やーやーやー。

第2回写真のお話ー。

パチパチパチパチー。





写真を整理する時に、まず決めなければいけないこと。

それは、


「自分はどういったスタイルで写真を整理していくか?」らしい。


この方針を決めないままアルバム整理をしていくと、

アルバムや、現像方法などがバラバラになってしまい、またアルバム作り迷子になる。


そして、また自分のアルバム整理のやり方に疑問を持ってしまうと、

近い将来、また放置してしまう可能性があるからだ。




まず、アルバム作りのスタイルを決めるのに、大まかに2つに分かれる。




・自分でとことん作っていく。(選ぶ事から始めて、どこまでこだわって作るかを決める)

・ネットのフォトブックなどに丸投げする。



自分の性格、向き不向きを踏まえ考えていく。





そして、そこから、どこまでこだわったり、どこまでは緩く簡単にしていけるかも考えていく。


1. 自分で写真を厳選して現像する。

2. 自分でその写真のコメントなどを書き込む

3. スクラップブッキングのようにページごとに背景やデザインにもこだわる。

など、色んな方法がある。

細かくするとキリがないほどあるわけだ。


しかし、もうそこまでやろうと思うと本格的にアルバム作りを趣味にしなくてはならないし、

第一それが好きな人はもう私のようにデータだけが溜まってることは無いはずだ。




スタイルを決めるに当たり、


私の場合の現時点の「問題点」をあげてみた。


1. とにかくデータのままパソコン、メディア(SDカード、メモリーカード、CD‐ROMなど)に入れっぱなし。(6年分!!!泣)



2. 長男が産まれた時から一歳までの写真のみ、気合いが入っていたので、現像済み。

しかし、それも中途半端でバラバラのアルバムに収められている。




3. 娘の写真はほとんど現像されていない。



4. 友達にもらったり、学校で購入した写真はそのままバラバラ状態。(手付かずのまま)





マルバム先生と話をしていると、

自分が何が好きで、

何が嫌いかと言うことが段々と分かってきた。




自分の希望は、



1. なるべく簡単にアルバム整理をしていきたい。

2. コメントなどを書くことはない。

3. クラフト系は無理。(切ったり貼ったり)

4.シンプルにポンポンポケットアルバムに入れていきたい。



先生にこんなのがあるよと、何点かアルバムのサンプルを見せてもらってると、


私にはポケットアルバムがいい!という事が発覚した。



レイアウトなどを考える増えるアルバムのフィルムが付いたバリバリっとやるやつも向かないなと思った。





要は、横着!!!


簡単にシンプルにしていきたい!!

見る時も、軽くて、簡単に棚から出せるもの。

気軽に見れるものがいいことが分かってきた。




で、先生に提案してもらったのは、

フォトブックと、ポケットアルバムの併用。2段使い!



フォトブック。



とにかくたまりまくるデータを簡単なものでもいいから、ネットを利用。

丸投げしてまず1冊は作る!!(1年に1冊)


選ぶ事すらもコンピューターに任せる。



「溜め防止!!」


そのコンピューターでランダムに選んでもらった写真は、よっぽど変な写真じゃない限り、とにかくコンピューター任せる。


それには一切こだわりを持たないこと!


とにかく作る!!




・現像してないという罪悪感

・整理してないという罪悪感

・毎年1冊は作っているという安心感

・データが飛んでもこれだけは残るという保険


以上のことをフォトブック一冊作るだけで一気に解消してくれる。
(このフォトブックのメリット、デメリットは実際にやる時に紹介します!)


最短5分でできる富士フィルムのイヤーアルバム


子どもの写真がありすぎて、

子どもの写真がかわいすぎて、

同じものが何枚もあるけど、どれも素敵に見えて、

なかなか選べず時間だけ経過…

の防止に。


そこは割り切る!!

これを注文するにあたりこだわりを持ちすぎると、

写真を選ぶのに時間がかかる


時間がある時にしよう


結局そんな時間はない


データだけがどんどん溜まっていく…



以上の悪循環!!




まず「何でもいいから、1冊は作る!」というスタイルを取ることに。


悪循環防止!!


そして、そのフォトブックのフォローとして、購入した写真や頂いた写真、自分の好きな写真があれば、ポケットアルバムに簡単に納めていくことにした。





こうやってみると、

やはりまず最初の軸が大切なようだ。


もちろん、その時その時のやり方でもいいが、

私はそれをし続けた結果、迷子になってしまった。


アルバムも決まっていると、

後々の手間も時間も省けてくる。


スタイルと、やり方が決まれば後は毎回ただ同じ事をしていくだけ。



要は、「一本スジを通す」のだ。



今日はスタイル決めのお話でした。


って、長っ!!!!

かなり語ってしまったが、

次回の写真整理も語れます!!

私がこだわりが強すぎたことが発覚したお話です。


では。






いつも読んでくださる皆様ありがとうございます!
こちらもぜひ応援してやってください♡よろしくお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村