やーやーやー。


富山のアドバイザーさんがリンクしてくださいましたー!!

今、絶賛、モニターさん募集中だそうですよー!

お片付けにお悩みの方ご検討されてはいかがでしょうか?

↓↓↓
お片づけのアドバイスをお求めの方
↓↓↓
お片づけ・整理収納アドバイザー・ライフオーガナイザーはここで検索!

全国のお片づけのお仕事、活動をされている方
↓↓↓
全国の整理収納アドバイザーさんお願いします!

全国の整理収納アドバイザーさん、ライフオーガナイザーのみなさん、お片づけのお仕事をされているみなさん。
リンク募集中です!




************


やーやーやー!!

愛知に帰還!!!!


実家から帰る度に思うのだが、

やっぱり我が家が落ち着くー!!

実家は楽なんだけど、

やはりもう私の家はこっち!




さてさて、

昨日、アメーバのトピックのなかに、


「子どもがメガネをかけてるとかわいそう」

っていうタイトルの記事があって、

私も小さな時からメガネを掛けてて、

よく自分の親に「かわいそう」って言われ続けて育ったので、つい気になって読んだ。


こんな事書いてあった。


以下抜粋


いまだに多いんだね、小さい子どもがメガネかけてると「可哀想」っていう大人。

さらには「ゲームばっかりさせてるんでしょ!」とか怒られたり。

「弱視」って知らないのかな。

その「可哀想」って言葉、言ってなんになるの?

あなたのそのよく分からない同情

いりませんけどね。

言ったらそれで満足するんだもんね。勝手に可哀想だと思ってればいいよ。

でも本当は、自分の満足のために子どもの心を乱すようなこと言わないで欲しいな。







痛く同感。

それに対して、



「子どものメガネ、可愛いって思っちゃう❤︎」って言う人もいるし、

「個性だよね!」って言う人もいたし、



「メガネずっとかけてるのしんどいかもしれないけどエライよね!」って言う人もいたし。



こんな風に言われて育ってたらまた私もメガネコンプレックスなんてなかったんだろうなーなんて思いながら読んだ。





私は、親にすごく褒められもしたが、



それと同じくらい「かわいそう」という言葉もよく言われた。



その辺が私がひねくれた理由でもあるんだろう。



「目が悪くてかわいそう」

「背が低くてかわいそう」



私はそうやって、

こうなるとかわいそうだとか、

これが普通の人間のする事だとか、

ワガママは言ってはいけないとか、

我慢しろとか、

みんなと同じことができないなんて、人と違うのはおかしいとか、

いろーーーんな事に、親の価値観を刷り込まれて育った。


そして、それが普通になってたのだが、

歳をとるにつれ

色んな違和感を覚えはじめた。


親が私に与えて来た枠から、

ことごとく抜け出したい

そんな枠なんてクソくらい!

って思ったり。





これが私の本心なんだなとか、

自分の素はキツすぎる枠を嫌うんだなって。

もっと自由に生きたいんだなとか。



枠のなかに居て、安心を得る人もいるだろう。

でも私の場合はすごく不自由を感じた。


その枠必要だった??

その枠、結局誰かのためになった?




それは私が枠に固められてガチガチで育ったから。


自由に生きさせてもらってきたようで、

がっちり外堀は親の価値観で固められてたのだ。


ゴーサインも一杯出してもらったけど、

これまたダメサインもそれ以上に出されたものさ。


私の人生は私の思うように進ませたと言う親。

もちろん今でもそう信じているだろう。


例え、親の知らぬところで、ちょっぴり親が泣くようなことをしてしまったとしても、

親が知ってる私は、とりわけ問題のない普通の子だったから。

そこで、思い切り親に反抗して、どこかに逸れてしまってたほうが、いっそ楽だったのかもしれない。

でも逸れなかったよね。

そういう意味では親の刷り込みと子育ては彼らにとっては成功だったのかもしれない。



でも、最近はこうも考えれるようになった。




私はその枠から抜けるために、

枠のない自由を満喫するために、

親が一旦枠のある生き方を見せてくれたんだな…って。





色んなメガネを掛けて、決めつけた価値観で人を見て…

でももうそれも大概苦しくなった。

枠、いらないねって。


枠ないのは楽だって分かるために。




究極の言葉は、


「別にいいじゃん?」

…………


これ、よく言う人いるよね。

トド(夫)もよく言ってる。

この言葉、

昔は、「投げやり過ぎる!」って感じて、すごくイヤな言葉だったけど、

今なら分かる。






「別にいいじゃん!ありのままで」



って言う優しい言葉なんだよね。




全ての事に

悪いとかかわいそうとかないわ……

色んなもの見てかわいそうって思ってたのは自分だけ。

自分がかわいそうな女に仕立てあげられてたから、

私も誰かをかわいそうって思いたかったんだよね。




同じ事を見ても、

素敵!

とか

可愛い!

とか、全く違う見方をする人もいるんだ。


そういう自分で決めつけてる枠が1つずつ外れていくと、

心がどんどん軽くなる。


人といて苦しく感じてた事もさほど気にならなくなる。


子どもがする事にもそれほどイライラする事もなくなった。

だから、

固い頭の親にも今でも反論したくなることは多々あるが、

それすらも、

「別にいいじゃん!?」

って言えるほど、枠を取っていけたら人生楽だろうなって思った。



幼少期のメガネコンプレックスも、

こんな気付きに繋がるとは。


アメーバトピックス!ナイスピックアップです!!






今日のピックアップトラコミュ

トラコミュ
そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き


自分らしく気まま生活!


幸せについて


すこしいいこと。うれしいきもち。


100円shop*セリア(seria)



いつも読んでくださるみなさまありがとうございます!
みなさまのポチのおかげで、順位復活中。
お掃除記事1位&2位
お片づけ記事5位&6位(いまだ鉄人記事が健闘しております!)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村