写真をすごく見たがる時期はあるだろうし、

一緒に見ながら、

「この時こうだったねー!」

「こんなとこ行ったねー!」


と話しをしたりしながら、アルバムを楽しむときもあるはず。


だが、大きくなるにつれ、その回数は減る気がしないでもない。






兄妹で分けるか…

難しいとこである。


そこで、先生に尋ねると、





先生は分けてないらしい。





「◯◯家のアルバム!!!」



と言った形でまとめて残しているらしい。


子どもが家から巣立って行くときに持たせたい!と言う親は沢山いるだろうけど、

実際、私自身は親元から離れて、親が作ってくれたアルバムを見たかというと、


全く見てない!!!!


子どもの時にはすごく見ていたが、

今は全く…




友達に関しては、

「実家に帰った時に見ればいいから置いといてーーー!」と言って、

今の家には持ってきてないという発言が!!


男の子なんかは、さらに女の子よりアルバムを見る確率はグンと下がるのではなかろうか?


そう考えて行くと、


やはり、

自分(母親)が見る楽しみのために作っている物でいいのかな、と言う気がしてきた。


持たせる事を目的とする人もいるだろうが、

私は自分が楽しむために作ろうと思った。

もし、娘が、巣立つ時に、自分が持っていくものが欲しいと言えば、

アルバムの中からさらにピックアップして、こじんまりとまとめたアルバムを持たせればいいかなと思った。


その頃には、子どもは自分の好きな写真は自分で選んでまとめれるはず!!




先生に関しては、

「これはママのアルバムだから、あんたたち見たくなったら実家に帰って来て見てーーー!」と言うつもりらしい!





とは言っても、私、実は、娘が生まれたときの写真整理まで追っついておらず、

まだ人別に分けるとこまでも行ってない!


ガビーーン!!


でも、2人で一緒に写っている写真などが次々に出てきたとき、

「どっちに入れよう…」と悩んで、また進めなくなる可能性があるので、

今はとにかく


「kaiteki家のアルバム!!」


として、まとめていく方向ではいる。



昨日は、現像についに着手!!!


携帯の画像は携帯のアプリから現像をする事にした。


携帯のデータをパソコンに入れてから…となるとどうしても作業が遅れてしまうからだ。


まずは今の携帯に入っているデータ。

要らない写真を消して選んでいくのではなく、


ザーーーーっと見ながら、

「これ好き!かわいい!現像したい!」と言うものを

あまり神経質になりすぎず、

どんどんピックアップして、

それを現像する事に。



消去法はどうしても時間がかかる。

ならば、

直感と、見た目で

「好き!!」を選んでいく方が数倍早いと思った。




実際にすごい量の写真を一瞬で注文する事ができた。





これは、お片づけにもある方法で、


要らないものを選ぶのではなく、

要る物を選び取ると言う形。


この場合、要らないデータはそのまま残ってしまうが、


膨大な量のデータなので、


そこは割り切り、まずどんどん進めていくことに。

要らない物も残っているが、


物に比べたら、場所はとらない。


必要な物がきちんと形で残るという事。

アルバムにしていつでも見れる状態にするという事。




消すことに囚われ過ぎて、

先に進めなかった時より、すごく気持ちが楽になった。





整理が進まなかった時の、

自分のこだわりすぎてた思いを手放す事で、

作業も楽になるし、

グンと取っ掛かりやすくなった。



写真整理が進まず放置してきた人は、

何がネックになっていたかを今1度考える。


そして、そのネックになっている事、中断させてる理由を考えて、

そこの部分を違う方法がないか考えてみる。



もっと楽に考える事できっと少し進めていけるはず!!




私もまだスタートしたばかり!

どんどん一緒に進めていきましょ!






いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
ランキング参加しています!ぜひ皆様の応援ポチをお待ちしております!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

やーやーやー。 写真整理のレッスン2回目を。 今回はグループレッスン。 私は、前回自分の方向性が見えたので、 みんなの話をふむふむと聞いたり、 写真をちょいと仕訳けたり。 今日のグループのお友達も方向性が見つかり、かなり進歩があった模様。 残るはただひた ...

続きを読む
やーやーやー。

写真整理のレッスン2回目を。

今回はグループレッスン。

私は、前回自分の方向性が見えたので、

みんなの話をふむふむと聞いたり、

写真をちょいと仕訳けたり。


今日のグループのお友達も方向性が見つかり、かなり進歩があった模様。

残るはただひたすらその方向性に沿って、

写真を現像したり仕訳けたり、まとまたりしていくだけ。



前回、写真整理をするのに自分のスタイルを決めるという記事を書いた。写真整理の道・自分のスタイルを決める

今日はそのスタイルを決める時に、またまた参考になることを少し。


前回は自分の性格、どんなアルバムに仕上げていきたいかということから方向性づくりを見ていった。



今回は、サイズからの手がかり。



「写真を納めるアルバムのサイズを決める。」


写真のアルバムのサイズはだいたい大きく3種類の大きさに分けられる。


1.A4のサイズに作られたアルバム。



a4サイズに合わせてアルバムが作られているので、どうしても余白が出てしまう。




2.L版の写真に合わせたアルバム。見開き2枚、4枚、6枚と色々。





3.L版の写真を1ページに6枚収められる12インチサイズ。




アルバムの大きさを決める時は、まず、アルバムを置く場所が決まっていると、サイズが決まりやすい。

カラーボックスに収納する場合は12インチサイズにすると、確実にはみ出てしまう。

そういうのが気にならない人もいるが、

もし気になるようであれば、12インチサイズのアルバムは自然と消去となる。


逆に奥行きが広い収納であれば、サイズは特に気にならないとは思うが、

広いからといって、1冊のボリュームを持たせすぎると取り出してアルバムを見るのが億劫になる。

そして、収納の奥行きが広いと、小さいアルバムは奥に入り込んで行ってしまう可能性がある。


アルバムは作っても収納するところが必要なので、その辺りは考えてぜひアルバム選びをしたいところ。

逆に、収納する場所が決まっていると、

選択の幅が限られてくるので、それから考えるのもとっかかりやすいかもしれない。



サイズ違いで、アルバム台紙、ポケットアルバム、スクラップ台紙と、アルバム自体も色々展開されているので、

自分のスタイルと合わせて選んでいけるはず。


ただ、やはりアルバムを作ると1冊では終わらないと思うので、

商品自体がころころ変わったりして、増やしたい時に「同じのがない~~~!」という状況はなるべく避けたい。

 定番の物や、手に入りやすい物、仕様があまり変わらない物がおススメ。



ということで、

今日来たグループのお友達の方向性をご紹介。(こんなのあるよ~~)

お友その1: 4段階展開予定

☆ファーストクラス・・・既に大量に買っている12インチアルバム台紙にひたすら現像写真を貼る

☆ビジネスクラス・・・ファーストで入らない物は12インチポケットアルバムを買って引き続きひたすら入れる(時々コメント入れる気力あり!)
        
☆エコノミークラス・・・持っている12インチアルバム(台紙)に大き目写真(集合写真、パパの写真)を貼る。
        

☆その他・・・スクラップブックにパパの新聞掲載の切り抜きを作る。



お友その2: 3段階展開予定

☆ファーストクラス・・・趣味でやっている12インチのスクラップブッキングを引き続き制作(最高の写真)
        

☆ビジネスクラス・・・スクラップブッキングにできなかったいい写真をポケットスクラップ形式で簡単にかわいく。
        

☆エコノミークラス・・・上記から漏れた写真(2軍)を12インチポケットアルバムに淡々と入れていく。




お友その3: お友その2さんとほぼ同じ方針



kaiteki:   2段階展開

☆ファーストクラス・・・L版見開き6枚のポケットアルバムにひたすら現像写真を納める
       

☆ビジネスクラス・・・富士フィルムのイヤーアルバムでデータの紙で残すバックアップ


(※クラスは優先順位を表す。)





そしてみんな、パソコンやHDデータだけでなく、

富士フィルムのイヤーアルバム
などを利用して、なんでもいいから、紙にしたバックアップを簡単に作ると言っていた。

パソコンやメモリーデータはほんとに一瞬で消えてしまうこともある。

紙にしていると、無くなる可能性は2つ

「燃える」



「紛失」


それ以外は少々濡れようが、子供が噛みつこうが、必ず残る。

そして、データはどれだけバックアップをとっても所詮「データ」。



アルバムは、「データ兼いつでも見ることができるもの」となる。


写真は「見たり楽しんだりするため」にみんな撮っているはず。

ただデータが溜まりまくったり、

現像写真がてんこ盛りになって心の重荷にならぬよう。

今一度

写真はなぜ撮ったのか?

根本的なことを見直したい。





いつも読んで下さる皆様ありがとうございます
今日もぜひ見てってくんろ~!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村






        

やーやーやー。 第2回写真のお話ー。 パチパチパチパチー。 写真を整理する時に、まず決めなければいけないこと。 それは、 「自分はどういったスタイルで写真を整理していくか?」らしい。 この方針を決めないままアルバム整理をしていくと、 アルバムや、現像 ...

続きを読む
やーやーやー。

第2回写真のお話ー。

パチパチパチパチー。





写真を整理する時に、まず決めなければいけないこと。

それは、


「自分はどういったスタイルで写真を整理していくか?」らしい。


この方針を決めないままアルバム整理をしていくと、

アルバムや、現像方法などがバラバラになってしまい、またアルバム作り迷子になる。


そして、また自分のアルバム整理のやり方に疑問を持ってしまうと、

近い将来、また放置してしまう可能性があるからだ。




まず、アルバム作りのスタイルを決めるのに、大まかに2つに分かれる。




・自分でとことん作っていく。(選ぶ事から始めて、どこまでこだわって作るかを決める)

・ネットのフォトブックなどに丸投げする。



自分の性格、向き不向きを踏まえ考えていく。





そして、そこから、どこまでこだわったり、どこまでは緩く簡単にしていけるかも考えていく。


1. 自分で写真を厳選して現像する。

2. 自分でその写真のコメントなどを書き込む

3. スクラップブッキングのようにページごとに背景やデザインにもこだわる。

など、色んな方法がある。

細かくするとキリがないほどあるわけだ。


しかし、もうそこまでやろうと思うと本格的にアルバム作りを趣味にしなくてはならないし、

第一それが好きな人はもう私のようにデータだけが溜まってることは無いはずだ。




スタイルを決めるに当たり、


私の場合の現時点の「問題点」をあげてみた。


1. とにかくデータのままパソコン、メディア(SDカード、メモリーカード、CD‐ROMなど)に入れっぱなし。(6年分!!!泣)



2. 長男が産まれた時から一歳までの写真のみ、気合いが入っていたので、現像済み。

しかし、それも中途半端でバラバラのアルバムに収められている。




3. 娘の写真はほとんど現像されていない。



4. 友達にもらったり、学校で購入した写真はそのままバラバラ状態。(手付かずのまま)





マルバム先生と話をしていると、

自分が何が好きで、

何が嫌いかと言うことが段々と分かってきた。




自分の希望は、



1. なるべく簡単にアルバム整理をしていきたい。

2. コメントなどを書くことはない。

3. クラフト系は無理。(切ったり貼ったり)

4.シンプルにポンポンポケットアルバムに入れていきたい。



先生にこんなのがあるよと、何点かアルバムのサンプルを見せてもらってると、


私にはポケットアルバムがいい!という事が発覚した。



レイアウトなどを考える増えるアルバムのフィルムが付いたバリバリっとやるやつも向かないなと思った。





要は、横着!!!


簡単にシンプルにしていきたい!!

見る時も、軽くて、簡単に棚から出せるもの。

気軽に見れるものがいいことが分かってきた。




で、先生に提案してもらったのは、

フォトブックと、ポケットアルバムの併用。2段使い!



フォトブック。



とにかくたまりまくるデータを簡単なものでもいいから、ネットを利用。

丸投げしてまず1冊は作る!!(1年に1冊)


選ぶ事すらもコンピューターに任せる。



「溜め防止!!」


そのコンピューターでランダムに選んでもらった写真は、よっぽど変な写真じゃない限り、とにかくコンピューター任せる。


それには一切こだわりを持たないこと!


とにかく作る!!




・現像してないという罪悪感

・整理してないという罪悪感

・毎年1冊は作っているという安心感

・データが飛んでもこれだけは残るという保険


以上のことをフォトブック一冊作るだけで一気に解消してくれる。
(このフォトブックのメリット、デメリットは実際にやる時に紹介します!)


最短5分でできる富士フィルムのイヤーアルバム


子どもの写真がありすぎて、

子どもの写真がかわいすぎて、

同じものが何枚もあるけど、どれも素敵に見えて、

なかなか選べず時間だけ経過…

の防止に。


そこは割り切る!!

これを注文するにあたりこだわりを持ちすぎると、

写真を選ぶのに時間がかかる


時間がある時にしよう


結局そんな時間はない


データだけがどんどん溜まっていく…



以上の悪循環!!




まず「何でもいいから、1冊は作る!」というスタイルを取ることに。


悪循環防止!!


そして、そのフォトブックのフォローとして、購入した写真や頂いた写真、自分の好きな写真があれば、ポケットアルバムに簡単に納めていくことにした。





こうやってみると、

やはりまず最初の軸が大切なようだ。


もちろん、その時その時のやり方でもいいが、

私はそれをし続けた結果、迷子になってしまった。


アルバムも決まっていると、

後々の手間も時間も省けてくる。


スタイルと、やり方が決まれば後は毎回ただ同じ事をしていくだけ。



要は、「一本スジを通す」のだ。



今日はスタイル決めのお話でした。


って、長っ!!!!

かなり語ってしまったが、

次回の写真整理も語れます!!

私がこだわりが強すぎたことが発覚したお話です。


では。






いつも読んでくださる皆様ありがとうございます!
こちらもぜひ応援してやってください♡よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

やーやーやー。 写真の整理のレッスンに行ってきましたーー!! わたくし、自宅にて、現像している写真を今までちょこちょこ選んでいたのだが、 それもなかなか進まず、限界を感じてきた。 どうやったら、より上手く、早く、 そしてこれからも溜めることなく写真の ...

続きを読む
やーやーやー。


写真の整理のレッスンに行ってきましたーー!!



わたくし、自宅にて、現像している写真を今までちょこちょこ選んでいたのだが、

それもなかなか進まず、限界を感じてきた。



どうやったら、より上手く、早く、
そしてこれからも溜めることなく写真の整理ができるかを知りたいと思ってるときに、

たまたま、友人を通じて子どもの写真整理を専門にレッスンをしていらっしゃる先生を知った。



「すごーーーい!!」



友人の話を聞くだけで、まさに私が求めてたような写真整理を教えてくれる感じ!


アポを取って、今日行ってきた。




今日は、初回、90分並盛りでの個人レッスンをしてもらった。



まず話をしたのは、写真整理の重要性。

今回は、子どもの写真整理に特化したお話。



写真って、なんで撮るんだろう?

写真って、幼稚園や小学校で売りだされるとなぜ買ってしまうんだろう?


なーーーんでか??





子どもの成長は早いので

「その時、その場所の我が子の写真は今しか手に入れられない!!」

と思うから。


子どもの写真を記録として、大切にとっておきたいわけ。


写真のデータがなくなったり、

バックアップを取ってなくて、パソコンのデータなどがイカれてしまった場合、

その落ち込み具合は半端無い。

命の次に大事だと言うくらい大騒ぎ。


それほど写真は私たちにとって大事な存在。


なのに、

「写真の整理はできない私たち!!!」



大事なはずなのに…

無くすと騒ぐくせに…

全くもって、すぐに見れるようにできていない。


データがあることに安心しきってしまっている。

そのデータもいつ無くなるか分からないのに…


安心している割には、どんどん増えてくデータ。


大事な物が増えていくほど募る不安。

あーー!!早く整理しなきゃ。


でも、整理の仕方が分からないから、後回し。

その間にも日々、スマホやデジカメでどんどん撮っていく。


もう何千枚、いや、何万枚あるのかも分からない。

そんなのに向き合うのは恐ろしくも感じる。




後回しの理由はまだある。

それは、写真整理は、

「緊急度が低い」こと。



人は、緊急度が高く、大切な事は必ずやる。

そして、緊急度は低く、大した事じゃないことはやらない。


そして、アルバム整理は、

「緊急度は低いが、大切なこと」


大切だけど、やっていない。


これが、溜まっていく写真と同時に募っていく不安の原因。


それは正にお片づけと同じだなと思った。


私は、子どもの成長を大切にしたいくせに、

ずっと放置し続けていた。


見たいときにはすぐみれない。


子どもは成長して、

自分のアルバムを必ず見たがる歳がくる時がある。

そんな時にすぐに、「これだよ」と見せてあげられない。

子どもの成長と、親の愛情を見れるアルバムを私は作ってない!!!!!


私は、今日、決心した。


写真整理、本気でやるどーーーー!!!



そして、先生と話をした。


写真整理も、

「わざわざその事のために時間をきちんと確保しないと絶対にやらない!!」


時間ができたらやろう、

空いた時間にやろう。


残念ながら6年放置した私には


もうそんな空いた時間でできることじゃねーーーー!!!


しばらくは、

先生と仲間と共に、

写真の整理のための時間を月に1度くらい確保しようと思う。



この写真整理はお片づけでも大切になってくると思うので、

シリーズにしたいと思う。

私の写真整理の記録と、

何か皆様にもお役に立つ情報。

一度で書くには尺が足りなさすぎるから。


進歩がある度に更新します。



興味がある人はぜひ見てやってください!!!






いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
ぜひ写真のお片づけも応援してください♡
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村