やーやーやー。


最近落ち着いていた姑の闇が再発し、

危うく乗っかってしまうところを、

ギリギリで阻止したkaitekiです。ギリギリっ!!



よくあるのが、

人の悩みを聞いて、

自分が悩んでるしまう人。


いるいる!!

以前の私!




人には色んな悩みがある。


その悩みを大きくして、モンスターに変身させるか、

はたまた、自分で消してしまうかは

正に自分次第。



今日はちょっぴし、姑絡みで、これを見てみる。

行きまーす。





私は、姑の悩みを聞いてあげることはできるけど、

結局、姑に変わってあげることはできない。


姑の人生を歩むことはできない。


姑は私を、「冷たい女」と思うかもしれないが、

それも含めて、自分で乗り越えて行ってもらう問題だと思っている。


最終的に、自分を幸せにするのは自分の心。

どんなに周りが自分を大事にしてくれようと、

構ってくれようと、

他人がいないと成り立たないものはいつか崩れる。


もちろん、

自分をしゃんと持った上で、他人から配られる幸せは自分をより豊かにしてくれる。


しかし、寄っ掛かりっぱなしで、支えがなくなれば立つこともできなくなっているような状態では、

いつまでたっても不安という闇から抜け出せない。


人間誰もがそんなに強くない。

強くないから、

闇にもぶつかり、

潰れそうになりながらも、

それをなんとか解決していこうとする。



その過程こそが自分を成長させる。


それを、10代で味わう人、

20代で味わう人、

姑のように60代で味わう人。


これは、その人にだけ与えられた試練ではなく、

誰もがどこかで味わうこと。


味合わずに済んだ人は、幸せ?

そんな事はない、

悩みを存分に味わってこそ分かるその先の幸せもある。


凹めば凹むほど、高くジャンプできる。


だから、私は今、初めて、

悩みは悩みではなく、

成長の過程と思える事ができる。


姑は、今、また成長の過程にいる。



私はこれを、私の悩みではなく、

「姑が自分で解決するべき問題」

と、割り切り、私の悩みに変えない。


姑が幸せな人生を送る事をただ祈るだけ。




姑を見ていると、

「自分の人生をしっかりと生きる事」

が他人の幸せにもなるんだというのが、

痛いほどよく分かる。




自分を失いかけると、

家族、友人、周りの人を巻き込んでいく。

姑は構って欲しいが故に、

遠方に住む親戚までをも巻き込んで、

自分の心の闇を大きくしている。



しかし、私は私の人生をしっかり楽しんで、

その上で、できることをしようと思う。




自分の芯がしっかりしてないときに、

他人に関与するのは、すぐに引き込まれて、同じ悩みを抱えてしまうから。



家族になると、

「もっと考えてあげなきゃ」

とか思いがちだが、

いつも、その前に

それがしてあげれるほど、自分の生活はしっかりしてるのか、

姑が崩れたら、一緒になって崩れてしまわない自分がいるのか?



それを考え、支える器量が自分にあるのか、

最終的に、彼女の人生を背負う覚悟があるのか?

その問題は自分が乗り越えるものなのか、

彼女が乗り越えるものなのか。



その場しのぎの優しさは、帰って姑を辛くさせるとも考えるようになった。

もちろん、できる範囲のことはやりたい。


でもできないことは、できないとハッキリ言う。

友人が思い出させてくれた。

人はその人の人生を歩んでいる。

自分は自分の人生を歩んでいる。


自分の機嫌を人に左右されぬよう。


自分の人生をしっかり生きることこそが、解決する方向へ向かうと信じて。




いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。

土曜日ですが、重ーーーい記事にお付き合い下さってありがとうございます。

でも、記事とは違って私の心は軽いのでご心配なく♡
楽しい週末をお過ごしください!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村