やーやーやー。

トド(夫)の精神年齢が、4歳児と同じと言う事が発覚し、

ほんとにうちには子供が3人いる!と再確認したkaitekiです。





さて、

お片づけをするとき、

収納から物を全部出ししたものの、

どこに何を戻していいのかさっぱり分からず、

結局ぐちゃぐちゃな状態のまま夕飯作りに励む羽目になる…という人が多いかと思われる。




物は、

「使う場所に収納する!」


というのは、整理収納における鉄則なのだが、


頭では分かっていても、

実際に空っぽになった収納を見ると、

自分の頭の中も同時に空っぽになってしまう人が多い。




実は、私も、

お片づけを始めた時、

物を選ぶことはできるようになっても、

どう戻していいかが分からなかった。




片付け本なども、

サラリと簡単に、

「動線」

とか、

「使う頻度によって一番使いやすい場所から置いていく」

と書いているものの、

はっきり言って、

物を捨て始めたばかりの人には少し難関。


今まで、凝り固まっていた思考を、ようやく緩め始め、

物事を少しばかり柔軟に考えれるようになったものの、

定位置を決めるまでは少しハードルが高い。


そこで、「使うものを使う所に!」を少しイメージしやすいように考えてみた。




例えば、


キッチンで使うフライパン。





脱衣所に置く?

寝室に置く?


それとも玄関??


答えは

キッチン!(*´∀`)


そう!そこまでは、どんな人でも分かるはず!!


問題はそこから!


フライパンはキッチンのどこで使う??

調理台?

シンク?

コンロ??




答えはコンロ。

だからコンロに一番近いところに収納する。

それが一番自然。



という感じ。



フライパンは非常にわかりやすい例だが、


実は、散らかりやすく、片づけにくい人は、


これができていない!!


フライパンに限らず、

全ての物を、使う場所に一番近いところに収納するのがベスト。






物を見て、まずどこでそれを使うかを考える!!!!





そして、次、

それをどれ位の頻度で使うかを考える。


★毎日使うもの。

★2.3日に1回使うもの。

★週に1回ほど使うもの。

★1か月に1回ほど使うもの。

★1年に1回くらいのみ使うもの。



これで判断して、

決めた収納場所から、

さらに取り出しやすい場所を考える。


毎日使う洗顔フォームを、

押入れの天袋に入れる人はいないだろう。

踏み台もいるし、大変だー。






しかし、

私がよく見るのは、


1年に数回しか使わない物が、

ベストポジションを陣取っている収納!!!!!!



よくあるのは、

すごく活躍しそうな収納に、

来客用の布団がでーーーーん!!!!


その来客、いつ来ますか??

いつ来るかわからない人のために、

ゴールデンゾーンを明け渡してはなりませぬ!!!


後、来客用の食器。


食器棚を開けると、

普段使わない食器が普段使いの食器とごっちゃまぜ。

めったに使わない食器を避けながら…というよりも、

普段使わない食器が棚の中で、

普段の食器は常に水切りカゴ!!!!!


心当たりありませんか??



そのように、

めったに使わない物を、1番使える場所に置いてることは珍しくない。


何が怖いかって、


めったに使わない物は、もう、ずーーーーっとそこに居座っているがために、


それを不自然に感じてないこと!!!!



その風景が当たり前になっているために、

おかしいと感じないこと。


他の収納方法を思いつかなくなっていることが怖いのだ!!



一度、1番いい場所を陣取ってる物を見て、

毎日使っているものか否かを確認してほしい。


いつも素通りしてる場所。


先約がいるから、そこは使えないと決めつけてないか??

もっとふさわしい物が入るであろう場所を、シャッターで閉めてなかろうか?




毎日使うものが1番使いやすい場所にある人は◯。


「これはーー、ここでいいのかーーー??」


と疑ってみる!!


案外、「いやー、そこじゃなくても別にいいよね!」が多いはず!!


ぜひ、


使う場所


使う頻度。


この2つで、物を出し、そして収めて欲しい。


きっと、


今より数倍使いやすくなるはず。




以上、

「ちょっと待って!!!そこ、それじゃなくない??」

の記事でした。





いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
本日もぜひ!ポチっとしていって下さいますようよろしくお願い申し上げます!!

↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村