やーやーやー。




こちらのポチをお一つお願いいたします
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村





あーでもない

こーでもない

そうでもなければ

どれも違う~~~!!!!


っていうのをやめた時に、

あ、自分が望んでたものは既に全てここにあった!ということに気が付きます。



灯台もと暗しっていうやつです。



どんだけ探しても見当たらなかったもの(それにたどり着くと幸せになれると思っていることなどなど)は

単純に足元にあったにも関わらず、

ベールで覆い隠されて見えてなかったみたいな。


自分が勝手にしょいこんでた重荷を肩からおろしたとき、

安堵感と共に、

全てが、自分や周りが作り上げた物語だったということに気付きます。

苦しんでた自分も全部一人芝居やったということに気付く。


それをある人は、

「人生の壮大なコント」

と呼んだり、

「人生のおままごと」

と呼んだり、

「全ては幻想」

「何も起こってない」

と呼んだりします。


このコントやおままごとから降りたら、

あるがまま

起こるがままの世界です。


全てがひっくり返ったように感じます。

平安を感じます。




おままごとや幻想の世界から抜けだしたら、

超絶ハッピーで、毎日が幸せーーー!ってなるのかといったら、

そんなことはありません。



でも、苦しみはなくなります。



悲しみや、辛いことが無くなるのかと言ったら、

そんなこともなく全部そのままあります。

でも、

そこに苦しむ自分はいません。



全て今までと同じように湧きおこってきますが、

何が違うかというと、

絶対的な平安の中でそれが起こりはじめます。

悲しい=「ネガティブ」とか「悪い」という判断がなくなり、

悲しみは悲しみのままに起こらせておくことができたり、

そのままでオッケーが出せます。

もう少し、詳しく言うと、

今まで「辛い」としていた感情に対して、

「辛い」というレッテルを貼らないので、

ただなんか知らんけど、モヤモヤする感情。。。。

とか、

もっと言うなれば、

なんか胸のあたりで、動いてるぐわ~~っとくるエネルギーっぽいものとして

勝手に湧きあがってきて、勝手に消えてくもの

のようになっていて、

=別に怖いものでも何でもない

って感じになります。


そして、その感情をつかんでどうこうしようとしなければ、

それらは勝手に消えていき、

勝手にまた次の感情だったり、思考だったり、事が起こって行くわけです。




浮き沈みに感じられる感情すらも、

ただ起きてること=そのまま受け入れて流れに身を任せるようになります。



起こってる出来事や状態、現象に対して抵抗するエネルギーがなくなります。


抵抗が苦しみを生み出すので、

抵抗しなければ、

苦しみが生まれません。






なので、

瞬間的にイラっとしたり、モヤっとしても、

次の瞬間には、また違うことになってるので、(笑ってたり、無表情だったり、違う感情がまた起こったり)





傍から見たら、

なんのこっちゃ???

もうさっきのこと忘れたんかいな?

気にしてないんかいな???

のように見えるかもしれませんが、

全てが常に変化しつづける全体の中では

本当に至って自然なこととなるわけです。




「諸行無常」的なものです。


ちなみに諸行無常は
この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう


これは私たち人間を含む一切の存在のことです。





この、常に変化し続ける全体の現象の中で、

一つの現象をつかみ取り、固定化しようとして、

「あーでもない」

「こーでもない」

「数年前はこうだった。ああだった」

とやってることが

苦しみの原因です。


全ては今起こっていることだけで、

今起こってない、過去や未来を持ちだして、

どうにかコントロールしようとすることが、

全体からみたらとっても面白いコントに見えるわけです。


元々何かをできる「自分」なんてどこにもいなかった。

思考(自我)の中で一生懸命がんばってる自分がいて、

どう~にもならね~~~~!!!!!!って苦しんでる自分がいるとするなら、

それも、実際には起こっていない

頭の中で作られている物語なので、

それを見破ってみてくださいね。

気付くだけです。


今、ここで起きてることが全部です。






いつも読んでくださる皆さまありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村