さて、エネルギーの話の続きです。

前回の文章が長すぎて、

読みづらかったようなので、

こちらは前回の記事を半分にちょん切った後半です。

先ほどもうお読みいただいた方は、

同じ文なので、

スルーか、再読でお願いいたします!!




……………………………………


お金はエネルギーである。




水や、電気、ガスといったエネルギーと同じである。

お金は絶えず流れるエネルギーであり、

今、自分の目の前を沢山のエネルギーが流れてないかの問題なのだ。

お金は自分の物ではない。


お金は、水や電気など、それらのエネルギーに交換する、交換機能を持つ紙なのだ。


それを、服に交換して、自分を温めるというエネルギーに換えるか、

食料と言う、生きるためのエネルギーに交換するか、

雑誌や本など知識になる物に交換するか、

雑貨や、絵画など、自分の心を豊かにするエネルギーに交換するか。

お金自体もエネルギーであり、

そのエネルギーを使い、違うエネルギーに交換しているということなのだ。



エネルギーは使って初めて、

自分たちの役に立つ。


使っても「私を豊かにしてくれる物に変わった」というありがたい存在なのだ。



そうとらえる事で、若干、私はお金を使う事への罪悪感が薄れた。


自分の部屋を見てみよう。

身の周りにお金というエネルギーで交換したエネルギーが、ズラリと並んでいる。

テレビ、洗濯機、写真、冷蔵庫、家。

全て、お金といエネルギーで交換し、

違う形で私たちにエネルギーを与えてくれている物たちだ。


買い物をしても、

「私の心を豊かにできるものに交換できた」

「これで、私たちは心地よく過ごせる」

とか、

お金を素敵な物と交換できる素晴らしいアイテムだと思えると幾分お金に感謝の念さえ湧いてくる。




エネルギーは、必要な時に使い、

不必要な時は使わない。

ただそれだけ。

電気や、ガス、水も、

必要な時に使うが、

必要ない時は止める。

そして、使った分だけ支払う。

実に上手くできている。

使ってない分は払う必要はない。



そして、生きるために必要な物に支払う事は、罪悪感を感じない。



無駄な物、不必要なもの、

必要以上の物にダーダーと使って、

エネルギーを漏らしていると、罪悪感を感じる。

そう、水を流しっぱなしにしてもったいないと感じるように……


私たちの体は、

食べて栄養を取り込み、要らなくなったら排泄する。

必要以上の物を取り込み溜め込むと健康を害する。


こうやって健全な体を保っていくように、

お金も上手くとり込み、循環させ、

健全な状態に持っていく必要がある。


お金はその人に必要なだけ入ってきて、不必要な分はいらないと判断され不必要な事に流れていく性質を持っている。



不必要に、貯金貯金と不安を埋める為に溜め込むと、


それ以上のお金は要らない、

この人はこの人に必要なだけのお金は十分ある、となり、


それ以上のお金が入って来ることはない。

必要な分だけ入ってくるのだ。

お金は使われる事を喜び、

旅をする。

必要とされる、使ってくれるところへ流れていく。

だから、大金持ちは、大きなお金を動かすので、より大きなエネルギーが流れていく。

小金持ちは小金持ち分のエネルギーを回す。

貧乏人は目的を持たずに、ただ溜め込もうとする。

溜め込むので流れない。循環しない。



お金はエネルギー。

だから、必要とし、使ってくれる所に行こうとする。


お金持ちや、お金をそんなに持たずとも豊かに生活している人たちは、

このお金の本質を知っている。

だから、どんどん回すし、

自分の所に返ってくるのも分かっているので、不安になることもない。



この、お金自体は善も悪もなく、

漂うエネルギー。

流れるエネルギー。


このエネルギーの滞りに、一喜一憂しているのが私たち。


では、エネルギーを滞らせず、

上手く循環させ、

流れを知り、

自分の人生を豊かにしてくれるように使えば、

決してお金は恐ろしい物でも、

自分を不安にさせる物でも、

何でもないはず。

使えば入ってくるという仕組みが分かれば、


怖くなくなるはず。

この使えば入ると言うのは、

お金がまたお金として入る場合もあるし、

違うエネルギーとなって自分を豊かにさせる物に変換されて入ってくることもある。

いずれにしても、自分が豊かになることは変わりないので、

お金に対しての不安はなくなる。

では、どのように使うと、上手く

循環されるのか…



続く。



追伸。

貯金が悪いわけではない。

きちんと、目的を持ち、

旅行、住宅、これを買うから貯めている!と言うように、ちゃんと目的意識があり、出て行く先も決まっている物は、多いに貯めて、エネルギーがたまったら循環させると良い。

ただ、目的もなく、「これだけあったら安心かも」と、漠然と不安を埋める安心材料としての貯蓄は上手く成り立たないと言うこと。

いくらあったら安心と言うことはないからだ。

その人の不安がなくならない限り、

目標金額を貯めてもまた不安がやってくるからだ。


みなさんの価値観はどうでしたか?



読み返したけど、まだまだ長いな…




こちらも応援よろしくお願いしまーす!!まだまだ旅します!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村


iPhoneからの投稿