やーやーやー。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


人生、がむしゃらに生きてハチャメチャに楽しむ時期があります。


世間や親に反発して、

「私が世界だ!」(とは言わないか!笑)くらいに、怖いもんなしで生きる時期もあったり。


それを越えると、

社会に出て、常識や、枠組み、秩序に合わせて生きる時期があり、

どんどん社会のスタンダードに合わせて生きるようになる。


その時は、それが当然と思っており、

それが生きる道と半ば諦めのようなものと、

それでももっと人生を良くしたいという希望のようなものと共に生きる時期がある。



一生懸命頑張って、

合わない価値観をいかに合わせようかと努力してみたり、

自分の足りないところを磨いてみたり、

こんなに頑張っていてもどうにもならないことは、

全部人のせいにしてみたり、

はたまた自分を責めてみたり。



10の内、1の楽しみや幸せを感じるために、

9のことを我慢する。


不満に思いながら、それでも1の幸せのために自分を納得させようとしてみたり。






思うように人生が進まないことに嫌気もさしたり、

また喜んで楽しんで、

またイヤな事を我慢して、


グルグルグルグルやってみる。


嫌な事を消したい。

人生は楽しむものだ。

もっともっと幸せになるために!

と、いろーんな解決策・打開策・改善案はないかと模索する。




自分の価値観こそが正しい

というか、

自分の価値観が「普通」と思って生きていると、

上手くいかないことに対して、

原因が外側にあると思うようになる。




思うようにいかない現実、

またはその逆の、

思うように行ってても時々襲ってくる不安、


それらにぶち当たる度にやっぱりどうにかしなきゃと思ってしまう。


「今の状況じゃマズイ」。



っていう無意識が

自分を常に駆り立てて、

何かに向かって走らせる。





そして、今より良くしよう、とまた何かに向かって進む。



それが、

地位や名声など、人から認められることであったり、

お金、物など物質的な事であったり、

人間関係だったり

今の状況を楽に感じられる心の持ち方といった精神的な事であったり、


足りないものを埋めようと

それに向かって絶えず歩き続ける。





そして、ある日突然気付く。





そのうちのどれにも自分の幸せはない。


って。



それらを得る事が幸せではないということ。


なぜならそれらを追い求める事には限界がないからです。



何かを手に入れる

何かを達成する

ということは、



同時に、新たな不足を生み出すという意味だからです。


達成したときの嬉しさ、高揚感、満足感はひと時のものであり、

またその高揚感を味わいたいために、また不足をすぐに作り出すのです。


まさにエンドレス。



限界がないので、

自分はいつまでたっても満たされない。






じゃあ、いったい自分の幸せってどこにあるんだ???






どこでもない。



そんなものは、探しても見つからない。



なぜならもうあるから。





「今」じゃないとこ探しても見つからない。


もう今、この瞬間、ここにあったのだから。




視点が外側、未来に向いてると、

全くをもって見れない「ここ」。



幸せはもう、すでに自分の中にあるということ。





誰でも。





全ての人に。






例外なく。








今が完璧に出来ているということ。




それは、今までの自分の中にある価値観が

「そうじゃない!これじゃない!!」

と言い続けていただけであって、


ほんとは、すでにあったんだ。




幸せって


不安もない、

苦しみもない

不足もない

全てが満足する理想の世界のようなもの
を思い浮かべてる限り一生見つからない。



苦しいと思うことも、不満に思うこともぜーーーんぶ含んでいて


その苦しいとか、

不満だとか

悪いだとか

ジャッジする色眼鏡が取れたときに、

ポンっと浮かび上がってくる

今在るものの完全性を感じられること。





あらゆる思い込みや自分の価値観を一枚ずつ引っぺがしていくと、


全てが、すでに自分のそばにあったことに気付く。



今までの思い込みが、

「これじゃ足りない、これじゃダメ、これじゃまだまだ、もっともっと」

と言わせてただけで、

その思い込みが剥がれると、



なんだ!!!!!何も悪いことなんてないんだ。

悪いと思ってることさえも実は悪いってことなんて全然なくて、


悪いと思ってるから、

不完全だといつも思っていて……


悪いと決めつけてたから、

いつまでたっても無くならないわけで、

無くそうとしちゃうわけで、

今から離れようとしちゃうわけで。



でも、その悪いって判断する基準はどっから持ってきたんだ?って、

ちょっと疑問を投げかけてやると、


ぜーーーんぶ自分が勝手に握りしめてただけの話で、


過去の記憶と、刷り込みと情報から勝手に採用して、

疑うことなく、ただ持ち続けてただけで。



ほんとは、元々悪いことなんてどこにもなかったんだってことに気付く。


悪いことがなければ、

良くしようとする必要もない。


物事の本質は、ただそう在るだけ。



元々、良いも悪いもなく、

ただ私たちが勝手にラベルをペタペタ貼ってただけ。


全て、自分で作り上げてただけなんだって気付く。



その自分で作り上げてた世界から

スポッと抜けたとき、


全く同じ姿、形、出来事、状況で

何一つ変わらない、完璧に作られている現実がここにあることが分かる。



その思い込みの世界から抜け出したとき、


面白いほど個性が強烈に出てくる。




「罪」と思ってた事が「罪」じゃなかった事を知り、

「不安」だと思ってた事が、「不安」じゃない事に変わり、

そんまんまの自分が、動き出す。









いつも読んでくださる皆様ありがとうございます!!
↓↓↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村