や~や~や~。

あっという間に子どもの夏休み中の登校日!

ゆっくりしてたけど、あっという間に感じれたっていうのもなんだかいいなあ。


久々に早起きして息子を送り出し、

キッチンに立つ。

洗い物を済ませ、眺めていると~~~。



やっぱり黄ばんでるな。




で、メラミンスポンジゴシゴシ攻撃もいいんだけど、

そういう気分でもなかったので、

とりあえず、キッチン漂白剤。






シャシャシャとスプレーして、

ほんの数分放置するだけ。

after



相変わらずビフォアアフターの違いが微妙過ぎて全く面白くない画像。


三角コーナーの下のあたりが白くなったのがよく分る??(疑問)

肉眼ではかなり白くなってるんですがね。



もういつも自信満々にアフターを載せたい気持ちなのに、

こうやって微妙な写真になって切れ味悪過ぎ。


悪いついでに、

この写真。





こういう、家で作る息子のワケのわからん作品の扱い方が厄介。

なんのこっちゃと思うので、とりあえず説明すると、

ウルトラマンの怪獣、ベムスターのお腹の部分だけをピックアップして粘土で表現したもの。(どうでもいい)

子供の世界観はどんなに変だろうが、一応認める私。(ほめちぎると調子にのってベムスターだらけになるのでほどほどに)


私は、こうやって(一応)目に着く所に飾ってる風にしてみて、

本人気にもしなくなったら即効処理します(片付けるOR捨てる)

この場合は、白い粘土は戻して、

色をつけてしまった粘土は捨てるといった感じかな。



なんせ、こどもって作ってる時、作った時が満足な感じで、後は特にどうでもいい感じ。



紙を取り出して、書いた事に満足して、ポーンとほかってるやつは、

そのままゴミ箱に直行させていただく。



一つ一つの作品を大事にしすぎると、

「この作品は大切じゃないのね!」


とか、

「出来が悪かったから飾ってくれなかったんだな」

なんてひねくれられても困るので(私が子供の時にそうだった)

あくまでドライに付き合って、作った時の気持ちを大切にするようにしている。




それに、すごい気に入ったら、自分から

「これ2階に飾っといて~~」って

2階の子ども作品を貼っているコルクボードに貼ってくれと命令してくるので、

言われた物&すこぶる私が気に入った物を残すようにし、

それもある程度満喫したらある程度は処分している。





しまってしまわず、ある程度満喫するのも手放しやすくなるポイント。




しまってしまうと、私の場合、作品をじっくり味わってない罪悪感から、

とっておくことでその気持ちを逃れようとしてしまうからだ。




その場でしっかり味わう!!!





それに、創作意欲がすごすぎて、とてもじゃないけど、大事に扱ってるとミルミルリビングがやばい事に。




「大切なのは作ってる時と完成した時の気持ち!!!!!」




と、なるべく物を増やさぬように自分なりに言い聞かせてるkaitekiセリフ。


作品の取り扱いで、お困りの方は以下に私がポイントにしている事を書きますので、

何か参考になることがあれば、もってっちゃってください。





1. 作品を作った本当の意味を考える

(成長の記念として書いたものか、その場の雰囲気で書いたものか、暇つぶしで書いたものか、応募するために書いたものか、書いてみてほんとうに残しておきたいくらい自分が好き!と感じたモノなのかなどなど。。。)


・現状に満足していると、さほど物として残そうという感覚が減ってくる。

(記念は少ないから価値がある。すくないから記念)


2. 本人がまずどうしたいのかも少し聞く

(これはある程度、習慣ができてると流れのようなものができる。子どもも、「捨てる」といったり、「とっておく」と言ったり自分の基準ができている様子。 本人が小さい時は親の感覚でオッケー。そして、子供が、そういうものなんだ。。。と思い込み習慣となっていく)




3. 子供に聞いた後は、「自分はどうしたいか」を考える。 

私の場合、「私がおばあちゃんになった時に振り返るために。。。。なんて思っていても、おばあちゃんになったら、その時はその時でやること満載」と思っているので、多くは残さないようにしたいと思っている。





4. 私自身が大人になって感じたのは、

「自身の幼い時の作品を見るのは1点2点だけで満足。」


なので、やはり、子供目線ではなく、自分目線で残すことが大事。(子供は子供で、また自分のこどもができたら、それを味わう。子供が結婚して持っていくことまで考えない。)

参考::  鉄人(我が母)は、作品はあまりのこしていないようだが、ビデオなどを残していて、それをしょっちゅう見て古き良き時代を思い出している模様。


以上、


私は今のところ、この感覚で増えすぎてしまいがちな作品に対応している。


もちろん、写真に残したり、いろいろ残すにも他にも工夫してる人は沢山いると思うので、

自分に合う方法をぜひ見てみてください。



ついこの間、突然思い立って、娘のフランスパンを処分したところ。(しっかり味わった。)



今日の虎虎虎虎虎
↓↓↓
トラコミュ
子育てを楽しもう♪


整理のコツ


持っていなくても困らないもの


断捨離&片づけの工夫


断捨離して心も懐もハッピーライフ


いつも読んでくださるみなさまありがとうございます!
昨日もベンガル記事に沢山のポチしていただいてありがとうございます!
突然ですが、このブログはリンクフリーです。(今更ですが)
時々お問い合わせいただくので、
公にいたします!リンクして下さった方はご一報くださいますと、もれなく私が見に行くというシステムになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村