やーやーやー。

昨日、2泊3日の弾丸ツアーから帰還しましたkaitekiです。

本日はお友達のお子をお預かりしてプチ託児をしておるので、

子供たちはしっかりと遊び、私はパソコンに向かって、髪の毛を禿げ散らかしてブログを書いておる次第です。

弾丸ツアーは、娘のディズニーをメインに、トド(夫)の築地食べ歩きを副菜にして行ってまいりました。

相変わらず前日に突然行くと言い出し、ホテルも当日空いてるところに泊るという無謀な弾丸。

プリンセスにも会う事もなく、エレクトリカルパレードも見ず、ホテルで土産を買うという、

ディズニー好きからしたらあり得ないようなディズニーツアーだったが、

それでもうちの娘は満足してくれたようなので何より。

夢の国ではビール片手は無理だけど、常に何かを食べていたトド(夫)。

今回は2人が満足したようなので良し。

息子は???

ウルトラマンフェスティバルに行きたいと言っているのでいつか連れていってやろうと思う。



さてさて、


今日のご質問はこちら~~~~~!




「うちは田舎なので、野菜などのいただきものが多いのですが、kaitekiさんはそのような想定外の物の置き場所はどうされてますか?
キッチンの足元に置きっ放しになり、扉が開かないし、散らかっているようで少しストレスを感じます。
よろしくお願いします。」



はい。

ではお答えしま~~す!




田舎なので野菜などの頂き物が多い。


これは「想定外」ではなく~~~


「想定内!!!!」



に変えましょう!


いただく事が多いのであれば、

もうそれ専用に少しスペースを設けてしまうことがおススメです。

そうすれば、キッチンの床の上に袋ごところころ転がっていたり、

中が無くなるまで段ボールのまま滞在することはないはず。


要は、

頂き物の指定席を作る!

ですね。


私も頂き物ではないですが、キッチンにスーパーの袋や段ボールがころころしてた時代があります。



引き出しや扉は全然開かないし、ますます狭くなるキッチン。



床に物が置いてあると、キッチンでの作業効率がかなり悪くなります。

床には物を置かないようにしたいとこですね。







さて、話を戻して、

ジャガイモ、玉ねぎ白菜、大根など大物の野菜は、「ちょこっと」のスペースでは入らないはず。

ならば、それが来ても大丈夫な場所を作っておくとストレスが一気に減るはず。

見えない収納は、「物の通り道」、「突然の頂き物」、「心の余裕」として、パンパンではなく、7割から8割で抑える事が大事。

しかし、3割くらいの空いた引き出しに大根を突っ込んで入れる人もめったにいないはず。

だからやはり野菜などを頻繁にもらえる幸せな方は、感謝の気持ちを込めて、きちんとスペース確保。

すると最後までありがたくいただけますね!


私は、野菜をいただく事はあまりないので、それ専用のスペースはありませんが、

収納をぎちぎちにしてないので、お中元などでいただいた物は空いているところに箱から出して入れています。

冷蔵庫もスカスカなので、以前、

トド(夫)購入の突然丸ごとスイカも

トド(夫)購入の突然タラバガニも入れることができました。

こういった予期せぬ物をさっとお通しするためにも普段から収納は7割から8割で抑えておくといいと思います。



そんな隙間ないわ~~~~~~!!!!

と言う方。


きっと賞味期限が切れたモノ。

あまり使ってないタッパ。

変色したお弁当箱。

なぜか2つあるカセットコンロ。

など、キッチンには以外と量を取っていて見直せるものは沢山あるはず。

ぜひ見直してみて下さい。



突然の物のためだけじゃなくとも、

普段から7割収納にしていると、すごくキッチンでの作業が楽ですし、

探し物も少なくなります。


そして、キッチンに場所を作らないとしても、野菜などでしたら、廊下や階段下収納でもぜんぜんオッケーだと思います。

こちらも見直して、

体を生かしてくれる食糧さんに、使ってない物さんたちから場所を譲ってもらいましょう。




以上。「場所がない!ではなく、作る!」の記事でした。




いつも読んで下さる皆様ありがとうございます。
今日も忙しい方もそうでない方もぜひ押して行ってくだされば。。。。
よろしくお願いいたします♡
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村