やーやーやー。

写真整理のレッスン2回目を。

今回はグループレッスン。

私は、前回自分の方向性が見えたので、

みんなの話をふむふむと聞いたり、

写真をちょいと仕訳けたり。


今日のグループのお友達も方向性が見つかり、かなり進歩があった模様。

残るはただひたすらその方向性に沿って、

写真を現像したり仕訳けたり、まとまたりしていくだけ。



前回、写真整理をするのに自分のスタイルを決めるという記事を書いた。写真整理の道・自分のスタイルを決める

今日はそのスタイルを決める時に、またまた参考になることを少し。


前回は自分の性格、どんなアルバムに仕上げていきたいかということから方向性づくりを見ていった。



今回は、サイズからの手がかり。



「写真を納めるアルバムのサイズを決める。」


写真のアルバムのサイズはだいたい大きく3種類の大きさに分けられる。


1.A4のサイズに作られたアルバム。



a4サイズに合わせてアルバムが作られているので、どうしても余白が出てしまう。




2.L版の写真に合わせたアルバム。見開き2枚、4枚、6枚と色々。





3.L版の写真を1ページに6枚収められる12インチサイズ。




アルバムの大きさを決める時は、まず、アルバムを置く場所が決まっていると、サイズが決まりやすい。

カラーボックスに収納する場合は12インチサイズにすると、確実にはみ出てしまう。

そういうのが気にならない人もいるが、

もし気になるようであれば、12インチサイズのアルバムは自然と消去となる。


逆に奥行きが広い収納であれば、サイズは特に気にならないとは思うが、

広いからといって、1冊のボリュームを持たせすぎると取り出してアルバムを見るのが億劫になる。

そして、収納の奥行きが広いと、小さいアルバムは奥に入り込んで行ってしまう可能性がある。


アルバムは作っても収納するところが必要なので、その辺りは考えてぜひアルバム選びをしたいところ。

逆に、収納する場所が決まっていると、

選択の幅が限られてくるので、それから考えるのもとっかかりやすいかもしれない。



サイズ違いで、アルバム台紙、ポケットアルバム、スクラップ台紙と、アルバム自体も色々展開されているので、

自分のスタイルと合わせて選んでいけるはず。


ただ、やはりアルバムを作ると1冊では終わらないと思うので、

商品自体がころころ変わったりして、増やしたい時に「同じのがない~~~!」という状況はなるべく避けたい。

 定番の物や、手に入りやすい物、仕様があまり変わらない物がおススメ。



ということで、

今日来たグループのお友達の方向性をご紹介。(こんなのあるよ~~)

お友その1: 4段階展開予定

☆ファーストクラス・・・既に大量に買っている12インチアルバム台紙にひたすら現像写真を貼る

☆ビジネスクラス・・・ファーストで入らない物は12インチポケットアルバムを買って引き続きひたすら入れる(時々コメント入れる気力あり!)
        
☆エコノミークラス・・・持っている12インチアルバム(台紙)に大き目写真(集合写真、パパの写真)を貼る。
        

☆その他・・・スクラップブックにパパの新聞掲載の切り抜きを作る。



お友その2: 3段階展開予定

☆ファーストクラス・・・趣味でやっている12インチのスクラップブッキングを引き続き制作(最高の写真)
        

☆ビジネスクラス・・・スクラップブッキングにできなかったいい写真をポケットスクラップ形式で簡単にかわいく。
        

☆エコノミークラス・・・上記から漏れた写真(2軍)を12インチポケットアルバムに淡々と入れていく。




お友その3: お友その2さんとほぼ同じ方針



kaiteki:   2段階展開

☆ファーストクラス・・・L版見開き6枚のポケットアルバムにひたすら現像写真を納める
       

☆ビジネスクラス・・・富士フィルムのイヤーアルバムでデータの紙で残すバックアップ


(※クラスは優先順位を表す。)





そしてみんな、パソコンやHDデータだけでなく、

富士フィルムのイヤーアルバム
などを利用して、なんでもいいから、紙にしたバックアップを簡単に作ると言っていた。

パソコンやメモリーデータはほんとに一瞬で消えてしまうこともある。

紙にしていると、無くなる可能性は2つ

「燃える」



「紛失」


それ以外は少々濡れようが、子供が噛みつこうが、必ず残る。

そして、データはどれだけバックアップをとっても所詮「データ」。



アルバムは、「データ兼いつでも見ることができるもの」となる。


写真は「見たり楽しんだりするため」にみんな撮っているはず。

ただデータが溜まりまくったり、

現像写真がてんこ盛りになって心の重荷にならぬよう。

今一度

写真はなぜ撮ったのか?

根本的なことを見直したい。





いつも読んで下さる皆様ありがとうございます
今日もぜひ見てってくんろ~!
↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村