やーやーやー。


息子の給食袋に、間違って娘の可愛らしいプリンセスのランチスロスを入れていたらしく、

幼稚園で、妹の所に交換に行ったら、妹もプリンセスのランチスロスだったらしい。

仕方なく、プリンセスのランチスロスで可愛らしく給食を食べたらしく、

帰ってきてコンコンと息子から説教を受けたkaitekiです。





さて、捨てられない物には、

自分の「思い」がたくさんくっついている。

物は単なる物だけど、

「捨てられない物」に変化した理由がある。


思いがつのりつのって、

もう、棚から降りる事がないくらい重くなっていることもある。



もしそれが素敵な思い出である、

取っておきたい物なら問題はない。


しかし、

捨てようと思っているけど捨てられない物は、実に難しい。




今日はまたまた「そとこちゃん」に登場してもらいます。

そとこちゃんとおばあちゃんのストーリー。


いきまーす。





そとこちゃんは、クローゼットの中を整理していた。


いらない服をどんどんゴミ袋に詰めていった。

今まで捨てるのに割とハードルが高めだった服も、

「捨てる!」と決心してからは、

割とすんなりと捨てていった。



しかし、あるズボンを目の前にして、

手が止まった。



そとこちゃんは、ある女に電話を掛けた。


「昔、敗れたズボン、おばあちゃんが直してくれたんだけど、それが捨てられないの。どうすればいいと思う?」


電話相手はおなじみkaiteki.


「そのズボン、履いてるの履いてないの?」


「履いてないの…」そとこちゃん。


「履く予定ある?」


「履く予定はないんだけど、おばあちゃんが直してくれたって思うと捨てられなくて……履けなくはないんだけど…でも履かない…」



「それだけが理由じゃないはず。きっと隠れた気持ちがそのズボンにびっちり付いてるからね。」



そとこちゃん、「えーーー?それって何???」




「えええええ!!それを自分で考えるんだよ!!!!」笑 kaiteki.





「今、そのズボンを見て、何思ってる?」


そとこちゃん、「最近おばあちゃんに連絡してないなーと思って……」




「答え出たね!」


「その連絡してなくて申し訳ないっていう気持ちが、ズボンという形でそこに横たわっているんだよ。

連絡してない、だから、おばあちゃんの直してくれた物を置いとく事で、

自分の連絡してないっていう行為を慰めてるの。正当化してるっていうのかな…」


「ズボンを置いておいてもおばあちゃんと話した事にはならない。

おばあちゃんが生きてるうちに、ズボンを置いておく事よりもやることがあるのかもね!」




そとこちゃんは、電話を切ってから、

めちゃめちゃ泣いた。


泣きに泣いた。


十分泣いたらすっきりしてLINEしてきた。


「捨てたどーーーーーーー!!!!
いっぱい泣いたらすっきりした!!!!

おばあちゃんにもっともっと電話する!!」


そとこちゃんは、やろうと思っていたけど、ずっとやってなかったこと、

「捨てる事」「連絡を取ること」

を決意した。



おばあちゃんも、きっと、ズボンを大事に取っておいてもらうことよりも、

今までより、ほんの少しでも多く声を聞くことを望んでいるはず。



ズボンはおばあちゃんの心の声。

そとこちゃんのちょっぴり申し訳ない気持ちがくっついて、ずっとクローゼットに眠っていたのかもしれない。

やっとおばあちゃんの心の声、

そとこちゃんの気持ちも変わった。


物を手放すと、

前に進める。


やれてなかったことができるようになる。

それは、今を大切にできるようになること。


捨てたいけど捨てれない物を陳列させることは、

自分のやりきれてない思いをそこに置いていること。


だったら、手放して、堂々とやっていけばいい。

決して遅すぎることはない。

やりたいことが、後数回しかできなかったとしても、全くやらないよりか全然いい。


物はいつも、語りかけてくる。

いつも、メッセージを発信している。


物が多いほど、そのメッセージは多くなり、

自分の思考がぐちゃぐちゃになる。


多すぎるメッセージを受け止めきれずに、

思考が停止する。

現実から逃げようとする。


今日は誰と話しして、心の決着つけようか。


いつも頭をクリアにして、

やらなければいけない事から、

やりたいことに徐々に変えていく。








いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
またまた昨日、インポイント記録更新。
ポチ、コメ、お気に入り登録、拍手、ありがとうございます!!!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村