やーやーやー。



オドロキ、桃の木、まめ嫁様効果!

皆様、読者登録ありがとうございますー!!





さて、今日は物を捨てる時のマインドコントロール…


と、聞くと引いちゃうねー。



「物を捨てる時の、気持ちの持って行き方。」(kaitekiバージョン)


以前、捨てる時に運気の事を考える話をした。

運気を利用する私の片付け





今日はそれにプラス。







物を捨てるのにはかなりの勇気と覚悟が必要。

最初は捨てるスピード、判断も遅く、

なかなか進まない。


その中に、

「まだ使える」

「もったいない」

「またいつか使うかも」

は、いつも言う、三大捨てれない魔法の言葉。







最近、私は、基本捨てても手に入れられる物は

比較的あっさり手放す事ができるようになった。


その時私が心がけることは、

必ず

「それを買える自分」

をイメージする事。


これは、頭ではわかっているが、

なかなかできないこと。


なぜなら、それを上回る、小悪魔たちが、それをかき消すイメージを次から次へと持ってくるからだ。



「もし必要な時に手に入らなかったら…」


など考えてしまえば、迷ってしまい捨てられなくなる。


完全に自分を信じていない。

信じれない自分に追い込まれている。



買える自分、買える経済力、

その時出世してるであろう夫、

を信じること。

どうやって?


理屈はない。


ただ、信じる。




必要な物は必要であれば必ず入ってくる。



むしろ、「入ってこないかも」と心配すると、余計に入ってこない。



その捨てられなくて置いてあるガラクタたちが邪魔をしているのだ。




捨ててみると、

案外要らない状況が続いたり、

必要になったら、今のより良いものが手に入る。


そして、新しい物で刺激を受け、

現代の世の中でどういう物が出回っていて、どういうものが使われているか、ふむふむと知ることもできる。


何十年も前の物でも、今はもうかなりの進化を遂げている。

友達との会話も1人原始人にはならない。



新しい情報と物で自分にも刺激を与える。



古くても愛着があり、今でも自分とその物の関係が成り立っているものは大事にする。

心から愛でているものは自分の心もウキウキさせてくれる。





でも、使われてもいない、

忘れられている、

見ると、「あー」と言う気分になる。

ウキウキどころか、

「あー、これなんとかしなきゃなー」
の繰り返し。



どんどん、自分のエネルギーが漏れていく。






「また、買えるよね!!」





買えるかどうか分からないが、

買うかどうかもわからない。

買えるか分からずとも言ってみる。



本当に必要ない物かもしれないし、

それを物が教えてくれるのかもしれない。


もっと素敵な物を見つけるかもしれない。

どーせ分からないなら、家で待機させない。


とにかくいい方向に向かう事を信じる。

信じれば手放せる。


そして、入ってくる。



私は何度も何度もそういい聞かせて手放した。



今は要る物は手に入る。

欲しい物は我慢ができる。

本当に欲しい物は買う。


自分にそれを記憶させる作業をしている。







「捨てること」

は、自分を信じること。

「捨てること」

は、夫を信じる事。

「捨てること」

は、明るい未来を想像する事。



自分を信じることは全てを良い方向に向けてくれる。




例え、今、捨てる瞬間、全くを持って自分が信じられない辛い状況であろうと、

不安が押し寄せてこようとも、

不安だからこそ、

自分を信じることを優先して、

自分を大切にするために

捨ててみる。




違う考えを持った自分を発見した時は爽快だ。






過去記事