やーやーやー。



今日も分かりそうでよく分からない記事を書いていきまーす!!


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村






ニセモノの思考=エゴ

に左右されない自分になるには

「今」を生きる事が大切

と書きました。


エゴの特徴は、

・焦り、苛立ち、嫌悪感、倦怠感、不安、心配、恐怖、寂しさなどを引き起こす

・その感情を食い物にして生きていて、止めないかぎりどこまでも膨らんでいく。

・事実を歪めてみせる

・全て自分の過去の経験からのみ出来上がってる記憶


でしたね。




ニセモノの思考=エゴが存在できるのは、

いつも過去と未来の時間軸にある思考の中です。



思考して、

不快な気持ちになったとき、

その思考を観察してみてください。





その思考が、

「今」の事ではなく、

必ず過去か未来の事について思考してることがわかると思います。




簡単なものとして私の例を書いてみます!!!

しょーもなさすぎますが、

これでも私はかなり長い年月、

このエゴの呪いにかかっているのです。



それではkaitekiの夕飯の呪縛ワールドをどうぞ。




「わーー!今日の夕飯どーしよー。

また外食したいわー。

でも、こんなに外食ばかりしてて、

母としてどうなんか!!!

旦那も何も言わんけどほんまはなんて思ってるんだろー。」



まず、外食ばかりするのはダメだと思ってる自分。


この価値観は私の「過去」の経験から作られたものです。


・「外食は好きなものしか食べないから栄養が偏る」

・「外食は高カロリーだから太りやすい」

・「母親は毎日家でみんなのために晩御飯を作るもの」

・「作れば済むものを、作らないと余分な出費になる」

・「外食はどうしても家で作れない時の最終手段」

・「何か特別な時の楽しみにとっておくもの」


などなど、出てくる出てくる。



そして、それは、私の育った環境、テレビなどで得た知識などで作られた単なる記憶です。

記憶がそのまま思い込みになっているのです。

思い込みになると、

「世の中の人みんながそう思ってる…」と思い始めるので怖いですねーーーー。


また、そういう思い込みがあると、
ますますその観念を強める情報ばかりを無意識のうちに集め始めます。


そして、またガッカリするのです。

やっぱりそうなんだ…と。




「外食が当たり前」の家庭、

「好きなものだけを食べてれば元気に生きれる!」

という価値観で生きてる人には存在しない思い込みなのです。

毎日外食!!!と堂々と言える人もいますよね。



なので、外食に対する観念は、私だけが私の頭の中で勝手に握りしめてる思い込みなのです。





思い込みは全て、過去の経験からでしたね。

この時点で、外食の事を考えると同時に私は過去の経験の中にワープしてしまうのです。



「今」から外れます。


エゴも喜んでます。

引っかかったな…kaiteki…ヒッヒッヒ…と。





そして、次は未来。



「旦那になんて思われるやろー」

という気持ちの中には、

まだ起こってもない未来に対する不安が生まれています。




未来というのは、自分の経験した事の範囲内でしか想像することができません。



経験したことない事は想像も予測もできないのです。






私の場合、

外食をするとき、旦那に

「今日も行く?」とか

「今日は何食べる?」

と言われる事があります。

旦那から言ってくれることが多いにもかかわらず、

そして、

ただそう聞かれただけなのに

罪悪感を感じるのです。




そうです。

過去の記憶を元に私は罪を作り出しているのです。


過去の経験に基づく価値観に自分が逆らっている時、罪の意識を感じます。


もし自分の中に罪悪感がなければ、

「そうなのー!今日も行こうーー!!よろしくーー!」で終わらせられるはずが、

罪悪感がある私は相手の言葉を勝手に

「また今日も外食?家で作らないの?ダメやなーー。

とか、


「今日何食べる?毎日外食って…今日は栄養があるもの食べないかんのんじゃない?

と勝手に脳内で言葉に付け足しをして、

事実を歪めて受け取ってしまうのです。




またそう言われるんじゃないか!!


言われたらどうしよう!!!


何思われるやろーかーーーーー!!!!




と、言われてもない事に対して不安を抱き始めるのです。

過去に基づいた経験によって未来を勝手に予測。

そして、1人で勝手にモヤモヤモードに突入するわけです。


外食をする

という単なる事実を

ここまで見事に歪めて捉えてるのです。


そのまま受け取れないのです。






言われたら言われた時に感じたことを感じればいいのです。

まだ言われてもないことに、「今」感じる必要はないのです。



そのまま受け取れば、

とても素晴らしい経験だろうはずの事を、

実に勝手なイメージをせっせと植え付けて過ごしているのです。


私たちは、こうやって日々、

過去の記憶と未来の予測を勝手に頭の中で繰り広げ、

「今」目の前に起きてる事をありのまま見ることができなくなっています。


むしろ、その過去と未来という

今目の前に起きてないことを頭の中でイメージして生きてると言っても過言じゃないかもしれません。




まずは、

どれぼど自分がそういった思い込みの中だけで生きているかということに気付くことです。





気付けば真実が見え始めます。





気付けば目の前に何が起きてるのかがはっきり見え始めます。





目の前に起きてる事が、

過去のイメージが起きてるのか、

未来の予測なのか、

それに気付くと、

「今」この瞬間に戻ってこれます。


そして、ありのままの真っさらな気持ちで受け取る。



新しい経験が自分に舞い込む事がハッキリ分かると思います。



まずは、どれだけ、自分の頭の中が過去と未来にとらわれて生きてるのかを知ってみて下さい。

「今」が全く変わります!!

未来はその「今」が積み重なったものです。

未来が…条件が整ったら幸せになるのではなく、

「今」が整えば、未来はその上にちゃんとやってきます。






いつも読んで下さるみなさまありがとうございます!!
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村