や~や~や~。



ちらっちらっちらっ!!!



あの~~~~。



私、先ほどの記事書いた後に、めちゃ素晴らしい記事見つけたんですよ~。




もうその記事は私が伝えたいことをそのまま代弁してくれてるような記事で、

ほんっとに、みんなに読んでもらいたいです。



私が今朝ツラツラ長々と書いていたことも、

サラッと要約して後半に書かれてて、


なんだ!!このシュッとまとまった記事は!とジェラシーを感じるほど!


と、まー、私のジェラシーはほんとにどーでもいー話で、


なんなら、私の前の記事見なくても、

この記事見ればいんじゃね?


っていうか、もう逆に見られるのはずかし~わ!!!!!

ってくらい簡潔にステキに書かれております。




その方の他の記事は全く読んでないのですが、

その1ページに惚れたのでリンクします。


↓↓↓
「自分を大切にすること」と「ワガママ」の違い


これ、自分を大切にし始める人には、疑問に感じることなんですよね。

私もそれを考えたことはありました。

自分が自己中になるんじゃないか、

エスカレートするとわがままになるんじゃないか。。。。


でもこれ読んで分ってもらえるように、

ほんとにそんなことはないんですね。


今の私も、自分がわがままを言ってるつもりもサラサラなく、

ただ、自分の声を聞いて、自分に優しくしてるだけで、

たとえできないことがあっても、

周りの人に八つ当たりしたり、攻撃するわけでもなく、


「そうよな。私がしたくないこと、あんたもしたくないよな。 じゃどっちもしなくていっか!」

とかで済むんです。

それでもやらなきゃいけないことは、やらなくて済む状況になったり、

急に他からやってあげるよ~と手が差し伸べられたり。

ほんとに、自分に優しいとまわりからも優しい手が差し伸べられます。




それからこの「ワガママ」っていうのは

「自己中」「野性的」「我が道を行く」「本能のまま」など、

受け取る相手によって、同じワガママでも受け取り方が全く変わります。



「ワガママ」もかわいく言えば「お願い」になるわけで、

そんな「お願い」をされるのに弱い人、またはそういうのが大好きな人もいます。

だから、

これ言ったらワガママになるんかな?とかはあまり深く考えなくていいと思います。


自分を大切にしていくうちに、それがワガママなのか、それともお願いなのか、要求なのか、単に聞いて欲しいのか

いろいろ違いが分ってきます。


「これだとワガママになるから言えない。。」なんて、

相手の気持ちを考え過ぎてしまうと、振り出しの「他人軸」にもどっちゃいます。



自分を大切したいのなら、

相手の気持ちを自分の気持ちと共鳴させないよう、


相手は相手の受け取り方がある!と少し割り切ってみることも必要です。




自己受容ができるようになってくると、

少々ワガママかも~って思えることも、

「相手もそれを受け取れるだけの器がある人だ!」と勝手に思えてきたりするものです。







そして、ここ重要です!






「こんなに自分を大切にして、大丈夫だろうか?とちょっと心配するくらい自分に優しくして、ようやく人並みにしかなりません!」


もうこの部分!でっかく下に赤線2重線!!!!


この部分、私もたまに言ってるんですが、


これが事実です!



心配しなくても、どっぷり他人軸で生きてきた人がいきなりぶっ飛んでわがままにはなれない!のです。



いや、ほんとに、やりすぎくらいやって、ほんとにちょうどいいくらいになるようになってるんです。

それでやっとゼロ地点というか、自分がフリーで心地良く感じられるポイントに戻ってくる感じがするのです。


そして更にやると、もっと優しい世界が待ってるのかもしれませんね♡



いや~。自分が書いた記事を補足してくれるかのように、

素晴らしい記事があったので、

載せて見ました。

これもみなさまのスッキリポイントになりますように♡





いつも読んでくださるみなさまありがとうございます!
読んだよ~~のポチ、ぜひよろしくお願いいたしま~す!
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村