やーやーやー。



人間、生きていると、色んな嫌な感情に襲われる。


嬉しいこと、楽しいこと、ワクワクすることばかりならいいが、もちろんそんな時ばかりとも限らない。



辛い。

悲しい。

苦しい。

イラっとする。

疲れる。

嫌い。




負の感情は、山ほどある。


その負の感情を感じた時、

どうするか。





私は一旦それを受け入れる。


そこを無理やりポジ子になって、


「辛くない!」

とか、

「悲しくない!」

とか、

無理やり掻き消したりはしない。



一旦受け入れて、


「あー、私、今、そういう気持ちなんだなー。」

って、ただ思う。


そして、思ってあげたら、手放す。


そこが、私ができるようになった事。


昔なら、その負の感情から、


びっくりするくらい悲しいストーリーを発展させ、

自分を悲しみの淵に追いやるような考えをしていた。


でも、今は、受け入れ、発展させない。


そこで終わり。



すると、負の感情は、安心して、静かになる。


悲しい気持ちを、蓋で塞いだり、見て見ぬふりをしたり、

違う感情で書き換えようとすると、

気付いて欲しい本当の自分の感情は、

また別の現象を起こして、自分の目の前に現れる。

そして、またその感情を味合わせようとする。




だから、同じ気持ちを味わいたくなければ、

受け入れて、向き合い、

「そんな気持ちになってる自分を知ってあげる」



私が、悩む事をやめた

という記事を書いた。

これを、嫌な感情を受け入れた後に実践するとベター。



感情は受け入れるが、

それを受け入れ、それを悩みに変えない。


その悩みに変えないのが、以前書いた記事。





受け入れる。

手放す。

悩みに変えない。


変わる思考、変わる妄想を繰り返さない。


それをするだけで、考え方がガラッと変わる。


生活が変わる。

周りが変わって見える。



負の感情も自分の感情。


良い感情ばかり相手して、

負の感情をほったらかしにしていると、

自分が無理をしている事にいつか気づく。

疲れた気持ちになる事がある。


ある時、自分のことが分らなくなったりもする。

むなしく感じてしまう時がある。



だから、そういう気持ちを感じないようにするためにも、

嫌な気持ちを無理やり明るいことに置きかえるのではなく、

嫌な気持ちは嫌な気持ち。

それと上手く付き合い、その気持ちとは別に、明るい話題が来ることを待つ。

実際に、それをすると、すぐに明るい話題がきたりする。

いつまでも、考えたくないけど、考えさせられてしまう状況はやってこない。

それは負の感情がきちんと自分の中で浄化されているから。


要らないものを手放し新しいものを受け入れる。


普段お片づけをやっている人は、

物でやっていることと同じことを自分の中でやっていくだけ。


いつも、前向き前向きってなりながらも、

納得できずにやっている人。

何か違和感を感じてしまう人。

それは自分の中で抑えられてしまっているイヤな感情が、水面下で「気づいてほしい」というサインを出しているのかも。

そんな感情だって、自分が持っている感情。

どんなイヤな感情でも、

「あ~、私もそんな風に思うことだってあるよね。人間だもん」

って思って、認めてあげると気持ちが軽くなる。


いつも善人ばかり気取らなくていい。

自分で、ドロドロした部分も知り、自分で都度消化していけばいいよね。




いつも読んで下さる皆様ありがとうございます!
今日もこっちをどんどん見てってケロ~~~!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村