やーやーやー。


長文の日です。

よろしくお願いしまーーーす!!!



にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村





「幸せ」の定義って、人によって様々。


何を持って幸せとするかはみんな違うのだけども、

何か条件が揃ったら幸せ、

この問題が消えたら幸せ、

と思ってる人は多いと思います。



でも実際は、


⚪︎⚪︎があるから幸せ。

⚪︎⚪︎がないから不幸せ。


っていう風に私たちは作られてないんです。



「ある」



「ない」



楽しい

辛い

悲しい

苦しい

嬉しい

喜び

不安

罪悪感

すらも


ぜーーーーんぶ


ぜーーーーんぶ


ぜーーーーんぶ込み込みで


「幸せ」


と呼ぶのです。



楽しい・嬉しいことが続くことだけが幸せではないのです。



それだけを幸せと呼ぶ時、

その幸せは、つかの間なものであったり、

また一生手の届かないとこに存在し続けます。




罪悪感があったらダメだ

負の感情はダメだ

嫌な事はダメだ


それがあるうちは幸せじゃない…


じゃないんです。


それがある時からもう幸せなのです。


でも、


それらがあると、辛く感じたり

自分の定義した「幸せ」を感じられないから



人は一生懸命自分がダメと思うことを無くそうとしたり、

足りないと思うものを補おうと試行錯誤します。




そして、これが「幸せ」の最大の謎であり、矛盾です。



例えば、罪悪感。


人は罪悪感を感じるのが嫌だから無くそうとします。

でも、ほんとはあるがままでいいんだから、

実は罪悪感がある事もそのままで本当オッケー。

でも、嫌だから無くそうとする…それもそれでオッケー。



・あることも許されてる

・無くそうとすることも許されている


何をしても許されている。


つまり、どっちであっても幸せ。

全てを包括してるのが「幸せ」なのです。



矛盾するのです。


矛盾するから幸せではない

と思い込んでいるのですが、

本当はすでに私たちは、幸せという存在そのものなのです。


幸せ像を、人は、好きなように自分で作り出しているだけなのです。



「幸せ」の代わりに「愛」という人もいます。(こちらの言葉のほうがしっくりくる人いるかもです。私はしっくりこないのですが)


だから、

どこまで行っても、

何をしても、

何を感じても


それ自体が「幸せ」なのです。






どんな感情を抜き取ろうとしても、

どんな感情を排除しようとしても、

真の幸せを感じる事はできない。


それは、「幸せ」は、いつも何らかのプロセスの後にやってくるという思い込みがあるから。


そうではなく、

プロセスの前も、中も、後も

全部含めて幸せなのです。



例え、感情をコントロールして、幸せに感じることができたとしても、それは一時のものであり、

またすぐにその感情はいつでも舞い戻ってくる。


完全に消し去ることのできる感情は何もないのです。



なぜ、消し去ることができないかというと、


どの感情も「ある」事に何も問題はないからです。


どんな感情も、

どんな思考も

それ自体に問題は何もないのです。


自然なことは起こり続けます。


息を勝手に吸って吐いてと繰り返すのと同じように。


元々何も問題が無いものに、

問題を作り出して、

どうこうしようとするのが私たちです。


なので、問題が消えたように見えても、

残るものは相変わらず同じです。


残るものは相変わらず

日々の生活であり、

全ての感情であり、

起こり続ける様々な出来事。






頑張って苦労することで幸せになるとは限らないけど、

頑張って苦労してる時は幸せなのです。




悲しんで、辛い思いをして我慢した先に幸せになれるとは限らないけど、

悲しんで辛い思いをして我慢してる時は幸せなのです。



そんなわけあるかーーーい!!!!



って思うんですけど、

そうなのです。



追い求めるのをやめると、

その矛盾の中に、

身を置くことができます。

矛盾が成立し始めます。



グルグルと「全て許すゲーム」の中に突入します。


居心地が良い時も悪い時も、


「それしかない」のが分かります。




私は、「流れに身を任せてーー」と言ったりしますが、

ほんとのほんとは、流れに逆らっててもオッケーなのです。



ただ、流れに任せると本人の感じ方は変わるかもしれません。

楽に感じられるかもしれません。

居心地がいい時間は長くなるように感じられます。

気づくことから、現実も変わってくように見えます。

辛さや苦しみが減ってるように感じられます。

だから、心理学的な事を書いたりもしますし、

私が楽に感じれた方法なども書いちゃったりもしてます。


でも、


本当の本当は、

自分を責めることも、

罪悪感を感じる事も許されていて、

「感じないようにしたい!」って、責めや罪悪感をとっぱらおうとすることも許されていて、

でも「無くしたいのに無くせない自分」もまた許されていて、


どこまで行ってももう


「許されてる」事しか起こらないのです。




幸せは、こんな具合に大いなる矛盾の中に存在してるのです。


だから、ブログや本で、


心の事を書く人の様々な矛盾を見つけると思います。



じゃー、これはどーなるのよ?!


罪悪感は感じればいいって書いてるのもあれば、

こうすれば罪悪感は取れるってかいてる。



取る必要はないって言ったり、

取れとか手放せとか言ってたり。


どーすりゃーいいのーーーー!!!!

とまた迷子になります。


だから、誰もが必死で見つけ出そうとしてる幸せの答えというのは、

見つけ出そうとすればするほど、分からなくなるのです。




理解できないとこに幸せは存在していて、


でも、もうずーーーっと片時も離れずに私たちがやってる全てが「幸せ」なのです。







今、自分は幸せって感じないのに、

「私は幸せなんだ!」って無理して思い込むっていうことではなく、


思えない自分を分かっている。


今、自分が

何を見て、聞いて、どう感じているか。


それそのものが、幸せであり、

私たちは、

その幸せから何をしても逃れられないようになっているのです。











いつも読んでくださる皆様ありがとうございます!!
↓↓↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村