やーやーやー。

最近テレビでモラハラの話題をよく見る。

モラハラは、

モラルに欠ける、相手を尊重することない、執拗な言葉や態度によるいやがらせ。

昨日もその特集をやっていて、

それを見ていた私とトド(夫)は大爆笑!

というのも、

私はいつもモラハラを受けているからだ!

・ブタゴリラといつも呼ばれる。

・話しかけてもスルーは日常茶飯事。

・何かしゃべる時は、必ず私をけなす言葉が入る。

・1歳、トド(夫)が年下なだけなのに、まるで違う時代に生まれてきたかのように話をする。



でも、私はめげない!!

だって、わたしブタゴリラじゃないも~~~~ん!!!

そして、わたしもやられたら倍返し!

トド(夫)がいつもパンツの上に乗っけている肉を見て、

「どしたのその肉?どのくらい発酵させたら食べれるの?長いね。。。」

とか言って、相手の気になる体型についての嫌がらせ。

まさにモラハラ!!!!!

けど、昨日までうちら夫婦は全く自覚が無かった!!

しかし、昨日づけで、私たちはモラハラ夫婦という枠に入ってしまった。


さてさて、

今日は収納の空間のお話。

私は収納をするときに空間をつくりながら収納をするのが好きだ。

空間を作るというのは、物と物との間に隙間を作るという事。

空いたスペースができたら敢えて空けておくこと。


空間をつくると、

出し入れはしやすいというメリットはもちろんのこと、

視覚的にも良い。

視覚的に美しいとリバウンドもしにくい。

収納を見ていて、余裕があると、

心にも余裕ができてくる気がする。

なんでもギューギューに押し込んでいると不安になってくる。

それは、出したいときにすぐに出せないかも、という不安。

片付けたいけど、入れるのに苦労するという不安。


物が多い人は、この空間があるとすぐに埋めたがる。

隙間がもったいない。。。。と。。。。

私は、物を納めて余った空間ができても、

必要なものが収められていたら、

そこを「とりあえず、、、」といって使っていないもので埋める必要はないと思う。

入れる必要がないなら、敢えて空間のまま残しておく。

すると新しいものがどんどん入って来る気がする。



「物の通り道」と言って、

隙間があると、すごく出し入れがしやすい。

よく言われるのが、

混雑してる場所や、満員電車で身動きがとれないのと同じで、

物も使う時、移動させるときは空間が多いほど動きやすい。

そして、空きスペースがあると、

新しく何かが入ってきても、

「あっちに移動できるから、新しいものをこっちに置こう」とすぐに場所を確保できる。


「ここはね~!私の席なのよ!他に座る場所ないからあなた通路にでも立ってなさいよ!!!」

と言うのと、

「わたしは、あっちに行くから、あなたどうぞこっちに座って!」

という女では品格が違う。

物にもその品格を持たせたい。

自分たちは大事に扱われている事を、

決まった場所、ゆとりのある場所に置くことでそれを教えてあげる。

そして、そのゆとりは心のゆとりにつながる。

自分たちを考えてみて、

どっちがいいかしら?

キュンキュンに詰め込まれてどこにいるかも覚えてもらえれない場所にいることと、

贅沢空間にど~んと座って、いつも存在をアピールできる場所。

収納が大きい小さいの問題ではなく、

物の持ち方の問題。

いろんな収納にこのことを当てはめていきたい。







いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。
本日も朝から投稿に失敗して、同じ記事を2回書く羽目になり、
1回目に書いたものとすばらしく違う物ができあがってびっくりしました。

そんな新kaitekiに清きポチをお願いいたします。
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村