やーやーやー。


昨日は「うちの旦那もトドさんそっくり!」という沢山のコメントを頂き、大変ありがとうございました!!



夫婦の問題は難しいですよね。



近いからこそ言いすぎたり、

うまい具合に距離を取れなかったり。

でも、根本的なことは、自分も人間、相手も人間。

お互いに1人の人間として相手の事を尊重しあえる事。



夫婦だから適当になってしまうのでなく、

夫婦だからこそ、

よりお互いが心地よく居れる事が何より。



いつも、人は、

「自分は尊重されたい」

「尊重されるに値する人間だ」と感じていながら、

実は自分が自分の事を邪険に扱ってる事が多い。


ほんとうは、自分が自分の事を可愛がらなければいけないのに、

その可愛がる部分は人任せにしたり、

人に求めてしまったり。


だから、旦那に

話をもっとして!

私にもっと協力して!

私に気遣って!と多くを求めがち。


相手にもっと話をしてもらうことで、

自分は満たされると思ってしまうこと。

話してくれる事が、自分を尊重してもらう事と思ってしまうこと。


しかし、実際は苦しい。

いつまでたっても変わらない相手に付き合い続ける事は、


何よりも自分を尊重してない事の証。


自分を大事にする。


自分を苦しい気持ちから解放する。

自分が自分を一生懸命大切に扱う。

まず自分。

それができると、自然に、「じゃあ相手はどういう風にしてあげると気分がいいか」を考え始める。


その結果が、私の場合は、

「旦那は、自分の世界に入り込む自由を望んでいる」という事だった。


私が、旦那と沢山話をしたいと思うのと同じくらいの量で、旦那は静かな環境に居たいのだなと思ったのだ。


私の無言男子との付き合い方はそんな感じで変わっていったのだ。






さてさて、

お片付けのお話も!!!

行ってみよー!!



今日は脱衣所。

先日ニトリで買ったこちらのフック




設置したら報告しまーす!と言っていたやつ。

設置しましたーー!!



場所は~!あ!もう書いちゃってるね。

脱衣所のドアの後ろでーす!


例の家具屋さんが来た時に、お願いしちゃいました!!


実はドアの真後ろにもフックを付けていて、

そこにストールや、一時置きの服を掛けていたのだが、少しせせこましかったので、範囲を広げた。




冬の服は、一度着てすぐ洗わなかったりだし、

私は家に帰ってくると、数時間後にまた出かけるとしてもすぐに部屋着に着替える。

だから、どうしても、ちゃちゃっと掛けれる場所が欲しかった。


ここなら扉の後ろだから来客にもほとんど見えないし(だから、来客ほとんどないんだってば!…)

扉を開いても、

動線には全く問題無し。




脱衣所に入るときは全く見えないと言うなかなか素晴らしい配置になった。


今でも結構モリっと掛けてるが、

もう少しモリモリっとなる時もあり。

少し溜まったらまとめてドライコースでお洗濯。


ここがモリっとなってるときは、私のクローゼットの引き出しはスッカスカ!

昔はカゴにバサッと入れてたが、

床に物がなくなるだけで、狭い脱衣所も少し広く見える。

洗面所は抜け毛多発地帯なので、お掃除も楽にできるようにしておきたい。




以上、一時服置き場からでしたー!!!







いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!!
こちらも見てってケロ。
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村