やーやーやー。



私は小さい時から沢山のことを願って生きてきました。



海外に行きたい
結婚したい
自営業の男がいい
子どもが欲しい
家が欲しい
専業主婦になりたい


主要な願いはそんなとこでしょうか。

それなりに願った事を叶えています。


「願ったから叶った」とも言えますが、

「私が私の願いを叶えた!」とも言えます。


というのも、

思い返せば、その願いを叶える前に必ず通った道があるのです。



それは、


・勇気を出す
・覚悟をする

です。



願いを叶える前に、

この勇気と覚悟を阻止するかのように必ず不安や恐怖が出てきます。



その不安と恐怖にときには飲まれそうになりながらも決断した結果が








ということです。



海外に行くときは、

家族と離れる不安
飛行機落ちたらどうしよう
馴染めなかったらどうしよう
治安が悪くて殺されたらどうしよう



結婚するときは

一生上手くやっていけるのか
途中で旦那が豹変したらどうしよう
幸せになれなかったらどうしよう
離婚したらどうする?


自営業の男がいい

保証がない…
赤字になったらどうしよう
倒産したらどうしよう
仕事がなかったら…


子ども産むときも

産めなかったらどうしよう
身体が不自由な子が出てきたら私は育てられるのか
産んだ子が不幸になったらどうしよう
旦那が稼げなくなって、子どもを養えなくなったらどうしよう


家を買うときも

火事で家がなくなったら…
ローンが払えなくなったら…
買って、近所の人が最悪だったら…
住み心地が悪くて嫌になったら…


それなりに不安もいっぱいでした。



不安がないからできたのじゃなくて、

不安でもその先を更に見て、希望を見出して進んできたなーってつくづく思います。



全てにリスクはついてきます。

小さくても必ずついてきます。



けど、そのリスクも一緒に背負わなければ私は願いを叶えてなかった。


リスクと願いはセットのようなものです。


リスクを回避すれば願いは願いにとどまり、

願いを叶えようとすると、リスクももれなくついてきます。


勇気を出し、覚悟を決めるということは、

このリスクにも丸っとオッケーを出すことです。


そうなってもいい…

なったらなった時。

なってないことで過剰に心配しすぎない!



そうすることで、初めて願いを叶えることに近づけます。


で、そのリスクを極力少なくしてとか、
ゼロに近い状態にして…となるとそれだけ時間がかかります。


(車を運転するのは事故の可能性もあるけど、みんな運転して行きたいとこに行くわけです。事故のリスクはどんなに自分が注意したとしてもゼロにはならないのです。それでも行きたいとこに行こうという勇気と覚悟が運転させるのです。慣れてくると、そんなのいちいちやってませんが、その覚悟ができない人でペーパーの人も世の中にはいるわけです)



リスク自体も自分で作り出しているので、

その思考をどこかでストップしない限り永遠と続きます。



不安を巨大化させず、

ただ、不安があることを知る。

どんなに不安でも、その不安に対しての捉え方を変えることは自分でできます。



人間何かをするとき、心配要素があると暗い方にフォーカスしがちですが、

こういう時にこそ、明るい思考にフォーカスしていく。


妥協ではなく、

望む方向、願いのほうに強くフォーカスすることです。



失敗や不安もあるけど、

そうならなかった時のイメージ=自分の願いが叶ってる時のイメージをより強める。


それでも、私はこうなりたいんじゃーーーーーーーー!!!!


を強く強く思うのです。


願いの強さをリスクの強さに負けさせない。

願いのパワーを強めるのです。



これ、普通にワクワクしてたり、死ぬほどやりたい事だと、自然にできてしまうものなのかもしれませんが、

そのリスクを負ってまでやろうとは思わない…事は、どうしても、リスクのほうの強さが優っているのです。



願うたびにリスクに力を明け渡すと、

願いは一向に叶いません。

叶えられません。



自分の願いが叶うことが少なくなると、

人生に不満が出てきます。

でも、それもやはり自分の決断の結果なのだと最近は思うのです。




例えどんなに小さなことでも、

全て私たちの決断で日常も成り立っています。

朝起きることも、

歯を磨くことも、

コンビニでガムを買うことも


全て自分がやろうと思って、

やると決めて、

行動した結果です。


その決断が大きいか小さいかの違いであり、

みな決断をした結果です。




先週、トド(夫)が仕事で融資を受ける決断をしました。

事業融資を受けるのは今回が3回目なので、

私も以前ほどの押しつぶされるような不安はありません。

しかし、全くないと言ったら嘘になります。


それでも私はやはりトド(夫)が出世する姿を見たいし、

今もいいけど、

もっといい環境に身を置く自分という私の願いを

私のために叶えてやりたいのです。



そのために今できることは、

トド(夫)の融資を受けることを反対せず、

応援し、

自分の機嫌を自分でとり、

いい結果が出ても悪い結果が出ても、それを受け止めていく精神力を自分につけてくことだと思ってます。


そして、私はまた10年後くらいに、

「あの時決断したから今がある」

と思ってるんだと思います。



不安は無くならせようとするのではなく、

希望と一緒に持っていく。



私はまだ、不安すらも楽しめるなんて粋には達していないけど、

いつかそんな自分も味わってみたいなと願っています。


だから、後は、不安・希望→決断→願いを叶える体験をやり続け、

不安すらも願いを叶える要素の一つだと言うことを身を以て知っていく事を進めていこうと思っています。




以上、主婦の一人決断でした。







いつも読んでくださる皆様ありがとうます!!こちらも応援ポチお待ちしております!
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村